スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風の谷のナウシカと、アトピーと 深い腐海ふか〜い関係

先日、風の谷のナウシカを何年かぶりに見ました。
わたしはジブリの中では天空の城ラピュタと、ハウルの動く城、それからとなりのトトロが好きなのですが、どちらかといえばナウシカには全く興味がない方でした。

全然意味がわかりませんでしたから。

今も、意味わかっていないと思います。
きっとわたしなどにわかったとか、あれこれ解説されてしまえば、本物のナウシカファンを怒らせてしまうのではないかと思います。

けれどもそれをあえて承知の上で、ナウシカわかったふりうんちくを垂れてみたいと思ってしまいました。

いやぁ、書かなければならないなぁ、これまで自分の体や息子の体と向き合ってきたからこそ、ナウシカの世界に見出せたものがあるのです。
もしかしたら、ナウシカの世界観について、世に一般的に言われていることを含めて書いてしまうのかもしれませんが、わたしはあくまでもナウシカファンではないので、その辺の見地も全く調べずに、わたしが感じたことをまとめておきたいのです。
そうです、このブログでは主にアトピーなどと関係して語ってきていますので、ナウシカとアトピーの関係を語ります。

アトピーや喘息に限らず、病気になる人間って、体に悪いものを取り入れているということがわたしは自身や息子たちの体を観察してきてよくわかってきました。
わたしはずっと幼少時から病弱で、せっかく風邪が治ったかと思ってもまたすぐ風邪をひくような生活を送ってきていました。
それは大人になれば抵抗力がついて治りやすくなるのだと聞かされていたのですが、一層長引くようになり、弱っていってたのです。
そしてついには32歳、今からちょうど5年前になるのですが、わたしは人生初めての喘息の発作に日曜の晩に見舞われ、息もままならず苦しみもだえたのでした。
その頃から食事を改善し、野菜は無農薬無肥料のもの、添加物が極力入っていないものを食べるため冷食レトルト加工食品は市販のスーパーのものはほとんど買わず、ごく限られたものを宅配ショップから買うようになり、ほぼ手作りでやっていくようになりました。
すると、なんと風邪など全く引かなくなったのです。

けれどもまた夫が肉がもっと食べたい、外食がもっとしたい、というように騒ぎ、妥協して付き合うようにしていると、やはり風邪をひくんですよね・・・。市販の肉なんて、抗生剤やらホルモン剤を使っていたり、それから遺伝子組み換えの飼料を食べていたりもするわけで、そういうのが全部体に入ってきてしまうのです。そうしないように食べるのであれば高い肉か、新鮮な養殖ではない魚を食べるようにしていたのですが、これらには夫は文句を言うのです。

体の中に漂う悪いものがあるのを、細菌が食べていくことで毒素を生み出しあらゆる病気を呼び寄せて、そして浄化していく・・・・
ナウシカの世界に似ていませんか?
腐海の浄化した後の世界は地下に広がっていて綺麗なんです。
腐海の植物も綺麗な水で育てると毒素を発しないのです。
腐海の植物は大地を浄化するのに一役かっているのですが、人体の中で起きている病気も、体の中に悪い物が溜まっていなければ引き起こされない物ではないかと考えてしまいます。
ナウシカの世界の中の地球は、汚れてしまったから腐海に侵食されているけれど、地球も病気でそこから回復する過程に過ぎないのです。

現代は体の中にたくさんの不要なものをためてしまいがちです。
だから断食などももてはやされてしまうのでしょうが、いかに悪いものを取り入れないか、そのためにはまずは自分が添加物、遺伝子組み換えなどを取り入れないような努力が必要ですが、地球規模で悪いものにNOと言って戦えることが大切になってくるはずです。
本当はとっくにそうしていないといけないはずです。
そうした余裕がないことも、わたし自身も言い訳にすることはあります。
それでも、少しずつでも変えていく努力をしなければ、いつしかわたしたちの体の中も、腐海で溢れかえってしまうことでしょう。
わたしたちの体は、小さな世界であって、地球そのものであって、そう、地球に対する思いやりそのものがその人自身の体にも反映されている小宇宙なのです。

アトピーを治す、喘息を治す、アレルギーを改善すること、成人病や癌などの様々な病気を考えること、ならないようにすること、そこから回復することは、ひいては地球規模で考えていくことが大切になってくるものなのです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: No title

とむやむさま、
初めまして、こんばんは。

マルチアレルギー、お辛いですね><
自分のことよりもお子様のことの方がお辛く感じるかと思います。
ご質問にお答えいたしますね。

> 1.体に良い物、として何年か漬けた梅干し、とありましたが、
> 「漬けてから年数が経ったもの」なのか、
> 「梅酢に漬けっぱなし
にしてそのままにしてある梅干し」なのか、
> どちらを指されているのでしょうか??
> 我が家も梅干しを毎年作っていまして、後者ならば、今年は長く漬け放しにしてみようと思いまして ^ ^

わたしはどちらでもいいと思いますが、梅酢につけっぱなしの方がいいかと思います。すると、梅の種もペンチなどで割って、天神様と呼ばれるアーモンドのようなものも安心して食べられます。梅干しは3年漬けからがかなり安心のようですが2年でもとてもいいです。

> 2.今は炭水化物を控えめにしているということでしたが、
> その後GOPANで小麦のみのパンは作られていますか??
> 今、グルテンフリーのパンを作るべく、
> GOPANの購入を検討しているのですが(無農薬のお米で作れますし)
> 多森サクミさんのレシピで作るGOPANのグルテンフリーパンは、
> 常食に耐えうるようなお味なのでしょうか??
> にゃんぺいさんの、玄米をうるかすGOPANのレシピを見て、とても気になっています。。

炭水化物は控えめにしていますが、完璧は良くないです。やはり食べた方がいいのだと思いますが、以前のように多食はしないようにしていますし、一食ごとのお米の量も減らしています。その代わり、肉や魚をしっかり新鮮で抗生物質、遺伝子組み換え飼料、放射能などに気をつけたものを摂るようにしています。すると、たまに体脂肪計で体重を計っているのです、体重が徐々に増えたのですが、特に運動を増やしたわけでもないのに、全てが筋肉量が増加した分の体重増量となっているのです。今までいかに炭水化物に偏って筋肉を衰えさせる生活をしていたか、反省しています。
お米パンは、一度市販のものをお試しになってみるといいかと思います。「エルフィンのもちもち米パンプレーン」というものがらでぃっしゅぼーやにてたまに購入することができるのですが、他でも自然食品のお店や、生協のように一般のお店などでも取り寄せのお願いができるところにお願いしてみて試してみるといいかと思います。だいたい、似たような味です。
玄米パンは、自分でレシピを載せておいて難ですが、やめたほうがいいです。というのは、玄米はわたしたちのような体質の腸にダイレクトに悪影響を及ぼすということが自身の体験でわかったからで、現在では脱玄米どころかアンチ玄米のような立場にて話をしています。ブログでは何度かお話しているのですが、玄米を食べていると、化学物質も吸収しやすい体質になります!!!間違いないです。気をつけて下さい。それに玄米は昔から食べられていたものなどでは全然ありません!!!

> 3.にゃんぺいさんのブログはとても貴重な情報ばかりで、
> もし差し支えなかったら、私のブログにリンクを貼らせて頂いても良いでしょうか??

初めてそのようなことを言われて嬉しいです。ぜひ貼ってくださいm(..)m
もしよければこちらにも貼りますのでお知らせくださいね。


> 電磁波がしんどいというときに、長々とコメントを書いて申し訳ありません。
> お体が少しでも上向きなときにでも、お返事を頂ければ幸いです。
> どうぞ宜しくお願いいたします。

最近は、やっと少しテレビやパソコンをつけていても息子が咳をし続けるような事態にならなくなってきたので、一安心して、またこうしてネットを触り始めたところです。
それでは今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

Re: Re: No title

とむやむさま

訪問者の足跡を見ましたら、「たいやきのしっぽ」ブログなんですね。
勝手ながらリンクさせていただきました。どうぞよろしくお願い致します。
詳しい記録ですごいですね。
お互い頑張りましょう!

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: タイトルなし

とむやむさま

こんにちは。
電磁波は、じきに軽くはなるだろうとは思っていましたが、やっと反応が軽くなって本当に良かったとホッとしているところです。ただ、いろんな症状がまだまだあるので、油断はできないのですけれども。

玄米は、わたしもとむやむさまのおっしゃる通り、暴食後の初期段階には有効なのだと思います。
けれども1年ほども完全な玄米菜食を行ったわたしは、完璧に体が不調をきたしていましたが、それでももっと徹底すればいいのではと、かなり洗脳もいいところで頑張っていました。
それが崩れたのはホテルバイキングへと出かけた時に、野菜と肉や魚ばかりを食べて、お米やパンを食べなかった時に、もう、アトピーの激烈な悪化を覚悟したというのに悪化どころか回復したことでした。その後もかなりホテルバイキングへと出かけて食べまくっていました。最近はぐっと落ち着いたので、半年ほど出かけていませんでした。ただ、格安の食べ放題へ夫は行きたがるのですが、わたしは絶対に反対で、夫だけが先日行ってきたところ、帰宅すると全身をボリボリとかきむしっているのです。彼もアトピーがひどいのですが、明らかに体に悪いものばかり食べたんだね、という感じでした。

1日2食について、そちらの方が自然に近いのだと思います。
この日本の現代では3食というのが一般的になってしまっていますが、わたしは自分一人で過ごしている時には2食になることが多いです。というのは、昼ごはんを自分のためだけに作ってとっていると時間が無駄でせっかくの一人の時間を満喫できないという思いから自然とそうなることが多かったのですが、これがお腹が空いてどうもならない時と、そうでもない時があることに気がつきました。
お腹が空く時は、小麦やお米などを常食多食していた時でした。小麦のものなどを特に食べると、満腹感がある時に別腹で食べた時であっても急激にお腹が空き始めてどんどん食べ始めてしまうことがありました。なので、小麦やお米を食べるようになってから、それだけご飯が食べられるようになった現代だからこそ、むしろ、1日3食しなければ空腹感を覚えて仕方ないのだと思います。
なので、良質で新鮮な栄養バランスも考えての肉魚野菜をしっかりと、お米をお茶碗に軽く食べて、という食事であれば、2食でもいいのだと思います。
それに、3食ともしっかりとしたものを手作りするにはとても時間も手間もかかって大変です。人手がとにかく必要だった時代から、そんなにメニュー豊富に毎食できているわけでもあるまいし、一体いつの時代のお母さんが3食いろとりどりに作っていたというのでしょう?ましてやアトピーなどと闘うことに忙しいわたしたちに、食事の一食一食それ自体が金銭、肉体、精神全てにおいて非常な負担となっています。なので、わたしは常備菜は酸化が心配なので作りませんが、朝昼同じメニューのことも多いです。
だけどやっぱり習慣的に3食食べたいと思うことが多いですし、挑戦してみたことはあるけれど断食などは体に悪いと思います。少ない量が年をとればちょうど良くなるはずですが、だいたい断食や1日2食を訴える方は年配ばかりではないかと思います。病気になったら食欲も勝手になくなることだし、変なものを食べないようにして、出てくる食欲に合わせて2食なり3食でいいのではないかと今の所わたしは思っています。

白米パンは、ゴパンの調子が悪くなってしまい作れなくなってしまったので、今では餅を作る時にだけ使っているような状態です。
白米パンは、毎回違う感じにできるので、研究しがいがあります。毎回、細かにやり方を記録して、どうしたら美味しくできるか検証する楽しみがあります。
意外とオリーブオイルなんかを規定通りに入れないで少なくした方が美味しくできた覚えがあります。確か、入れずに作ったこともありましたが、出来栄えも案外良かったです。詳しい材料の分量を思い出せずにすみません。
同じくアレルギーに悩むママさんたちとの集まりに、お米だけで作ったパンを持っていくと、「ゴパンはなかなかふわっとしたのができないというのにすごい!」と言われたので、一工夫必要なのかもしれません。
わたしはわりと美味しくできていたので気になりませんでした。

アロエは、生のものを家で栽培していますが、それを2cm程度たまに食べています。基本的に美味しくないので、体調が悪くなった時もしくは体調が悪くなりそうな感じの時に食べます。普段はかなり気合いを入れないと食べられませんので、それに、たくさんあるわけではないので、気が向いた時だけ食べるようにしているのです。
食べ方は、ゼリーっぽいところを細かく切り刻んで、冷えたねじめびわ茶で流し込むように飲んでいますf^^;

ねじめびわ茶はオススメです!
きっと悪いものを外に出しやすくしてくれると思います。
ただ、それよりもまずは体に入れないことが最重要です。
CSの方は、まずは住宅の空気から変えることが最重要課題の一つです。部屋は毎朝15分程度換気するようにして、部屋の中のポリエチレン、ポリエステル、発泡スチロールをとにかく減らすことです。
砂糖などはほぼ完全に断てるくらいにすれば、治りがとても早いです。残念ながら、わたしは現在そこが甘いのですが、やめれば劇的に良くなるのが体でわかります。
わたしは本日100円ショップに1か月ぶりに出かけましたが、半年ほど前の一番状態の悪い時でしたらガスマスクが必要だと感じるほどで5分も居れたものじゃありませんでしたが、今日は100円ショップの空気が変わったのかと思うほどに平気でした。これほどまでに回復できたのは、部屋の物をきちんと悪いものを減らし、衣類はなるべく天然素材に囲まれて、食は添加物を排除して生活し、ということを徹底したからだと実感しています。

それではまたいつでもコメントお待ちしていますね!!
AD
ようこそ!にゃんぺいのきまま館へ
AD
プロフィール

にゃんぺいちゃん 

Author:にゃんぺいちゃん 
2009年8月20日開設しました。
専業主婦9年目、男児2人の母です。家族4人とも喘息アトピーのアレルギー体質ですが、食事を中心に気をつける事で、症状がでにくい状態を保っています。ブログは、日々の子どもたちの成長の記録などを通して、母が何を考えて生きて来たのかを遺し、たとえわたしがこの世から居なくなったとしても子どもたちが読み返してみて、どんなことを母が考えて子どもたちに接して来たのかを分かってもらえたらと思って書き始めました。
趣味:読書・オークション売買・子育てのこと・アトピーのこと・お金のこと、漬物作り(梅干し、味噌、玄米づけたくあん、ニシンづけ、ガリなど)、その他生活そのものを味わっています。今は子どもとの関わりがとても楽しくて、けれども掃除がアレルゲン除去に大変有効と気づいて夜中も出来る時には掃除しているため、時間が取れないので以前よりブログにかける時間がありませんでしたが、この春次男が幼稚園に入りましたので少し書けそうです。
子どもたちのためにも、素敵な未来を創造していきたいです。
アレルギー関連の記事は、過去には良かったと思ってやっていたことがダメになったということがよくありますので、時系列に気をつけて読んでみてください。過去のことを訂正しておりません・・・。
たまに更新するので、遊びに来てください♪気ままに、色々なことを書いて行きます。

カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。