保険についてのあれこれ 本当に良い保険の見つけ方考え方

うちの家では、この頃たくさん保険のお世話になる機会がありすぎるほどあって、この先の保険をどうすればいいのか考えながらも身にしみて色んなことが判ったり、考えさせられたりもしてました。
今日は、ファイナンシャルプランナーの方の話を聞けたので、わたしの実体験とプロの話を交えてここに記します。

★★保険の種類★★
保険には大きく分けて3つあります。全てわたしの理解の範囲ですので、微妙な言い回しや表現の違いはあると思います。あしからずご了承ください。

①定期保険 ~ 掛け捨て。若いときには掛け金が安い。年齢と共に上がる。退職後の保障が無いため、掛け金が高くなるころには大きな病気をしていたりで新たに保険に入りにくくなっている可能性がある。
②終身保険 ~ 貯金+保険の性質。退職後も保険が効く。更に一時金として受取ったりすることも出来る。掛け金は定期保険よりも高いけれども、掛け金と同額かそれ以上の金額をも保険によっては得ることができる。
③養老保険 ~ 簡単に言うと学資保険などがこれに当てはまる。貯金の性質。

このことから、終身保険になるべく若いころに入っておくのがいいようです。
学資保険に関しては、余計な医療保険などがセットになっていてせっかくの貯金が額面割れしてしまうようなことのないように、学資保険単独のものがいいようです。
また、旦那さんの保険+奥さん+子どもと付けられるタイプの場合、旦那さんが万が一最初になくなった場合には、奥さん&子どもも自動的に退会となってしまう恐れがあり、そのころに既に病気などをしていると保険に入りにくいために、奥さん、子どももそれぞれ単独で「終身保険」に入ることがいいようです。奥さんが単独で保険に入るメリットは、自分が亡くなった場合に一番お金が必要となる子どもにお金を残してあげられることです。
子どもが終身保険に入るメリットは、子ども自身が子どものころに大きな病気をしてしまうと、子ども保険に入れる期間に定期保険(掛け捨てタイプ)に入っていても、大人タイプに加入しようとしたときに入れないということが起こるからです。

金額の設定
仮に旦那さんが亡くなってしまった場合、奥さん子どもには遺族年金などいろいろな物が入ってきます(公務員であれば遺族共済年金、遺族基礎年金、災害見舞金、慶弔金など。会社員、自営業だとまた別です。)。その年金額で、現在の旦那さんの月収+ボーナス相当がまかなえる額になるように、不足分を付け足すという考えでよい。奥さん、子どもが家賃を払って暮らしていけて、子どもが大学へ行くというときにもある程度困らない額という風に考えればいいです。子どもの大学に関しては、学資保険も支払いが免除になりますし、あとは奨学金でも借りてもらえばいいのではないかと思います。
仮に奥さんが亡くなってしまった場合、それはお葬式代程度が単純に考えられるのですが、それよりも長期の入院やICUなどにかかってしまった場合などを重点に考えられます。それとか子どもがいて奥さんが働いているという場合には付き添いが必要なこともあり、その際に休業すればそういった手当ても保険でまかないたいと考えられる範囲となります。
それでも旦那さん奥さん問わずに、高額医療費の補助というものが申請により受けることができる仕組みになっていて、毎月44000円程度よりもかかってしまった場合には44000円程度のみの支払いで済むということになっていますので、この点も考慮しながら決めるといいです。こうしてみると医療費に関しては割りとかからないで済むと考えられますが、入院すると、雑費がいろいろかかってしまうことが要注意です。比較的元気であれば雑誌やテレビなどは見たいものだろうし、介護が必要な程度であれば紙オムツなどは控除の対象になっていなかったりするからです。また、家族のお見舞いのための通院費、それから時間的な拘束による仕事などへの支障を考慮してもまかなえる額に設定しておくことです。
例えばこのたび父が重症急性膵炎にて入院していますが、こちらの病気は難病に指定されているために、申請によって全ての医療行為は原則無料で受けられることになりました。難病指定の病気であっても審査によっては食費などが自己負担になる場合もあるようです。父の場合は、医療行為、病室代、食費は無料となりましたが、介護用のオムツ母の交通費、病院の駐車場代など諸々の雑費はかかっていて、月4万程度は病院関連で出費があるようです。個人で入っていた保険も、2種類あったようですが、2~4ヶ月程度しか出なかったようです。1年以上の長期入院になる見込みで、自営業のために国民年金が父が先日6月で65歳の誕生日を迎えたときから、でているのではないかと思われます。母は63才同じく自営業で実家の会社役員ということなので、2年後に年金が出るはずです。年金だけでもぜいたくしなければ自宅もあるし何とかやっていけるはずだと母は最近よく言っています。

子どもの保険。
息子は幼いころに気管支炎で入院したことがあったのですが、このとき5日目からではないと保険がおりない保険にしか入っていなかったために負担が大きかったのを思い出していたころ、生協の宅配担当者に説明を受けて当日からも出るということで毎月1000円のジュニア18というものに加入しました。
これが一日6000円でるので、大抵の軽い入院費を十分まかなえるので助かっています。
今年の2月に加入したばかりなのに、早速5日間の入院をし、そして最近も2日間の入院をしました。
宅配員の方にはその後一度だけ会ったのですが、もう感謝でした本当に。
ただ、掛け捨てだということだけはネックだということに、本日ファイナンシャルプランナーの方の話を聞いて考えさせられました。しかもジュニア版ということで18歳までしか加入できないので、万が一大きな病気をしてしまうと、18歳以降の新しい保険に入れない危険性があるというのです。あと、ジュニア18の保険に関して言うと、怪我での通院は保障されているけれども病気での通院は保障されていません(それが病気での入院の退院後であっても当たりまえか?)でした。
子どもは、こういった医療・怪我それにお店の物や人のものを壊してしまったときに使える特約があるといいです。それと学資保険も忘れずに。

団体割引について
わたしも昔職場勤めをしていたころには、団体割引にて保険に加入することができました。現在夫の保険も団体割引が適用になるということで、職場を通した大手保険会社の保険に加入しているのですが、こういった団体割引は何も職場専属のものでなくても、その職場に勤めているという一定の証明書を添付することで、どこの会社の保険でも団体割引料金での加入ができるそうです!前回、別なファイナンシャルプランナーとお話したときには、団体割引保険に入っていると言っただけでこれにはかなわんとあえなく引き下がってしまったので、驚きでした。

さて、こういったお話から次回またこちらのファイナンシャルプランナーの方と会う約束をしているのですが、名刺を拝見させていただくと三井住友海上保険の代理店の社長でもあるためにやはり保険の契約にて利益を得ているものと思われます。息子を一緒に連れて行って同席でのお話だったのですが、息子に貸したボールペンが、8万近くするモンブランのボールペンだったので一層警戒心がましました。こんなにいろんな情報をいただいておいて、警戒しているというのも不届きなのかもしれませんが、高額医療補助のお話は今回説明を受けなかったためです。
やはりいい情報を提供することで、儲けるための道を見出さなければなりませんしね。
それから、わたしはファイナンシャルプランナーの方に会うと決まって言われるのが、どなたか保険の説明を聞きたい方がいたら紹介して欲しいというお話です。そういったときには相手の方もわたしの周りに高給取りのお友だちがたくさんいることを何となく予想しているようですが、実際高給取りの方はたくさんいるし、保険に興味を持っている方も多いので、いいですよと返事だけはしておきます。けれども、やっぱり本当に納得できる保険に加入できたときに紹介しようという気になるものかと思うので、それはわたしに本当に優良な保険プランを作ってきてくれるという意味なのだろうかと期待もしてしまうのです。さあ、次回が楽しみです。
関連記事

テーマ : 節約・暮らしの知恵
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

AD
ようこそ!にゃんぺいのきまま館へ
AD
プロフィール

にゃんぺいちゃん 

Author:にゃんぺいちゃん 
2009年8月20日開設しました。
専業主婦9年目、男児2人の母です。家族4人とも喘息アトピーのアレルギー体質ですが、食事を中心に気をつける事で、症状がでにくい状態を保っています。ブログは、日々の子どもたちの成長の記録などを通して、母が何を考えて生きて来たのかを遺し、たとえわたしがこの世から居なくなったとしても子どもたちが読み返してみて、どんなことを母が考えて子どもたちに接して来たのかを分かってもらえたらと思って書き始めました。
趣味:読書・オークション売買・子育てのこと・アトピーのこと・お金のこと、漬物作り(梅干し、味噌、玄米づけたくあん、ニシンづけ、ガリなど)、その他生活そのものを味わっています。今は子どもとの関わりがとても楽しくて、けれども掃除がアレルゲン除去に大変有効と気づいて夜中も出来る時には掃除しているため、時間が取れないので以前よりブログにかける時間がありませんでしたが、この春次男が幼稚園に入りましたので少し書けそうです。
子どもたちのためにも、素敵な未来を創造していきたいです。
アレルギー関連の記事は、過去には良かったと思ってやっていたことがダメになったということがよくありますので、時系列に気をつけて読んでみてください。過去のことを訂正しておりません・・・。
たまに更新するので、遊びに来てください♪気ままに、色々なことを書いて行きます。

カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム