手作りの棚などの家具には要注意!潜むアレルゲンの恐怖

我が家の長男は化学物質過敏症です。
診断はされていませんが、食品中の添加物であれ住居関係であれ、長男を取り巻くものが長男の体調に大きく関与しています。
そしてそれは、長引く咳などに現れたりもします。

我が家は
2階建ての1戸建で、1階には茶の間、バスルーム、トイレ、夫の部屋、わたしと子どもたちの寝室というような部屋がありました。
それを夫の部屋を、夫が出張となることと、リフォームして2階にも暖房が着くのを機に、1階の夫の部屋を長男の部屋とすることにしました。
長男はなんとなしに嫌がっているのですが、まずは試しにと。

ところが、夫の部屋だった部屋で眠ることになってから、長男の咳はひどくなっていったような気がしました。
えへん、とも、うふん、ともつかない、咳払いのような咳です。
おそらく普通の人であれば、ああ、調子が悪いんだね、程度で見過ごすのではないかと思います。
けれどもわたは細かいこともチェックし続け、ことに長男のことに関してはいろんなことに気を払い続けてきています。そんな咳は見逃せません。

壁も拭きました。いつものように酸素系漂白剤を熱湯でしみさせた雑巾で何度も拭きます。汗だくになるんです。
それでもよくならない。
絨毯も何度も掃除機がけしています。この絨毯は、1年ほど前に新調したものですが、夫が散らかしに散らかし、ポテトチップスやプリンなどを食べたプラスチックスプーン、それからコンビニのチキンの入っていた袋などもゴミ箱に捨てずに時には散らばっていたために、絨毯をちょっとやそっと掃除機かけただけでは食べ物のカスはとれずに悪臭などの元になっているのだと思いました。
どんなに掃除機をかけても嫌な臭いがとれない!!わたしは怒りを出張中の夫に電話でぶつけました。けれども、この嫌な臭いは後日、おばけが関係していた可能性が高いということが分かったのですが、ちょっと前の記事にそのことは書きましたので、よければご覧になってください。

さてさて、わたしはついには絨毯も掃除機をかけながら撤去し、新しく2階となった夫の部屋へと運び込みました。
そしてむき出しの床となり、細かい粉のような汚れが塊で点在しているので掃除機で吸い取り、その後は床も何度も酸素系漂白剤をしみさせた雑巾で拭きました。
雑巾がけも慣れたもので、2枚の雑巾を一度に使って、2枚とも汚れたらまとめて熱湯で洗い酸素系漂白剤でまた洗い、そして使うということを繰り返していました。バケツは使いません。雑巾の汚れは毎回徹底的に落としてから再び使います。こうすると効率がとてもいいのです。
もちろん、机の裏も、本棚の下も後ろも、どこもかしこも丹念に拭き掃除しました。

ところが、長男はまだ咳をします。
一体原因は何だろう。
この部屋にいるときに、特に咳をしやすいような気がしていました。
だから、何かこの部屋にあって他の部屋にはないものが原因だと思うのです。

で、目に付いたのは、写真と、手作りの棚でした。夫が自作したロケットの模型なんかも怪しい。
一番は棚が原因ではないかと思いましたが、まずはそうでなければ嬉しいと思い、写真などの細かいものを全て、とりあえず2階の部屋へと持って行きました。
けれども、翌日以降も特に変化なしでした。

やっぱり棚か、と思いつつも、急いで撤去することにしました。
その日は札幌からわたしの短大時代のお友達で15年ほど連絡が途絶えていた間に多重人格となってしまった子がお泊まりに来た日でしたが、長男がこの部屋で寝ると言い出したので、これ以上体調不良にさせてはいけないと思い、お友達がいる中でしたが、棚の撤去作業をしました。

