スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハロウィンでご近所さんもびっくり

皆さんの地域では、ハロウィンに子どもたちは仮装してお菓子をもらいにまわりますか?
大抵は、まわらないと思います。まわるとしても、地域のイベントとして町内会などで企画しているのでしょう。
はたまた、ホームパーティーのような形でやる方もいるかもしれません。

うちの地域でもハロウィンに何かがあったことはないようです。
けれども、小学1年生の長男は10月にもなるとまちなかの至る所に飾られているハロウィンの装飾に、「怜もハロウィンでみんなを驚かせてあるきたいなぁ」と言うようになりました。
お菓子、うちでは市販のものはほとんどあげていません。幼い頃から気をつけているのですが、強いアレルギーではないけれども、食べ物を気をつける事で元気に過ごせる事をよく知っているためです。ハロウィンだからとご近所をまわってお菓子をもらって色々なものを食べる事が、どれだけ体に負担になるか心配になったことと、それから、これまでにもそういったことなど地域の行事としてもなかっただろうに、突然来られたご近所の方々もびっくりしてしまうだろうし、先にお願いしてまわっておくべきか、それとも驚かせたい、そしてお菓子くれなかったらいたずらしたい♪なんて言っている息子の気持ちを尊重して、ご近所中を突撃させるべきか悩みました。
そんなことしたら駄目よ、という答えはわたしにはありませんでした。

で、考えた結果、手作りお菓子を子どもたちがまわってきたときのために用意しておいて、更にまわる先へもお菓子いただいたら渡してねと、息子に手作りお菓子と手紙を持たせることにしました。
手紙の内容は、突然の訪問で失礼したことと、驚かせることが目的だったので楽しんでもらえたら嬉しい、これからも地域の頼もしいおじちゃんおばちゃんとして子どもたちを暖かく見守って欲しいという内容で、ご協力ありがとうございましたというものにしました。

さて当日、わたしは予め息子に知っている3件のお宅を訪問するように指示していたのですが、他に誘い合わせていた3人の子どものうちの一人の親御さんが、他にも4〜5件ほどまわる先を指示したようで、その方々のお宅の分のお礼状とお菓子は用意していませんでした。あせりましたが、どうにもならないので、スルーすることにしましたが、1件お菓子がないお宅があってお金を200円もらったという場所がありました。たまたま1件分、用意していた先のお宅が不在で1つお菓子とお礼状が余ったので、その方のお宅には申し訳ございませんと、その日解散後に息子を連れて挨拶へ行きました。

息子たちは思い思いの自宅にある間に合わせの格好をして、ハロウィンにいどみました。
マントは黒いビニール袋を切り裂いて作ったり、魔女のほうきを手作りした子もいたし、自転車用のヘルメットをかぶって出店で買ったような険を持っていた子もいました。
息子の格好は、2年前のお誕生日にわたしの両親であるじじばあちゃんから買ってもらった、チップ&デールのリスの着ぐるみに長靴を履いて裾をすらないようにして、黒いゴミ袋のマントを羽織り、100円ショップで購入したハロウィン帽子を着ぐるみの頭にピンで留めて、怜手作りのスティックを手に持って出かけて行きました。
息子は帰って来てからも「ハロウィン楽しすぎる、来年もまたぜったいにやる!」なんて言っていました。
更に、こんなことも言いました。
「は〜あ、とても疲れた。みんなもきっと疲れているんじゃないかな?だから明日、みんなにおつかれさまでしたって、ママの手作りのお菓子また配ればいいんじゃない??」
!?何を言うんだこの子は、我ながら教育の悪い息子だと思いました。
「あのね怜くん、今回こうやってハロウィンに行けたのは、誰のお陰だとおもっているの?ただご近所まわってお菓子をもらうだけもらってこれる、ただでもらえるんだから行かなきゃ損、というような感じだけで思っていたらとんでもないよ。そりゃ、ただでもらえばいいやって、お礼もあいさつもしないで行かせるような親御さんもいるよ。けれども、ご近所さんだって突然来られて迷惑で、しかもお菓子をあげなきゃいけないんだから、もらいっぱなしというわけにもいかないし、だからママはご近所さんが嫌な思いをしないようにきちんと手紙とお菓子を用意して、今日はまる一日お菓子やら準備に明け暮れてお昼ご飯も食べていないんだよ?普通はこういうことやると子どもが言い出したら、駄目というママも多いというのに、行けた事に感謝してもらわないと。おつかれさまはママだよ、あなたたちはお菓子もらいにまわっただけで、つかれるんだったらやらなければいいじゃないの。赤ちゃんを抱えていて大変だというのに、これだけママが時間と手間をかけたということをきちんと分かってもらわないと困るわ」と、言っておきました。

地域のイベントとして用意されたものに便乗するのも良いかもしれませんが、そういった企画が無いのであれば、自分たちでやってしまおう!という勢いもあっても子どもたちは楽しそうだし、また、意外と「ここに30年済んでいるけれど一回も来たことないよ。びっくりしたわぁ」と、意外と好評でした。
関連記事

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

コメントの投稿

非公開コメント

AD
ようこそ!にゃんぺいのきまま館へ
AD
プロフィール

にゃんぺいちゃん 

Author:にゃんぺいちゃん 
2009年8月20日開設しました。
専業主婦9年目、男児2人の母です。家族4人とも喘息アトピーのアレルギー体質ですが、食事を中心に気をつける事で、症状がでにくい状態を保っています。ブログは、日々の子どもたちの成長の記録などを通して、母が何を考えて生きて来たのかを遺し、たとえわたしがこの世から居なくなったとしても子どもたちが読み返してみて、どんなことを母が考えて子どもたちに接して来たのかを分かってもらえたらと思って書き始めました。
趣味:読書・オークション売買・子育てのこと・アトピーのこと・お金のこと、漬物作り(梅干し、味噌、玄米づけたくあん、ニシンづけ、ガリなど)、その他生活そのものを味わっています。今は子どもとの関わりがとても楽しくて、けれども掃除がアレルゲン除去に大変有効と気づいて夜中も出来る時には掃除しているため、時間が取れないので以前よりブログにかける時間がありませんでしたが、この春次男が幼稚園に入りましたので少し書けそうです。
子どもたちのためにも、素敵な未来を創造していきたいです。
アレルギー関連の記事は、過去には良かったと思ってやっていたことがダメになったということがよくありますので、時系列に気をつけて読んでみてください。過去のことを訂正しておりません・・・。
たまに更新するので、遊びに来てください♪気ままに、色々なことを書いて行きます。

カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。