スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祖母が亡くなりました

2015年6月13日、父方の祖母が亡くなりました。
94歳でした。本当はあと3日ほどで95歳のお誕生日だったのです。
それでも大往生でした。

その時わたしの両親は我が家に来ていました。
それは、母方の祖母がもう7月まで持たないだろうと施設から連絡が来てのことでした。
こちらへ来る途中、父方の祖母が熱中症で入院したということで、両親は入院先へ様子を見に行き、そして先生の説明から回復して元気になることと思い、わたしの家まで来ました。
が、翌日、容体が急変して亡くなりました。

その日は母方の祖母を、わたしの息子二人と両親とでお見舞いに行く予定でしたが、連絡を受けた両親は急遽帰ることとなりました。
わたしも準備をして、翌日子どもたちと実家へと向かいました。
本当は授業があったのですが怜は吐いたり下痢した後で頭痛もあるために学校を休んで行くことにしました。
片道3時間半程度を一人で運転していきます。
別に大したことはないです。次男も2歳3ヶ月でおとなしいものです。

祖母の死を聞いて、悲しいと思ったというのもどうか、本当に亡くなってしまったのかという実感もわかず、ただ、そうなんだと思っていました。
わたしって、心のない人だなとも思いました。
いくらひどい一面を持った祖母だったとは言っても、すべてがひどかった訳でもなく、それに、自分の祖母であることには間違いのないことなのですから。
一方、一人娘だった東京のおばさんは、何度も泣いていて、わたしはそのおばさんを見ていると本当にお辛いのだろうなと感じてもらい泣きする形となってしまっていました。

次男は、物事を理解するには早すぎたのか、けれども騒いではいけない場所とか、周りの様子をしっかりとわきまえて、式の間もきちんとしていました。
そして、式が終わって自宅に帰ってきてから2日しても、「ひいばあちゃん、もやしちゃったね。かわいそぅ、かわいそぅ。おばけになっちゃった?」などとお話ししてきます。わたしは「そうだよ、ひいばあちゃんはしんじゃったから、今までありがとう、そしてさようならの式をしてきたんだよ。もうしんじゃったから、お話しできないし、会えないからね。」などと、その話が出るたびにいろいろと話をしました。
けれども死んだらおばけになるなんて教えていないし、長男に聞いてもそんなことは教えいないといいます。一体、どうしてそんな風に話をするのか、わからないので、もしかしたらひいばあちゃんのおばけに本当に会ったのか?なんて思いました。それか、亡骸がおばけに見えたからなのか。

父は、式の最中に携帯のバイブが何度かなったと言います。
けれども着信履歴が残っていません。
えぇっ?不思議だ〜、と一同首を傾げる中、母が「ばあちゃん携帯の使い方わからなかったでしょ」と。
確かにわからなかったけれど、そういうものなのかなぁ?

そして次男は何度も「ひいばあちゃん、もやしちゃったね」と言い続けるので、長男が、「あのね、みんないつかああいう風になるの。だからさとしもいつかああいう風にもやされちゃうんだよ」だなんて、なんとも衝撃的な話の仕方をするのです。
いやだなぁ・・・なんでこんななんだろう。
わたしは慌てて訂正した。
そういうことではなくてね、いつかみんな帰っていくの。さとしはママのお腹の中に来る前にどこにいたの?お空かな?ママはよくわからないけれど、さとしがもともと居た場所に帰っていくんだよ。ひいばあちゃんも帰って行ったんだよ。だから、さようならなの。しんじゃったから、体は動かなくなってしまったのだけれどね。だから、もやして骨だけ残ったらそれを大事にしまって新しい世界に行ってらっっしゃいさようならと、お祈りしてあげるんだよ。
そして長男は、本当に生まれ変わるってあるのかな?なんていうので、わたしも続けました。
一番最初にお話できるようになってから、自分は前は魚だったと言い出したのは怜だよ?かなりいろいろ覚えているっぽかったけれどね。だからと言って、みんなが生まれ変わるとか、どうだとか、何が正しいとかはわたしにはわからないけれど、地球で何かを学ぶために生まれてきて、死んだら別の世界かそれがまた遠い宇宙の別の星に行けば、地球とはまた違ったことが学べて、そうしてまた地球上か他の星などで生まれ変わったり、そうでなければ宇宙に戻って行って宇宙と一つになって世界を動かしていくんじゃないかな?それか、無力でなんでもないものになるだけなのかもしれないし。天国とか地獄とか、輪廻転生とか、いろんな考え方があるけれど、誰にも証明できない話だし、いろんな考えがあってもいいしね。

明日もまた、次男は「もやしちゃったね」と言い続けるのだろうね・・・

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: ありがとうございました♪

コスモスさま

はじめまして、こんばんは。
ブログの閲覧と勇気を出してのご連絡をありがとうございます。
嬉しく思います。
どのようなことでもお話し伺いますよ。
ただ、最近はなかなかブログも更新できないほどに時間が取れないことが多く、まめに変身できないことはご了承いただけると嬉しいです。
きっとお辛い気持ちの中ご連絡をくださったことと思います。
わたしに少しでもお役に立てればと思いますが、普通にお友達とお話しする感覚でお聞きしますよ。
一週間以内にはいただいたコメントには返信するようにしています。
ただ、もう一人の祖母もいま危ない状態なので、連絡が遅くなるかもしれません。
それではお待ちしていますね。
AD
ようこそ!にゃんぺいのきまま館へ
AD
プロフィール

にゃんぺいちゃん 

Author:にゃんぺいちゃん 
2009年8月20日開設しました。
専業主婦9年目、男児2人の母です。家族4人とも喘息アトピーのアレルギー体質ですが、食事を中心に気をつける事で、症状がでにくい状態を保っています。ブログは、日々の子どもたちの成長の記録などを通して、母が何を考えて生きて来たのかを遺し、たとえわたしがこの世から居なくなったとしても子どもたちが読み返してみて、どんなことを母が考えて子どもたちに接して来たのかを分かってもらえたらと思って書き始めました。
趣味:読書・オークション売買・子育てのこと・アトピーのこと・お金のこと、漬物作り(梅干し、味噌、玄米づけたくあん、ニシンづけ、ガリなど)、その他生活そのものを味わっています。今は子どもとの関わりがとても楽しくて、けれども掃除がアレルゲン除去に大変有効と気づいて夜中も出来る時には掃除しているため、時間が取れないので以前よりブログにかける時間がありませんでしたが、この春次男が幼稚園に入りましたので少し書けそうです。
子どもたちのためにも、素敵な未来を創造していきたいです。
アレルギー関連の記事は、過去には良かったと思ってやっていたことがダメになったということがよくありますので、時系列に気をつけて読んでみてください。過去のことを訂正しておりません・・・。
たまに更新するので、遊びに来てください♪気ままに、色々なことを書いて行きます。

カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。