スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤ちゃんに歯のカルシウムが取られるという話について

授乳することでカルシウムが不足していたら赤ちゃんのほうへと運ばれるために骨がもろくなると、聞いたことが何度かありました。
そんなことってあるのかな?と不思議に思っていました。

で、今回二人目の産後、今日で3ヶ月になりますが、まぁ歯が磨いても磨いても歯垢のつきやすいこと!!
爪楊枝なんかで細かくいつも手入れしてやらないと、歯が溶けてしまい知覚過敏の箇所がいくつかできてしまいました。
それから、産後の気になる変化といえば、膝が猛烈に痛むこと。肩甲骨の右らへんが別な病気か何かかと思うほどに猛烈に痛むことです。
これはカルシウムを取られてしまったのかと思いました。

日々、痛みがひどくなっていくのです。
そのうち折れるのではないかと感じました。結構恐怖でした。それほど、痛むのです。

ところが、天気のいい日に知をつれてお散歩したら、膝の痛みや肩こりが消えたのです!!
普段から肩こりなので完全に消えたわけではないですが、あの病気ではないかと思えるほどの痛みが一気に消えました。

日光って、体に大事なんですね。
そういえばビタミンDは日光浴でうまれます。
調べてみると、ビタミンD不足は骨がもろくなったり肩こりの原因にもなるとか。
??
そういえば、産後たまに赤ちゃんを外気浴させるために散歩はしたけれど、紫外線対策ばっちりで出かけていて日光をろくに浴びていなかったのを思い出しました。
かなりビタミンD不足だったのではないかと思いました。

それから2日連続でたっぷり日光に当たるようにしたところ、膝の痛みがひどくてまともに座れなかったのが座れるようになりましたし、歯に歯垢がこびりつくようになって困っていたのも、歯ブラシでツルツルの歯になることができるようになりました。

赤ちゃんに栄養を奪われるというよりも、産後のママはどうも出不精になってしまい、日光に当たる時間が短くなって、ビタミンD不足から骨や歯がもろくなるという現象が起こるのではないかと思いました。
関連記事

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

コメントの投稿

非公開コメント

AD
ようこそ!にゃんぺいのきまま館へ
AD
プロフィール

にゃんぺいちゃん 

Author:にゃんぺいちゃん 
2009年8月20日開設しました。
専業主婦9年目、男児2人の母です。家族4人とも喘息アトピーのアレルギー体質ですが、食事を中心に気をつける事で、症状がでにくい状態を保っています。ブログは、日々の子どもたちの成長の記録などを通して、母が何を考えて生きて来たのかを遺し、たとえわたしがこの世から居なくなったとしても子どもたちが読み返してみて、どんなことを母が考えて子どもたちに接して来たのかを分かってもらえたらと思って書き始めました。
趣味:読書・オークション売買・子育てのこと・アトピーのこと・お金のこと、漬物作り(梅干し、味噌、玄米づけたくあん、ニシンづけ、ガリなど)、その他生活そのものを味わっています。今は子どもとの関わりがとても楽しくて、けれども掃除がアレルゲン除去に大変有効と気づいて夜中も出来る時には掃除しているため、時間が取れないので以前よりブログにかける時間がありませんでしたが、この春次男が幼稚園に入りましたので少し書けそうです。
子どもたちのためにも、素敵な未来を創造していきたいです。
アレルギー関連の記事は、過去には良かったと思ってやっていたことがダメになったということがよくありますので、時系列に気をつけて読んでみてください。過去のことを訂正しておりません・・・。
たまに更新するので、遊びに来てください♪気ままに、色々なことを書いて行きます。

カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。