スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古い、汚い、中古品に要注意! アレルギーは空気から!?アレルギーのヒント満載。

家族が調子悪い。これ、ここ3か月で徐々にひどくなっていってる。
咳と痰のつまりがあるわたしと次男と夫。
けれどもなぜか、人一倍敏感で他の家族が感じない電磁波などにも敏感に反応していた長男が、一番調子が良くて、目立つ異常が今回は見当たりません。

もしかしたら、長男の寝ている寝室だけは2階なのだけれど、1階の方が空気が悪いのかも。
そう思ったわたしは、次男とともに長男の寝室へと布団ごと引越しをしました。
長男はちょっとした物音で目を覚ましてしまうので、夜中に5回ほど授乳で未だに泣く次男とわたしはえらく迷惑な存在ではあるのだけれど、この際、仕方ない。

長男の部屋へ引っ越すと、少し、ましになるのは、わたしははっきりとわかるのでした。
けれども、次男の咳や痰は、それほど軽くなりませんでした。
それでも居座るしかない、そして、原因究明を急いでいました。

まずはじめに気がついて綺麗にしたのは、玄関でした。
靴箱の上に敷いてあるレースの敷物の下の靴箱の上は、 拭くと雑巾が真っ黒になりました。
それに、後付けで買った靴箱も全体がカビっぽく、掃除して日光に当てました。
靴も、下駄箱にしまうときには一掃してからしまっているのですが、革靴に馬油のクリームを塗っていたのがいけないのか、それが栄養となってカビが元気だったようです。
玄関を掃除してスッキリしたので、空気が良くなったかもと思いましたが、次男と夫の咳や痰は依然として変わりありませんでした。

わたしは玄関の次に、トイレが気になっていました。
トイレは、ここの家を中古で購入した時から汚いんです。
壁紙を張り替えるという話もあったのですが、それも未だにしないまま。
壁紙の目地が細かく、汚れが拭き掃除を何度してもシミのようになっていて、それが本当に落ちなくて困っていました。
ある時、本に掲載されていた裏技で、メガネ拭きでこすると落ちると書いていたのでやってみましたが、範囲も膨大だしメガネ拭きでは効果は感じませんでした。
そしてついに、タワシで擦ればいいでしょうと思いつき、やってみました。
お湯で溶いた酸素系漂白剤をタワシにつけて、壁をべちゃべちゃにしながらゴシゴシこすりました。
よかった、綺麗になったんです!!!

そしてその後、だいたい3、4日ほど換気をすると空気が一掃されるのか、わたしと夫のアレルギー症状が治まってきました。
次男は、治りが遅い、治らない感じでした。

次に気になったのは、かれこれ2年ほど前に夫が中古で購入してきた籐椅子です。
実は気になったのは、購入前からです。
夫が、中古屋で見つけた籐椅子が欲しいと言った時点で、中古の籐椅子は、籐で編んだ間に沢山ごみとか汚れが付いてて拭いても取れないから絶対にやめて、買うなら新品にしてと言ったのに、中古を買ってきたのです。
その後、ことあるごとに、新品に買い直して欲しいと言ってきました。
なぜか居間に置いたときには、長男が臭いと言って、夫の部屋へ戻しました。
わたしは臭いには敏感ではないのですが、長男が臭いということは、ますます不信感を覚えていました。
そしてその中古の籐椅子を購入してから2ねんほどの間に、何かおかしいいやな感じがするからと、5回は外の物置へ出して欲しいとか、新品に買い直して欲しいと言ってきたのに、夫は聞きませんでした。
ついに先日、わたしは籐椅子のことで切れました。
夫は、新しいのを買ったら外へ出すとか、いいのが見つかったら考えるとか、人を馬鹿にした対応をしているので、「今すぐ出せと言っている、迷惑だ!」と、怒り狂って切れました。
夫は「普通に言えば聞くのに」だなんて言っていましたが、ではこの2年全く聞かないのはなぜでしょう?
「今まで何度言ってきたと思っている?人を馬鹿にするのも大概にしろ」と、切れました。
アレルギーの問題も無視して子どもやわたしへ配慮しない夫の態度が原因で離婚を突きつけたのも最近のため、もう遠慮などしていませんから。
そして、その場ですぐに車庫へと追い出しました。

その翌日には、わたしは明らかな体調の改善を感じました。
背中の肩付近に出ていたブツブツの湿疹。それが一気に引いていくのです。
なるほど、その汚い椅子についた汚れた衣服のまま、他の座布団なんかに座ったら、汚れが染み込むわけだと感じ、その日から座布団の洗浄や車の座席のシートカバーの洗濯なども一気に行いました。
部屋の空気交換には3、4日はかかるという見込みで行いました。
一気にわたしのブツブツは改善し、1週間もかからず、なくなりました。
2年ほど苦しんできたこのブツブツは、明らかに中古の籐椅子のせいだったのです。
けれども、それ以前は背中の肩周辺などカサカサすらしなかったのに、ブツブツはひいいても、一度アレルギーの通り道となってしまった肩は、なかなかカサカサが治らずにゆっくりとしか回復していきません。
今で籐椅子を撤去してから1か月近く経ちますが、肩のカサカサはまだ少し残っています。

それから、咳や痰がひどくなった時期から、わたしは膝、特に右膝にも痛みを覚えるようになり、階段を上り下りするのに不自由するほどとなりましたが、これも空気の良し悪しに影響して日々状態が変わりました。
一時期、一番空気の悪い時には、右ひざを曲げ伸ばしすると、関節の部分から「シューっ」という音が聞こえたこともあり、水でもたまっているのではないかと思いました。
まるでお年寄り。37歳のお年寄りの誕生です。
でも、気になったのは、次男の中耳炎です。
中耳炎には、乳製品や肉類の過剰摂取でなりやすいということを長男の時に学習していました。
けれども、次男の、現在の中耳炎は、どうでしょう?鼻水が、アレルギーとともにずっと治りませんので、その影響もあるとお医者に言われるままに、思っていました。
次男の青い鼻水も、わたしの膝の水も、トイレの古い汚れを落としたことで、治ってきました。
次男はそれでも鼻水が透明にはなっても、なかなか治りきらないし、わたしの膝も完全には治っていないのですが。

中耳炎って、耳の奥に水がたまるんですよね。わたしは、膝に水がたまっている。
空気の悪さ・・・カビ?のようなものの影響なんですね、これって。
で、人体でカビの影響の受けやすさの違いって、糖分量にも関係すると感じるのは、長男が全く甘いものを好まない反面、わたしも次男も、そして夫も甘党なんです。
長男は、つい最近までずっとアレルギーがひどかったこともあり、幼い頃から厳格に甘いものを制限してきたのですが、そのため、調子が良くなって甘いものもオッケーして与えたとしても甘すぎて気持ち悪いと言って、食べられなくなってしまい、食べなくなったのです。

甘いものは腐りやすいんです。
腐るって、要は微生物の影響を受けているということです。
生き物は、生きているうちは生体の免疫力を保つことで、そういった微生物の攻撃も防いでいるけれど、死んだら瞬く間に微生物の餌食となるのが、生物の定めです。
だから、生きているうちであっても、甘いものばかり食べている体より、食べていない体の方が、当然、微生物の影響も受けにくく、丈夫なのです。

現在、大分マシにはなったけれど、まだまだ状態の悪い我が家ですが、これから部屋や食事のあり方を見直して、いろいろな角度から物事を見つめてブログにてまたお伝えしていきたいと思います。

体に優しいお弁当箱

アレルギー対策として、毎日を給食ではなくお弁当で過ごしている小学生の長男と幼稚園の次男を持っています。

ところがお弁当箱、市販のものはプラスチック製のものばかり。

化学物質の溶出が懸念されるのですが、普通の人はそんなことはないとばかりに信じています。

しかし、わたしはこれまで、60度程度のお湯がプラスチック類に当たるとその物質が気化して空気中に飛散して部屋を汚染することで、長男がアレルギー症状を起こしていたことがあったことと、使い捨てポリエチレン手袋を使用していたわたしは、手ではなく太もも部分に紫色のブツブツが出てきて原因に気がつくまでに数ヶ月かかってしまったことも過去にあったという経験から、プラスチック類は、簡単に溶出するのだという認識でいて、それは食材を乗せているだけでも食材へと溶出しているはずなのです!!!特に、油などを使っているおかずは危険だと感じていました。

安心、安全なはずの手作り弁当が危ない・・・!!

そう感じて、お弁当箱を探していました。
プラスチック以外のお弁当箱といえば、アルミ、曲げわっぱなどの竹か木のような昔ながらのものが見つかりました。
けれどもアルミは昔アルツハイマーの原因であるとかそうではないとか言われていてはっきりしない物質です。
竹や木などの素材は、ご飯用のヘラを竹のものを使っていますが、やはり長時間食べ物をつけっぱなしにしておくのにも衛生上疑問を感じるのと、値段が張ってしまうのと、それから子どもが嫌がるというのが難点でした。

そんな時、ホーローがいいな、と思ったんです。
けれども、ホーローの弁当箱がないんです。
もう、いいや、ただの保存用のホーローでいいから、これを弁当箱にしようと使い始めました。

ということで、長男に使っているのはこちらのホーロー容器。
野田琺瑯 レクタングル深型 Sサイズ <シール蓋付> [WRF-S] 【ホワイトシリーズ】 【日本製】 【ホーロー保存容器】【RCP】

次男に使っているのはこちらのホーロー容器。
野田琺瑯 ホワイトシリーズ スクウェア S (シール蓋付)( WS-S )【NODA 琺瑯容器 日本製】

どちらも真っ白。
綺麗です。
次男のは小さな果物カップのようなサイズなので、おにぎりを別にもたせたり、長男と同じ容器に半分の量を詰めてもたせたりしています。

幼稚園児の次男のホーロー容器には、シールを貼らせて、上から梱包用テープで保護しました。
これでオリジナル弁当箱の出来上がりです。

長男は、ずっとポケモンのプラスチック弁当箱だったのですが、ホーローにかえるとクラスメートからすぐに「変えたんだね、いいね」と指摘されたようです。

ホーローは、有害な物質を出さない、酸にも強いガラス質コーティングがされた金属です。
これで、ご飯が熱々の状態でも遠慮なくお米を詰め込むことができるようになりました♪

長男はスープポットも学校へ持参していますが、これはステンレスです。
わたしはステンレスのアレルギー(ステンレスはクロムなどの合金のために、そのどれかがダメで腕時計でかぶれたんです)のため、ステンレスボトルを使うことに抵抗があります。使っていると、もうすでにアレルギーになってしまっているかもしれないと心配になります。スプーンなどもステンレスのものを使うことに抵抗があり、我が家では煤竹スプーンと陶器のスプーンを主に使っています。

そういうわけで、ホーローのスープポットが出てくれないかなと思いながら過ごしています。
難しいのかな?ホーローで作るのは。せめてステンレス部分だけでもホーローで覆われていればいいのだけれど。
誰も作ってくれないなら、自分で作ってしまおうかな・・・なんてね、そんな技術もないので、どうしようかなやんでいます。

小麦は、古代小麦がいい。スペルト小麦粉♪

小麦って、体にすごく負担なんです。
それはもう、日本人の4人に1人は小麦に耐性がないと言われているほどで、アトピーなどのアレルギー持ちの方は、まず小麦は検査で引っかからなくても疑ったほうがいいとも言われています。

わたしはと言うと、小麦製品を食べるとやたらと眠くなるので、体にあっていません。
体に合わないものを食べると、眠くなるのだとアレルギー科の医師から聞いたのですが、自分の体を観察しているとまさにその通りなのです。
それが、北海道産の小麦であってもダメなのです、残念なことに。

他にも、仕事の能率が悪くなる、気分が暗く沈む、疲れる、目がかすむ、肩こりが出るなどの症状が、わたしの場合には小麦をとると現れます。
一説にはアルツハイマーの原因となっているとも言われている小麦・・・
最近は、その最も有害であると思われている小麦たん白の部分がわざわざパスタやそうめん、ラーメンに添加されているので、うかつに市販品を買えなくなっていました。
そばであれば、そば粉100%のものを買うとかしていましたが、他はなるべくの線で妥協し、食べる回数を極力減らすという形での努力となっていました。

そこに、「古代小麦」と言う存在があることをお友達に教えていただき、ネットで「スペルト小麦粉」というものを探し当てました。
古代小麦と言われるスペルト小麦は、品種改良がされていないために現代の小麦とは遺伝子レベルで違うもののようで、小麦アレルギーがある場合でもスペルト小麦は大丈夫な場合もあるのだそうです。

なんと、素晴らしい!!!

で、見つけましたよ。
強力粉、小麦粉、パスタで。
これだけあれば、パンやピザも手作りできるではないですか♪
キアラピュアフーズ 有機スペルト小麦全粒粉 700g[キアラピュアフーズ 全粒粉]【あす楽対応】
アルチェネロ スペルト小麦・スパゲッティ 500g[アルチェネロ(alce nero) パスタ]【あす楽対応】
キアラピュアフーズ 有機強力小麦粉 1kg[キアラピュアフーズ 強力粉]【あす楽対応】
上記はケンコーコムへのリンクになっています。
ケンコーコムで一度購入してみてください。毎週のように15%オフクーポンが送られてくるので、いつもお得にお買い物できますよ!

全粒粉は、避けてくださいね。
健康志向の方が陥りがちですが、実は全然、体に良くないですから!!
うちは全粒粉や玄米で、体の調子が一層悪くなってしまいましたよ。

ちなみにスペルト小麦のスパゲティ、とっても美味しくて、こんな美味しいスパゲティは食べたことないと思ったくらいなのはこちら!!
ジロロモーニ 古代小麦スパゲティー 300g[ジロロモーニ スパゲティ]【あす楽対応】

今回はあえて画像を載せずに文字だけの掲載をしてみました♪
チェックしてみてくださいね!

納豆は、わら納豆がいい。 

納豆を食べると、アトピーが悪化するんです。
あれっ、納豆って、体にいいのでは?というのは一般的な考えですが、普通に市販されている納豆って、菌を化学培養させているんですって。
それにあのパック、発泡スチロールや、ビニールコーティングされた紙パックではありませんか。
混ぜているうちに発泡スチロールなんかは削れて混ざってしまってもおかしくないし、その容器に入れておいておくだけで、素材に化学物質が吸収されてしまいます。

自然ではないものが揃っている = 体に悪い、なのです。

さて、ではわら納豆はどうでしょう?
概ねOKだと思います。
我が家では3か月ほど前から近くのスーパーにわら納豆が常時置かれるようになり、常食するようになったのですが、体に特に悪い症状が出てきません。
それと、次男はわら納豆であれば食べるのですが、その他のパック納豆は拒否します。
なんて贅沢な・・・・。
けれども、体を守るために自然と身についている味覚なんですよね、きっと。
わたしも、納豆は大好きなのでついついいつも食べてしまうのですが、普通のパック入りのものだと週に2回程度でも負担のようで、唇が荒れたり、変な痰が湧いてくるのですが、わら納豆はならないです。
それから、パック入り納豆は長男の小さい頃にはよくうんちの中に消化されずに出てきたりすることもあったのですが、わら納豆は次男を見ている限りでは大丈夫ですね。

なんでしょう、この違いは。
値段も違いますが、安心感が違います。
やっぱり、安心安全なものを食べることって、大切だと思います。
納豆食べるなら、北海道産大豆のわら納豆です。

ガス台のレンジフードは鬼門!? アレルギーと化学物質とレンジフードカバー

ガス台の上の換気扇、レンジフードって、最新のものはどうなのでしょう?
全自動で洗浄してくれるものもあるようですが、それって換気扇がベトベトになるのを軽減させるためのカバーも特に必要がないということなのでしょうか?

最新の機器についてはあまり詳しくないわたしですが、我が家のものはガス台の直上に換気扇があるタイプで、自動洗浄などついておりませんし、長男がどうも部屋を衛生的に、特に油周りは綺麗にしておかないとすぐ咳が出てきてしまうために、換気扇は掃除の要チェックポイントとして君臨しています。
当然のように、使い捨てのレンジフードカバーも使用しておりました。

いいですか、使用していたんです、つい最近まで。
今では使っていません。
なぜなら、これが部屋を化学物質で充満させるための隠れたるボスの一つだったからです!!
皆さんも、使っているなら一刻も早く取り外してください。
ガスコンロに火をつけた時に、換気扇カバーの近くにて手をかざしてれば分かるのですが、意外にもかなり熱いのです。
熱があると石油からできているプラ系素材は案外低温でも揮発してしまうのですが、それは以前このブログにも記録しましたが、台所仕事で60度程度のお湯を使いながら食器洗い用スポンジにも当ててしまうと、プラ成分が揮発して長男が咳をしたり、洗濯物の予洗いでも60度のお湯を使っていたために衣類の化学繊維からの揮発物質が部屋に充満して、一番敏感な長男が咳や頭痛といった症状を出していました。

それが解決してからというもの、長男の症状ははるかに軽くなったため油断していました。
コンロの火をつけると、どうも長男が咳をし始めるような気がしていました。
そういう時は決まって油物をやる時には特にひどかったのですが、換気扇の掃除をもっとマメにしなければいけないのかと思い躍起になっていましたが、さほど違いも感じないことを実感し始めると同時に、それが原因ではないのではないかと疑い始めていた頃です。
思いきって手をコンロの火をつけた状態で、換気扇カバー手前へ持っていくと、かなり熱いんです。
だから、カバーを外したら換気扇が直に汚れてしまうと懸念しながらも、まずはちょっと外してみようと思い外したところ、これがビンゴで、コンロをつけたからといって咳が酷くなる感じがなくなりました。

翌日にはそのカバーは、取り替え用の枠ごと捨てました。
替えのカバーも新しいものが一枚だけ残っていたのですが、使い道も思いつかないので捨てました。
代わりに何をあてようかと考えた時、大型のガーゼあたりが綿100%で、揮発物質の心配も少ないのではないかと思ったので、早速薬局から買ってきました。
これからは割高になることを覚悟してたいのに、案外それほど高いものでもなく、使い捨てにしても大丈夫そうなので安心しました。

ここまでくると、かなり部屋には化学物質が減ったと思います。
けれども、それでも、まだまだ、化学物質との闘いの日々は続きそうです。



AD
ようこそ!にゃんぺいのきまま館へ
AD
プロフィール

にゃんぺいちゃん 

Author:にゃんぺいちゃん 
2009年8月20日開設しました。
専業主婦9年目、男児2人の母です。家族4人とも喘息アトピーのアレルギー体質ですが、食事を中心に気をつける事で、症状がでにくい状態を保っています。ブログは、日々の子どもたちの成長の記録などを通して、母が何を考えて生きて来たのかを遺し、たとえわたしがこの世から居なくなったとしても子どもたちが読み返してみて、どんなことを母が考えて子どもたちに接して来たのかを分かってもらえたらと思って書き始めました。
趣味:読書・オークション売買・子育てのこと・アトピーのこと・お金のこと、漬物作り(梅干し、味噌、玄米づけたくあん、ニシンづけ、ガリなど)、その他生活そのものを味わっています。今は子どもとの関わりがとても楽しくて、けれども掃除がアレルゲン除去に大変有効と気づいて夜中も出来る時には掃除しているため、時間が取れないので以前よりブログにかける時間がありませんでしたが、この春次男が幼稚園に入りましたので少し書けそうです。
子どもたちのためにも、素敵な未来を創造していきたいです。
アレルギー関連の記事は、過去には良かったと思ってやっていたことがダメになったということがよくありますので、時系列に気をつけて読んでみてください。過去のことを訂正しておりません・・・。
たまに更新するので、遊びに来てください♪気ままに、色々なことを書いて行きます。

カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。