スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食べすぎで調子悪い 父の急性重症膵炎  11月26日

この日、母はまた実家へと自分で車を運転して仕事を終えてから、父の病室へ16時30分ころに行きました。

母が実家へ帰ると、裏の一軒家にまだ祖母が居座っていたそうです。
函館の叔父さんのところから、そそくさと勝手に帰ってきたのだから、そりゃずっと居座っているかと思います
。けれど、これも父母の心配事の種になっています。

母が父に、まだ居座っている話しをすると、修叔父さんが父の病室にお見舞いに来たときに父が話を聞いたところ、修叔父さんがすんでいるところは函館の中でも山の方で住宅街だそうで、近くに買い物する場所もないので、日中でかけるところも無く退屈で、お風呂は高さがあるので湯船に入るときは修おじさんの奥さんであるキヨ子叔母さんが抱っこして入れないと入れないそうです。
元々、買い物なんて自分では行かず、必ず父に車で送ってもらっていました。だから、何をいまさらという感じの話です。
施設で入れるところがあったということで、現在問い合わせ中だそうですが、母は簡単にすぐに入れてくれるところなんてないと言います。それに、仮に入ったとして祖母は「私は施設なんかに行かない!」とがんばっていた人だし、誰とも一緒に住みたくないからこうして今まで祖父が無くなったあともずっと一人で暮らしているし、修叔父さんのところへ行っても1週間も持たずに帰ってくる始末です。
現在、修叔父さんと鈴木みよちゃん(祖母の姉妹?)と相談中だそうで、母は任せておけばいいと思ってはいるけれど、父は自分の親なのでやはり冬が心配のようです。

実は、昨日の血液の状態が一気に良くなって快調だったのに、今日は一変不調だと言います。
流動食を増やした性で、15回も下痢をしていたと言います。
熱もその性か37度9まで上がりました。
先生も、また減らして様子をみるといっていたそうです。
ひどい下痢なので、当然いつもよりも更に軟便パッドの消費が激しいのですが、病院の売店へ行くと品切れで、現在土曜日のためにあさっての月曜に発注して木曜に入荷されるとのことでした。全部うちが買い占めていたみたいですが、その後入荷もしていなかったようです。普通の薬局に売っていないから、困りますね。
事情を看護婦さんに話すと、普通のドラッグストアに売っているタイプのものでもいいとのことだそうです。

夜は、安眠できたそうです。
相変わらず、窓際のお向かいさんは、ブツブツと、今度は詩の朗読をしていて、その激しさは夜になるとやはり増すそうですが、父も疲れがあったのか、それとも慣れたのでしょうか!?

脚は、もっと上にあがるようになったそうです。
二の腕は皮ばかりになってプルプルしていたと母は言います。
けれども腕の力もこの前よりはマシになっていて、上がるようになったみたいです。
字も、寝ながらなので書きにくいけれど、色々書いて記録しているようです。
流動食はレモン味とか、薬の回数なんかを書いていました。

点滴の袋の色が、透明オレンジだったそうですが、以前動注の治療から目覚めたばかりの頃、周りにいる人間の肌の色がこんな感じに見えていたと言います。それで、周囲に対して警戒し、不審に思ったようですが、薬か何かの性で、目が正常に見えなくなっていたようです。

今日は、看護婦さんが湯のみ茶碗を割ってしまったそうです。
安いものなので構わないけれど、今度はプラスチックのものにすると母は言っていました。

今年はこういう事情もあってお歳暮などは一切しないということから、わたしの夫の実家にも何も送らないように言って欲しいと、母に言われました。
母からも、今回失礼がありましたら申し訳ございませんと、手紙を送っておいたそうです。

この日母は自宅へ帰って、野菜なんかもご近所親戚に配り、時間がかかったようですが、神社(うちの親戚にあたります)にも挨拶へ行くと、父の入院に関してはやはりビックリしていたそうです。

わたしは母に、一般病棟に移ったときに父がパソコン使えるかどうか、看護婦さんに聞いておいて使えるなら実家から持ってきておいたら?と言うと、聞くまでもなく入院のしおりに書いてあって、1ヶ月1000円程度で持ち込んでネットもできるそうです。
今回は荷物となるので、30日に廃車などがあるのでまた実家へと来る際には弟も一緒にくるそうなので、そのときに持っていくといいました。
関連記事

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

AD
ようこそ!にゃんぺいのきまま館へ
AD
プロフィール

にゃんぺいちゃん 

Author:にゃんぺいちゃん 
2009年8月20日開設しました。
専業主婦9年目、男児2人の母です。家族4人とも喘息アトピーのアレルギー体質ですが、食事を中心に気をつける事で、症状がでにくい状態を保っています。ブログは、日々の子どもたちの成長の記録などを通して、母が何を考えて生きて来たのかを遺し、たとえわたしがこの世から居なくなったとしても子どもたちが読み返してみて、どんなことを母が考えて子どもたちに接して来たのかを分かってもらえたらと思って書き始めました。
趣味:読書・オークション売買・子育てのこと・アトピーのこと・お金のこと、漬物作り(梅干し、味噌、玄米づけたくあん、ニシンづけ、ガリなど)、その他生活そのものを味わっています。今は子どもとの関わりがとても楽しくて、けれども掃除がアレルゲン除去に大変有効と気づいて夜中も出来る時には掃除しているため、時間が取れないので以前よりブログにかける時間がありませんでしたが、この春次男が幼稚園に入りましたので少し書けそうです。
子どもたちのためにも、素敵な未来を創造していきたいです。
アレルギー関連の記事は、過去には良かったと思ってやっていたことがダメになったということがよくありますので、時系列に気をつけて読んでみてください。過去のことを訂正しておりません・・・。
たまに更新するので、遊びに来てください♪気ままに、色々なことを書いて行きます。

カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。