スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5才の息子は遊びより勉強を選ぶ

5歳の息子怜は、もうすぐ6歳で来年から小学生です。
わたしは怜に、別に勉強をさせようと考えてなどいないのですが、怜は勉強したがります。
そもそもひらがなを書いたりするのも小学生になってからでいいでしょう、くらいにしか考えていない母のわたしですが、1年ほど前にやりたいと本人がいうのでその気持ちを差し置いてやらせないということはしませんでした。
ドリルを買い与えました。
ひらがなドリル、めいろドリル、数字ドリルなどを一冊やり遂げるたびに欲しいとおねだりするので買い与えてきました。
わたしはそのたびに「自分で一生懸命やって関心だけれど、今からそんなに一生懸命やらないでいいんだよ。子どもは遊ぶのがお仕事だから、勉強は小学生になってからで十分」といい続けてきました。

最近、夏の暑さがずれこんで9月でもずっと暑いせいか、怜は外で遊びたがりません。
わたしとしては、2時45分ころに幼稚園から帰ってきたら、5時に鐘がなるまでお外で遊んでいて欲しいのです。
けれども、暑いとか、遊びたいお友達いないとかでなかなかお外へ行きません。
遊びたいお友達がいないとか言っても、外にでたら結局色んな子とお友達になって一緒に遊んでいるような子なんですけれどもね。

そして、最近お外へ追い出す裏技としては、「外に遊びに行きなさい。行かないのならお部屋の片付けしなさい。」が、有効でした。慌てて出て行きます^^けれども、夫はそれは問題だと見ているようですが・・・

今日はそれが通じず、ベランダのお花にお水をあげ始めたり、ドリルを始めたり。
「いいから、そんなことやっていないでお外へ遊びにいきなさい」わたしはいつも言うのです。
「いやだよう、怜は来年小学生になるから、お勉強が大事なんだよう」
「いいって、そんなに勉強ばかり今からしなくて。子どもは遊ぶのが一番の大事な仕事なんだから、お外へ行ってきなさい。」
「やだ、怜ドリル隙だもん。勉強して賢くなるんだもん。」
「賢くなるのも体が丈夫でなければ脳みそもついてこないんだよ、ほれ外行ってきなよ。ママは丈夫な体で元気な子であってほしいなと思っているんだから、今から勉強ばかりしていたら強い体になれないじゃない。遊んでおいで。」
「やだ、やだ」
もう、こうやって全然外へ行かないのです。
子どもって、勉強しろといえばしないだろうし、遊べといえば遊ばないものなのかもしれませんね。

家にいても、怜は最近ろくに遊ぼうともせずにドリルをやっていたり、時々ピアノの練習したり、そうしながら早くテレビの時間にならないかなぁとぼやいているのです。
わたしはそれを聞いているのもイヤです。だからなお家から追い出したい。
うちではテレビは帰宅時間を知らせる鐘がなる17時を過ぎてからです。
それ以前は、朝も昼も基本的に見せません。
そして夕食を食べたりお風呂に入る時間が優先なので、テレビを見る時間はとても少ないほうだと思います。
テレビなんか見ていないで自分で遊ぶ工夫をしなさいといつも言います。
そのせいか、怜はテレビが大好きです。テレビを見る時間を一日の中で一番楽しみにしているようです。
もちろん、たまにはパパがお休みのときとか、夕食が早かったときなどはゆっくりテレビを見ているという例外もありますよ。あまりカツカツにやっているというわけでもないです。
怜は、テレビというテレビ番組割と何でも興味を持っていて、オリンピックや政治家の討論、ニュースなども大好きのようです。

勉強して、テレビみて、なんだか普通の子と変わらないですが、わたしはそれがあまり好きではないです。
まだ幼稚園児だからという見方でいるから、そう感じるのかもしれませんけれども。
勉強好きなのはいいことなのかもしれないです。少なくとも学校へ行くようになったら、あの頃のように自ら勉強したいと言ってはくれないものかと悩むのかもしれません。
だけど、外で遊んできなよとしつこく言ってしまいます。
先日は遊びに行かないのでわたしと一緒に森林の中を1時間ちょっと散歩してきました。今日も散歩に誘ってみたのですが、疲れるからイヤだと断られてしまいました。
わたしがこんなことをつべこべ言っていられるのも、今だけかもしれないですけれど、昼間はもっと外で遊ばないとといつも思っています。
関連記事

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

コメントの投稿

非公開コメント

AD
ようこそ!にゃんぺいのきまま館へ
AD
プロフィール

にゃんぺいちゃん 

Author:にゃんぺいちゃん 
2009年8月20日開設しました。
専業主婦9年目、男児2人の母です。家族4人とも喘息アトピーのアレルギー体質ですが、食事を中心に気をつける事で、症状がでにくい状態を保っています。ブログは、日々の子どもたちの成長の記録などを通して、母が何を考えて生きて来たのかを遺し、たとえわたしがこの世から居なくなったとしても子どもたちが読み返してみて、どんなことを母が考えて子どもたちに接して来たのかを分かってもらえたらと思って書き始めました。
趣味:読書・オークション売買・子育てのこと・アトピーのこと・お金のこと、漬物作り(梅干し、味噌、玄米づけたくあん、ニシンづけ、ガリなど)、その他生活そのものを味わっています。今は子どもとの関わりがとても楽しくて、けれども掃除がアレルゲン除去に大変有効と気づいて夜中も出来る時には掃除しているため、時間が取れないので以前よりブログにかける時間がありませんでしたが、この春次男が幼稚園に入りましたので少し書けそうです。
子どもたちのためにも、素敵な未来を創造していきたいです。
アレルギー関連の記事は、過去には良かったと思ってやっていたことがダメになったということがよくありますので、時系列に気をつけて読んでみてください。過去のことを訂正しておりません・・・。
たまに更新するので、遊びに来てください♪気ままに、色々なことを書いて行きます。

カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。