スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無料の海外旅行保険 大人も子どももクレジットカードで無料にしましょう♪

海外旅行へ行くときの旅行保険って、ばかにならないんですよね。
普通の保険会社を利用しようとすると、なんだかんだで3人分で1万円を超えてしまったり、せっかく旅行プランを入念に安く上げたとしても結構な痛手です。

そんなときには、クレジットカード付帯の無料保険があることを覚えておきましょう。
利用方法は、クレジットカードを持っているだけなのです。

海外旅行保険に関しては、年会費無料のクレジットカードでも、結構な補償額がついていたりしますし、自動付帯で特にそのカードで旅費や交通費の支払いをしなくても、海外へ行ったことによって自動的に保険が適用になるものが数多くあります。

さて、しっかり保険を適用させるために何点か留意しておきたいことがあります。
まずはいざ海外にて何かあったときに、どういった手続きをとればいいのか分からないと困るので、詳細を記している約款を旅行へ携行することです。海外でしか手に入らない書類も何点かあります。
それから、せっかく保険をかけていても自分たち全員に何かあったときに手続きなどに困ることも考えられるので、国内に残る親など親しい人に、保険の一覧と連絡先そして被保険者番号をまとめたものを手渡しておくことです。他の生命保険などもまとめて一覧にしておくとよいでしょう。例えば親子3人で海外へと出かけて、子どもだけが無事に帰った場合など、そういう事態に役立つのではないかと思います。そのためわたしは普段より保険の書類は全て一箇所にまとめて、更に保険の一覧表を作って添付し、保管しています。わたしが先立ったときに夫が残っても困らないようにしておかないと、保険金によっては請求期日が短いものもあるので大変です。

で、どういったクレジットカードを選べばいいのか。
実は、クレジットカードの無料の海外旅行保険の補償額はクレジットカードを数枚持っていても合計できないという話があったりしますが、そうではありません。
合計できないのは、死亡・重度後遺障害の部分の補償額だけであって、他の携行品、救援者費用、傷害、などの補償額は、いざ何かあったときにはそれぞれ海外旅行補償が自動付帯されるカードを持っているほど、その分の金額を合算して使うことができるのです!
死亡・重度後遺障害に関しては持っているクレジットカードでは最高額の1枚分だけの補償額となるけれども、他の項目についてはそれぞれ合算できると考えていいのです。
日本ではそれほどかからない金額であっても海外で何かあったときにはえらくかかってしまうことってあるので、こうした無料の保険がたくさんあるということは嬉しい限りです。

わたしの場合はクレジットカード好きが幸いしてか、海外旅行保険自動付帯のクレジットカードをすごい枚数持っているので、わざわざ自分や夫用として新たにカードを作る必要はありませんでした。
ただ、自分の手持ちカードを見てみると、意外と年会費無料ではなかったり、簡単に誰でも持てるものとは限らないようです。
紹介してみますと、
①KKRクレジットカード 国家公務員とその家族だけが持てる年会費無料のゴールドカード。海外旅行保険は補償額が手厚い。
②漢方スタイルクラブカード 我が家のメイン利用のクレジットカード。年会費はかかるがその分ポイントが多い。
③ライフ竜馬カード ライフカードの発行する坂本竜馬ファン向けカード。年会費は年に1回カードを利用すればかからない。本会員の誕生月にてポイント倍率が多いので年に1ヶ月だけ利用している。
④TUTAYAwカード 蔦谷レンタルカードの会員カードは店舗によっては年会費がかかってしまうために年会費無料のクレジットカード会員へと変更した。
⑤ANAカード ANAショッピングサイトで7%引きで買い物できるために保有。1年経つと年会費が発生するために以前はANAマスターカードを解約してANAJCBカードを新しく作った。今度の更新時には解約したままにしてしまいそう。
⑥楽天カードは海外旅行保険は自動付帯ではないので要注意です。

わたしの持っているカードで海外旅行保険の付くものは上記のようになりますが、みなさんはどのようなカードを持ってますか?あまりわたしみたいにカードが大好きでたくさん持っているという方も少ないかもしれませんが、一度一覧を作って整理しておくといいと思います。
誰ですか?クレジットカードが送付されてきたときに約款等を捨ててしまう方は。クレジットカードをきちんと管理するためにも、一緒に送られてくる書類は封筒ごと保管しておいて、カードを解約するときに破棄するんです。そうでないとせっかくの色々な補償が付いているカードたちを余すことなく活用することが難しくなってしまいます。
 
さて、こうして大人でクレジットカードを持てる人の海外旅行補償は簡単ですが、問題は子どもです。
なかなか年会費無料のクレジットカードで海外旅行保険が自動付帯になるカードはないのですが、1枚だけありました。
UCカードのプラスハッピーカードです。
こちらはお子様も海外旅行保険が自動付帯となっています!嬉しい限りです。
ちなみにSBIカードも子どもの海外旅行保険が付いていますが、自動付帯ではなくて、カードにて旅費などを支払った場合に付くというタイプの保険です。
子ども向けの海外旅行保険は補償額が小さいので、不安であればUCプラスハッピーカードを持っておいて、SBIカードで旅費の支払いをすることで補償額を大きくするという方法もあるけれど、普段SBIのポイントをためるという風にメインカードとして使っていないのであれば、支払額も大きいのでもったいないような気がします。

旅行のときに急にカードを作るよりも、年会費のかからないクレジットカードなどはいいなと思ったときに作っておくのがよさそうです♪
ただ、規約などが勝手に変更になっていることもあるので、出発時には事前に一通りチェックしておくことをおススメします。
では皆さん、良いたびを☆
関連記事

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

AD
ようこそ!にゃんぺいのきまま館へ
AD
プロフィール

にゃんぺいちゃん 

Author:にゃんぺいちゃん 
2009年8月20日開設しました。
専業主婦9年目、男児2人の母です。家族4人とも喘息アトピーのアレルギー体質ですが、食事を中心に気をつける事で、症状がでにくい状態を保っています。ブログは、日々の子どもたちの成長の記録などを通して、母が何を考えて生きて来たのかを遺し、たとえわたしがこの世から居なくなったとしても子どもたちが読み返してみて、どんなことを母が考えて子どもたちに接して来たのかを分かってもらえたらと思って書き始めました。
趣味:読書・オークション売買・子育てのこと・アトピーのこと・お金のこと、漬物作り(梅干し、味噌、玄米づけたくあん、ニシンづけ、ガリなど)、その他生活そのものを味わっています。今は子どもとの関わりがとても楽しくて、けれども掃除がアレルゲン除去に大変有効と気づいて夜中も出来る時には掃除しているため、時間が取れないので以前よりブログにかける時間がありませんでしたが、この春次男が幼稚園に入りましたので少し書けそうです。
子どもたちのためにも、素敵な未来を創造していきたいです。
アレルギー関連の記事は、過去には良かったと思ってやっていたことがダメになったということがよくありますので、時系列に気をつけて読んでみてください。過去のことを訂正しておりません・・・。
たまに更新するので、遊びに来てください♪気ままに、色々なことを書いて行きます。

カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。