スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロスズメバチの巣が家に出来ました!

それが発見されたのは、8月9日、うちに遊びに来た子どもたちによってでした。
なんと、うちの家の庭側の壁の隙間の中に、クロスズメバチが巣を作っていたのです。
壁の中なので、巣は見えませんが、大量の蜂が出入りしています。
今までなぜ気づかなかったのか、不思議なほどです。
そしてこれがまた小型な蜂なもので、よく見る蜂だなぁとは思っていたけれど、スズメバチだとは全然知りませんでした。
土曜日だったので、週開け月曜まで市へ連絡するのを待ちました。

日曜日に散歩していると、蜂の巣があるという話しを子どもたちから聞いているときにそばに居たご近所のおばちゃんに、「あんたん宅の蜂の巣どうなったの?」と言われ、「どれ見てやる」と、突撃庭に来てしまいました。
そして、庭が草だらけだから虫がくるとか、好き放題言われてしまいました。
うちは自然農法に取り組む関係で、草は生えているけれど、虫はそんなに居ないと説明しました。
手入れしていない訳でもなく、肥料から作っていて、そこに置いてある黒いゴミ袋、あれが肥料なのだということも。
すると、草の種がこれみんな飛んでまた草だらけになるし、これじゃ全然畑もできないとおっしゃる。
わたしも手入れしたいけれど、なにせ赤ちゃんに手がかかるので、雑草の花が出来たら切っているけれども追いつかないし、食事のこともアレルギー対応とか色々忙しすぎて完璧になど手が回らないというと、旦那にやらせればと。
先日も、木の手入れをしろと同じおばちゃんに言われたので、夫に言って切ってもらったばかりなんですよ、ほら、ここに切った木があるでしょ?と見せました(ちょっとだけ夫に頼んで切ってもらって良かったと思いましたf^^;)。
このおばちゃんのお庭は本当にお花が見事に手入れされていて、素晴らしいお庭なので、手入れされていないようなお庭を見ると許せない気持ちになるのも分かるのですが・・・わたしにはわたしのやり方とか、これからどうしていきたいとかあるんですよね。
車庫の前に白樺の木の赤ちゃんが生えているということで、放っておいたら車庫に入れなくなる、嘘だと思ったらそのままにしておいてご覧なさい、なんて言われました。
いやぁ、木の赤ちゃんだなんて、移動して育てたいと思いました。教えてくださってありがとうございましたとお礼を述べました。
色々教えてくださるし、お花もよくくださるし、さとしはなついていて、何の用もなくともおばちゃん宅をピンポンしてお呼びたてしたがるので嫌いではないです。このような方にご指導していただけるのは本当に貴重だと思っています。わたしだけだと何にも分からないことも多いですから。
だけども、残念ながら手がまわりきらないというのが現状なんですよね。。。
さとしの昼寝の間にでもすればいいことなんでしょうが、昼寝のときには色々とやること山積みなんです。
それに、まだ梅干し10kgを、天日干ししていないんです・・・・。
夫も、アラスカに一ヶ月いっていたかと思うと、今もまた1週間ほど青森に出張中で、はかどらないことだらけです。
いやいいんです、なんとでも思われても仕方ないです。
どう思われたって、わたしの人生に対した影響はないと思うしか無いですね、これは。
わたしはわたしの生活で手一杯です。
怜だって、ここ4ヶ月ほど原因不明の頭痛や腹痛など身体症状を色々訴え続けていて、その対応にも追われて、ものすごく忙しいんです。
それにヤフオクだって、出品制限をかけられてしまって、解除していただくために奮闘していたり(無事解除になりました)。けれども、制限されてしまっているときには、心底どうしようという気持ちで一杯で、色んなことが停滞気味になりました。なにせ、制限が解除にならない限り、わたしの家族のIDですら出品制限がかかってしまうという話しですから、オークションヘビーユーザーとしては恐ろしい。この話しは、また別にブログに書きますね。
それから、怜の頭痛の原因のひとつが、昔ここに住んでいた方がスモーカーだったらしく、壁にヤニが残っていて、それらが原因の一つということに気付き、夜みんなが寝てからはいつも壁や天井を拭き掃除しまくっていたりもしました。このことに関しても、ブログに書いて行きますね。
そして、ebayという海外のオークションにも出品を始めて、初めて売れた!と思ったら、こちらもトラブル、なんと本人確認を全て完了していたつもりが、肝心なものが終わっていないということを知り、対応に追われていたり。

あぁ、あれもこれも穴だらけ。
家の壁にも穴があるから、蜂の巣なんてできちゃうんです。

ブログだって、書きたいことはたくさんあるのに、なかなか更新出来ないんです。


そして、月曜になり、市役所に連絡したその日は雷を伴う大雨の日でした。
明日になるかもしれないと言われたのに、すぐに連絡が来て、出かけていたのですが急いで戻ってくるはめになりました。
駆除に来てくださった方は、おじちゃんお一人でした。
うちの怜が興味津々で、おじちゃんに師授して、蜂の子や作業の様子など色々見せてもらっていました。
わたしは1歳5ヶ月の知を抱えて家で待機しました。

何やら壁の中に薬を吹き付け巣の中を丸殺しにして、壁の穴を塞いでしまう、という作業をされていました。
その後、巣穴のあった付近に粘着式の板を立てかけていかれました。
ここに戻って来た蜂がくっつくのだとか。

翌日見てみると、まぁ、おどろくほど板一面にびっちりと蜂がついていました。
おまけにうちの中に時々出没するコオロギ、いわゆる便所コオロギと言われるカマドウマだと思うのですが、それも一匹くっついていました。
更に翌々日にも、まだくっつかずにウロウロしている蜂もいました。ほんの1、2匹かと思います。
くっついた蜂は、死んでしまうのですね。日光が当たる性なのか、それとも板に薬が付いているのか、1日もせずに動かなくなってしまう。

そろそろこの板を処分したいところだけれど、まだ蜂がウロウロしているようだと怖いし、それに気持ち悪いし・・・><
だからと言って、いつまでも放置しておけないし・・・。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

AD
ようこそ!にゃんぺいのきまま館へ
AD
プロフィール

にゃんぺいちゃん 

Author:にゃんぺいちゃん 
2009年8月20日開設しました。
専業主婦9年目、男児2人の母です。家族4人とも喘息アトピーのアレルギー体質ですが、食事を中心に気をつける事で、症状がでにくい状態を保っています。ブログは、日々の子どもたちの成長の記録などを通して、母が何を考えて生きて来たのかを遺し、たとえわたしがこの世から居なくなったとしても子どもたちが読み返してみて、どんなことを母が考えて子どもたちに接して来たのかを分かってもらえたらと思って書き始めました。
趣味:読書・オークション売買・子育てのこと・アトピーのこと・お金のこと、漬物作り(梅干し、味噌、玄米づけたくあん、ニシンづけ、ガリなど)、その他生活そのものを味わっています。今は子どもとの関わりがとても楽しくて、けれども掃除がアレルゲン除去に大変有効と気づいて夜中も出来る時には掃除しているため、時間が取れないので以前よりブログにかける時間がありませんでしたが、この春次男が幼稚園に入りましたので少し書けそうです。
子どもたちのためにも、素敵な未来を創造していきたいです。
アレルギー関連の記事は、過去には良かったと思ってやっていたことがダメになったということがよくありますので、時系列に気をつけて読んでみてください。過去のことを訂正しておりません・・・。
たまに更新するので、遊びに来てください♪気ままに、色々なことを書いて行きます。

カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。