牛乳は飲まない方がいいって、ほんと? 乳糖不耐性??

大人になると、牛乳に入っている乳糖に対しての耐性がなくなってしまい、そのために牛乳を飲むとお腹がゴロゴロしたり、腹痛起こしたりするために、牛乳が飲めなくなってしまう人が多くなる、という話を聞いたことがあります。

わたしも、その一人なのだと思って、随分と牛乳を避けていました。
実際、牛乳を飲むとお腹がゴロゴロ、腹部の不快感と共に、下したりもします。
いつの頃からだったのでしょう。
少なくとも、中学生くらいの頃までは、学校給食についてくる牛乳は飲めていたので、それ以降にあまり飲めなくなったのだと思います。

長男が幼稚園児だった頃に、病院へ入院した時に、久しぶりにパックの牛乳が付いてきて、思わず飲んでしまった時のあの腹痛・・・今も忘れはしません。
そんなひどい目にあってしまってからというもの、かれこれ牛乳は避けるようにしていました。
また、放射能の問題でも牛乳には放射性物質が出やすいということ、リン酸が多いために骨がもろくなる(ブログ内でも他のアトピー関連記事に載せています)、アトピーなど体全般によくないのではないかということが多々言われているために、なるべく子どもたちからも敬遠するようにしていました。

それが面白いことに、ノンホモジナイズト牛乳を飲むと、わたしも全くお腹を壊さないのです。
あれ??乳糖不耐性のためではないのかい!?
恐る恐る、3回ほど飲んでみましたが、ノンホモ牛乳ではなんともありませんでした。
そう、恐らくノンホモ牛乳だから、わたしは腹痛を起こさないのだということを感じています。
北海道牧歌の「草かおる」という牛乳で、飼料も遺伝子組み換え不使用なので安心です。

普通のホモジナイズド牛乳は、牛乳の性質が不自然なものとなってしまっているという話です。
乳糖とかうんぬん以前に、遺伝子組み換えやそのほか不自然な食品が体に悪いのだとわたしは思っていますが、牛乳にも乳糖不耐性という話には、何か不都合な真実が隠されているのではないかと疑ってしまいます。
牛乳には色々と不自然なものが、牛の飼料などを通して入っています。
それらに対してなるべく自然のものをと心がけているものは、やはり体が素直に受け入れることができるのだと感じました。

普通の牛乳、いわゆるホモジナイズド牛乳の何が悪いかというと、これらも血管に入り込んで血栓などの原因となるという話です。
色んな病気の原因だとか。
だから、牛乳は10日に1回買うかどうかという程度しか買っていませんが、ちょっと高くても、子どもたちには安全性の高いものを食べさせたいです。

自然ってありがたいです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: 誤表現しています。

お久しぶりです
訂正させていただきました
お知らせありがとうございます
AD
ようこそ!にゃんぺいのきまま館へ
AD
プロフィール

にゃんぺいちゃん 

Author:にゃんぺいちゃん 
2009年8月20日開設しました。
専業主婦9年目、男児2人の母です。家族4人とも喘息アトピーのアレルギー体質ですが、食事を中心に気をつける事で、症状がでにくい状態を保っています。ブログは、日々の子どもたちの成長の記録などを通して、母が何を考えて生きて来たのかを遺し、たとえわたしがこの世から居なくなったとしても子どもたちが読み返してみて、どんなことを母が考えて子どもたちに接して来たのかを分かってもらえたらと思って書き始めました。
趣味:読書・オークション売買・子育てのこと・アトピーのこと・お金のこと、漬物作り(梅干し、味噌、玄米づけたくあん、ニシンづけ、ガリなど)、その他生活そのものを味わっています。今は子どもとの関わりがとても楽しくて、けれども掃除がアレルゲン除去に大変有効と気づいて夜中も出来る時には掃除しているため、時間が取れないので以前よりブログにかける時間がありませんでしたが、この春次男が幼稚園に入りましたので少し書けそうです。
子どもたちのためにも、素敵な未来を創造していきたいです。
アレルギー関連の記事は、過去には良かったと思ってやっていたことがダメになったということがよくありますので、時系列に気をつけて読んでみてください。過去のことを訂正しておりません・・・。
たまに更新するので、遊びに来てください♪気ままに、色々なことを書いて行きます。

カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム