のびのび、次男。

2歳7ヶ月になる次男の知。
おにいちゃんの怜のことはブログにも意識して書くようにしていたのに、全く書く時間もなく多忙な日々を過ごしていました。
というのも、特ににいちゃんのアレルギー対策に部屋掃除などにも時間は取られるし、冷食やレトルトなどがない毎度手作りのご飯なのでとにかく時間がかかります。新鮮な食材でないとにいちゃんはすぐに具合が悪くなるので、作り置きもほとんどしません。
知は、元気なので時間と天気さえよければいつも公園へ出かけます。
公園へいけない時には室内の遊び場です。
書いておかないと忘れてしまう可愛らしさ。
そんなの忘れないよ、と思っていたけれど、以前のブログをちらりと見ると、にいちゃんのときにこんなことあったんだ!と驚いたりします。
人間の記憶って、たいしたことないもんですね。

さて、肝心の最近のさとちゃんのことを書いておきたいです。
さとしは、話し始められるようになってから、自分のことをちゃっち、というようになりましたが、これは、さとし、という発音がしにくかったからです。今は「さとし」と発音できるようになったのだけれど、いまでも「ちゃとち」とか「ちゃっち」と自分のことを言います。わたしも何度も「さとし」「さとしくん」と呼びかけているうちに、「ちゃーくん」などと呼びかけることもありますが、さとしはちゃんと自分のことだとわかっているみたいです。

そんなさとしくんですが、我が家ではとてもお世話好きなんです。
たとえば歯磨きタイム。自分の歯ブラシだけではなく、おにいちゃんにも歯ブラシを持って行きたがりますし、おにいちゃんが学校へ持っていくお弁当や水筒、箸も、全部さとしが手渡したがります。渡せない時には、泣いて悲しむときもあります。
それから、学校へお兄ちゃんが出かける時には「いってらっしゃーい、気をつけてね。コロンだりしないでね」なんていって送り出します。
わたしがゴミを出す時には自分も一緒に行かないと、行きたかったといつまでも訴え続けます。
それと、家の周りには落ち葉がたまりやすいのですが、いつも一緒にホウキで掃除します。

いつも笑顔たっぷりで、可愛いんです。

最近覚えたのは、つばをぶーっととばすこと。
これはトイストーリーでビックベビーが怒った時にやっていたのを見た影響です。

そして、最近は、どれだけ遊び相手をしてあげても、「たくさんあそぼうね」と夜寝入りのときにいってきて、「ママと全然遊んでいない」と悲しげに言うのですが、そんなことはないのです。にいちゃんに遊んでもらっても、パパに遊んでもらっても「にぃにと遊んでいない、パパと編んでいない」と言い張ります。そういっておけばもっと遊んでもらえるとしたたかに思っているように見えます。

食べ物は、言われなくても「はんぶんこ〜」といって、わたしや、おにいちゃんに渡してきます。
もちろん、お友達にも渡します。
意地悪とか、独り占めとかは全然ないです。
ただ、お気に入りのものを取られると、当然ですが泣いたりします。
泣いて、母親頼みになってしまうところはまだまだひよっこだなと思います。

マイペースに自由に一人でも好きなところへ行っています。
絵本はやっと最近聞くようになってきたのですが、とにかく好きなネタが車と、それからちょっと魚に興味が湧いてきた、という感じです。

お月様のことは、おにいちゃんのときもそうだったけれど、怖いと言っています。
なぜなのでしょうね、子どもはみんな、お月様とか怖がるものですか?
おひさまは怖いのか聞いてみても、怖くないと答えます。
おにいちゃんなんて、初めてお月様を夜空に見つけたときなんて、ギャアギャアと泣いて怯えていましたf^^;
さとしは、「おつきさまこんばんは」という絵本を読んで、怖いと言いながらも喜んでいます。

それから、さとしは公園で高いところへ登って行っってしまいます。
なので、大きな公園へ出かけた時に、大きな半球形のジャングルジムがあったのですが、保育園のおにいちゃんおねえちゃんたちが皆登れずにいる中、ただ一人一番上まで登ってぐるっと周って降りてきました。
にいちゃんの時は、これまたもっと慎重だったと思います。

お歌や踊りが好きです。
一緒に歌って、手遊びしたり、踊ったり。
にいちゃんはこういうことが全然だったので、可愛らしく感じる部分の一つです。
同じ兄弟なのに、本当に違いますね。にいちゃんなんて、生後半年もする頃から毎日2時間以上絵本をわたしに読んでとせがんですごかったのに、弟は全然で、最近やっと絵本に興味を少し持った程度ですから。

さとしは食事が大好きです。
だけど、今食べているものよりももっと口に入れたいものがあると、今口に入れているものを台所や皿に吐き出してから別のものを口に入れてしまいます。
それから、お腹がいっぱいになると、おいしいと言って食べていたものも急においしくないと言って残します。
おいしくないと言われるこちらとしてはたまったものじゃないのですが、いつものことなので、困ったな、という程度になっています。

子どもたちが集まっているところでうまく集団に入っていけると、「ママ、こないで。あっちいって。」と言い出しますので、遠くから見守るようにしています。

バスに乗るときにはたいていわたしは空いていても立っているため、たまに座ると「ママ、座らないで」なんて言われてしまいます・・・。

なんだろなーと思いながらも、子どものやることだからと思うと、ほほえましくも、楽しくもあるものですね。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

AD
ようこそ!にゃんぺいのきまま館へ
AD
プロフィール

にゃんぺいちゃん 

Author:にゃんぺいちゃん 
2009年8月20日開設しました。
専業主婦9年目、男児2人の母です。家族4人とも喘息アトピーのアレルギー体質ですが、食事を中心に気をつける事で、症状がでにくい状態を保っています。ブログは、日々の子どもたちの成長の記録などを通して、母が何を考えて生きて来たのかを遺し、たとえわたしがこの世から居なくなったとしても子どもたちが読み返してみて、どんなことを母が考えて子どもたちに接して来たのかを分かってもらえたらと思って書き始めました。
趣味:読書・オークション売買・子育てのこと・アトピーのこと・お金のこと、漬物作り(梅干し、味噌、玄米づけたくあん、ニシンづけ、ガリなど)、その他生活そのものを味わっています。今は子どもとの関わりがとても楽しくて、けれども掃除がアレルゲン除去に大変有効と気づいて夜中も出来る時には掃除しているため、時間が取れないので以前よりブログにかける時間がありませんでしたが、この春次男が幼稚園に入りましたので少し書けそうです。
子どもたちのためにも、素敵な未来を創造していきたいです。
アレルギー関連の記事は、過去には良かったと思ってやっていたことがダメになったということがよくありますので、時系列に気をつけて読んでみてください。過去のことを訂正しておりません・・・。
たまに更新するので、遊びに来てください♪気ままに、色々なことを書いて行きます。

カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム