スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼稚園でチョコレート③

幼稚園のお誕生会でチョコレートを食べさせられてからというもの、わたしの幼稚園に対する不信感を払拭することはできずにいました。そして、現在の週一回の未就園児クラスを辞めて、別の幼稚園の未就園児クラスに通うことを決意したのでした。

最後の通園日となったのは、クリスマス会の直前会でした。クリスマス会を欠席する旨を伝えていたので、ご丁寧にも先生は、クリスマスプレゼントを用意してくださいました。中には、うまい棒、あめ、チョコレートが入っていました。先生は、これまでのこともあってか、息子さんが食べられないものも入っているかと思いますが予め与えないようにしてあげてくださいと、口ぞえしてくださいました。当然、ひとつとして怜に与えたものはありませんでした。

そして、退会の旨を伝えると、園の運営の女性が来て理由を聞かれたので、園で過ごせたことには感謝しているがお菓子をむやみに与えられることに感心できないと伝えると、アレルギー対応策としてお菓子を持参するという方もいるのでそういった方向で検討してはいかがかというので、お道具類は持って帰りはしたけれども改めて回答するという形で少し考えてみることになりました。

しかしそうやって考えてみても、やはり園の方針が、「チョコレートなどはなるべく与えるようにしている」というようなものなので、わたしの考えから最も離れているのです。運動や食育を通じて体を作ると謳っているにも関わらず、そのようなことでは、体をつくる基本が食べ物であるという食育の考えがあるのだろうかと疑問を感じてしまうのです。

昨日、ふとわたしが作った靴下入れと帽子入れを幼稚園に置きっぱなしにしてきていたことに気づき、取りに行きました。そして、保留にしていた回答を、対応してくださった先生、おそらく園長先生か副園長先生かと思う方にお話しました。

その先生と辞めることについて話するのは初めてでした。
「お菓子を与えられるのが嫌なので、退会したいと言いましたら、持参のお菓子でも大丈夫なので検討してみてといわれましたので、検討したのですが、やはり退会することに決めました」「体を作るという教育に魅力を感じていたし、怜も自分を解き放つ場を持てたようでよかったと思っているのですが、体を作る基本は何より食べ物と考えているので出来れば幼いうちは不要なものは遠ざけておきたいんです。」「お菓子を喜べないのに、回りの普通のお母さんたちはいっぱいお菓子でてよかったね~と、言っているので、恐らくわたしがなじむことが出来ないと思うんです。」

そこまで話をすると、先生は「食が体を作るというと、以前札幌に住んでいて今は苫小牧に住まれている先生で・・・」と言われたので、わたしは「もしかして後木先生ですか?」というと、驚いた様子でご夫婦で後木先生のお知り合いであることとその縁で、幼稚園で食育の講演会を行ったことを話してくださいました。わたしも、以前勤めていた教育委員会での公演会に後木先生をお招きしたことがあり、現在は夫婦で通院している身であることをお話すると、後木先生によろしくお伝えくださいということでしたので、先生のお名前を頂戴し、確かにお伝えすることを約束しました。人のつながりって、不思議なものだと思わされます。

しかし、そうやって後木先生のお話を聞いていながらも、お菓子を平気で出せるのはどうしてなのか、やはり実感したことがなければよく分からないものなのかと感じずにはいられず、わたし自身の話をさせていただきました。
現在、顔も手もほとんど病状が目立たないけれど、つい1月前まで手はボロボロだったし、講演会で先生に初めてお会いしたときは、甘いものとお米の食べすぎと言われ、控えてみると実際に改善したこと、幼少時からアトピーだったけれど短大時代には驚くほどに完治していたのはやはり甘いものをほとんど食べていなかったからであること、などを話しました。だから、わたしは他のお母さん方よりはずっとこだわりも強くて無農薬無肥料野菜の宅配、道産品低農薬無添加、手作りお菓子、などを中心に、息子には体によいものを与えてやりたいということを。わたしが頑なに今はそういう考えでいるので、もしもう少し大きくなってまた考え方にもゆるさが出たら、貴園への入園も検討しますが、いったん退会しますと伝えました。園の先生は「やはり食は大切なんですね」と、聞いてくださっていました。

翌日、その日は午前中は近所の幼稚園でこれから未就園児クラスに通わせようと考えている幼稚園の無料開放日なので近所のお友達と行くのと、12時30分からは3歳児検診でありお昼ごはんを食べる時間が極めて短いので大忙し。その朝、近所の幼稚園へと向かう前に、昨日話をした園の先生から電話がありました。

