大オタカヅケ(お片づけ)とバトリオコイン

先月5才になった息子、怜は、近所のお友達のおにいちゃんから、ポケットモンスターのバトリオコインを何個か貰ってから、すっかり「バトリオコイン」の魅力にとり憑かれてしまいました。

「バトリオコイン」とは、プラスチックのコイン型のものに、ポケモンのキャラクターが描かれているもので、ゲームセンターなんかのゲームに使えるものらしいです。
わたしはフリーマーケットに出かける時には息子に100円のお小遣いをあげるのですが、これまで息子はフリーマーケットで見かけると、安くて大量に入手できるものを買っていました。大抵、息子は買い物するけれど、わたしは見るだけでおしまいということの方が多いんですけれどね。

コツコツ集めて現在17個ほど持っています。持っているだけで、使い方すら親子そろって知らないんです。

そんなある日、怜は、いまだかつて無い勢いで、部屋と押入れの絵本とおもちゃを整理し始めました。
これまでであれば、これを捨てていいかと聞いても、これもあれもダメという返事しか聞かなかったのに・・・!一体この勢いはどうしたものかと驚いたほどです。
絵本は半分以上減り、本棚に余裕を持ってしまうことができるようになりました。これまではいくら片付けようとしても、量が多すぎて本棚にしまい切れなかったり、一度読むと段々と平積みになっていってしまうような有様で、押入れケースにもまるまる一箱絵本が入っていました。現在は押入れケースの中も4分の1ほどスペースが空いたほどです。

おもちゃも、細々としたおもちゃが大量にあったのですが、要らない物ということで大量に捨てたり、売り払う方へと振り分けたりしました。

驚いたのは、ついこの前まで仮面ライダーが大好きで、おもちゃも絵本もたくさん持っていたのに、その殆どを処分してしまったことです。確かに最近急に、「仮面ライダー嫌いになった」などと言いつつも、割とおしゃべりしている会話の中に、いつも仮面ライダーが登場するので、本当に嫌いになったの?という疑問が出ていたところです。
仮面ライダーのもので手元に残したのは、どうしても欲しいとおねだりして買った小さな絵本とガチャガチャで出てきた腕時計、幼稚園の子ども祭りで自分で選んで買ったソフビ人形だけでした。

おもちゃや絵本も、たくさん使っているものを気に入っていて残すのかと思ってみていれば、案外全く使っていないものや全然読んでいない絵本なんかも、残すものは残していきました。その中には赤ちゃんの頃に気に入っていたものなんかもありましたし、これ好きだったんだと改めて知って驚くようなものもありました。
わたしは物に関しては余り思い切りの良いほうではないというのもあって、息子のおもちゃや本などは全部捨てずにしまっていたのですが、こうして今息子が自分で振り分けることが出来る時期までとっておけて、本当に良かったと思っています。
わたしの基準で捨てていると、息子が大切に思っているものをどんどん捨ててしまっていたと思うからです。逆に、わたしが思い入れがあるものは、息子は気に入っていなかったりするので、今回不用品に入れられてしまったものもたくさんありますが、この際なので思い切って処分することにしました。

こう、ごちゃごちゃとたくさん物を残しているのには、第二子のことも考えてのことだったのですが、またその時に考えればいいかと思ってどんどん処分してしまうことにしました。

洋服に関しても、お下がりなども含めて大量にあったのですが、化学繊維にわたしがアレルギーがあることが判ったということもあって、先日わたしの方で綿100%以外のものを振り分けて、押入れにしまっておくものと、人にあげてしまうものにしました。
あげてもいいかどうかの、最終確認を怜自身にしてもらいましたが、気に入っていないものばかりだと言います。ただ、その中でも可愛い絵柄がついているものではあげたくないというものもあったし、自分でえらんで買ったパジャマなんかも使いたいといいました。保管しておく押入れ行きにしてしまいました。
あげる先も、ご近所にはたくさん子どももいるけれど、今現在では声をかけるような先もありません。唯一気になる方に声をかけてみたら、やっぱり妹のところから貰うと言っていまいた。
このままあげる人が出てくるまで待つのも考え物なので、この際幼稚園に寄付することにしました。
電話したら持ってきて欲しいということですし、今回ズボンが特にたくさん出たので、不足がちらしいので喜んでもらえるかと思います。

こうして、怜の持ち物はスッキリとしました!!
いや、よく思い切って整理が出来たなと感心したほどです。
すると怜は、「がんばってオタカズケ(まだお片づけと言えないんです^^)したから、ポケモンのメダル買って」と言ってきました。

それを聞いて、わたしは前々から自分がおもちゃを整理しないと新しいおもちゃが当らないんだよと言ってきたことを思い出しました。子どものお片づけのしつけには、片付けると何かいいことがあるという意味と、片付けないと物を増やせないんだということを判らせる為にも、物を処分できたときには新しいおもちゃを買ってあげてもいいということを、お片づけの本で読んだことがあったためです。
わたし自身がお片づけが苦手なのだけれども、日々奮闘しながら、息子にはきちんとお片づけできる人間にしてあげたいというのもあって、片付け関連の本は10冊までも行かなくても結構な冊数を読んでいます。

わたしは即答で「ポケモンのコイン?いいよ、なんていう名前か調べたら買えるだろうし、ママは買ってあげたいと思うよ。ただ、パパは何ていうかな?この前ダメって言っていたし、だけどママから説得してみるね」と言うと、「買ってくれるかなぁ・・・」と心配そうにしながらも、とても喜んでいました。

夫が帰宅して、部屋片づけをがんばったことと、片付け上手にしつけるためにも新しいおもちゃを買ってあげるのは良いことだということで、バトリオコインのようにあまり怜の為ということにもなりそうにないおもちゃでも、簡単にOKしてくれました。

たくさん欲しいということなので、まさかゲームセンターでゲームをさせて得るのもちょっとと思い(実際ゲームをすればもらえるという代物なのかどうなのか、分からないんですけれど)、まだ「バトリオ」という名前も知らなかったためにネットでまずは名前を調べるためにも、ヤフオクを「ポケモン メダル」で検索してみました。そして、すぐにこれは「バトリオ」というものだということが分かりました。

怜は、その数ある中から、「たくさんあるのがいい」とか「パルキア、ギラティナ、・・・がいい!」などと言うので探してみると、条件にあったものが何点かありました。
その中で、しまっておく専用のケースが付いて、更にバトリオ専用の機械?が付いていて、203個のバトリオコインがセットになっているもので、ギラティナとか怜が欲しいといっていた2つの強いキャラが付いているものがありました。
ヤフオクを見ると、100枚以上のセットで出品している方もたくさんいました。
しかし我が家ではポケモンのテレビ放送などは一切見せていないのに、よく知っているものだと感心します。せいぜい、昔古本市で一冊10~30円程度で入手したポケモンの絵本2~3冊と手のひらサイズのポケモン図鑑、それからセブンイレブンのスタンプラリーで無料でもらえるポケモンポスターがある程度、そして先日お誕生日のときにプレゼントしたワークブックくらいなんですけれどね。
ポケモンはカタカナ書きの名前のキャラばかりなのもあって、怜は、勝手にカタカナまで覚え始めています。まだまだ完全にではないですけれどね。本人は漢字のほうが分かるなんて言ってますが、まだ小学生になるまで1年以上あるし、わたしはゆっくりでいいのではないかとしか思っていないです。ただ、せっかくのやる気をわたしのひと言でそいでしまってはいけないので、「ゆっくりでいいから、確実に覚えていけばいいのよ」とだけ言っておいてます。

オークションで発見した時点で3~4日後に終了というものだったのですが、その日から怜のカウントダウンが始まりました。
早く早く~が口癖です。
オークションの仕組みについても、何度も聞いてきます。
そして、終了日当日、夜10時30頃の終了だったのですが、これは独りで眠らせるいい機会だと思って、「ママパソコンに張り付いていないと落札できないんだよ」と、独りで眠る訓練をしました。大抵20時には布団に入るのですが、わたしも一緒に眠ってしまう恐れもあったので、そうしておきました。
途中何度もコワいと呼ばれたので、そのたびに傍に行き、行ってもいいと言われたら、居間に戻るということを繰り返し、やっと寝たという感じでした。

決戦当時、もう一つこっちでもいいと怜が言っていたものは翌日終了の2600円だったので、2600円程度で落とせればと思っていまいた。
それにしても高いなぁと思っていたのですが、この際だからできれば量も多くて機械もついている方を落としてしまいたかったです。
それに、毎度毎度、バトリオコインの新しい出品を見たいといい続ける怜に付き合うのも、落札のためにパソコンに張り付くのも、この日限りにしておきたいという気持ちもありました。
結果、2700円で落札できたのですが、送料が結構高くて、総額3860円かかってしまいました。

翌日、怜の喜んだことと言ったら!!
もう、その日から今度は「あ~、バトリオ楽しみ、早く来ないかなぁ~♪」ばかり言うようになりました。
それから「ママ大好き」とか。元々そういう風に言う子ではあったけれど、毎日何度も言われます。
バトリオコインを買ってくれたからだと言います。
そんなにバトリオって心に響くのかと驚くばかりです。

もし送られてこなかったら?というような心配もします。
「大丈夫、ママちゃんとお金払ったし、それに対して物を渡さなかったら警察が捕まえて牢屋に入れちゃうから」
「入れちゃうだけ??バトリオコインは?」
「現物がちゃんと出品者の手元にあるのであれば、警察に捕まったとしても怜のところに送られてくるから大丈夫」
そこまで言わないと安心しないって・・・よほど心配なのでしょうか!?

それからいつ来るのかと言い続けるので、クリスマスの頃には来るんじゃないかなぁと言ってます。
サンタさんへのお願いは、今回はポケモンのゼクロムのカードセットなのですが、それにポケモンのお菓子が入っていたブリキ缶を付けて、中にクラッカーも一セット同封しているものです。カードよりも断然バトリオが良いらしいので、サンタさんも立場ないですねf^^;

こうして、部屋の中と押入れの中と、随分と荷物がすっきりとしたような気がするのですが、それでもまだまだ物が多いなと思っています。
考えてみれば今大掃除の季節でもあるし、ヤフオクの出品がんばって、持ち物を減らしたいです。
関連記事

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

コメントの投稿

非公開コメント

AD
ようこそ!にゃんぺいのきまま館へ
AD
プロフィール

にゃんぺいちゃん 

Author:にゃんぺいちゃん 
2009年8月20日開設しました。
専業主婦9年目、男児2人の母です。家族4人とも喘息アトピーのアレルギー体質ですが、食事を中心に気をつける事で、症状がでにくい状態を保っています。ブログは、日々の子どもたちの成長の記録などを通して、母が何を考えて生きて来たのかを遺し、たとえわたしがこの世から居なくなったとしても子どもたちが読み返してみて、どんなことを母が考えて子どもたちに接して来たのかを分かってもらえたらと思って書き始めました。
趣味:読書・オークション売買・子育てのこと・アトピーのこと・お金のこと、漬物作り(梅干し、味噌、玄米づけたくあん、ニシンづけ、ガリなど)、その他生活そのものを味わっています。今は子どもとの関わりがとても楽しくて、けれども掃除がアレルゲン除去に大変有効と気づいて夜中も出来る時には掃除しているため、時間が取れないので以前よりブログにかける時間がありませんでしたが、この春次男が幼稚園に入りましたので少し書けそうです。
子どもたちのためにも、素敵な未来を創造していきたいです。
アレルギー関連の記事は、過去には良かったと思ってやっていたことがダメになったということがよくありますので、時系列に気をつけて読んでみてください。過去のことを訂正しておりません・・・。
たまに更新するので、遊びに来てください♪気ままに、色々なことを書いて行きます。

カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム