スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

確実に容態安定へ  11月21日

21日月曜日。
今日は、平日のために午後から病院へと向かいました。
これまで大抵駐車場と言えば、すんなり入れたのですが、ややしばらく待ちました。
大雪も降っていたので、皆、地下の駐車場を利用したいためということもあるのかもしれません。
うちも今日は荷物がそれほど多くも無かったのですが、3台待てば入れるということで待ちました。

ICUの病室へ行くと、父のいるガラス張りの4人部屋の配置が変わっていて、これまで入り口から入って左の手前だったのが、奥の左側になっていて、手前の場所はテレビも見れないけれど、奥は見ることができる場所です。
あまりテレビを見るわけでもないのですが、以前テレビカードもイヤホンも買ったことだし、退屈すぎて相変わらず時計がおかしい(時間がたつのが暇すぎて遅すぎるみたいです)というので、丁度よかったのではないかと思います。

今日は昨日に引き続き、アロエを右足の裏に貼りました。
昨日つけたのは、大きすぎて取れてしまったようです。
粘着テープを失敗して貼り付けたら、看護婦さんが後で付けておいてくれるといってくださいました。
今日の看護婦さんは、若い女性の方で、説明などはあまりしないほうでしたが親切な方でした。

今日の熱は、母とわたしが立会いの間にはかる時間が来ました。36.9です。
だいぶ下がってきています。
それでも途中で、暑いと布団から出て、熱が上がっているかもしれないと訴えるので、もう一度はかってみると、やはり同じでした。
痰は、昨日も気になりましたが、やはり今日も出るようです。
けれども、声はだいぶましにはなってきたような気もします。
昨日と比べて調子はどうかと聞くと、まぁまぁ、だといいます。
悪くはなっていないと言います。
岡先生に悪い液を搾り出される作業をされたのかと聞くと、今朝されたけれど、痛くなかったといっています。
最初の頃は本当にひどく痛むようで、辛くて仕方なかったようですが、今日は痛くないということで、だいぶ膿も出きった感じなのでしょうか。横にあるパックには液がたまってはいますけれども。

今日は持ってきたアロエを張る前に、足裏マッサージをしました。
足の裏を刺激することで、毒物を体の外に排出しやすくなるというので、アロエを塗って滑りやすくして、そのままマッサージしました。
やったことないので要領も分からないので、適当にやってみましたが、アロエがぬるぬるするので手が滑って2回ほど引っかいてしまいました。
あと、土踏まずでゴリゴリするところがあったのでたくさんやると痛かったようです。
寝てから初めての試みなので、あまりたくさんやり過ぎないように、4~5分程度にしておきました。

背中が痛いようで、途中横向きになったので、背中もマッサージしようかと聞くと、いらないと断るけれども、少しやっておきました。
なにせ加減が分からないので、軽めにしておきました。

右足の太ももら辺やふくらはぎがあかくかぶれた感じになっているので、アロエを塗ると、気持ち悪がっていたのでやめておきました。
炎症にも効くんですけどね、確かに気持ち悪いかもしれません。
いいんです、とにかく少しでも気休め程度にでもよくなるのであれば。

神社で健康祈願して、すっかり治って後遺症も残らないようにとお祈りしてきたお守りを、写真を飾っているところへ一緒に引っ掛けてきました。
それから、怜のビデオレターを見せました。
「じぃじ、怜は元気だから、じぃじが早く元気になってね」これだけですが、以前父がビデオメッセージを怜宛に撮影したときに、怜に早く風邪を治して元気になるんだよというようなことを言ってからというもの、毎度怜は「怜はいいから、じぃじが元気にならなくっちゃね」と言い続けているのです。
今回、やっとビデオの前でそのメッセージを伝えることができて、良かったです。
怜が最後に「バイバーイ」と手を振ると、画面に向けてですが、父もバイバイしていました。

便が、軟便なので、出したい感じがしてもなかなかでないと言います。
出したあとは、看護婦さんを呼ばなくていいのかと聞くと、しみこませてからでないと軟便だから呼べないと言います。毎回こうではかぶれるんじゃないかと心配だったので、看護婦さんにしみこませてから呼んだほうがいいのですかと聞くと、そんなことは無いらしくすぐ呼んでと言われました。
父としては、交換ともなるとわたしたちが帰ってしまうからと思って我慢していたのかもしれませんが、かぶれるほうがもっと心配です。

19日から毎日病室へと来ていますが、今回まだ岡先生とお話していないので、血液の状態などが分からないので父に聞いてみました。
父は「よくなってますね~、よくなってますね~と言う」と、それがどうしたという風に言いました。
それは良かった!と母と二人で喜んだのですが、父にしてみると、現在の血液検査など当てにならないなんて表散るのかもしれません。
どうなのかと思い、父に聞いてみました。
「どうだい、今でも血を培養したらスーパーサイヤ人が出てきそうかい?」「いいや、出てこない」
現実を取り戻したのか、調子がそこまで悪くなくなったということなのか、どちらにでも捉えられるけれど、以前は本気でスーパーサイヤ人が出てくるかもと信じていたので、良い答えです。

父には、先生と次回お話できたら、どの程度で一般病棟に移れるのか、目安だけでも聞いてみるねと言うと、「いいや、はっきり言わないから駄目だ」と言います。
これまでは恐らくまだ五分五分で生死の境目にいたものだからなんとも言えなかっただけだから、今聞けば少しは目安みたいなもの教えてくれると思うよ、と言いました。丁度CTもとることだし、先生からも説明しやすいとも思います。
まぁ、それでも退院までは、半年だとわたしが言っても母はもうちょっと早いんじゃないかというし、少し一般から見ても遅いのかもしれない。だから5ヶ月~7ヶ月と思っていればいいんじゃない?と言うと、黙ってうなずいていました。
母はその様子を見て、「長くかかるって覚悟しているんだろうか」なんていうので、以前わたしが半年で退院できると言ったときに「もっとかかるんじゃないか」と言ったということを話ました。
母は、店に「春まで休業」の貼紙をしたのにも関わらず、しかもわたしも大分前から半年だといっているのにも関わらず、いまだにもっと早く年末くらに帰ってくればなんて思っていたようです。

こんな調子なので、函館に半年いなきゃないんだということを改めて説明し、昨日はコープの買い物カードを作ったりもしました。
そういえば60歳以上は毎週木曜日5%オフなんですね。
しかも、カードを作ることで、エコバッグ、パン粉、片栗粉、ラップなんかがもらえました。
パン粉や片栗粉なんかは、函館の弟宅になくて、また24日頃お客様対応のために実家へ戻ったときにとってこようと言っていたところなので、丁度よかったです。

夕方、CTを取るが、時間などは決まっていなくて、そのときに先生とお話できるといいましたが、明日に先生とのお話の時間を取っていただくということで、後ほど面会時間の連絡待ちということになり、帰りました。

買える前に、4階の事務室へと寄り、どうせないだろうと思いながらも最後に父の車の鍵があるかどうか聞きました。それから、駐車場の駐輪の表示が11月3日までを予定していたものだから、そのままでずっと動かせずにいるということを伝え、取り計らっていただけるようお願いしておきました。


今日は、帰りの車の中で、お店の今後のことを話していました。
元気になって戻ってくるのが春だとして、すぐに店の仕事をなんでもできるわけでもないし、本人が店をやりたいなら今閉めてしまうわけにもいかない。そもそも、裏に住んでいる祖母の生活費を払うためにも店をあけていなければならないから、どうすればよいものかと言います。裏のことを考えなければ、店なんかさっさと閉めて、年金だけで悠々自適に暮らしていくんだけどと。

現在はどうしているのかと聞くと、「こんな状況なので、稼ぎもないし、当然裏に払うお金なんかないし、そのまま知らない顔しておく」と言います。払う気はないということです。
ちなみに祖母の家計簿の内訳をここで説明してしまうと、毎月5万円を生活費として父から渡していて、祖母はそれに自分の年金2万5千円を上乗せして使っています。家賃や、家にかかる税金類は全て父が払っているので、その中から支払う必要はありません。
7万5千円あれば、食費や電気、電話、ガス、水道、全部払っても十分やっていける学ではないかと思いますが、何に使ってしまうのでしょうか?いつも遠まわしにお金がないという話ばかりするので、うちの両親に嫌われています。
今月の給料(名義上何もしていないけれど役員ということなので)ということで母が渡しに行くと、「やぁ良かった、これで今日の食事を買いにいける」などと、いつもカツカツというアピールをしてくるのだとか。

91歳で、食事の支度も大変だし、母も何かと色々気を遣っておかずを持って行ったりもしていたけれども、祖母は何かと難癖をつけることが多いらしく、母はしょっちゅう怒っていました。そんならいっそ渡さなければいいのですが、それでも一応、落ち着く頃には渡して、また怒ってを繰り返してきましたが、最近いよいよ限界のようでしばらくおかずを持っていくことも無くなっていました。
ヘルパーさんに週1回のお弁当サービス1食250円が使えると言う説明を受けると、「そんなお金高くてとてもじゃないけど払えない!」と言ったそうです。調査と確認を兼ねて、後に電話でヘルパーさんが祖母の毎月のお金やら生活に必要なお金などを話すると、大抵のお年よりはもっと少ない額でやっている人もいるし、それだけもらっていて一食分が高いと言うのはどういうものかと言ったのだそうです。
1食250円なんて、自炊しても、ガス代やら何やら合わせると間に合わないくらいじゃないかと思ってしまいます。そんなに安くていいの?という金額なのに、どうしてこう不満を言いたがるか、よく分かりません。

こんな祖母なのですが、父が倒れて母は給料である5万を渡す気がないといいます。
どうなるんだろうね?
母は「渡したい気持ちはやまやまだけど、こういう状況で収入もないし、どうすることもできない。病院代も、おむつ代もかかるし、収入のない現状どうすることもできない」と言うといいます。
わたしはこう付け加えると言いと言いました「頼れる息子はこの人だけじゃないでしょ?他に2人いるのだから彼らに相談してみたら」と。
それから、母の話を聞いていると今後も払いたくない(当然と言えば当然)ようなので、他の2人の兄弟に25000円づつ支払いするようお願いすればいいのではないかと言いました。
けれども母は、土地をもらっているのだからと言ってくるに違いないと言います。
わたしはもしそういってきたら、現状どこからもお金をだせないから、土地を売ってしまってもいいかと聞けばいいと言いました。実際売れたら、そこからこれまで通り、5万円づつ支払えばいいのです。
で、家はどこかにアパート借りればいいのですから。

さんざん文句つけてばかりで、お金もせびってばかりで、年取ってこんな調子で嫌われて、息子にすらどうしようもないと思われて、なんだかこんな生き方は哀れです。
父も一度自分の母親である祖母に、お金が足りないって文句ばかり言って!と怒ったことがあるそうです。「いつ私がそんな風に文句いった!?」と逆切れしたそうですが、十分遠まわしにいつもいつも文句ばかり言っています。

もし、父が元気になって兄弟たちに祖母の面倒について渋ってきたときに一言言ってやりたい。嫌とは言わせない。うちの両親が店を閉めて別な土地で暮らすのであれば、あとはあなたたちが面倒見なさい。自分の親でしょう?金銭面だけでも、少しの援助も今までしてこなかったのだから、これまでやってきた人に引き続きそれを求めるのは筋が通らない。こうして現状できなくなっているのだから、後はよろしく。それとも自分の親なのに、残りわずかな人生の面倒すら見れないというのか?ということです。
たまに両親が旅行へ行けば、文句ばっかり。それから、車の売り上げ台数で行ける旅行には、自分が行かないと面白くなく、行ったとしても感謝の気持ちもないようです。

今日は実家の方面でも雪がすごいようで、いつものんきで雪が降ってからタイヤ交換をするお客様の一人がタイヤ交換をしそびれていることから、そんな話を聞きました。
祖母は、勝手に函館にいる父の弟宅から自宅へと戻ってしまったのですが、雪かきは誰もしないんですよ。それを分かった上で自宅へと戻ったのでしょうか?それから、給料もこのままでは期日になっても受け取れないんです。受け取れないときになってから慌ててなんとかなるものなのでしょうか?!
まったく、困ったものです。

関連記事

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

AD
ようこそ!にゃんぺいのきまま館へ
AD
プロフィール

にゃんぺいちゃん 

Author:にゃんぺいちゃん 
2009年8月20日開設しました。
専業主婦9年目、男児2人の母です。家族4人とも喘息アトピーのアレルギー体質ですが、食事を中心に気をつける事で、症状がでにくい状態を保っています。ブログは、日々の子どもたちの成長の記録などを通して、母が何を考えて生きて来たのかを遺し、たとえわたしがこの世から居なくなったとしても子どもたちが読み返してみて、どんなことを母が考えて子どもたちに接して来たのかを分かってもらえたらと思って書き始めました。
趣味:読書・オークション売買・子育てのこと・アトピーのこと・お金のこと、漬物作り(梅干し、味噌、玄米づけたくあん、ニシンづけ、ガリなど)、その他生活そのものを味わっています。今は子どもとの関わりがとても楽しくて、けれども掃除がアレルゲン除去に大変有効と気づいて夜中も出来る時には掃除しているため、時間が取れないので以前よりブログにかける時間がありませんでしたが、この春次男が幼稚園に入りましたので少し書けそうです。
子どもたちのためにも、素敵な未来を創造していきたいです。
アレルギー関連の記事は、過去には良かったと思ってやっていたことがダメになったということがよくありますので、時系列に気をつけて読んでみてください。過去のことを訂正しておりません・・・。
たまに更新するので、遊びに来てください♪気ままに、色々なことを書いて行きます。

カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。