無料☆アトピー治療の知恵  ~ わたしが見逃していたアトピーの原因

こちらのブログで過去に色々とアトピー治療に関して試みてきたことを書いてきましたが、最近、わたしのアトピーの大きな原因が判りました!

それはなんと化学繊維だったのです。
特にはっきりと不適合と判ったのは、わたしの場合、ポリエチレンとナイロンです。
ポリエチレンは、ラップの主原料でもあります。大分類で言うと、いわゆる「プラスチック」というものになります。
ナイロンは、洋服や下着などにも使われたりもしています。
どちらも、本当にさまざまなものに使われていて、生活から全てを取り除くのは不可能と思われるほどです。

わたしの場合、なぜそういったものが合わないと判ったかと言うと、主に手のアトピーがひどいために洗い物、洗濯物、それから料理、掃除といった家事全般を行う際に、いつもゴム手袋をして、その内履きとして、ポリエチレン手袋をしていました。
アトピーの人は合成繊維の衣料を避けるようにと言われているのは何度か聞いたことがありますが、かさかさとしてこすれ易い程度としか考えていなかったので、ノーマークでした。
綿手を内履きに使用していた時期もあります。けれども、洗剤のすすぎ残しがどうしても微量は含まれると考えて、使い捨てでポリ手袋にしていました。

最近、これまで手の指先ばかりがアトピーの症状を表していたのですが、それがずんずん進行してきて、手の甲全てを覆うまでになってしまいました。
それを見た母が、「食事なんかを気をつけているくせに、これなんかモロに合成のものじゃない」と、ポリ手袋のことを指摘しました。
合成と言っても、まさかそんなに悪影響があるなんて思わなかったのですが、もしかしてと考えて、止めて、再び綿手袋を内履きに使うようにしました。
すると、これまでの進行が一旦止まったのです。
そればかりではなく、最近、これまで出たことが無い、脚に虫刺されのようなものが出なくなり、一気に引いていきました。てっきり布団にダニでも居るのかと、タダでさえ洗濯狂なのが加速していたこの頃でした。
オマケに、顔の肌全体が、日に日に芯から元気になっていくのがハッキリと分かりました!
それから、体全体の肌も、以前よりずっと張りがあります。
全体的に、マイナス7歳肌という感じです!!
どれほど体に負担だったのかと驚きです。

それにしても、なぜ最近急激に悪化していたのかと考えてみると、ママ友でアトピーっ子を持つ方がいるのですが、その方に豊富温泉という北海道のアトピーに効くという名湯の石鹸を紹介してもらい、買って使っていました。初めて使った日には感激もので、これほど石鹸にアトピー改善の力があるのかと驚いたのですが、2日、3日と使い始めていくと、効果は感じなくなり、てっきり体に不足していたものをちょっと補えて、後は特に効果がなかったのかと思っていました。
しかし、今考えてみれば、悪化し始めたのはその頃からだったのです。
こちらの石鹸、思いっきり「石油系」なんです。普通は、アトピーには石油は厳禁なのですが、こちらの湯は石油を掘ろうとしていて偶然アトピーに効果のある温泉が湧いた、成分は石油系というお湯のものなんです。
で、手に残ったこの石鹸の成分と、ポリ手袋が同質だったので、反応して溶けて、手に染み込んだのではないかと思います。
豊富温泉の名誉のためにも言っておきますが、お友達の重度のアトピーのお子さんも改善しましたし、ネットでも好評な話ばかりです。わたしの場合、たまたま石油系に弱かった上に、体にこれまで蓄積していた量が限界値を超えてしまったのだと思います。症状が良くなったら、また使いはじめたいと思っています。
ポリエチレン手袋のような固形物の成分が、わたしの肌に悪影響を及ぼしていたなんて、ほんとうに驚きました。
現在、ポリ手袋を止めて2週間程度ですが、違いをはっきり感じます。

そこで、次にわたしが気が付いたのは、唇がまたひどいアトピーで荒れているのですが、これってもしかして歯ブラシのせいではないかと思いました。
歯ブラシの毛は、ナイロンです。
どの歯ブラシを見ても、大抵ナイロンです。
ただ、イオン、サツドラ、ツルハなどではやっとのこと豚毛の歯ブラシを見つけたので、1本買ってみました。
だけどブラシの毛の部分がやたらとデカイんです。もう、今まで使っていた普通の歯ブラシの3倍はあるのではないかと思うほどです。
初めて使った日には、豚のにおいがプンプンするし、最悪だぁ~と思ったけれど、効果は翌日には分かりました。
毛だけは天然ものだけど、柄はプラ系なので、こればかりはどうにもならないと思いながらも、それでも唇の荒れが改善しました。特に上唇がです。
コップも、プラ系なので即日止めてガラスのものにしました。
昔から歯磨き用のコップはプラ系のものを置きっぱなしで使っていたので、ガラスのものを洗面台に置くことには少々抵抗がありましたが、見た目的にもすぐに好きになれました。
歯磨きのし過ぎで、歯茎が弱くなったとか後退したという話を聞いたことがありますが、もしかしてこれってナイロンがいけないのかもしれませんね。

けれども、下唇があまりよくならないんです。
これはなぜかと考えてみると、お椀がウレタン樹脂塗りの素材です。
味噌汁を飲むときにどうしても口を当ててしまいます。
これがいけないのではないかと思い、漆塗りの木のものに買い替えました。
明日から使い始めます。
水筒も買いました。
わたしは普段ペットボトルを買ったりしないのですが、空いた容器を洗ってお出かけ時に水やお茶を入れて持って出かけていました。
水筒は重いからイヤだし、ペットボトルだと、500ml以外に、350、それからとても小さいもので250mlなんてサイズもあって、目的別&外出期間次第で自由に大きさを選べるのが良くて、別にケチっている訳ではなかったのですが、もうコワくて使えません。
本当は、お玉やフライ返しなんかの柄の部分がナイロン製なものも、ステンレス製かシリコン製にかえたかったのですが、イオンにはありませんでした。今度、アウトレットモールレラに、確かこういった道具の専門店があったので、そこへ行ってみます。
100円ショップなんかにも案外木の柄のお玉など、ナチュラルなものがあるのですが、見た目的にすぐに壊れそうだし、お玉の容量が少ない感じがして、安物買いの銭失いになってしまいそうなので止めておきます。

歯ブラシも、せっかく天然毛のものを使っているのに、なかなか唇が治りきりません。
これってもしや柄の部分も駄目なのかと思いまたまたネットを検索してみると、現在日本でたった一種類だけ、生分解できる安全な成分で柄が出来ていて、毛も天然というものを購入しなおしてみました。
生分解してしまうので、使用期限のある歯ブラシです。
これがいよいよ駄目だったら、アフリカの方などで使われている歯ブラシの木をネットで購入していみようと思います。
現地ではいまだに製品となっている歯ブラシを使っている人は少なく、もっぱら歯ブラシの木がもてはやされているようです。大量の束で20円程度で入手できるような代物らしいのですが、日本でネットで販売されているものを購入するとなると、1本600円以上します。

わたしって、とことん石油製品アレルギーのようです。トホホ・・・。
いわゆる大枠で言う「プラスチック」というものが駄目なので、「プラスチックアレルギー」とでも言うのかと思い、ネットで検索をかけてみると・・・結構出てきました。
プラスチックアレルギーなんていう言い方は無くて、せいぜい化学物質過敏症とでもいうのだろうくらいに思っていたのですが。
その中でも怪しいのが、歯の詰め物による「レジンアレルギー」というプラスチックアレルギーもあるということで、症状はまさにアトピー性皮膚炎ににているのだとか!
いやだ、わたしの歯に確かこれ一箇所だけ使っているはずです。
相談して、除去できればしてしまいたいです><
プラスチックアレルギーって、結構多いみたいですね。
だけど化学物質過敏症だと、ウィキペディア辺りにも掲載されているけれど、プラスチックアレルギーという項目はありませんでした。
化学物質過敏症に関しても、本人の気のせいである、みたいな書き方で、なんとも理解がないという感じを受けるのですが、それほどはっきりと判っていないという分野なのでしょう。
何はともあれ、実際にわたしがそうなのだから、原因が判れば色々と対処しやすいものです。

早速洋服は、押入れに入っている夏服も含めて全て選別し、処分しました。
3分の1に減ってしまいました。
洋服って、なかなか綿100%とか、絹(これもアレルギーがある方は居るようです)とか麻とかの天然素材のみで出来ているものって少ないんですよね。
思い切って処分してしまうと、タンスの中も、これまでキチキチだったのがまだ収納余裕があるし、押入れケースは2個必要だったのが、1個で間に合うようになってしまいました。
それでも、プラ系素材が混ざっていても何かのときに必要になりそうな洋服や冠婚葬祭用の服、それからはおり物系で直接皮膚に触れる部分が少なく気に入っている洋服は残しました。
困ったのは、ブラジャー、ショーツです。
ショーツはまだ綿100%のものがあるのでマシなのですが、それでもブラと上下セットではなかなかそろえることが難しくなりました。
ブラは、綿100%のものをさがすこと自体が非常に困難でした。なのでシルク100%のものも視野に入れて探したのですが、もっと難しいようでした。
あったとしても、綿100%=子供向け、シルク100%=おばちゃん向け、という感じです。
もう可愛い感じのブラとは縁がないのかぁ;;と、泣けてきました。
4箇所ほどお店を回ってかろうじて2組の綿100%のブラ&ショーツを見つけることが出来たので良かったです。だけど上下をそろえようと思うとショーツがMサイズがなくてLサイズしかなかったのですが、仕方ない、Lを買ってみたら、やはり履き心地が悪いんですよね~;;
トホホォ・・・とりあえずでまずは我慢します。
だって、綿100%のショーツだけ少し多めにと思って買ってみたら、着用したときにやたらゴム部分がかゆくてどうしたものかと思ってタグをもう一度確認したら「レース部ナイロン」って書いてあるんです。そんなにナイロンだめなのかと驚きましたよ。
たまにえらく痒くなる下着があったのですが、おそらくナイロンが入っていたのでしょうね。
ストッキングなんて殆どナイロンだから、ほぼ処分です。だけど、卒園式なんかで必要になるかもしれないので、少しとっておいてはいますが、できれば履きたくない・・・!!
そうそう、靴下も、綿100%のを探すのって、結構大変。
しかもあっても地味で可愛いのなんて一つもないんです;;

息子の洋服も、同じく選別していきました。
捨てるもの、それから人にあげるものに分けました。
お下がりをたくさん頂いていたので、この際使うものを厳選することが出来て良かったです。
頂いたお下がりに限って、綿100%のものが多かったです。
息子の冬用のズボンに関しては、殆ど混ざり物しかないので、綿100%の下着をはかせることで、今後対応していこうと思います。
人にあげるものは、洗濯行きです。
人にあげるといっても、自分が良くないと思っているものをあげることになるので、なんだかしのびないですが、事情を説明してそれでも欲しいという方に譲ろうと思います。こうすることによって、化学繊維の危険性を伝えることも出来てよいのではないかと思います。

最近は、こういった関係で一日に2~3回は洗濯物をする羽目になっています。
普通に洗濯物のモードを設定するだけではなく、通常できるすすぎ回数の3回が終わってから脱水せずに更に3回のすすぎを追加しているので、時間がとてもかかり、一日中洗濯機が動いている感じです。手洗いしてから洗濯機に投入するものも多いので、半端じゃないです。
ここまで洗濯ばかりな日々が続くと、さすがに洗濯好きのわたしでも、ちょっといやになります。

気になると、どんどんいろんなことが気になるたちなので、エコバッグも変えないといけないと考えています。
このツルツルの素材のバッグが結構好きだったのになぁ・・・。軽くてカバンに入れるのにピッタリだし。
手の部分にだけ布を巻いて対応しようかとも考えています。

エコバッグどころか、現在使っているのもレスポートサックのバッグで、思いっきりナイロン100%なんですよね。使いやすいだけに、前回まで使っていた布バッグに戻るのをためらってしまいます。肌に直接触れることが少ないからと、後回しにしておきます。
だけど、このバッグを使う直前に使用していた、綿製のカバンを押入れから引っ張り出そうかと思いました。
子連れだとなおさらそうなのですが、バッグに触れる機会ってものすごく多いんですよね。
いよいよとなれば、大分自分の使いやすい形のカバンって、自分なりに考え尽くしてきたのでこれを機会に作ってみてもいいかと考え始めています。
エプロンなんかも、ポリエステルの生地のものばかりが目立つんですよね。けれども殆ど着用している時間が長いので、これも自作してみたいと考えていたりします。
あ~あ、あまりミシン得意じゃないんだけどなぁ・・・。それでも、幼稚園に息子が入るのを機に、バッグなんかを作ってみたりしていたのが役にたつときがきたのかもしれません。
最近では、息子のズボンのすそ上げなんかも毎日のようにたくさんやっているし、縫い物にかける時間もそれほどたくさんはないし、ましてや息子のためというのであればやる気が起きるけれど、自分のものとなるとなかなかやる気になれないんですよね・・・><
これって、母親の宿命なのでしょうか!?

自宅のお水をそそぐ卓上サーバーも、プラ系素材です。
とりあえず取っ手部分にガーゼをまきつけてみました。

パソコンも、思いっきりプラ系です。
綿手もずっとはめていると、かゆくなってくるので、マウスを触るときにはガーゼを当ててみたりしています。
だけど・・・めんどうくさいよぉ!!

食品が包まれているプラ系包装紙も、ゴミ袋も、素手の時には摘み上げるようにしか触れないようにしています。

髪を梳かす櫛やブラシなんかも、こりゃ駄目だという素材ばかり。
近所のお店には天然素材で出来ているものは、せいぜい毛が豚毛だというものばかりで柄までが天然のものというものは、なかなか見つかりません。
ネットで調べてみると、つげという、将棋の駒なんかの素材としても使われる木を使った櫛があったので、昨日携帯用と普段用とを考えて2個発注しました。

こんな中ですが、昨日何ヶ月かぶりに美容室へ行ってきました。
わたしの担当は店長で高校生の息子さんを持つ方ですが、こういった一連の話をしてきました。
それから、わたしが散髪に石鹸を使っているということを知っているのですが、「まだ使っているの!?」と驚くので、
「とてもじゃないけれど、合成シャンプーを使う気には二度となれない」と言い、「シャンプー創っている会社の圧力で明るみに話が出ないけれど、子宮筋腫なんかは合成シャンプー止めれば治ると言われているほど、子宮に溜まりやすいんですよ」と言うと、
美容室業界では、子宮がやられてダウンしていく人が多いと言っていました。
やっぱりそうなのかぁと思って聞きましたが、店長はやはりこういう仕事柄、石鹸で頭は洗う気にはなれないと言います。
店長自身も息子さんも、アレルギー持ちだったりするんですけどね。

わたしがずっと縮毛矯正かけていたのですが、もうかけなくてもまっすぐだし、ストレートでこんなに伸ばしても気にならないほど手入れが楽になったのは石鹸を使い始めてからだという話もしました。
以前のわたしの髪は、うねりがひどくて、縮毛強制でもストレートパーマでもすぐに無駄になってしまうほどだったのですが、今は手入れがしやすいという話をすると、店長はうねりというのは毛根にダメージがあるためだと言っていました。
最近は、おばちゃんでもハゲてくる方がいるらしいですし、ハゲで悩んでいる人は多いかもしれませんが、下手な育毛剤を使うよりも、一度合成シャンプーを止めて石鹸で洗い酢でリンスすれば、良くなるのではないかと思います。しばらく軋む場合がありますが、合成洗剤を使っていたためです。そのうち軋まなくなります。
わたしも合成シャンプーを使い続けていたら将来ハゲ予備軍だったのではないかと思うと恐ろしいです。

今日は夫と息子と一緒に買い物に行き、夫も水筒を買ったのですが、帽子、手袋、雪かきズボンなんかも買ったけれど、どれも合成繊維のものばかり。
思わず「自分もアトピーひどいんだから、水筒だけ気をつけてみても駄目じゃない?帽子手袋みたいに直接肌に触れるものくらい気をつければいいのに」と言いましたが、「そうかもしれないねぇ」と流されてしまいました。あれっ、歯ブラシも豚毛は使わないというし、コップだってプラ系ものもを使っていて気にしていません。

夫は、こういった外出用の小物はすぐになくすのでいいものを買ってももったいないというところなんでしょうね。
だけどわたしは、息子の洋服類も選別し始めたし、歯ブラシもamazonにセットで馬毛のものがあったので購入してあげました。息子はフリース好きなのだけど、言われない限りはしまっておこうと隠しました。

いやぁ~、夫の洋服も早く選別したい・・・!!
関連記事

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

子どもがプラスチックアレルギーです。いろいろ検索してたらここにたどり着きました。プラスチックアレルギーはなかなか聞かないので、周りの理解が得られにくいのと、世の中に溢れすぎていて避けきれないのが辛いです。

子どもはまだ歯が生えていないのですが、もうすぐ生えてくると思います。いい歯ブラシはないかと考えていたところです。
いいのがあれば教えていただけると嬉しいです。

Re: タイトルなし

りーさま

こんにちは。
コメントをありがとうございます。
そうですね、誰もがプラスチックアレルギーと聞くと驚くと思います。
多くのお医者も、プラスチックは安全な物質との認識でした。

わたしもその関係でプラスチックの歯ブラシをなるべく避けています。
一時期は、完璧なものを求めていましたが、現在は柄の部分はプラスチックで、ブラシは天然毛のものを使っています。
以前使っていたのは、柄の部分が生分解される、竹のような素材だけれど質感がプラスチックという歯ブラシも、試しに使ってはみました。

<a href="http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/154fb998.f39cb3f0.154fb999.25016b1b/?pc=http%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Flswebshop%2Fkanayabrushchild&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Flswebshop%2Fi%2F10000872%2F&scid=af_item_txt&link_type=text&ut=eyJwYWdlIjoiaXRlbSIsInR5cGUiOiJ0ZXh0Iiwic2l6ZSI6IjMwMHgzMDAiLCJuYW0iOjEsIm5hbXAiOiJkb3duIiwiY29tIjoxLCJjb21wIjoiZG93biIsInByaWNlIjoxLCJib3IiOjEsImNvbCI6MCwidGFyIjoxfQ%3D%3D" target="_blank" style="word-wrap:break-word;" >馬毛歯ブラシ(3本入)こども用毛質:やややわらかめ</a>
この歯ブラシは、毛が天然のものとしては柔らかいので、子どもが気に入っています。
歯の生え始めにはピッタリです。

https://www.amazon.co.jp/%E6%A4%8D%E7%89%A9%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%81%AE%E7%AB%B9%E6%AD%AF%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B7%E5%AD%90%E4%BE%9B%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%BA%E7%AB%B9%E3%81%A8%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%81%A7%EF%BC%88%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AB%E6%AD%AF%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B7%EF%BC%89-Plant-based-Bamboo-Toothbrush-Brush/dp/B01GWH4TFQ/ref=sr_1_9?ie=UTF8&qid=1478042468&sr=8-9&keywords=%E7%AB%B9%E3%80%80%E6%AD%AF%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B7
こちらはアマゾンにある本当の天然素材にて作られている歯ブラシで、見かけるようになったのはつい最近で、我が家では使ったことはありません。うちでは同系統のFINEという竹成分が使われているという歯ブラシは使ったことがあります。プラ系がダメだと気がついた時に探した時にはまだFINEしかなく、しかも大人サイズしかなかった覚えがあります。うまくリンクができていないと思うので、コピーして別なウィンドウで検索してみてくださいね。



プラスチックのアレルギー=石油系化学物質過敏症

と考えていいです。
なので、ぜひとも気をつけていただきたいのは、部屋の空気中のプラスチック類の量です。

チェックポイントは、40〜60度程度のお湯をスポンジに当てて食器あらいをしていないか、洗濯物の予洗いをしていないか、食洗機を使う時にプラ製品を中に入れていないか(その仕切りやそもそもの庫内自体がプラではないか)、部屋の断熱材として発砲スチロールやポリエチレンマットなどを使っていないか、プラ系素材を部屋の中にそもそも置かないようにしているか、衣類は綿や毛100%のものか、です。

どれも少なければ少ないほどいいです。
そして、少なくなるに伴い、改善します。
わたしもひどい時は100円ショップと安い衣料品店には完全に立ち入れないほどでしたが、今は何度行っても、長時間居ても平気です。
最初は元気にお店に入れるようになったことが信じられないのと同時に、ここまで良くなったという、感動がありましたし、今では自信へと繋がっています。

それから、食品であれば合成の着色料のように、そもそも石油でできているものもありますし、スライスチーズのように熱い状態のものをセロファン紙に垂れ流して固めたようなものは特に注意して避けるようにするといいのではないかと、わたし個人的には考えています。それに、化学肥料は石油系の成分が含まれていたり、温室育ちのものは、そこで石油を燃やして成分がたっぷり吸収された野菜や果物だったりするので、おそらくそのためだと思うのですが、うちの長男は症状が重いときには食べられませんでした。

プラスチックのアレルギー、実は多いはずだけれど、気がつかないのです。
気がつくことができる親が、なかなかいないはずです。
わかりっこない。
なので、りーさまと、お子様はラッキーです。
お母さんがきちんと気がついて、対処しようとしてくれているからです。

本当は地球規模の大問題のはずです。
ただ、誰も本当は気が付きたくない。
知らないふりをしていたいのです。
だから、気がつく人が少ない。
自分たちの安全と信じている世界が崩れることが怖いから。

でも、本当は、気づくことで、子ども達の世界を少しでも良いものへとしようという気持ちを持っていくことが必要なはずです。

わたしたちにできることは、気づきとまず身近な子どもたちへの対処ではあるのですが、発信することで少なくとも世界が少しずつ変わるきっかけとなることもできるはずです。

ともに、これからも、ご自身のお子さんと、お子さんとともに生きて行くことになる子どもたちのために頑張りましょうね^^

またいつでもコメントお待ちしています。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: タイトルなし

返信が遅くなりましてすみません。
パソコンが壊れて、新しいものへ買い換えていましたf^^;
フッ素と香料、どのようにしてそのアレルギーとお分かりになったのでしょうか?
香料はやはり石油からできているものがありますよ。
フッ素は、予防接種のお話らへんでも書いたかもしれませんが、ナチスドイツが使っていた、人間を考えられない人にするための毒です。アレルギーを感じるからだのほうが、本来はよほど健全とみなして良いはずです。

土鍋は、実は現在使っていないのです。
土鍋でお米をたいているとこげができてしまいます。
土鍋のおかげでこげも、うちの長男の咳の大きな原因のひとつとわかりました。
土鍋をやめた現在でも、コンロに吹き零れたものを放っておいてこげとなると、コンロに火をつけたときにこげが加熱されて、空気中に長男の咳の原因となるものが放出されてしまうようなので、コンロのこげは注意深く取り除くようになりました。
もともと中古のコンロを使っていて、こげももともとついていたので気にしていなかったのですが、こげって食べたらよくないといいますものね、食べてはいけないものは、空気中に飛散してもよくないんですよね。

まさか、こげ自体が熱せられるだけで、そのこげの有害物質が空気中に舞ってしまうとはもともと思ったこともありませんでしたが、息子をみていて、こげは加熱で空気中に有害成分を飛ばすのだと確信しました。
いろんなものが咳の原因となっているということが、ここ数年でわかってきたのですが、こげも侮れないし、いろいろなものが、何気なくそこにあってはいけないものだということに、日々驚くばかりですごしています。

うちも次男は3歳と10ヶ月を過ぎていますが、やっと離乳を強行することとしまして、けれどもまだ完全ではないのです。
お風呂のときに、やむを得ずくっついてしまうのでf^^;
けれども久しぶりに授乳から夜中も開放されたという気持ちも大きくなっていまい、アルコールも飲んでしまいましたし、今まで我慢していた、避けていたお菓子も食べたりもしました。
授乳をせがまれて試してみて感想を聞いてみると、いつもと違った味がしてしょっぱめでおいしい、のだそうです。
そして、やっぱり、ほっぺがかさかさとなったり、体にぶつぶつと出たり、なんだか調子悪いところが出てきてしまいました。

母乳の大変さは、子どものためを思うほど、大変なものとなってしまう節はあるかもしれません。

それでも、長いような短い期間なので、楽しい部分をうんと楽しむようにして、お互い、乗り越えていきましょうね^^

Re: タイトルなし

りーさま

こんばんは。
オーリングテストをやっている病院があるとは驚きでした。
まだまだわたしの知らない世界は広く、広がっているのだと驚いたのと、きちんとそういう情報を集めて、実践しているりーさまの心意気にも感心いたしました。

オーリング、わたしは友達同士でやってみましたが、これをアレルギー発見に繋げられるという自信も確証もえられませんでした。
けれども、そういった病院があるのであれば、わたしも行ってみたいです。
もしよろしければ教えていただけませんか?
こちらは北海道なので、いつ行けるかわかりませんが、とても興味があります。

おこさんの症状も広く気になることがあって心配ですね。
小さいうちから気をつけていると、きっと良い体質になるのではないかと思います。
お互いがんばりましょうね♪

それではまた、ぜひコメントください^^

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: タイトルなし

りーさま

詳細に教えていただきまして、まことにありがとうございます。
きっちり手帳にメモしておきました。
まだいく当てもありませんが、京都方面へ行くことがとても楽しみとなりました。

わたしの場合、かなり自力でアレルギー要因を見つけているのですが、まだまだ足りないのです。
もっと不自由しない程度までよくなりたいのですが、毎日、まだまだアレルギーのためにかけている無駄な時間もかなり多いのです。

名古屋ですか、本日夫が名古屋より戻ってきました。
わたしは行ってみたいと思ったけれど機会を逃したことがありました。
いつか行ってみたいです。

それではまた、いつでもお便りくださいね。
AD
ようこそ!にゃんぺいのきまま館へ
AD
プロフィール

にゃんぺいちゃん 

Author:にゃんぺいちゃん 
2009年8月20日開設しました。
専業主婦9年目、男児2人の母です。家族4人とも喘息アトピーのアレルギー体質ですが、食事を中心に気をつける事で、症状がでにくい状態を保っています。ブログは、日々の子どもたちの成長の記録などを通して、母が何を考えて生きて来たのかを遺し、たとえわたしがこの世から居なくなったとしても子どもたちが読み返してみて、どんなことを母が考えて子どもたちに接して来たのかを分かってもらえたらと思って書き始めました。
趣味:読書・オークション売買・子育てのこと・アトピーのこと・お金のこと、漬物作り(梅干し、味噌、玄米づけたくあん、ニシンづけ、ガリなど)、その他生活そのものを味わっています。今は子どもとの関わりがとても楽しくて、けれども掃除がアレルゲン除去に大変有効と気づいて夜中も出来る時には掃除しているため、時間が取れないので以前よりブログにかける時間がありませんでしたが、この春次男が幼稚園に入りましたので少し書けそうです。
子どもたちのためにも、素敵な未来を創造していきたいです。
アレルギー関連の記事は、過去には良かったと思ってやっていたことがダメになったということがよくありますので、時系列に気をつけて読んでみてください。過去のことを訂正しておりません・・・。
たまに更新するので、遊びに来てください♪気ままに、色々なことを書いて行きます。

カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム