アトピーとの戦い、再び

うちの赤ちゃんさとしは、生まれて半年になりました。
5ヶ月のときに乳児湿疹のほっぺのカサカサはすっかり消えて、つるつるふわふわのお肌になりました。
ずっとカサカサがひどいほっぺだったので、もしかしてアトピーかと心配していたのですが、両親ともにアトピーなのに、長男も次男もアトピーではないと思って、とても嬉しくなりました。

乳児湿疹が消えるまではと、母乳100%なので、義父母のお手伝いが終わった生後1ヶ月ころからは、わたしの食事も、肉、魚、お菓子はほぼ完璧に除去した生活を送っていました。
乳児湿疹が消えたので、アトピーではないのだと安心した事と、「食べなきゃ、危険」という本を読んで、ミネラル不足を煮干出汁から補おうと考え、せっせと出汁をきちんと用意した食事をしていました。
他にもいわし(稚魚)、鮭、小エビ、鰹節などをちょっと食べたりしていました。

すると、8月19日にじんましんが出て、じんましんが治ったかと思った4〜5日後から急激に顔に湿疹が広がり始めて、あっという間にひどいアトピー顔になってしまいました。
その間、緑色のうんちが出て、しかもかなりの頻度となって明らかに下痢となり、脚がとても冷えているようになりました。あまりにも冷たくてとても赤ちゃんの脚とは思えませんでした。
けれども緑のうんちについてネットで調べると、大した問題ではないと書いてあるので、大丈夫かと思っていました。
煮干は、もしかして原因かと思いつつ、その頃色々なものを食べ始めたのと、それから煮干はミネラルが必要だからやめるわけにはいかないのではないかとどこかで脅迫的に思っていたため、最後の最後まで気づきませんでしたが、8月末に出汁を抽出して使う事をやめました。
ところが収まるどころか、まだまだひどくなっていきます。
そこで9月11日に、うしろ木クリニックへ久しぶりに行ってきました。

すると、まず驚いたのは、乳児湿疹もアトピーも同じであって、昔は乳児湿疹としてアトピーが出たとしてもそんなのはすぐに引いて問題にならなかったが、今の人は食生活がよろしくないので長引いてしまいそのままアトピーを背負って行くことになるとのことでした。
煮干の酸化油が原因なことと、糖質の多い食事がよろしくないとのご指摘を受けました。
スイーツは食べていないのだけれど、お米はたくさん食べています。でないと母乳が出なくなりそうで怖いためです。
そして、緑のうんちは酸化油が消化できなくて、自律神経も狂わせて体も冷えて下痢もしているとのことでした。
それから、小さいぶつぶつはヒトパピロマウイルスが原因のいぼであると指摘されました。木酢液とはと麦が効くとのことで、わたしにはと麦100%で出来ている漢方薬を処方してくださいました。
先生は、母乳でやると大人は食べ物を我慢するのがストレスになるから、離乳食を始めたらいいとおっしゃいました。ふと、わたしのお友達の一人が、早々と離乳を完了させた方がいたのを思い出しました。
けれどもアトピーの子は腸が弱いので離乳食は遅らせた方がいいと聞いたことがありますし、第一わたしは一度この子の乳児湿疹たるアトピーを5ヶ月のときに治しているんです。今回も食事をがんばれると思うので離乳食はまだいらないです、と訴えました。わたしには食事を我慢する事より、離乳食を作ることの方がよほどストレスになりそうでもありましたし。

こうして、わたしのアトピーとの長い戦いが再び幕を開けたのですが、面白い事にそれほど気分が落ち込んだりもしていません。
やってやるぞぉ!という感じですし、食べ物の誘惑に負けなさそうな自分がいることを発見しました。
かわいいさとしのためにも、早く治してあげようという気持ちでいっぱいです。
先生には、かぼちゃやサツマイモ、ナッツ、レーズン、果物などもだめと言われました。
お米をよくかんで食べるように言われました。
お米は、玄米なら50回、そうでなくても30回とはよく聞きましたが、今回新たな発見がありました。
噛めば言いという問題ではないのです。唾液を出す事が大事なのです。
澱粉質を消化するための消化酵素が出る器官は、体内に3カ所あります。それに対してたんぱく質を分解する場所は胃液の一カ所です。肉はちょっとかんで丸呑み程度でも大丈夫なのだそうです。お米はよくかんで、たくさん唾液を出して消化することが大切なのだそうです。
そうするためには、おかずと一緒に交互に食べるという食べ方がとても理にかなっていると感じました。しょっぱいものを口にして、唾液を出して、お米を消化する、という感じなのです。

お米をよくかんで食べ、そして悪いものを食べないようにして、早くさとしのアトピーを治してみせます。
関連記事

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

AD
ようこそ!にゃんぺいのきまま館へ
AD
プロフィール

にゃんぺいちゃん 

Author:にゃんぺいちゃん 
2009年8月20日開設しました。
専業主婦9年目、男児2人の母です。家族4人とも喘息アトピーのアレルギー体質ですが、食事を中心に気をつける事で、症状がでにくい状態を保っています。ブログは、日々の子どもたちの成長の記録などを通して、母が何を考えて生きて来たのかを遺し、たとえわたしがこの世から居なくなったとしても子どもたちが読み返してみて、どんなことを母が考えて子どもたちに接して来たのかを分かってもらえたらと思って書き始めました。
趣味:読書・オークション売買・子育てのこと・アトピーのこと・お金のこと、漬物作り(梅干し、味噌、玄米づけたくあん、ニシンづけ、ガリなど)、その他生活そのものを味わっています。今は子どもとの関わりがとても楽しくて、けれども掃除がアレルゲン除去に大変有効と気づいて夜中も出来る時には掃除しているため、時間が取れないので以前よりブログにかける時間がありませんでしたが、この春次男が幼稚園に入りましたので少し書けそうです。
子どもたちのためにも、素敵な未来を創造していきたいです。
アレルギー関連の記事は、過去には良かったと思ってやっていたことがダメになったということがよくありますので、時系列に気をつけて読んでみてください。過去のことを訂正しておりません・・・。
たまに更新するので、遊びに来てください♪気ままに、色々なことを書いて行きます。

カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム