スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尿道が切れたことと、保険の話あれこれ

父は11月1日から丸一ヶ月ICUへ入り、急性重症膵炎の治療を続けています。
病院も転院し、処置も週一ペースで行い、順調に回復してきているかと思っていたら、処置をしたときにどうやら尿道を誤って引きちぎってしまったらしく、管をつけてつなぐ手術を先日しました。
なんとも、それでも医師は自分たちの非は認めないんですけれどね・・・。
わたしも今のところは何もクレーム等起こさずにだまっていますが、今後何かあったときには黙っていません。

さて、こうして入院している中、母からはかかっている保険についての話を聞きました。
アフラックとアリコに同じような条件のもので加入していたのだそうですが、手術1回につき毎回手当を出してくれるのも、金額的に少々お得だったのも、アリコの方が断然良かったそうです。
アフラックの方は、全然出してくれないそうです。
保険も比較してみただけでは分からないことが、実際支払われる際になってから分かることが多いですね。

実は今日、幼稚園のお話の読み聞かせのサークルに久々に出たのですが、サークルのメンバーの一人が父が入院する少し前の10月頃だったはずですが、100%相手が悪い追突事故に遭い、ひどい鞭打ち症状に悩まされているということを知りました。
聞けば、相手方の保険の損保ジャパンのおじさんが、新しい病院への乗り換えはダメだということと、保険の支払いは今月いっぱいでお終い(つまり明日まで!)ということを言ってきていて、もう話をするのもいやだと言います。
聞いていて、なんだかおかしな話だと思いながらも大した知識もない、けれども両親と弟は車関係の仕事をしているために保険の取り扱いに詳しいので聞いてみることにしました。
一度診断書を出しているので損保のおじさんは病院を変えられないという点。これについては2重に診断書を別の病院から貰って提出しても良いのではないかとわたしは考えて、弟に相談したのですが、弟も会社の人に聞いてみてくれたところ、2重に出してもいいという話でした。
それから、相手の保険屋では自分のお客さんではないために親身になってくれなくて不利に働くために、自分の保険屋に相談することを教えてくれました。要は、損保ジャパンだから対応が悪いのではなくて、自分のお客さんじゃないから対応が悪いのだということ。最悪、相手の保険が打ち切りになったとしても、自分の自動車保険の人身保険に入っていれば、自分の保険を使えてしかも人身だと等級が上がらないということでした。
なんとか希望的な話なので、早速伝えたら喜んでもらえました。

みなさん、快方へ向かってくれると良いのですが。
関連記事

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

AD
ようこそ!にゃんぺいのきまま館へ
AD
プロフィール

にゃんぺいちゃん 

Author:にゃんぺいちゃん 
2009年8月20日開設しました。
専業主婦9年目、男児2人の母です。家族4人とも喘息アトピーのアレルギー体質ですが、食事を中心に気をつける事で、症状がでにくい状態を保っています。ブログは、日々の子どもたちの成長の記録などを通して、母が何を考えて生きて来たのかを遺し、たとえわたしがこの世から居なくなったとしても子どもたちが読み返してみて、どんなことを母が考えて子どもたちに接して来たのかを分かってもらえたらと思って書き始めました。
趣味:読書・オークション売買・子育てのこと・アトピーのこと・お金のこと、漬物作り(梅干し、味噌、玄米づけたくあん、ニシンづけ、ガリなど)、その他生活そのものを味わっています。今は子どもとの関わりがとても楽しくて、けれども掃除がアレルゲン除去に大変有効と気づいて夜中も出来る時には掃除しているため、時間が取れないので以前よりブログにかける時間がありませんでしたが、この春次男が幼稚園に入りましたので少し書けそうです。
子どもたちのためにも、素敵な未来を創造していきたいです。
アレルギー関連の記事は、過去には良かったと思ってやっていたことがダメになったということがよくありますので、時系列に気をつけて読んでみてください。過去のことを訂正しておりません・・・。
たまに更新するので、遊びに来てください♪気ままに、色々なことを書いて行きます。

カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。