少子化って、問題ですか?

相変わらず少子化に対する問題が叫ばれている今日この頃。
今更ながら本当に、少子化って問題なのかって、思います。

そこで考えてみました。
子どもが増えることのメリット、そして少ないことのデメリットを。

日本の若者の人口が減ると、今の年金制度が支えられないといいますが、そもそも巨額の浪費をした官公庁がいけないんですよね。だって、収めるものは収めてきたのに、それを勝手に箱物に変えてしまって、採算合わない額で売却していたりもするし。少子化が問題だから年金が払えないと、論点のすり替えをしているようにしか思えないんです。

税収が少なくなるから、これまた問題だと言ったりしますが、人間が少なくなれば当然使う税金も少なくて済むはずです。特別会計に実は結構な闇があったりするのですが、ここに手をつけようとした政治家はすぐに足元調べられて政界から排除されます。

子どもが少なくなると、将来その子たちが会社に就職しようとしたときに、就職先にあふれなくていいのではないかと思うんですがね。えっ、人手不足になる?いやいや、技術が進歩しているので、だんだん何をするにも人手がいらなくなってきているのが現状でしょう?優秀な人材がいなくて頭を悩ませるのは企業の常だけれど、人数が多ければたくさん優秀な人材がいるかといえばそうとも限らないわけです。

そして、こんな小さな島国に、莫大な人口が住んでいるんです。そもそもこれが不自然ですよね。
住みやすいから人が多く住んでいるのはひとつの事実なのですが、もう少し少ないほうが自然な気がします。

ざっと、国家単位で考えてみると、少子化対策が叫ばれているが、政治的な腐敗を隠すためのひとつの手段にしか感じないのはわたしだけなのでしょうか?

家庭単位ではどうでしょう?
子どもがたくさんいる家庭=幸せ、という単純な図式が目に浮かぶ方も多いのではないかと思います。
子どもに兄弟がいるということは、その子にとって、宝だと思うんです。たとえそれが割と粗暴な兄弟だったとしてもです。なぜかというと、兄弟がいることによって、刺激があって、磨かれるからです。大人になってからろくでもない兄弟のために苦労する場合もあるかもしれませんし、逆にお互い助け合える関係になれるかもしれませんが、特別な関係であることには間違いないです。
で、子だくさんの家庭は、割とお金の遣り繰りに汲々としている場合があります。所得が高ければそれほど問題でもないけれど、低くても子どもがたくさんいるということは、子どもがいることの幸せに重きを置いていて毎日の生活をそれこそ「生活すること」に楽しさの照準を合わせる事ができる両親なのかと思います。逆に子だくさんなのにこれができない両親である場合は、無計画に親の勝手で子どもを産み続けたという感じなのでしょうか。
昔であれば、子は労働力として産み育てられました。
現在でもそのような考えは、全くないとはいえないです。
老後に子どもに世話をしてもらうことを期待して子どもを産む親もいるでしょうし。

環境的に、子どもを産み育てにくくなったとも現代は言われています。
そうだと思う部分と、そうとも言い切れない部分があります。
子どもの将来が不安なので子どもを産めないという部分は、確かにあると思います。政府的な解釈では、金銭的な支援をしようとしていたり、子育てサポート関連の行政サービスがあるのも、そのためかと思います。
わたしもこの子が大きくなって果たして幸せに暮らしていけるようになるためには、どうしたらいいものか日々考えています。これから学校へ行くようになったときにお友達とうまくやっていけるかどうかも気になります。幼稚園から帰宅後も、ほぼ毎日お友達と遊ぶようにしているし、ケンカにはなるべく口出しをせず、その場+後でどうすればよかったかを考えさせることを日課としています。
我慢できること、相手に言葉で上手に伝えられることは、まだまだ足りないと思っているので、努めて機会をみつけては訓練するようにしています。その際、わたしからはどんな答えであっても否定したり答えを出したりしないようにしています。
結局、自分で自律した能力を身につけることが、幸せの近道かとは思っています。
幼稚園では「縦割り」と言って、同じクラスに年少~年長までいろんな子たちが一緒に過ごすようになっていて、時に学齢別の活動が入っていたりもするので、兄弟がいない子にとっては擬似兄弟を体験できて良いと思っています。
しかし、漠然とした不安って、やっぱりあるものなのだと思います。
わたし自身子育ても初のことだし、それに、どうすれば「正解」という図式も無いわけです。また、個性ある人間の相手を毎日しているわけで、どうにもならない人間性をも持ち合わせている親の影響も多大にあるわけですからね。
昔、働き手として子どもを産んでいた時代とは変わって、子どもにかける時間は取ろうと思えば取れるようにもなりました。親の選択次第では、放置されていた昔の子育てとは違った子育てをできるわけです。

けれども、そんなあれこれにとらわれずに、子どもがいること自体に幸せを感じられて、子だくさんな家庭であれば本当に幸せなのではないかと思います。

果たして少子化の問題とすることが、本当の問題なのでしょうか?
関連記事

テーマ : ちょっと気になる事
ジャンル : その他

コメントの投稿

非公開コメント

AD
ようこそ!にゃんぺいのきまま館へ
AD
プロフィール

にゃんぺいちゃん 

Author:にゃんぺいちゃん 
2009年8月20日開設しました。
専業主婦9年目、男児2人の母です。家族4人とも喘息アトピーのアレルギー体質ですが、食事を中心に気をつける事で、症状がでにくい状態を保っています。ブログは、日々の子どもたちの成長の記録などを通して、母が何を考えて生きて来たのかを遺し、たとえわたしがこの世から居なくなったとしても子どもたちが読み返してみて、どんなことを母が考えて子どもたちに接して来たのかを分かってもらえたらと思って書き始めました。
趣味:読書・オークション売買・子育てのこと・アトピーのこと・お金のこと、漬物作り(梅干し、味噌、玄米づけたくあん、ニシンづけ、ガリなど)、その他生活そのものを味わっています。今は子どもとの関わりがとても楽しくて、けれども掃除がアレルゲン除去に大変有効と気づいて夜中も出来る時には掃除しているため、時間が取れないので以前よりブログにかける時間がありませんでしたが、この春次男が幼稚園に入りましたので少し書けそうです。
子どもたちのためにも、素敵な未来を創造していきたいです。
アレルギー関連の記事は、過去には良かったと思ってやっていたことがダメになったということがよくありますので、時系列に気をつけて読んでみてください。過去のことを訂正しておりません・・・。
たまに更新するので、遊びに来てください♪気ままに、色々なことを書いて行きます。

カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム