スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ICU症候群  11月10日

父が急性重症膵炎でICUに入ってから、今日で9日目。
ICU症候群というものが出ています。
これは鎮静剤を打たれていた3日ころには既に医師に説明を受けていましたが、いよいよICU症候群の具体的な様相を知ることになります。

気がつけばたくさんの装置に繋がれて、生命の危機にさらされている事を知ると、不安になって、眠れなくなったり幻聴幻覚などが起こり、何が現実か夢なのかの区別がつかなくなってしまうことが症状の発端につながるようです。
この症状の発生率はICU患者の10~20%です。今回もまた低い確率のものを引いています。
そして、周りの人への敵意や不信感でいっぱいになってしまうのです。

今日は昨日おとといに引き続き、弟一人で面会しました。母は風邪のため会えません。
昨日真っ先に父が弟に言ったことは「得意の指芸やってみろ」だそうです。「ユビゲー!?わかんない、そんなの。」と答えたら、それでよかったのだそうです。父が言うには、くにゃくにゃ指が曲がる指芸(?)ができるのは韓国人で、もしそうだとしたら韓国人が化けの皮をかぶって弟に扮しているのだとか。本人確認のために妙なことを言ったのだと、翌日教えてくれたのだそうです。この頃の父の話には、中国人も悪者として出てきます。それほど敵対意識を持っているわけでもないとは思うのですが、あまり良いイメージも元々ないのでしょう。
「人の体をおもちゃにして!」と、かぼそい声で怒っていたようです。呼吸器がやっとはずれたばかりなので、喉元に耳を近づけないと聞こえないほどの声だそうです。まぁ、怒る元気があるということで良しとします。
他にも、「気をつけて!ひろくん(弟)は、お医者のスパイにさせようとされているから!!」
「南の島に行かないとこの病気治らないんだって。ねこたま(わたし)が一日一本しかない飛行機を手配してくれているんだって。」なんて言っているようです。これは、父が鎮静剤でうつらうつら反応していたときに、話したことが色々混ざっています。母は「元気になってインドネシアに旅行くんだよ」と言い、弟は今回函館への飛行機が一日一本しかなかったので千歳回りで名古屋から帰ってきました。そんな話もしたのかな?で、わたしが手配しているのはどうしてかな?大体たくさん話しかけてアレだコレだ言っていたのはわたしだからなのでしょうか??
それでも、今日になったら父の発言としては、お医者さんが一生懸命やってくれていると言っていたようで、少しはマシになったと弟はいっていました。
声も、昨日は喉元に耳近づけないと聞こえなかったのが、今日は座っていても声聞こえるようになったらしいです。けれども、白血球は依然高止まり、他の血液の数値も横ばいのようですし、足の付け根のほうに痛みが移動していったようです。
現在は膵臓自体は痛んではいないようです。
昨日、検査と言って注射器で吸い取ったのは、結果膿とかではなくただの水だったようです。
水は、たんぱく質の不足によって組織形成できなかったものが、水となってくずれてしまうのだそうです。たんぱく投与の加減が多すぎると肺に水が溜まってやっかいなことになるし、少なすぎると固形を保てなくなった組織が水になるしで、加減が難しいようです。
それでも、昨日よりはたくさん話できるようになったし、ICU症候群の感じもマシになったし、見ている限りでは良くなっているように見えるんだけどねぇと、弟はつぶやきます。

母のほうは風邪がひどくはなっていないというのですが、まったくひどい声になってしまったのは、電話の傍で話している声から伺えました。残念ながら、当然、面会はできません。

わたしも風邪がひどくなってきたので、明日函館へ行ったとしても、面会できないかと思います。
夫も風邪っぽいし、息子は幼いので面会できないし・・・けれどもわたしの母を励ますのには一番役にたつかもしれません。

弟宅へ行くので、電話口で「みんなして風邪うつす気だ!」なんて言ってます。
あれっ!?これってICU症候群では、なんてわたしはブラックなユーモア的な発言をしちゃいました。

わたしは本日、明日に向けての荷造りをしていました。
幼稚園から帰った怜は、そのまま幼稚園のお友達とお外で遊んでいました。わたしは自宅で作業です。
最近、状況を分かっていてくれているのか、わたしがあまり構わなくても、ずっと傍にいてとか、遊んでとかあまり言わなくて、帰宅後はテレビを見たがったりもします。これまでテレビなどはほとんど見せず、大抵遊び相手をしていたりしたのに、すっかりテレビっ子になってしまいそうです。
先日、お店の対応などで、全員忙しかったときは、わたしの母に「怜、さびしい」と言いながら、一人でテレビを見ていたそうです。けれども、どうにも手が離せないことだらけで。大丈夫かなと思いつつ、心配なので、この現状を幼稚園の先生にも伝えて、怜に何か変わったことがあれば教えてもらいたいと伝えました。
前に大好きなおにいちゃんが遠くへ行ってしまうときに、箸や下敷きなどをカミカミして歯型だらけのボロボロにしてしまったりと、また今回も何か症状が出てくるのではないかと心配しています。
それでも、寝る前には絵本を読んだり、可愛いと思いっきりかわいがったりは、普段通りしています。

荷造りには、枕や布団、それから父がアロエを貼るテープにかぶれてしまったというので、腹巻のようなものでとめればいいのではないかと思いマジックテープ式に改造しようと、3件ほど周って2枚用意してみました。
用意したはいいけれど、アロエ嫌がっている上にICU症候群も加わっているので、不審に思われても嫌だなぁという気持ちが先立って、なかなか作成にとりかかれません。

それから、わたしのネットのお店であるヤフオクとamazonのほうを見てみると、こういうときに限ってなぜかたくさん売れていったりするんですよね。ここ1年、さんざん売れなかった在庫が3点売れました。総売り上げにして70300円、1点65000円の高価な不良在庫が売れたので非常に助かりました。amazonでも本が1点売れました。amazonの方は店じまいしましたが、ヤフオクの方はあまり売れるようなものを現在出品していないので放置しておくことにしました。
前回、危篤と聞いて、amazonを閉店する暇も無く出かけたときには、2件も売れてしまい、だいぶ待たせてしまったので今回は早々と閉店です。
売れるのは嬉しいことだけど、なぜなんでしょう、この時期に売れるのは。

さて、明日は5時間ほどかけて函館に行かないとないです。準備します。
関連記事

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

AD
ようこそ!にゃんぺいのきまま館へ
AD
プロフィール

にゃんぺいちゃん 

Author:にゃんぺいちゃん 
2009年8月20日開設しました。
専業主婦9年目、男児2人の母です。家族4人とも喘息アトピーのアレルギー体質ですが、食事を中心に気をつける事で、症状がでにくい状態を保っています。ブログは、日々の子どもたちの成長の記録などを通して、母が何を考えて生きて来たのかを遺し、たとえわたしがこの世から居なくなったとしても子どもたちが読み返してみて、どんなことを母が考えて子どもたちに接して来たのかを分かってもらえたらと思って書き始めました。
趣味:読書・オークション売買・子育てのこと・アトピーのこと・お金のこと、漬物作り(梅干し、味噌、玄米づけたくあん、ニシンづけ、ガリなど)、その他生活そのものを味わっています。今は子どもとの関わりがとても楽しくて、けれども掃除がアレルゲン除去に大変有効と気づいて夜中も出来る時には掃除しているため、時間が取れないので以前よりブログにかける時間がありませんでしたが、この春次男が幼稚園に入りましたので少し書けそうです。
子どもたちのためにも、素敵な未来を創造していきたいです。
アレルギー関連の記事は、過去には良かったと思ってやっていたことがダメになったということがよくありますので、時系列に気をつけて読んでみてください。過去のことを訂正しておりません・・・。
たまに更新するので、遊びに来てください♪気ままに、色々なことを書いて行きます。

カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。