わたしとの話があったために、会議を開いたのだそうです。そして、「チョコレート事件」の全容をそのときに初めて知り、先生の対応のまずさを詫びるのと同時に、これからの時代にそった食の対応を考えて行きたいので、1月に開催する体験入園の案内状を送るので遊びに来て欲しいというものでした。伝統的に体験入園では「ハッピータン」を与えているのだけれど、それも考え直そうと思っているとのことでした。それはそれで、随分とわたしのひとことがおおごとになってしまったと恐れをなしたが、幼稚園というのは子どもへの影響力が強いので、少しでもお菓子漬けの子どもが減ってくれればこれほど良いことはないと感じましたし、たったひとりの発言を随分と真摯に受け止めてくださるということにも、感心しました。

今日、3歳児検診で保健師の方に聞いたのですが、お菓子の与え方というものは、国認可の保育園では統一された規格があるので、牛乳や果物といったものが主となるようですが、幼稚園ではそれぞれの考え方に基づいたものを出すのだそうです。子どもがうまれたばかりの頃は、保育士をしている義母に「幼稚園保育園はどうするの?」との問いに、「保育園でいいかと思っています」と、ただ何となくよさそうだからということしか考えていませんでしたが、調べたり、実際いろいろな幼稚園に行ってみると奥が深いものだと思いました。これがいきなり幼稚園に通わせていたら、「チョコレートはなるべく出すようにしているのよ。」という言葉に、そのまま従わざるを得ないことでしょう。これまでも園に対するアンケートで「お菓子の出しすぎでは?」という意見があって、これでも減らしたのだということではありますが、それが嫌だからと言っても最終的には幼稚園の方針に従うしかありません。

たくさん手のかかる幼児期、意味もなく手がかかるわけではなくそれが重要であるからこそ手がかかる時期なのです。何が良かったかは究極に言ってしまえば結果論でしかない節はあるのですが、何でも吸収するこの時期だからこそ出来ること、遠ざけるもの、守ってあげたいもの、整えてあげたいものなどを絶え間なく目を凝らして見ていきたいものだと思いました。もちろん、いつまでもそういうわけにはいかないとは知っています。周囲がやっていることを自分だけ出来ないという思いばかりさせてもいけないと思います。だからこそ、出来るものは手作りで対応していきたいのです。

テーマ : 出来事
ジャンル : 結婚・家庭生活

幼稚園でチョコレート②

今日は1週間ぶりの幼稚園の日。

3歳になって1週間も過ぎていない。
天気は晴、なのにわたしの気持ちは少し落ち着かない。
今日は、幼稚園の先生に聞いておきたいことがある。
「お誕生会でチョコレートを出したのですか」と。

なにをそんな大げさな、と、大多数のママたちであれば興ざめした目でわたしを見るに違いない。
けれども、お菓子類、特に市販のものとりわけチョコレートのように中毒性のある刺激の高い食べ物からはなるべく大きくなるまで、子どもから遠ざけておきたかった。そのため、周囲に煙たがれても、祖父母にご協力いただいたり、わたし自身もお菓子は赤ちゃん煎餅、南部煎餅、ボーロ以外のものは手作りで与えていた。
それだけに、幼稚園でチョコレートを与えたれたというのは、わたしにとっては非常に不本意であり、それが事実ではなく息子の勘違いであればよいなと願っていたのだ。

朝、余裕を持って出かけたつもりが、幼稚園のお道具を全て家に忘れてあわてて車を引き返しました。
それから幼稚園へ到着、おはようございますの挨拶のあと、怜のカバンをほめてくれる先生に、「柄や素材の色は全部怜が選んだんですよ」と言うと、手作りであることに驚いてくださった。その後、あの質問を恐る恐るしてみた。

「お誕生会でチョコレートを出したのですか」と。

「チョコレート?」と一瞬悩む先生に、やっぱり怜の勘違いであればいいなと思いつつも、先生の脳内をクレーマー対処回線が一気に起動しているだろうとの察しがついた。
「あぁ、カントリーマームをね。お誕生会だったから」
「そうですか・・・。うちは赤ちゃん煎餅、南部煎餅、ボーロ以外のものは手作りで与えていたものですから、チョコレートは初めてで。お誕生会にチョコレートはいつも出るものなのですか?」
「そうなんだぁ、お誕生会ではそのお誕生月の子どもに食べたいものを聞くと、チョコレートという答えが多いし、子どもが喜ぶからなるべくチョコレートを出すようにしているのだけど。」
「そうですよね、最近の親は小さい子どもに平気でチョコレートなど与えますからね、お誕生会にはどのようなものが出るのですか?」
「市販のものはなんでも。アレルギーなの?」
「いえ。全くアレルギーなどはありません。しかし、毎回出るハッピータンのお煎餅ですら、うちはここで初めて食べたんですよ。」

驚いた、子どもが喜ぶからチョコレートを与えるようにしているって、孫かわいさに何でもホイホイ与えるじいちゃんばあちゃんじゃあるまいし、ましてや一応教育機関なのだから、子どものご機嫌取りのような行動は謹んで頂きたいと思うのは、恐らく極少数派の意見なのだろうな。
いやだ、いやだ、せっかく息子の体のことを考えて一生懸命やっているわたしの努力をぶち壊して、せっかく健康に育っている怜をお菓子地獄に落とさないで欲しい。
お誕生会は2ヶ月に1回だという。そのときを休ませればよいのでは・・?だけど、それでは怜が可愛そう。そんな、2ヶ月に1回のことだから、目をつぶればいいんじゃない?どうせ大きくなればお菓子なんて自由に食べるんだし、そうなれば、あの時なんであんなに気にしていたんだろう、くらいに思うんじゃない?やっぱりそれはイヤ。いっそのこと幼稚園辞めてしまえばいいよ。先生がたも、そんな気難しいことを言われるようじゃ、たまったもんじゃないと思うし。それもそうだけど、体力づくりとお友達との関係づくりに丁度よい環境なのよね。あ、もう一つ気に入っている幼稚園があるから、そっちに行くことにすれば・・・?うん、なかなかいい案なんだけど、月謝も少し高くなるし、頃合見計らってかな。などと、わたしの脳みそは会議を始めていた。

今、週に一回通っている幼稚園やめたら、後で入園したいと考えても難しくなる気がする。なので、しっかり考えた上で実行しなければ。今の幼稚園の魅力といえば、暖かい給食が出る給食室直結であるということ、プールがあること、自然の中で遊べる保育が売りで大きな庭園が少し離れたところにもあること、体を動かす運動量がダントツに市内の幼稚園では多いこと、怜が踊ったりうたったりするようになったことなどがあって、魅力的だったのに。もう一箇所の幼稚園は、プールや広大な自然庭園や給食は無いけれど、シンプルな玩具や道具で子どもたち同士で自由に遊びを作る、どこかシュタイナー教育にも通じる教育があること、子どもたちが生き生きしていて楽しそうなこと、年齢による仕切りがない縦割り式で面倒見の良い子もいること、月謝がどの幼稚園よりも安い(オールお弁当なことも関係あるよう)こと、家から一番近所であること、などがある。夫は、カトリックの幼稚園であるために、あまり気が進まないようであるが、幼い頃カトリック系の幼稚園に通っていたわたしとしては、お祈りがあったりクリスマスの意味を教えてもらったという覚えがあるくらいで、さして気にもならないことだった記憶がある。

幼児期に大切なことといえば、体をつくることと、指図ばかりの作業で子どもの想像力を壊さず、子どもの想像力を大いに守ってやり、一種のファンタジーの世界にいてもらうことだということと、わたしの祖母が幼い頃毎日6キロ往復して通学したために90歳すぎても健在な体であることと、ドイツのシュタイナー教育の考えに基づいて、人生を乗り切る心の丈夫さを築く土台づくりをサポートしてやれればと思うのだ。

今、通わせている幼稚園には体作りを期待していたが、食べ物に配慮がなければ本当の体づくりは出来ないと考えてしまう。このままでは子どもが小学校に上がるときにも学校給食を食べさせたくないとか言い出しそうだが、まずは現状の問題に当たって、納得していきたいものだ。

テーマ : 出来事
ジャンル : 結婚・家庭生活

幼稚園でチョコレート①

先日3歳になった怜。幼稚園にはまだまだ入れる予定は無かったのですが、週に1度、親子で参加できる教室に10月から通っていました。

わたしはずっと一緒に楽しい時間をすごせればと思っていたのですが、先生が息子の様子を見てか、週1度、子どもだけで参加する教室にかえてみてはいかがかというすすめもあり、怜にもどうするか聞いてみたところ、興味を持ったので、体験に参加させてみました。

今までべったりだったので、嫌がってダメかと思いきや、体験が終わった後に先生から聞いたお話は、お友達と手をつないだり、元気に遊んだりしていたし、泣いたのも荷物を置くまでだったとのこと。それはもうわたしは驚きました。だって、初めての子とは、基本的に嫌がって手をつなぐことなどなかったのですから。

これは、週に1度、1時間30分だけでもわたしがいない、お友達の世界に行くのも良いかも知れないと感じ、11月からは、それまでの親子クラスの「ぞう組」から未就園3歳児クラスの「うさぎ組」へと編入したのでした。

そして、11月第3週のうさぎ組への登園。いつもより通園を嫌がった怜ですが、登園途中、「怜は、ママの大事な子だから、うさぎ組でたくさん楽しく遊んで欲しいの。ママと離れることだけが嫌なんでしょ?大丈夫、ママは怜が楽しく遊んで笑顔で戻ってくるのを楽しみに待っているからね」といったことを言うと、なんとか園へ抵抗せずに入っていきました。そして、お誕生会をやるよという先生の声に、にわかに元気づいたようでした。これで安心かな、と送り出して、わたしも怜のいない1時間の間に、お友達とのお誕生会用のケーキを焼いたり、夫の職場へ生命保険の契約変更の手続きへ行ったりしてました。

そうして、怜を迎えに行き、帰りの車の中で聞いたことに、衝撃を受けました。幼稚園のお誕生会でチョコレートが出た、そして食べたというのです。市販のお菓子は、幼稚園で毎回出される「ハッピータン」という煎餅一枚でも家では与えたことがないのに、チョコレートとはかなりショックでした。ところが、このことを話しても理解してくれるママ友はあまりいません。皆、家で普通に与えているようです。それから、わたしが怜に与えるものにとても気を遣っているのを知っていてのことか、怜はチョコレートはおいしくなかった、また出たら食べないと言うのです。しかし、いささか不自然な感じがしたので、わたしが箱の中をやさがしする感じを見せると、「何?チョコレート??」というので、「怜も食べる?」と聞くと、「食べたい!」と返事をするのです。そんな嘘をつかせてしまうほど、わたしは高圧的なのか、まぁ幼い子どもにしてみれば母親とはそれほど絶対的な存在でもあるのだなと、改めて思い知らされました。

しかしこのまま嘘をつくのを習慣にして、親に隠れて悪いことをするようになって欲しくないと考え、本当の気持ちを話してくれることをほめるようにしました。そういえば、食事でも、おいしくないものを美味しいと言わせてしまっていたような気も、心当たりがないわけではありませんでした。

そして今日、怜の苦手なシチューを出すと、今までなら美味しいと言っていたのを、正直に美味しくないと言ってくれました。その気持ちのよかったこと!本人も気持ちがよかったと思います。作ったわたしとしては、嬉しくはありませんが、本当の気持ちがいえないような関係を作ってしまっていたことのほうが、もっと悲しいことでありました。

今回、チョコレートを食べてしまったというのは、いつかは通る道で、しかも大抵のママたちは意にも返さないようなことだと思いますが、わたしには非常にショッキングな出来事だったのですが、そんなことからもさまざまな気づきと発信があったと、深く感じずにはいられない一件でした。

テーマ : 出来事
ジャンル : 結婚・家庭生活

ベルマーク

みなさんは、ベルマークを集めたことはありますか?
わたしは、小学生の頃、集めていた覚えがありますし、当時、ベルマーク委員という係りも居て、ベルマークを整理する担当の生徒がいたのも覚えています。

さて、このベルマーク、実家を整理していたら久々に缶に入ったものが少し出てきたので、我が家に持って帰ってみました。まだ息子は2歳だけれど、今からベルマークを集めておいても、将来息子の学校などのために役立たせることができるのではないかと考えたからです。

ベルマークって1点で1円として学校の備品購入資金になるということを、小学校の頃何に使うのか疑問に思ったときに母から回答を得たのですが、この度ネットで改めて調べてみると、もう少し詳しく知ることが出来ました。

ベルマークの財団であるベルマーク教育助成財団は、もともとへき地学校の支援のための機関として設立されたようですが、現在は、小学校だけではなく、幼稚園、中学・高校・大学、生涯学習機関、企業などでも幅広くマークを集めることによって資金支援することができるようになったようです。財団自体は1960年に設立されており、歴史もあります。2006年からは時代の流れなのでしょうか、ついに生涯学習機関での収集も可能になったようですが、大変はずかしい話ながら、わたしも2006年から3年間、地元の町職員として生涯学習機関に勤め始めていたにも関わらず、このようなことを今日初めて知りました。

自分の家計のポイント集めをして節約するのも大切だと思いますが、自分の子どもの学校などのためにポイントを集めるひと手間をかけてもよいかもしれませんね。


ベルマーク財団のホームページアドレス
http://www.bellmark.or.jp/company/index.html

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

幼児期の絵本

我が家の2歳10ヶ月の息子、怜は、絵本が大好きです。特に好きなお話は、白雪姫にシンデレラ。たまたま病院の待合室にあったこの絵本を読んだことがきっかけで、かれこれ1年ほど毎晩眠るときに「白雪姫のお話して!シンデレラのお話して!」とせがみます。何がそれほど息子を魅了するのだろうか、疑問に思いながらも、毎日聞かせてやりました。白雪姫など、原作は非常に残酷ですが、ディズニーのものでも継母が、部下の狩人に、...
幼児期の絵本

にて、「我が家のシュタイナー教育」という本で、グリム童話の「星の銀貨」のように、悪者が出てこないハッピーエンドな絵本がよいと紹介している、ということを書きました。

今日、やっとその絵本を図書館で借りてきて読み聞かせてみました。

女の子のお父さんとお母さんが亡くなってしまい、女の子は吹雪の中、今着ているものとパンだけでさまよう、という書き出しから物語りは始まります。そして、道行けば自分よりも恵まれない人たちに出会い、パンや洋服といった自分の持てるものを全て彼らに与えてしまうのです。すると、たくさんの流れ星が降ってきて、いつのまにかに暖かな洋服につつまれ、集めてみた流れ星も銀貨になり、女の子はしあわせに暮らした、というお話なのです。

最後まで読んで、「よかったね」と、2歳11ヶ月になる息子、怜に言うと、「なんで?パパとママは戻ってきた??」と言うのです。「パパとママがいないと幸せじゃない」と、息子は言います。
なんて、かわいい子なんだろうと歓心しつつも、わたしの中にあった浅はかなハッピーエンド像には落胆したものです。

「パパとママは死んじゃったから戻ってこないね。だけど、この女の子はパパもママも亡くなってしまったから一人ぼっちになってしまったけど、良い行いをしていたから救いがあったのかもしれないね。パパとママが死んでしまったのは生き返らせることはできないから、どう仕様もならないことだけど、さびしくてもどうにか暖かな洋服を着れて、おいしいものを食べていけるんだよ。」と話しました。
すると、「銀貨ってお金?怜お金たくさん稼げるようになりたい。今すぐ」といい始めました。
「大きくなったらたくさん稼げるようになるといいね。今はまだまだ、自分のことから満足にできるようになりましょう。」とお話しました。

どうもお金の魔力だけが強調されてしまったようで、幼児にふさわしいハッピーエンドな絵本というものを実際に見つけることは、意外に難しいもののように思えました。


そういえば、この童話を読んで、今年90歳を迎えた祖母の話を思い出しました。

祖母の実家は山の中で、冬でも毎日学校に通うために、毎日片道6キロほどの道程を、たとえ雪が積もっていても通っていたそうです。
そんなある日のこと、馬車が通り、キラリと光るものを落としていったのだそうな。急いで拾おうと雪を掻き分けると、4枚の銀貨を拾ったのだそうです。本当に嬉しかったようで、祖母は、当時天からのお恵みだと思ったそうです。
当時は銀貨自体が価値がありすぎて珍しかったので、祖母は少し甘いお菓子を買おうとしたところ、盗んだのではないかと疑われたようです。

以上、わたしの身近な「星の銀貨(!?)」でした。

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

AD
ようこそ!にゃんぺいのきまま館へ
AD
プロフィール

にゃんぺいちゃん 

Author:にゃんぺいちゃん 
2009年8月20日開設しました。
専業主婦9年目、男児2人の母です。家族4人とも喘息アトピーのアレルギー体質ですが、食事を中心に気をつける事で、症状がでにくい状態を保っています。ブログは、日々の子どもたちの成長の記録などを通して、母が何を考えて生きて来たのかを遺し、たとえわたしがこの世から居なくなったとしても子どもたちが読み返してみて、どんなことを母が考えて子どもたちに接して来たのかを分かってもらえたらと思って書き始めました。
趣味:読書・オークション売買・子育てのこと・アトピーのこと・お金のこと、漬物作り(梅干し、味噌、玄米づけたくあん、ニシンづけ、ガリなど)、その他生活そのものを味わっています。今は子どもとの関わりがとても楽しくて、けれども掃除がアレルゲン除去に大変有効と気づいて夜中も出来る時には掃除しているため、時間が取れないので以前よりブログにかける時間がありませんでしたが、この春次男が幼稚園に入りましたので少し書けそうです。
子どもたちのためにも、素敵な未来を創造していきたいです。
アレルギー関連の記事は、過去には良かったと思ってやっていたことがダメになったということがよくありますので、時系列に気をつけて読んでみてください。過去のことを訂正しておりません・・・。
たまに更新するので、遊びに来てください♪気ままに、色々なことを書いて行きます。

カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。