スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道の貸金庫について。金額など、まとめ、検証してみました。

貸金庫の金額、いくらか知っていますか?
これ、ネットで検索したのだけれど、案外、わかりやすく一覧になっていないので、今回載せてみることにしました。
ただし、北海道の銀行限定ですが。

そもそも、何で貸金庫?という話。
貸金庫って、万が一の火災や泥棒なんかでなくなっては困るようなものをしまっておくのに便利な、銀行にある管理された金庫です。
ここに、有価証券、遺言などの公正証書、通帳、印鑑、貴金属などの貴重品をしまっておけるのです。
「通帳だって手元の方がいいし、そんなの要らない」という方は、特に読む必要のない記事ですが、日記や思い出の品などもしまっておけます。
代理人といって、自分の替わりに金庫を開けてもいい人を予め登録しておくこともできます。
だけど、未成年の子どもは駄目だと、どこの銀行でも断られました。

大きさは、どこの銀行も大体似ていて、A4すっぽり入るサイズを20%ほど縦長にしたようなもので、高さは、6cmくらいのものが標準で、それよりも大きいものを金額と相談で選べる銀行もありました。

小さいような、まぁ、貴重品を入れるにはそれなりのような。
私は荷物が多かったので、最後に行った契約しようとした銀行へ荷物を実際に持っていってみて入れてみたら、これが契約するに値する大きさかどうか、分かりました。

実は貸金庫、まずは借りるにも、そこの銀行と取引がないと契約してくれません・・・。
そうか、通帳を作ってお金をちょっと預ければいいのね、という話ではなく、数日かけて彼らは信用調査をします。
恐らく、住宅ローンなどを借りるときの信用調査と似たようなものではないかと思われます。

そして、審査が通って借りられるのであれば、そこの銀行の通帳を作って、ある程度お金を預けることになります。
それから初めて、貸金庫を借りることができます。

金庫を借りるときの料金は、基本的に1年分を先払いのところが殆どで、ご自身が作った通帳から自動引き落としとなります。
途中で解約すると、北洋銀行は日割りで払い戻ししてくれますが、他の銀行は大抵月割りで返金してくれると言っていました。

下記の銀行へ行ってみました。




北洋銀行
◎ 3種類の貸金庫があって、金額も一番小さなもので約12,000円/年~と、少々高額。予め自分の希望する暗証番号を登録したカードがドアキーとなっていて、自分で扉を開けて入ることができ、自分の貸金庫の鍵も自分で携帯する。これはどこの銀行もそうなのかもしれないけれど、万が一、貸金庫自体のキーを壊してしまったときは、入れ物ごと交換しなければならないということで、結構な金額、万単位での賠償を請求されるようです。どこの銀行でもそうなのかもしれませんが。
第一種 6.3×24.6×53.8cm=12,960円/年
第二種 8.4×24.6×53.8cm=16,194円/年
第三種 18.7×24.6×53.8cm=29,154円/年

北海道銀行
◎ 貸金庫自体の扉が、日中開いています。自分の金庫を開けたいときには、カウンターで申請用紙を提出し、自分の金庫のロックを解除してもらいます。約6,000円/年で、北洋に行った後で行った為に安いなと思いましたが、札幌信用金庫も電話で聞いたところ、約6,000円程度でした。

北門信用金庫
◎ 約3,400円/年で、ダントツに安かったので、ここと契約したいと思いました。それに、自分が事業などを始めるなど小さな会社を始めるときなどの資金を借りるには、大きな銀行よりも、信用金庫のようなところの方が実際に取引をしている実績があればお金を貸してくれやすいのです。貸金庫を借りるということは、そういった後々の取引も銀行は考えていて、担当者によっては根掘り葉掘り聞いてくる方もいます。

ろうきん
◎ 貸金庫はありませんでした。


そうそう、万が一、火災や天災などの場合の補償はどうなっているのか聞いてみたら、耐火性の金庫の中にあるから大丈夫だと思うけれど、万が一天災の場合はどうしようもない、という内容の規約がありました。

北門信用金庫で、貸金庫を借りたい申請を上げたら、連帯保証人を書くように言われました。
「私が大事なものを預けたいというのに、連帯保証人?一体何を保証しなければならないのかしら?保証してもらいたいのはこっちなのに」と、思わず担当の方へ言ってしまいました。
道銀で申請を書いたときには、連帯保証人の欄はありませんでした。銀行次第なのですね。
北門信用金庫では、私の賃金を聞かれて、毎月大体5万前後だと答えたり、
連帯保証人が私の場合、母を書いてみたところ、場所が遠いと言ってあまりいい顔しませんでした。
遠いよりも近いほうがいいし、年の人よりも若い人がいいとおっしゃっていました。
毎年3000円そこそこの貸し物に、と思ってしまいましたが、こういったきっちりした姿勢がいざというときの損を減らすリスクヘッジとなっているのだと思い、好感でした。

なので、実家の自営業は105年続いているけれど、私が会社をもらってこの町で事業をやるときにお付き合いいただければと思っているという話をしたことと、クレジットカードをいっぱい持っているというのを、そのような話となったので実際に見せてみると枚数の多さに驚いていました。クレジットカードを持てるということは「信用がある」ということですからね。

どこの銀行でも、元々取引があるところだと、割とすぐに金庫を貸してくれるようなのですが、そうでなければ色々と審査があり、通ったとしてもこれからの貯金のことなど、細かい打ち合わせがあるようです。
貸金庫、貸してくれるといいな~。

AD
ようこそ!にゃんぺいのきまま館へ
AD
プロフィール

にゃんぺいちゃん 

Author:にゃんぺいちゃん 
2009年8月20日開設しました。
専業主婦9年目、男児2人の母です。家族4人とも喘息アトピーのアレルギー体質ですが、食事を中心に気をつける事で、症状がでにくい状態を保っています。ブログは、日々の子どもたちの成長の記録などを通して、母が何を考えて生きて来たのかを遺し、たとえわたしがこの世から居なくなったとしても子どもたちが読み返してみて、どんなことを母が考えて子どもたちに接して来たのかを分かってもらえたらと思って書き始めました。
趣味:読書・オークション売買・子育てのこと・アトピーのこと・お金のこと、漬物作り(梅干し、味噌、玄米づけたくあん、ニシンづけ、ガリなど)、その他生活そのものを味わっています。今は子どもとの関わりがとても楽しくて、けれども掃除がアレルゲン除去に大変有効と気づいて夜中も出来る時には掃除しているため、時間が取れないので以前よりブログにかける時間がありませんでしたが、この春次男が幼稚園に入りましたので少し書けそうです。
子どもたちのためにも、素敵な未来を創造していきたいです。
アレルギー関連の記事は、過去には良かったと思ってやっていたことがダメになったということがよくありますので、時系列に気をつけて読んでみてください。過去のことを訂正しておりません・・・。
たまに更新するので、遊びに来てください♪気ままに、色々なことを書いて行きます。

カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。