スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幼児期の絵本

我が家の2歳10ヶ月の息子、怜は、絵本が大好きです。

特に好きなお話は、白雪姫にシンデレラ。

たまたま病院の待合室にあったこの絵本を読んだことがきっかけで、かれこれ1年ほど毎晩眠るときに「白雪姫のお話して!シンデレラのお話して!」とせがみます。

何がそれほど息子を魅了するのだろうか、疑問に思いながらも、毎日聞かせてやりました。

白雪姫など、原作は非常に残酷ですが、ディズニーのものでも継母が、部下の狩人に、白雪姫を殺して心臓を箱の中に入れてもって帰ってくるように命ずるなど、残酷なシーンがあるのです。

残酷な物語を毎日聞かせてやってもいいのだろうか・・・?けれども絵本の読み聞かせはいいと言うし・・日々の疑問と葛藤は常にせめぎあっていました。
おとなしくて怖がりな怜は、大勢の子どもたちがいる場所は苦手だし、乱暴されても泣いてばかりでやりかえすなどしない子どもです。さまざまなものから、価値観を形成していく時期だろうからこそ、不安を覚えて、あまり白雪姫の話をしたくないなと思うようになっていた矢先の話です。
「嫌いなお友達の心臓とる」怜が、言うのです。
それがどんなに過激なことを言っているのか、当然、日々の物語に出てくる一幕のことだから分からないのだと思います。
わたしはギョっとしました。内心、慌てました。
「ちょっと嫌いだからって、そういうことしていいのかな?怜は白雪姫の継母と同じなのかな?継母はいいことしているのかな?継母みたいになりたいのかな・・?そんなことしたら、怜は牢屋に入れられて、ママと会えなくなっちゃう。ママ悲しいな。」などなどと話していると、「でも、嫌いなお友達もいる」と言いつつも、良くないことではあることはなんとか理解したようで。

先日、シュタイナー教育に関する本を読んだのですが、その中には、幼児期の絵本には、悪者が出てこない絵本が良いと書いていました。
悪者が出てくるお話は、4歳過ぎてからで良いようです。悪者がでてきたら、徹底的に悪者がいなくなってハッピーエンドにならないと、子どもの心に不安が残ってしまうのだそうです。だから、悪いやつが改心してよい人になりました、というような、終わり方にわざわざ変えてある絵本も出ているのだそうですが、そういったものも、不安材料になるのです。我が家のシュタイナー教育という本には、星の銀貨というグリム童話がおすすめされていました。
わたしは、レオ・レニの絵本をおすすめします。中でもフレデリックは、ありときりぎりすの逆説的な話となっていて、大人にも気づきのある絵本です。

白雪姫には、怜は1歳の頃から親しんでいました。
しかし、少し早すぎたのかもしれません。






関連記事

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

幼児期の絵本

我が家の2歳10ヶ月の息子、怜は、絵本が大好きです。特に好きなお話は、白雪姫にシンデレラ。たまたま病院の待合室にあったこの絵本を読...

コメントの投稿

非公開コメント

AD
ようこそ!にゃんぺいのきまま館へ
AD
プロフィール

にゃんぺいちゃん 

Author:にゃんぺいちゃん 
2009年8月20日開設しました。
専業主婦9年目、男児2人の母です。家族4人とも喘息アトピーのアレルギー体質ですが、食事を中心に気をつける事で、症状がでにくい状態を保っています。ブログは、日々の子どもたちの成長の記録などを通して、母が何を考えて生きて来たのかを遺し、たとえわたしがこの世から居なくなったとしても子どもたちが読み返してみて、どんなことを母が考えて子どもたちに接して来たのかを分かってもらえたらと思って書き始めました。
趣味:読書・オークション売買・子育てのこと・アトピーのこと・お金のこと、漬物作り(梅干し、味噌、玄米づけたくあん、ニシンづけ、ガリなど)、その他生活そのものを味わっています。今は子どもとの関わりがとても楽しくて、けれども掃除がアレルゲン除去に大変有効と気づいて夜中も出来る時には掃除しているため、時間が取れないので以前よりブログにかける時間がありませんでしたが、この春次男が幼稚園に入りましたので少し書けそうです。
子どもたちのためにも、素敵な未来を創造していきたいです。
アレルギー関連の記事は、過去には良かったと思ってやっていたことがダメになったということがよくありますので、時系列に気をつけて読んでみてください。過去のことを訂正しておりません・・・。
たまに更新するので、遊びに来てください♪気ままに、色々なことを書いて行きます。

カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。