スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湯治とへそに塩で良くなるアトピー、アレルギー症状

小学2年生の長男怜が、頭痛がすると度々言うようになって今で3ヶ月ほどになります。
原因と考えられるものとして、ダイレクトに食事が影響しているということの他に思い当たるものとして、鼻水が詰まっていないかを確認しましたが、本人も特にそういった感じはしないと言っていました。
油も、オリーブオイルをその頃使っていたのですが、これが原因かもと思い、ごま油に切り替えたりもしました。

けれどもやっぱり、わたしが副鼻腔炎を煩って頭痛がしたことがあったので、その線が怪しいと思ったのです。
そうでもないなら、放射能なんかの影響?とかもあるのかも、と、思い当たるものを片っ端から考えていったりしました。

病院へ行ってみました。
すると、やはり副鼻腔炎が原因のようです。
わたしはこれを中学生のときに慢性化していて、けれども現在なおっているのですが、それは普段の食事を変えたからなのです。まさか、普段の食事を気をつけている怜がなるとは思いませんでした。
風邪を、頭痛がすると言い出す前に引いたのを思い出しました。
その頃にたまってしまったのかと思いますが、随分溜め込んだまま大事にしているものだと思いました。

この症状を治すために、怜には一層の食事制限を加えていきました。
基本、甘いものはだめで、それから乳製品と卵も要注意ですが、最近次男のアトピーも治り、食べても症状がでないために頻繁に食卓に出しすぎていたなと反省しました。
わたしは以前、卵の食べ過ぎで副鼻腔炎になったことがありましたから。
副鼻腔炎って、ただの鼻づまりではないんですよ。これは全身症状となって現れるから、怖いんです。
わたしは副鼻腔炎の直前にインフルエンザを煩っていましたが、インフルエンザよりも具合が悪く、動くことができませんでした。
そりゃ、怜も最近勉強がはかどらない訳です。
まずは改善するために、とにかく食事を気をつけていました。
そして、怜自身もお友達のお宅でアイスをごちそうになったというようなことでも、しっかり自己管理しなさいと怒られたりもしていました。

それでもスッキリしきらない、怜の副鼻腔炎。
わたしはティーツリー+生理食塩水での鼻うがいをしましたが、決していたくはないと言っても、7歳の子には少し難易度が高いと思っていて、なかなか実行できずにいました。わたしも、痛くはないけれど、そして病状は一気に良くなったとはいえども、なかなか取っ付きにくいのが鼻うがいでした。

そんな中、ここ1ヶ月以上、誰のお友達のお宅へも遊びにいくこともなく過ごしていたわたしですが、久しぶりに友人宅へとお邪魔したのですが、湯治のお話がでました。
普段からでも湯治のお話は出たこともありますし、わたし自身も祝梅温泉という、良いお湯質でシャワーまで源泉だけど鏡すらない温泉へと出かけたこともあります。
怜の副鼻腔炎にはこれかも!?と、今回ビビッときました。
お友達のお話に今回出てきたのは、松原温泉という、言わせる人に言わせると千歳で一番のお湯質だとか。

そこで、早速怜の習い事のピアノの帰りに出かけてみると、定休日でした。
片道30分ほどかかるのに、がっかりです。
しかもお腹もすいて、散々でした。

リベンジは翌日金曜日。
今度は学校から帰宅次第、連れて行くことにしていました。
予め怜にはお友達と遊ぶ約束をしないように言っていたのですが、毎日びっちりお友達と遊びほうけている怜にしてみると非常に不満だったようで、ぶーぶー言っていました。
けれども一度行ってみて、効果は絶大でした。
一気に頭痛も改善して、楽になったみたいです。
これは普通の温泉や銭湯では体験したことがなかったようです。
さすが、湯治でも有名な温泉、とは思いましたが、本人ではないわたしは猜疑的な目を完全に払拭しているわけではありません。
気持ち的な問題って大きいと思っているので、実質的な温泉の効果というのはいかに?と思っている訳です。
1歳3ヶ月の知も、温泉に連れて行っているので、どうなることかと心配でしたが、こじんまりとしていて過ごしやすかったです。
赤ちゃん用のベッドすらありませんし、もちろんいすなども無いのですが、湯船が2種類あって、一方が若干ぬるめで赤ちゃんでも良さそうな温度なのが幸いでした。

そこで翌日も行くかい?と怜を誘うと行きたいとのことで、土曜日も行きました。
前日は昼過ぎに行ったというのに、この日は朝から行きました。
車を走らせていると、知がお昼寝してしまったので、いろいろと用事を足しながら頃合いを見計らっていきました。到着は11時すぎでした。
最近はまっている妖怪ウォッチの影響でひとけの無い神社に興味があるらしく、温泉の手前にある神社をお参りしたいと前日に怜が行っていたので、入浴前に行きました。
石段が長く続いていて、とても湯上がりでフラフラだった昨日には登る気がしませんでしたから。
そして入浴しにいくと、怜は昨日よりも一気にすぐに汗だらだらになりました。
体が温泉モードを身につけたかのように。
ペットボトルで水も浴室に持参して飲みながら30〜40分程度過ごしたでしょうか?
知も揚々と遊んでいましたが、上がる頃になってステンと転んでしまいました。
転んでも、いつも割と上手に転ぶので、頭もそれほど強く打っている感じでもなく、ちょっと痛かった〜!とひと泣きしてオシマイです。
転んでしまったし、そろそろ切り上げましょうということでお風呂から上がって、帰りました。
困ったことに、知は入浴中と湯上がりすぐに授乳したがらないくせに、車でしばらく走ると泣いて授乳したがります。またか、と思いながらも車を止められるところまで時間がかかるのですが、なんとか止められるところで止めて授乳して、そして帰る、というパターンになっています。

この日は帰宅して間もなく、わたしは大した食欲も無く、知とゆっくり過ごしてから知のお昼寝に合わせた3時ころから眠ってしましました。
怜は、帰宅後はやりあまり食欲がないといいながら、お友達とプールの約束をしていると言い、出かけていきました。温泉に入った後なのにプールか!?と思いながらも、せっかくプール開きされて間もないので、行きたくてうずうずしているようです。
それでも明日も温泉行くかい?と聞くと、行く!というので、確かに温泉の効果を感じているようです。出かける前に予め予定を取り付けておかないと、すぐ翌日も遊ぶ約束をしてきてしまうのでまずいですし、そもそも効果を感じていなければ温泉に行くなんて言わないです。本当は行きたがっていたのはレジャーっぽい施設の銭湯だったのが、そちらではなくて湯治に行きたいというのですから。

そしてちょっとだけプールへ出かけてから帰宅した怜は、お腹すいた何か食べたいといいながら、わたしはうたた寝で授乳しながら「待っててね、もうすぐ知の授乳終わるから、そうしたら作ってあげるから」と言っていたのですが、怜もいつのまにか隣で眠ってしまっていました。
わたしが起きたのは19時近くになってからでした。
あれま、これから起きて夕ご飯食べるのだろうか?と思いながら、とりあえずお米だけは炊いてみたものの、こどもたちは起きる気配がしないのでした。
温泉って、こんなにフラフラになるものだったかな!?と思いながらも、デトックス効果が高くて日頃の毒が出て行ったのかもと思いました。
というのもわたしも肌身で温泉効果を感じたからです。
夕方に起きたわたしは自分の顔を見て驚いたのです。
いつの頃からかガサガサになってしまい、何をしても改善しなかったわたしの唇が、ものすごくガサガサが軽減して滑らかさとつややかさをたたえていたからです!!!!

これは温泉効果なのかとも思ったのですが、温泉の効果ももちろんあるかと思うのですが、へそに塩を貼るという方法、もしかしたらこれが効果があったのかもとも強く感じています。
実は温泉を始めるのとちょうど同じく、土曜の今日で温泉は2日目、へそ塩は4日目となるのですが実践していまして、なぜへそに塩を張ったのかというと、くっきり二重の怜がみんなに目が変と言われてしかも調子が悪いというのでものもらいの自然療法で探したところ、へそに天然塩を埋めてテープでとめておくと良いとでてきたからです。わたしも怜に続いて目が不調になったので一緒に試してみました。
すると、塩っぽいたんが出るようになり、一日経つと目の調子は劇的に改善してしまいました。
なぜへそに塩がそんなに効くのかわからないけれど、つまりはアレルギー症状を改善するのに良いと感じましたので、わたしは目がよくなってもへそに塩をしばらく続けることに決めたのです。
怜もしましたが、2日テープを貼っただけでかぶれてしまいました。それに恥ずかしいとのことで、目はとりあえず良くなったので、もうテープは貼らないと言っています。

へそ塩か温泉、きっとその療法が相乗効果的に良かったのかなとも思っています。

ということで、明日も温泉に行く予定ですが、また一日が湯治で終わりそうです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

AD
ようこそ!にゃんぺいのきまま館へ
AD
プロフィール

にゃんぺいちゃん 

Author:にゃんぺいちゃん 
2009年8月20日開設しました。
専業主婦9年目、男児2人の母です。家族4人とも喘息アトピーのアレルギー体質ですが、食事を中心に気をつける事で、症状がでにくい状態を保っています。ブログは、日々の子どもたちの成長の記録などを通して、母が何を考えて生きて来たのかを遺し、たとえわたしがこの世から居なくなったとしても子どもたちが読み返してみて、どんなことを母が考えて子どもたちに接して来たのかを分かってもらえたらと思って書き始めました。
趣味:読書・オークション売買・子育てのこと・アトピーのこと・お金のこと、漬物作り(梅干し、味噌、玄米づけたくあん、ニシンづけ、ガリなど)、その他生活そのものを味わっています。今は子どもとの関わりがとても楽しくて、けれども掃除がアレルゲン除去に大変有効と気づいて夜中も出来る時には掃除しているため、時間が取れないので以前よりブログにかける時間がありませんでしたが、この春次男が幼稚園に入りましたので少し書けそうです。
子どもたちのためにも、素敵な未来を創造していきたいです。
アレルギー関連の記事は、過去には良かったと思ってやっていたことがダメになったということがよくありますので、時系列に気をつけて読んでみてください。過去のことを訂正しておりません・・・。
たまに更新するので、遊びに来てください♪気ままに、色々なことを書いて行きます。

カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。