けれども、翌日も咳をします。
同じ素材でできている棚があるんです。茶の間には、それは調味料を置いたり、飾りを置いたりするのに便利な棚が。それと、脱衣場にはタオルを置くのに便利な棚が。
こういった棚がついているところも便利そうで気に入って、ここのおうちを中古で購入したので、その棚を取り除くのはあまり好ましくは思いませんでした。
この棚のせいじゃないかもしれないし。
それでも今が棚を撤去するチャンスなのです。夫が出張中なので、いちいち何か言われなくてすむし。なにせ、長男のためにと壁を拭き掃除したときも非協力的で文句ばかりでしたから。

これがなかなかガッチリとネジで留まっているのです。
ネジはきっと電気ドリルのようなものを使ったのでしょう。普通に力を入れてもびくともしません。
さて、どうするか。
とりあえずゴム手をはめてみました。ゴム手の中には綿手を履いています。
すると、ちょっと頑張るとネジを緩めることができました。
ジャムの瓶も開きにくい時にはたいていこれで開けることができるのでやってみたら、大成功でしたね。

それでも高いところの棚などは、手を上げながらなのでとても疲れる。だから一気に棚を全部はずすことはできずにちょっと日数がかかってしまったけれど、それでも全部外してしまうと、長男の咳が一気に激減したんです!
やった!やった!長い間原因さぐり、分からずにいたものが、ようやくわかった!よかった!
という思いと、この棚がもう使えなくて残念、という思いが交錯しました。
棚は使えるように車庫に置いたり、ネジもとりあえず全部とっておいていたのですけれどもね。

それにしても、手作り棚の一体何がそんなにダメだったのか、疑問です。
臭いはそんなにしていませんでした。
塗料とかも自分で塗っていた感じなので、その塗料とかがよくないのかもしれません。

長男は、灯油ボイラーもガス湯沸かし器に替え、手作り棚も撤去し、便秘も3回の浣腸を乗り越え解消し、やっと頭痛と腹痛と咳から解放されて日に日に元気になっていきました。
相変わらず長男のことを中心にあれこれやり続けている日々が続いていますが、ひとまず顕著だった症状が解消したことに、わたしも束の間の休暇を与えられた気分となり、嬉しくなり、子どもたちのためにもせっかくいい季節となってきたので遠出に連れて行って上げたいという気持ちとなりました。
長く、こんな気持ちにはなったことは全く無かったので、本当に気持ちが晴れやかになったのだと、自分で感じて、さらに嬉しくなりました。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

AD
ようこそ!にゃんぺいのきまま館へ
AD
プロフィール

にゃんぺいちゃん 

Author:にゃんぺいちゃん 
2009年8月20日開設しました。
専業主婦9年目、男児2人の母です。家族4人とも喘息アトピーのアレルギー体質ですが、食事を中心に気をつける事で、症状がでにくい状態を保っています。ブログは、日々の子どもたちの成長の記録などを通して、母が何を考えて生きて来たのかを遺し、たとえわたしがこの世から居なくなったとしても子どもたちが読み返してみて、どんなことを母が考えて子どもたちに接して来たのかを分かってもらえたらと思って書き始めました。
趣味:読書・オークション売買・子育てのこと・アトピーのこと・お金のこと、漬物作り(梅干し、味噌、玄米づけたくあん、ニシンづけ、ガリなど)、その他生活そのものを味わっています。今は子どもとの関わりがとても楽しくて、けれども掃除がアレルゲン除去に大変有効と気づいて夜中も出来る時には掃除しているため、時間が取れないので以前よりブログにかける時間がありませんでしたが、この春次男が幼稚園に入りましたので少し書けそうです。
子どもたちのためにも、素敵な未来を創造していきたいです。
アレルギー関連の記事は、過去には良かったと思ってやっていたことがダメになったということがよくありますので、時系列に気をつけて読んでみてください。過去のことを訂正しておりません・・・。
たまに更新するので、遊びに来てください♪気ままに、色々なことを書いて行きます。

カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム