スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病気の時こそ、体に悪い食べ物がわかる!

前日、ノロウィルスであろうかと思われるような、酷い嘔吐に見舞われました。
わたしだけではなく、家族全員です。
2歳の次男は、ほぼわたしと同時に嘔吐が始まったために、すぐに対応できず、洋服を何度も汚してしまいました。
そしてまだ小さくてこんなに苦しい思いをしたのも初めてであろう中、わたしもトイレに駆け込んだり、間に合わずに台所へ行ったりで、なかなか抱っこをしてあげることもできない時もありました。

さて、この嘔吐、わたしは半日で終わったのですが、その後もなかなか食欲が戻らず、3、4日ほどは本当に大した何も食べずに過ごしていました。
体調もすぐれず、とてもじゃないけれど毎度ご飯を作るのもとてもだるいので、家族全員が一緒にこの病気になって皆食欲が大したなかったのは、わたしにとっては多少の救いになりました。

そんななか、ちょっとでも何か食べてみると、それが体に合うか、合わないのか、すぐにわかるのです。
面白いくらいに、体に悪いものは吐き気がします。
逆に、添加物などもない、割といいものは食べた後も平気です。
なんだか、妊娠中のつわりのような状態でした。
けれど、体に悪いものを再確認できました。
あぁ、やっぱりこれはダメだったんだなって。

病気の時は特に、体が敏感になっていて、極力体の機能をダウンさせるような、体に合わないものを受け付けないようにするのだと思います。
皆さんも、体調が悪い時に、これを食べたらもっと具合が悪くなった、というものは、普段の生活でも体に悪影響を及ぼしている可能性がありますので注意するようにした方がいいし、体調が悪いときこそ、このような見極めができるときなので、じっくりと自分の体に向き合うのもいいです。

関連記事

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

AD
ようこそ!にゃんぺいのきまま館へ
AD
プロフィール

にゃんぺいちゃん 

Author:にゃんぺいちゃん 
2009年8月20日開設しました。
専業主婦9年目、男児2人の母です。家族4人とも喘息アトピーのアレルギー体質ですが、食事を中心に気をつける事で、症状がでにくい状態を保っています。ブログは、日々の子どもたちの成長の記録などを通して、母が何を考えて生きて来たのかを遺し、たとえわたしがこの世から居なくなったとしても子どもたちが読み返してみて、どんなことを母が考えて子どもたちに接して来たのかを分かってもらえたらと思って書き始めました。
趣味:読書・オークション売買・子育てのこと・アトピーのこと・お金のこと、漬物作り(梅干し、味噌、玄米づけたくあん、ニシンづけ、ガリなど)、その他生活そのものを味わっています。今は子どもとの関わりがとても楽しくて、けれども掃除がアレルゲン除去に大変有効と気づいて夜中も出来る時には掃除しているため、時間が取れないので以前よりブログにかける時間がありませんでしたが、この春次男が幼稚園に入りましたので少し書けそうです。
子どもたちのためにも、素敵な未来を創造していきたいです。
アレルギー関連の記事は、過去には良かったと思ってやっていたことがダメになったということがよくありますので、時系列に気をつけて読んでみてください。過去のことを訂正しておりません・・・。
たまに更新するので、遊びに来てください♪気ままに、色々なことを書いて行きます。

カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。