スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポリエステルの恐怖。マスク、洋服、手袋、身近な石油製品に要注意!

話が長くなるので、まずは結論から入ります。

マスクは綿100%、できればオーガニックのものを使うこと。
これに尽きます。
さらに、耳にかける紐もオーガニックコットンであるといいかと思います。
紐で痒くなったことがあるなら必須事項ですが、そうでない方も紐までこだわってください。
紐は、ゴムじゃないと大丈夫かと不安になる方もいるかもしれませんが、大丈夫です。ゴムだと無駄に力が加わるので、長時間の着用では耳が痛くなりやすいのです。ゴムが入っていない方が、楽に長時間、しかもしっかりと着用していることができます。一度長さの調整をすれば、あとはする必要はないのです。なので、紐はゴムが入っていない、紐だけのものも売っていますので、良さそうなマスクがあったら恐れずに試してみてください。

こんな話を出してきたのは、ポリエステルでできているマスク。これを使って、かえって喉の症状が悪化したという方は、気づかないだけかもしれませんが、多いのではないかと思うからなのです。
というのも、マスクを着用するというのは、風邪を引いているとか、花粉症であるというような場合が多いのではないかと思います。
そのように不調な状態の中マスクをしたところで、具合が悪くなっていったとしても、大抵の人はマスクを疑ったりはせずに「なかなか症状がよくならないな」としか思わないのではないでしょうか。

わたしは化学物質過敏症を患っています。
患う、というと、いかにも病気という感じに思えるのですが、当の本人はこれを病気というよりは、人よりも化学物質の影響を受けていることを自分で強く認識できる体質という方がピンときます。自分でそのことを自覚し、衣食住を中心に気をつけていくことでその影響力を確かめていってます。
周りの人たちを見ていても、「あ〜あ、この方もここを気をつければ鼻炎なんかに煩わされなくて済むのに」なんて思いながらアドバイスしても、「私はアレルギーじゃないから」と大抵の人は自分は無関係であるというふうにしか認識しないんですよね。そのため、わたしの症状よりも大分重たい人なんて周りにゴロゴロしているのだけれど、そういう方々は皆一堂に「自分は大丈夫」と思っていて、気をつけなければならないというふうに考えること自体に拒否反応を示している、もしくは、思考停止状態なのかと感じています。
わたしは常に、生活の一つ一つに細心の注意を払い、観察しながら過ごしているので、その記録をブログにもちょくちょく書いていってます。
実は自分でも自分がやってきたことを忘れていくからで、後で読み返すと驚くことも多々あるからです。

さて、そんなわたしがマスクをしようと考えたのは、ここ最近、住宅のリフォームもしくは新築を考えて、家を見学してあるいていることからきっかけを得ました。
新築の住宅は絶対に住めないと思い、また出産もあって狭いところで産後ずっと過ごすよりはということで中古住宅を2年半ほど前に購入した我が家ですが、中古の住宅であってもいつまでも化学物質が抜けきらない部分もあるのだと聞き、ショックを受けていたところです。
とは言っても、新築の住宅ほどではないということは、家見学フェアに3回くらい参加して、思い知ったところです。化学物質にわたしよりも敏感な長男も、我が家の心地良さは住宅見学で思い知ったようです。

3回ほど、それぞれ6棟ほどの新築住宅を見学するというキャンペーンに参加したのですが、どのときも見学したその日はもちろん、その後1〜2週間ほどは影響が残って、体の疲労感、目のチクチク、無気力、それから睡眠時間も長くなっていきました。立て続けに2週間のうちに3回目へ行ってしまい、そのためこれまでの蓄積もあってのせいか、長男はちょっとした給食の添加物か古い油の影響を受けやすくなってしまったようで、久しぶりに鼻の下が真っ赤になるというアレルギー反応を容易に起こすようになりました。長男が真っ先にはっきりとした症状として出てきたのですが、その後次男、それからわたしも、声が変わって喉の調子が悪くなるということがありました。思い返してみると長男もグスグスと鼻の調子が悪くなっていましたし、ただの風邪かと思っていましたが、これらは全て新築住宅の化学物質の影響あってのものなのだと感じました。

こんなことがあって、新築の家では化学物質の影響が酷かったという印象が強かったのですが、残念ながら古い家でもやはり化学物質は半永久的に出ているという話も聞きました。

畳などは特に、本来はお寺のような風通しが非常によい場所でなければ使えないものであり、現代の機密性の高い住宅には不向きであるということも、人体に危険な防カビ処理などで薬品漬けになっていてそれが部屋の空気を半永久的に汚しているということなんかも、新たに知りました。
わたしの場合、アレルギー検査ではハウスダストなどには反応が一切出ていません。また食品類もありません。あるのは金属です。それから検査のしようがないけれども、ポリエチレンの手袋にかぶれて紫色のブツブツが出たことがあったことや、化学繊維で痒くなることなどから、石油系物質に対するアレルギー、つまり化学物質過敏症もあります。

部屋を掃除すると、手のアトピーが悪化したり、1年ほど前の次男がまだ赤ちゃんだった頃、帰宅するとどうもアトピーが悪化すると感じていたこともあります。

そこで、もしや手袋だけして手を覆うのではなく、マスクをしたり、部屋の換気をもっとこまめに行うようにしました。使っていない部屋も、隅々まで窓を全開にして、とにかく換気しました。外は雪が降っていますが、窓を解放させたまま外出し、帰宅後もストーブをつけるとしばらく灯油の燃焼した臭いがこもるので、ストーブの排気側ではない方の窓を開けておきました。マスクは寝るときもつけています。というか、寝るときこそ、がっちりつけるようにしています。

するとどうでしょう、今までちょっとチョコレートやポテトチップスを食べるともう手荒れがひどくてという即時の反応が食べ物では緩やかになったような気がするのです。むしろ、これまでであれば即時に悪化していた食べ物を食べても、はっきりとした反応を感じなくなったのです!
こういった食べ物はきっと悪いには悪いのだと思うのです。けれど緩やかであるということは、環境的要因の体への影響が大きかったのが軽減したために、食べ物から受ける負荷を含めての許容範囲が広くなったのだと思うのです。

わたしはもともと綿100%でなければ、身につける肌着や洋服なんかも徹底している方で、ちょっとしたゴムや縫い糸が綿ではないだけでもかゆみを感じる方なので、マスクは綿100%のものをと思って、着用するようにしていました。

手元にあったものに、キャラクターの絵が付いている綿100%の子ども用マスクがあったので使ってみると、これがえらく臭いんです。このキャラクターの部分がプラスチックのような臭いを発しているのはわかったのですが、これって体に悪いよな〜と、恐怖を覚えました。だって、本来子ども用なんです。子どもがマスクを嫌がるのも無理ないなぁと思いつつも、我慢して着用する子どもの健康を脅かすと思いました。

次に使用したマスクは、こんな体に悪い臭いのするマスクは長く使えないと思い、けれどもやはり綿のものを使いたいと思い、表記綿100%のものを選んだつもりだったのですが、表糸綿100%で中にポリエステルを使ったものを買ってしまいました。このマスクを着用したまま一晩眠ると、朝起きた時には痰がたくさん出てきて、声もしわがれた感じに変わってしまうわ、それに喉のアデノイドが腫れているのが感覚的にはっきりとわかりました。アデノイドなんて、もう何年も昔に腫れたことがあるかどうかという程度ですが、今回はすぐに治るか不安になるほどに腫れてしまいました。もしかしたらアデノイド肥大の原因って、部屋の中に充満した石油系化学物質が原因となっているのではないかと思い、恐ろしいなと思いました。もし症状がストーブをたくさん使う冬に悪化するというのなら、なおその疑いは高いかと思います。また、冬ではなくても、例えばお風呂用の給湯器に灯油ボイラーを使っているのでしたら要注意です。それから、100円ショップなどプラスチック系の臭いが充満する場所で不調を訴える場合なんかも要注意かと思いました。

こんなマスクは全然使えないので、もう一つお試しに購入していたマスクを開封して着用してみました。するとこちらは綿100%なはずなのに、なんとも薬臭いんです。妊娠している時などにはかなり嗅覚が敏感になっていたので、とある雑貨洋服屋が薬臭くて入店できなかったのですが、その時の臭いと同じような感じでした。おそらく綿に使われている農薬なのだと思いました。熱湯で洗い流すと少々臭いも軽くなりましたが、農薬の影響って半永久的だと、だから農薬がひどいインド綿なんて買ってはいけないのだと、知人から聞いたことがあります。このマスクがインド綿かどうかは知りませんが、ひどい薬の臭いのため、使用をすぐに断念しました。それでも鼻水や頭痛などが起こりました。

そんなこんなで要らぬ出費をしてしまったのですが、オーガニックコットンのマスクを探して購入するに至りました。今度は大丈夫でした。冒頭でも述べましたが、耳の紐もゴムではないので、痒くならないのが嬉しいです。
マスクは、洗濯するときには洗濯機に投入しないで、ゴム手をして直接熱湯で手洗いしてしまうのがいいです。洗濯機に入れて余計なものを付着させてしまわないのが身のためです。ダイレクトに呼吸で入ってきてしまいますから。

マスクをするようになってからまだ1週間は経っていないのですが、確実に唇のガサガサは改善してきました。それから、手のアトピーもちょっとづつよくなっているような気がします。
マスク一つに大騒ぎのわたしですが、意外にも効果は高いようです。
何をしてもなかなかよくならないアトピーに、部屋の空気とマスクを意識してみてはいかがでしょうか?
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: No title

Nさま

こんにちは。
海外からのご投稿だったのですね!遠いところからありがとうございます。

たくさんの新しく新鮮な情報をありがとうございます。

JOG式の浄水器、ご使用になられた感想聞きたいです!
気長にお待ちしています^^

リンツのチョコレート、知りませんでした。
贈り物にもよさそうですね♪
99%のものもあるとは驚きでした。
ココアの粉をそのまま口に入れているのとはまた違う味なのでしょうか?
日本にもチョコレート効果たるカカオ率の高い商品が売られていますが、喉にちょっとこびりつく感じでヘラヘラするんです。
気になるので今度、金属アレルギーレベルが低下したら取り寄せてみようと思います。
楽しみが増えて嬉しい気持ちです!
教えてくださってありがとうございますm(..)m

洗濯の重曹、特に血液の汚れはよく落ちますね!
わたしは重曹は血液のついてしまったもののつけおき洗いと、歯磨き、料理のアク抜き、ふくらし粉、それから最近は死海の塩と重曹を交互に入浴用に使用しています。あと、下駄箱にキッチンペーパーで包んだ重曹を入れておいてます。臭いが消えますね。
重曹さまさまな生活を送っています^^ありがたいですね!

それではまたコメントいただける日を楽しみにしています♪

Re: No title

Nさま

こんばんは。
コメントありがとうございます。
返信に時間がかかって申し訳ございません。

浄水器お使いになって、そろそろ3〜4週間すぎる頃でしょうか?
時間の感覚がおそろしく悪いので、違っていたらごめんなさい。
お体の調子はいかがでしょうか?

わたしの場合、浄水器がダメだったのは、どうやら水道水に溶け込んでいる金属類だけではなくプラスチック系のものも溶け込んでいるようで、結局それらを除去しきれないことや、銀イオンを勝手に溶け込ませる浄水器があるためで、それら諸々が体が受け付けないためのようでした。

本当にいい浄水器があるのなら、使いたいです。
イオン膜のものであれば、もしかしたらそういったものを除去できるのかな?と思いつつ、今のところ汲みにいってます。
もっとも、湧き水も農薬などが染み込んで汚染させている心配があるのですが、少なくとも今の所、我が家の水道水よりははるかに安全のようです。

アルミ、怖そうですね><
最近、アルツハイマーの原因のひとつと考えられているという話を聞いてから、それが嘘であるという話もあるけれど、わたしなどは金属類を受け付けない体質だということもあるので、注意するようにしています。
気になるのは、我が家ではオーブンを使うときにアルミ箔を使うことがあったということ。ちょっとの接触でも、例えばわたしの場合、ステンレスなんかほんのすこしの接触でダメージがあるため、ちょっと敷いて使うということも日常的にしていると案外アルミの摂取量も増えてしまって危険なのではないかと感じたため、耐熱皿をアルミ箔の代わりに使うようにしました。

こんなに金属やプラスチック類に囲まれて生活しているのって、ここ100年ちょっとの間のことですものね。
それまで人類は土と木にかこまれて生活していたのだから、体が追いつかなくても仕方ないかもしれません。
あらゆる人体にとって毒となるものから身を守る術を身につけていくことが、年をとってからも健康で楽しく生きていくキーとなりそうです。
そこに気がついている方、目を瞑ってしまう方で、生き方に分かれ道があるように、特に幼い子を抱えて毎日のように病院へ行っているご家庭を傍目にみてひしひしと感じてしまいます。

それではNさま、どうぞすこやかな日々を♪
AD
ようこそ!にゃんぺいのきまま館へ
AD
プロフィール

にゃんぺいちゃん 

Author:にゃんぺいちゃん 
2009年8月20日開設しました。
専業主婦9年目、男児2人の母です。家族4人とも喘息アトピーのアレルギー体質ですが、食事を中心に気をつける事で、症状がでにくい状態を保っています。ブログは、日々の子どもたちの成長の記録などを通して、母が何を考えて生きて来たのかを遺し、たとえわたしがこの世から居なくなったとしても子どもたちが読み返してみて、どんなことを母が考えて子どもたちに接して来たのかを分かってもらえたらと思って書き始めました。
趣味:読書・オークション売買・子育てのこと・アトピーのこと・お金のこと、漬物作り(梅干し、味噌、玄米づけたくあん、ニシンづけ、ガリなど)、その他生活そのものを味わっています。今は子どもとの関わりがとても楽しくて、けれども掃除がアレルゲン除去に大変有効と気づいて夜中も出来る時には掃除しているため、時間が取れないので以前よりブログにかける時間がありませんでしたが、この春次男が幼稚園に入りましたので少し書けそうです。
子どもたちのためにも、素敵な未来を創造していきたいです。
アレルギー関連の記事は、過去には良かったと思ってやっていたことがダメになったということがよくありますので、時系列に気をつけて読んでみてください。過去のことを訂正しておりません・・・。
たまに更新するので、遊びに来てください♪気ままに、色々なことを書いて行きます。

カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。