引越業者見積もりのコツ!

みなさんは引越するときに引越業者を使いますか?
転勤しない方はいいです。
けれども、産まれてから、結婚もするだろうし、学校へ進学、就職、それぞれのライフステージにて引越業者にお世話になることもあるかと思います。

さて、大変頼りになる業者さんではありますが、うかうかしていると足元を見られてえらく高額な見積もりをされてしまいます。

わたしは今まで少なくとも業者を使った引越は、記憶に強く残るもので、札幌から途中の実家経由にて函館の弟の所まで荷物を運んでもらったというものがあります。
このとき、地元に再就職が決まったのと同時に弟が函館にて就職が決まったために、わたしの札幌での一人暮らし用品が弟の元まで運ばれたということになります。

で、見積もりをお願いしたのは北海道を中心とするバンバンという業者さんでした。
当時でも何件か見積もりして、ダントツで安かったのです。
不安になって、「これ以上値上がりすることはないか」と確認したところ、担当者はないとはっきり答えました。もちろん、見積もりに来ていてのことなので、当然荷物量なども分かっているはずですが・・・そんな長い距離なのに4万円くらいだった覚えがあります。一人暮らしの荷物がいくら少な目といっても、距離があるので非常に不安でした。

この不安って、案外的中するものですね。
当日になって、やはりあのとき来た担当者が「この金額で足りない」と言い出しました。
わたしは、女の一人暮らしだからなめられたのだと感じ、思いっきりプッツン切れた感じに怒り任せに怒鳴り、約束が違うので絶対に払わないと言いました。怒り任せに赤の他人に切れたのは、このときが生きてきた中では一番ではないかというくらいの剣幕でした。
しかし、作業が終わってから、作業をしてくれた人たち3人の方々にはそれぞれ2千円程度だったかを包んで渡しました。
それは元々用意しておいてました。
こういう形での業者の言いなりは腑に落ちませんけれども、作業してくれている方々へのお給料が減るのもいまいち納得できませんでしたし。

さて、このたび、中古の一軒家を購入して、購入2週間後に引っ越すという暴挙にでました。
購入翌日には、ネットの引越一括見積もりサイトにて、早速登録したところ、翌朝じゃんじゃん電話が鳴りました。
もうこうしてはいられないので、当日の昼から見積に早速来てもらうよう、予約を入れたところ、その日のうちに3件来ることになってしまいました。

どこの業者も当日突然の見積もりのためか、全て30分から1時間程度遅れました。
遅れる連絡をきちんとスムーズにくれた業者は、やはり最後まで感じのいい業者さんでした。
夫は仕事で夕方に帰ってくる予定でしたが、わたしは予め市内の引越でこの程度の荷物であれば高くても5万円で収まるだろうと話していました。夫は、内心もっとかかると思って、職場の後輩に1日1万円でひそかにお手伝いを依頼していたようです。

早速、昼一番に最初の業者がきました。
プロロさんという業者でした。
で、ざっと部屋の荷物を計算していくらが予算かと聞くので5万円と答えると、見積もりでは65000円と書かれていたものを見せてどういう費用内訳かを説明しながらも、5万円に負けてくれました。
「いやぁ助かりますね」といいつつも、「まだ一見目ですので即決できません」と一旦お断りしました。

次の業者は予定より1時間遅れなのに遅れる連絡は来る直前でした。
もしかしたら、電話を受けた人とのやり取りに誤りがあって、丁度の時間に来たと思っていたのかもしれません。
岩手県産のお米を持ってきました。
わたしは北海道のしかもゆきひかりというアトピーに良いお米しか食べないので正直嬉しくないために、電話受付の方にも一度他のものが欲しいといってみたのですが、ないというのでそのまま受取って、誰かに譲ることにしました。むしろこんなことにお金かけるのであれば、割引をして欲しいというのが本音です。
サカイさんという業者さんでした。
「うちの業者が一番早く見積もりに来たと思うのですが・・」というので、正直に別の業者が既に来たことを話しました。
どこの業者が来たのかたずねられたので、これも正直に答えました。
「あぁ、プロロさんね、安いんですよね・・・」と言うと、なんと最初から49500円くらいの価格で見積書を出してきました。
わたしは、ここから更に安く出来ると思って、素直に喜びました。
「あのぅ、割引が使えると思うのですが」こういうと
「割引?あぁ10%オフのですね。既に入っている価格なんですよ」と言ってくるのです。
わたしは喜んで見せたのもつかの間、ため息混じりにこういってみました。
「やっぱり噂に聞いていた通り、既に割引価格だって言われてしまうんですね。この値段から更に10%オフになるんならいい値段だと思って喜んだというのに。」
そういうと、また一生懸命パソコンと電卓と電話を取り出して、42000円ほどにしてくれました。
わたしが喜んでいると、色々と条件が出てきました。
・今日中に契約したらこの値段である
・午前中は指定できない。午後の便のみ。土日平日は関係なし
他にも、自転車など乗せられない場合には自分でという話もありました。
植木鉢は乗せられないので自分でということでした。
わたしは夫が帰宅してからでないと引越の日にちも決められないので、それから返事するということで保留としました。

次に、本日最後の業者、アートさんが来ました。
すれ違うのを見ていたようで、「サカイさんが来ていたらお米を置いていっていると思うので、出しにくいのですが・・・」と、お米を研いだときに上手にとぎ汁を捨てるための道具をプレゼントしてくれました。
わたしは思わず喜んでしまいました。
実は、夫がかねがね欲しがっていたからです。夫は、妊娠して疲れやすくてお米も研がずに眠ってしまうわたしのかわりにお米を研いでくれることが最近多々あるのですが、水を捨てるときに大量のお米も流してしまいます。なぜそんなに流してしまうのか、わたしにしてみると不思議なのですが、そんなことのために道具をねだられても買う気になどなれませんでしたので、もらえたのは正直岩手県産のお米よりもずっと嬉しかったです。これも正直に話しました。
そして、早速見積もりが始まりました。なんと提示してきた価格は42000円でした。
どういうことでしょう?サカイさんにしても、アートさんにしても、その直前に来た業者と同じかそのくらいで価格を出してきます。お互いによく研究しているのでしょうかね??
どちらの業者も2トントラックで作業員は3人です。

「この値段でどうでしょう?」といわれたときに、同じ値段であればアートさんにお願いしたいところでしたが、「いくらでしたら納得できます?」という質問が来たので、あまり大幅な値切りではなくもう少しだけ提案させてもらいました。

わたしは、色んな条件、例えばアートさんだと植木鉢も自転車も全部乗るといっていること、土曜日午前中以外であればこの価格でいいといってくれていること、1年以内であれば1度だけ部屋の模様替えをサービスでやってくれること、家電を卸売り価格で購入できることなどからも、ぜひぜひとお願いしたい気持ちがあったのですが、そこを少し抑えて「やっぱりタンスの中のものは全部つめたままでいいとどこの業者も言うのですが、タンスがゆがまないために上の段は空にするとかアドバイスしてくれることなどからも、荷物の扱が丁寧なのだと感じますし、周辺も傷まないように気を払ってくださることから、アートさんとてもいいなと思うんですけれどもね。サカイさんも大手ですから、やっぱり価格が最後に物をいうものですから・・・」というようにお話しました。

すると上司の方に2回ほど電話して交渉してくれて、価格は普段この値段ではやらないという内密にというところまで下げて出してくれました。
丁度その頃、夫が帰ってきたので、「○○円だって」というと、えらく喜んで「ぜひお願いします!!」と言っていました。ということで、アートさんに決めました。
引越日も10月16日と決まり、そのときに業者さんにお知らせすることができました。

こうしてその2日後とかに見積もり予定だった業者もキャンセルしたのですが、またまたその業者から電話がかかってきたので、事情を説明し、「この金額以下であれば考えてもいい」といいました。
すると折り返し電話がかかってきたのですが「42000円で」と言ってきました。
だから、それじゃ高いんだって、無駄な時間を使わせてくれて迷惑なと内心思いながら、今回は結構ですとお断りしました。

以前札幌からの引越が非常に安かったバンバンにも、ネットの一括見積もりでは出てこなかったけれども個人的に問い合わせてみましたが、全ての業者の見積もりが終わった後に、担当者から電話がきたのですが6万円だということでした。
以前安い印象だったので、これにも驚きました。

月曜日になって、幼稚園のサークルへ行き、見積もりについてお話しました。
他にも2人、引越を控えている人がいるからです。
そのうち一人は、友達に聞いたら2トントラックでサカイで7万かかったといっていたという話をしました。見積もりは一社だけだったようです。
わたしの話を聞いたら、安い業者に分散させるなど必要ないということで安心したようです。

業者見積もり合わせのコツとしては、日をまたがずに同じ1日でやってしまうのがいいと思います。
「今日中に決めたらこの値段」と言ってくるところが多いからです。まぁ、決めた後でも1、2日後くらい後であればキャンセル料なども実のところ発生しないのですがね。
更に、最低3社は行って、なるべく後ろのほうに自分が使いたいと思える評判の良い業者などを入れておくのがいいでしょう。
見積もりは、交渉ごとなので、相手の話にうなずきながらも、自分の希望を織り交ぜた形で話するのがいいでしょう。
また、引越ははじめてなどと言うと足元を見られるので、そういった隙を与える発言は慎みましょう。
見積もりで最初の業者が出してくる最初の価格が、業者の利益3~4割程度になっているようです。なので、逆算して1割程度の利益を残してあげられるように、価格をすり合わせていきましょう。

やり方次第では自分でやってしまうよりも安上がりに楽チンにできるのが業者のいいところです。
うちは4階なので、ガソリン代やダンボール代などを含めてもお得感が強い価格に収まりました。
夫は、後輩と二人で自分で運ぼうと考えていたらしいですが・・・あまりにも無謀だと思いますし、これで1万円じゃ後輩に恨まれるよと言っておきました。
当然業者がこの価格で全部運び出してくれるのですが、そういうものだとは思っていなかったらしく、後輩への依頼もキャンセルしたようです。
ある程度の知恵と時間を使えば、見積もりも上手に事運べるようになるものかと思います。

下記のような一括見積もりを使うと便利です。
取り扱っている業者が違うので、2カ所申し込めば、大体いいところが見つかりますよ。


株式会社引越侍 引越しはネットで頼むと安くなる





引越し料金まとめて比較【HOME’S引越し見積もり】


関連記事

テーマ : 節約・暮らしの知恵
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

AD
ようこそ!にゃんぺいのきまま館へ
AD
プロフィール

にゃんぺいちゃん 

Author:にゃんぺいちゃん 
2009年8月20日開設しました。
専業主婦9年目、男児2人の母です。家族4人とも喘息アトピーのアレルギー体質ですが、食事を中心に気をつける事で、症状がでにくい状態を保っています。ブログは、日々の子どもたちの成長の記録などを通して、母が何を考えて生きて来たのかを遺し、たとえわたしがこの世から居なくなったとしても子どもたちが読み返してみて、どんなことを母が考えて子どもたちに接して来たのかを分かってもらえたらと思って書き始めました。
趣味:読書・オークション売買・子育てのこと・アトピーのこと・お金のこと、漬物作り(梅干し、味噌、玄米づけたくあん、ニシンづけ、ガリなど)、その他生活そのものを味わっています。今は子どもとの関わりがとても楽しくて、けれども掃除がアレルゲン除去に大変有効と気づいて夜中も出来る時には掃除しているため、時間が取れないので以前よりブログにかける時間がありませんでしたが、この春次男が幼稚園に入りましたので少し書けそうです。
子どもたちのためにも、素敵な未来を創造していきたいです。
アレルギー関連の記事は、過去には良かったと思ってやっていたことがダメになったということがよくありますので、時系列に気をつけて読んでみてください。過去のことを訂正しておりません・・・。
たまに更新するので、遊びに来てください♪気ままに、色々なことを書いて行きます。

カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム