スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怜の作った大きな雪だるまが除雪される 2月19日

ここ最近、どかどかと雪が降ってくるようになりました。
昨日も、大量に雪が降り積もりました。

体験入学があって、その後買い物に怜と一緒に出かけて、自宅に戻ってきました。
車を車庫に入れて「雪かきしてくれているんだね」と、怜とお話しながら自宅前まで来ました。
ご近所さんが、いつもうちの家の前を雪かきしてくれているんです。
で、家の門の中もいつもしてくれるのですが、そこに置いてあった怜が作った3段の大きな雪だるまも、除雪されてすっかり無くなってしまっていました・・・・。

ちょっと嫌な予感がしていたけれど、一瞬にして怜は大泣きし始めました。
ずっと泣き続けて、目がもう真っ赤です。
こんなになったのは久々です。
怜は、ご近所さんが雪かきをしてくれているのを知っているので、「絶対に許さない!!」と口汚くののしり始めていたり、手のつけようがない有様でした。
「ママ、絶対にあのジジィのところにお礼しに行かないで!!!」ジジィだなんて、そういう言い方やめてちょうだいと言っても、よほど頭にきたらしく言い続けます。これまでそんな言葉遣いをしたことなんてないので、よほどなのだと思います。
いつも家の前まで雪かきをしてくださるので、怜と一緒に、餃子、梅干を手作りして梅酢が残ったのでそれを使って手作りの無農薬長いもの梅酢漬けを作ったり、お土産などを持っていったりしていました。

わたしはというと怜の話をうんうん聞いて、そうだよね気持はよくわかると同情しつつも、わざとではないはずだよとなんとかなだめようとしていましたが、どうにもこうにも怒りが収まらない様子でした。
春になったら溶けてしまうのだしと言っても、まだ春まで時間があったとか。
ママへのプレゼントだったというので、ママはしっかり気持も受け止めたししっかり覚えているよと言ってみたり。
よほど悲しかったようです。
それはそうかも。あんな大きな雪だるま、わたしがこのくらいの年にはがんばっても作れなかったもの。
「明日、一緒に作ろう、ママも手伝うから」というと、一人でここまで大きく作れたのがよかったと言ってまた泣きます。
「いつもおじちゃんが雪かきしてくれている場所だったから、そこじゃなくて、庭の雪かきしていないほうに移動しておいてあげればよかったね。ママ気が付かなくてごめんね。」と言うと、ママが悪いんじゃない!とまたまた大泣きします。

仕方ないので、怜のお話を聞いて、うんうんとそういう気持になってしまうよねとうなずき、落ち着かせるようにしながら、夜ご飯に色々と好きなもの出したりしながら、夜は一緒に寝て欲しいというので久々に一緒に眠りました。
その前日は出産準備などで色々しておきたいことがあったので、一緒に寝て欲しいというのを断っていたというのもありますが。

そして今朝、幼稚園へと出かける時間に外に出ると、玄関先のロードヒーティングが効いていました。
すると、「あれっ、ロードヒーティングで雪が溶けている。あのおじさんが雪かきしたんじゃなくて、雪だるまロードヒーティングで溶けてしまったのかも。」なんて言いはじめました。
わたしは「そうなのかもしれないね。ロードヒーティング突然ガンガン効き始めたりするから」なんて言っていました。
「ロードヒーティングめ!怜、ロードヒーティングなんて大嫌い。止めておいて!」というのだけれど「これは止めておけないよ。自動的にスイッチ入ったり切れたりするようになっているから気まぐれでぐんぐん雪溶かしちゃうんだわ」とだけ言いました。

そして幼稚園から帰ってくると今度はこんなことを言い始めました。
「やっぱりロードヒーティングが雪だるまを溶かしたわけじゃないと思う。だって、ロードヒーティングで雪だるまが溶けたらもっと水でべちゃぬれになっていると思う」と言います。
「なるほどね、大きな雪だるまが溶けた分にしては水で濡れていないということだね。だけど溶けた水はいつまでもそのままそこにあるわけじゃなくて、どこかに流れていったり、蒸発してお空の雲になってしまったりするから、いつまでも玄関先に溜まってはいないんだよ。いつまでもあったら大洪水になってしまって大変だよね」とお話しました。

その後も「怜、雪だるま無くなっちゃって本当に残念だった」と言い続けています。
けれども、ご近所さんに向けられた怒りはなんとか落ち着いてくれたみたいで、ほっとしているところです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

AD
ようこそ!にゃんぺいのきまま館へ
AD
プロフィール

にゃんぺいちゃん 

Author:にゃんぺいちゃん 
2009年8月20日開設しました。
専業主婦9年目、男児2人の母です。家族4人とも喘息アトピーのアレルギー体質ですが、食事を中心に気をつける事で、症状がでにくい状態を保っています。ブログは、日々の子どもたちの成長の記録などを通して、母が何を考えて生きて来たのかを遺し、たとえわたしがこの世から居なくなったとしても子どもたちが読み返してみて、どんなことを母が考えて子どもたちに接して来たのかを分かってもらえたらと思って書き始めました。
趣味:読書・オークション売買・子育てのこと・アトピーのこと・お金のこと、漬物作り(梅干し、味噌、玄米づけたくあん、ニシンづけ、ガリなど)、その他生活そのものを味わっています。今は子どもとの関わりがとても楽しくて、けれども掃除がアレルゲン除去に大変有効と気づいて夜中も出来る時には掃除しているため、時間が取れないので以前よりブログにかける時間がありませんでしたが、この春次男が幼稚園に入りましたので少し書けそうです。
子どもたちのためにも、素敵な未来を創造していきたいです。
アレルギー関連の記事は、過去には良かったと思ってやっていたことがダメになったということがよくありますので、時系列に気をつけて読んでみてください。過去のことを訂正しておりません・・・。
たまに更新するので、遊びに来てください♪気ままに、色々なことを書いて行きます。

カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。