カードケースの作り方♪

ここで紹介するカードケースは、子どもたちがよく持っているポケモンカードや、仮面ライダーのガンバライドカードなどを収納する、大容量のカードケースの簡単手作りです♪
画像で紹介するうちの、わたしが考えたカードケースの作り方を、簡単に説明します(後半に登場する形です)。

これを作ったいきさつからお話します。

実はうちの息子が通う幼稚園では、お母さんが手作りしたものを販売するバザーがあるのですが(5回ほど幼稚園に集まって作成します)、そのバザーの手作り会の作品の一つに、牛乳パックで作ったカードケースがありました。
↓これです。

CIMG7253.jpgCIMG7254.jpg

わたしも買おうかどうか、悩んだ末に買っておきました。
自分で手作りすればいいじゃないかと思ったので、悩んだんです。
だけど、柄も息子怜が好きそうだったし、ひとつ参考までにと思っての購入です。不要な箱を使ってのケース作りは幼い頃から大の得意分野だったので、あまり人の真似をするのも面白いものには思えませんでしたが、参考にするものがあればもし作りたいと思ったときに簡単に作れると思ったからでしたし、得意分野だからと言って自分の手作りにこだわる必要もないと思ったからです。

後日、そのカードケースが話題になりました。
購入したお母さんたちは、やはり息子がカード好きだからという理由で、「これ買ってよかったわ~♪」と。
一方、購入しなかったお母さんも何人かいて、「いやぁ~カード好きだから買っておけばよかったと思って。失敗した!」というんです。
そうだよね、カード好きなのに残念なことになってしまったよね。
それじゃあかわいそうなので、せっかくの機会だから作ってあげるね♪ということで、同じカードケースを製作してみました。

これが作ってみると、見せ掛けよりも案外難しかったのです。
昔からティッシュの箱から親も感心するようなカセットテープケースなどいろんな箱を工作していたのですが、なるべく箱を切らずに作ることが好きなのに、どうもこのカードケースはわたしの中で許せる数の切り込み以上の工作を必要とするのです。
やれやれ・・・という具合にやっと出来たのですが、どうも不完全燃焼。
お友達の子の名前も入れておきました。
うちの怜の分もと思ってみたものの、これと同じタイプであればカードの容量は少ないし、たくさんカード持っているから、せっかくだから全部収納できるくらいのものを作りたいと考えました。

まずは箱探しからです。
案外、簡単にいい箱が見つかりました。
豆乳1Lが入っているパックです。
我が家では健康上の観点から牛乳ではなく豆乳を常飲しているので、割とありふれた素材ですが、豆乳を飲まないお宅ではジュースのパックでも同じサイズのものがありますよ。
せっかくなのでここで豆乳のPRをしておくと、豆乳は臭くて飲めないという意見をたくさん聞いたことがありますし、わたしもそう思っていたのですが、砂糖などが添加されていない国産大豆無調整豆乳を一度飲んでみてください。これ、本当に癖がなくて、牛乳よりも飲みやすかったりします!!いや、牛乳にとっても良く似た感じなんです。で、シチューやホットケーキ作りなど牛乳を必要とする料理には全て豆乳で代用が可能です。
なぜ我が家は牛乳を使わないかと言うと、牛乳って、世間で一般的に言われているほど、体に良くないからです。割と食品の良し悪しに関しては、意見が分かれるものが多いのですが、牛乳もその典型で、自然食の本には牛乳は良くないと出ています。
こんなことを言っては酪農家の方や、牛乳メーカー(わたしは以前雪印関連の会社に勤めてもいました)に怒られてしまうのですがね(ゴメンなさいっ!!)。実際、酪農のお友達の家の手伝いをしたことがあって、飼料を牛に与えたときに「これ、酪農家も一般的に知らないであげていたりするのだけど、実は牛乳がいっぱい出るようにするためのホルモン剤が混ざっていたりするんだよ」なんて話も聞きました。
それから、マネキン(スーパーの試食販売員)のアルバイトも学生の頃によくしていましたが、そのとき牛乳の試飲販売もあって、牛乳について勉強したとき、牛乳の取りすぎはかえってカルシウムの定着をさまたげるということも学習しました。マネキンって、販売するからにはその商品に関する勉強を、割とたくさんしているんです。で、カルシウムの定着を妨げるのはなしは、やはり自然食関連の書籍にもたくさん取りざたされる話なんです。じゃあ、カルシウムは何から摂ればいいの?という話になるのですが、植物からのほうが定着がよかったりするのです。うちの祖母は牛乳嫌いですが95才近くても衰えを知らずにピンピンしています。

というわけで、他にも理由は色々あるのですが牛乳の話はこの辺にしておいて、豆乳のパックを利用すると、そもそもカードにピッタリなサイズのために、ほとんど切らずに簡単にカードケースができるのです!!しかも、内装が銀色なので、箱の中もきれいにみえるのがいいです♪

周りに貼った布には、フリーマーケットで50円で購入した「仮面ライダーブレイド」の柄だったりします。最近は口悪く言えばネタ切れなのか、過去のオールライダーが登場していたりもするので、昔の柄でも割と子どもたちは喜ぶんです。それから、作った当時の最新の柄である「仮面ライダーオーズ」も、パソコンから画像をパクッて来て、無地の布に印刷して、それにラップでラミネートをかけて(ラミネートをかけないとインクが擦れて汚くなるので、クッキングシートを宛て布に使い、アイロンで熱をかけてくっつけました。)作ってみたものもあります。写真は撮らなかったけれど、お友達のお子さん用のプレゼントにしたゴムバンドつきの箱も、これ方式でオリジナルのものを作りました。ラップでラミネートや布に印刷(布の後ろにA4の紙を糊で貼って乾かしてからプリンタで印刷しました!!)など、我ながらすごいアイディアで作ったなぁと感心しましたが、まぁ商用には使わないのでこれくらいは許してもらえたかなぁ?というのが気になる程度です。
止め具とかは、つけようか迷ったけれど、勝手に空いたりもせずにしっかりととまっていてくれるので、あえて付けないことにしました。わたしは止め具などもこだわって作るたちなのですが、幼児向けなので難しいものは省いておくほうが使いやすいと思ったからです。
CIMG7223.jpg

これを、3人ほどのママ友&子どもちゃんと遊んだときにプレゼントしたのですが、好評でした♪
「すごい!これ、子ども祭りに出せるよ」と、一人のママ友が言いました。
子ども祭りとは、うちの幼稚園で秋に実施する、手作り縁日、という感じの催し物で、それに向けて週1回程、全5回程度でお母さんたちが幼稚園に集まり手作りでおめん、新聞剣、ぽんぽんピストル、バトン、などを作成するのです。それを子どもたちは現金10円×12枚を持って、買い物するのです。おもちゃなどは全て1個10円なのです。
実は、「えぇ~っ、なんだか面倒。そんなことやる気ないよ」というのが、それを聞いたときの正直な感想でそのまま発言した。
ところが、それから何気なくコツコツと豆乳パックを集め始めてしまい、とうとういつの間にか作り始めてしまいました。
あ~あ、なんだかわたしっておだてに弱いんだなぁf^^;

あまり、布を貼るのとかも好きじゃなかったのだけれど(昔から布ではなく紙を使っていたので、柄つきの紙でいいじゃんと、つい思ってしまっていた)、布には布のよさがあるのだなぁと、作りながら思い始めました。
7個ほどあったパックを全て切るのに30分程度でした。案外、簡単にできるので良かった。
だけど、作りすぎて売れ残ったら嫌だなぁ・・・などとつい思ってしまい、つぶやくと、それを聞いた夫は「欲しかったのに買えなかった子がいたらかわいそうじゃないか」というので、それで個数を気にせず作成することにしました。

2個布を貼った時点で、仮面ライダーブレイドの布がなくなりました。フリマで50円で購入したものが、これほど活用できるとは、本当に良かったです♪
他の柄の布は、うちに1種類くらいあまっているのがあるけれど、女の子用の布は全然ない!ということに気づき、リサイクルショップやスーパーの布屋さんをちょっとした時間を見つけては、何件かまわる日々が続きました。
なかなかキャラクターの布って、はぎれでも高いんですよね。それから、男の子向けのキャラクターのはぎれは割りとあるけれど、なぜかプリキュアのようなはぎれはあまり無い。
はぎれよりもハンカチなんかの方がいいかもしれないと思いましたし、100円ショップのかわいい柄の包装紙やはぎれ布も、検討分野にいれました。あえてキャラクターにこだわらなくてもいいのは分かっているのだけれど、せっかく作るのであればとことんこだわってみたい、だけど費用はとにかく安く、というのがわたし流。
カードケースは、バザーのときも女の子用はあまり売れなかったけれど(ちょうど売り場担当だったので)、だからこそ、女の子にウケる模様のものを作りたいと思ったのです。このサイズのケースなので、別にカードにこだわらなくても、小物入れとしても使えるので、セールスポイントはあるなと思います・・・っと、すみませんついつい商売っ気を出してしまうくせがあります・・。

こうして布や紙、それからリサイクルできそうな紙袋などを物色していたけれど、なかなか安くてかわいいものって、見つからないんです。

そんなとき、息子がお誕生日プレゼントにディズニーの子リスのお話「チップ&ディル」のDVDが欲しいと言い、書店でおねだりしたのですが、わたしはあえてその場で買わずにかえってきましたことがありました。
夫と相談することと、その場で買わずに「ネットで予約しておいた」ということで、手元にないということにしておくためです。手元に買っておくと、つい見たいみたいと大騒ぎが始まるかと思うので本人の気持ちを静めておくためにも予約して確実に手に渡るということを理解させるだけにしておきたいのです。
そして、実際には翌日書店に購入しにいきました。その書店にはポケモンカードを使って文字、数字、算数を学習できるという本が600円で売っていたので一緒に包装してもらおうと思ったのです。夫は「キャラクター物じゃないと駄目なわけ!?」なんて言っていましたが、息子はポケモンと仮面ライダーのカードが大好き。好きならば、少しキッカケがあれば上手にお勉強につなげられるものだとわたしは思ったのです。
また「DVDもポケモン本も、お誕生日じゃなくてもいいんじゃない?怜いつも我慢しているよ」と言うのです。
わたしはそんなこと無いと反論です。ご近所のお金持ちのお宅の2例を上げました。
そこの小学1年生のお兄ちゃんは、クリスマスプレゼントに自らの希望で辞書もらったという話がまずひとつ。おもちゃは決められた数しかもてないので、だんだん思いいれのあるおもちゃばかりが残ってきたため、むやみにおもちゃを欲しがらないのだとか。
それから、もう一軒目もやはりお金持ちなのですが、本当に物やおもちゃを買いません。それでも子どもたちは「おもちゃなんかなくても楽しく遊べるから平気だよ」と言って、遊ぶことに重きを置いてすごしています。
怜は、普段からむやみにおねだりして細かい買い物をしようとします。わたしは事あるごとに「本当に欲しいものじゃないものばかり欲しがっていると、本当に欲しいものがあらわれたときに手に入るかな?」という話をよくしています。
「あれもこれも欲しがるようでは、物欲のおばけみたいで気持ち悪い。そういう子どもは大きくなってきたら、買ってくれないと暴れ始める。」という話を夫にしました。
実際、大人になってから散財する人って、子どもの頃に極端に買い与えられたか与えられなかったかに偏るようではあります。

というわけで、誕生日プレゼントにチップ&ディルのDVDと、ポケモン本を書店で購入し、包装してもらうと、なんとそのラッピング用紙が「そらまめくんのぼくのいちにち」という絵本のもので、子ども受けがよさそうでとてもかわいらしい包装だったのです。
そうだ、これをカードケースの外装にすれば、お金もかからないし、かわいいし、しかも普通には手に入らないというプレミア感があるじゃない♪こういうの、わたしが個人的にたまらないのです。
まさか息子のお誕生日の前に、せっかくの包装をはがすのは嫌なので、わたしも兼ねて購入を我慢してきた「PINK HOUSE」の苺チェック柄バッグ付きの本を購入したのですが、そちらも「そらまめくん」包装してもらいました。店員さんは、最初英字新聞風の包装紙を用意してくれたのですがわたしが「すみません、できればそらまめくんでお願いしたいんです・・・」というと、快く引き受けてくれましたが、内心驚いていたかもしれません。
いやぁ、もう、店員さんに感謝の気持ちでいっぱいで、ありがとうございます♪♪♪と、店を後にしました。

家に帰ると、楽しみにしていたバッグは未開封のまま、さっそくカードケース作りに取り掛かりました。
いつも木工用ボンドを使っているのですが、水分を含んでいるため、包装紙がしわになりがちな感じで1個目が出来上がりました。どうしても木工用ボンドは水分が多いので仕方ないのです。こういうことを考えると、布って扱いやすいんだなぁと感心しました。
それから、この1枚の包装紙から、箱に張ったときの継ぎ目を1箇所だけ統一しなければ4個分取れることに気づきました。いろんな布もいいけれど、男女共通で園児は絵本が大好きなので、そらまめくんを少し多めに作ろうかと思いました。

こうして、箱に柄ものを張り終わり、組立て、作り終えました。
全部で9個つくりました。
そらまめくん4個、仮面ライダーブレイド2個、くま&うさぎちゃん3個だったのですが、怜が持っていないということで全部の柄が欲しいと言いそらまめくんとくま&うさぎちゃんがそれぞれ1個減りました。
仮面ライダーブレイドは元々持っていたのですが今回作ったものの方がきれいにできているので交換しました。
仮面ライダーのオリジナルのものは怜のために以前作ったのですが、ラップラミネートがやっぱりきれいではないことが気に入らなかったためか、いらないというので今回出品することにしました。

子ども祭り当日、最後まで見ていたわけではないのではっきりしませんが、そらまめ君が2個売れ残ったようでした。やっぱり布貼りの方が人気あるのかなぁ、なんて思いました。
そして、以前カードケースを作ってあげたお友達の子のお買い物の品の中に、仮面ライダーのオリジナルのカードケースがありました!!そんなに好きなのかぁ!と思い、思わず嬉しくって笑ってしまいました。

さて、そのカードケースの作り方を紹介します。
とは言ってもあまり詳しく書かないので、画像を参考にという感じです。布は木工用ボンドで貼りました。

豆乳の箱の下から7cm、更にその6cmのところに、横に一周、線を書きます(これを基準に切ったり折ったりします)。一番上の部分は切り取っておきます。
あとは、下の写真を参考に切り貼りしてみてください♪

CIMG7220.jpgCIMG7221.jpgCIMG7222.jpgCIMG7233.jpgCIMG7234.jpgCIMG7235.jpgCIMG7228.jpgCIMG7226.jpg

子どものカードケースだけではなく、家にあるカードや、小物をしまっておくケースにもできるので、自分用に作ってみるのもいいかもしれません。
関連記事

テーマ : おもちゃ・玩具
ジャンル : 育児

コメントの投稿

非公開コメント

AD
ようこそ!にゃんぺいのきまま館へ
AD
プロフィール

にゃんぺいちゃん 

Author:にゃんぺいちゃん 
2009年8月20日開設しました。
専業主婦9年目、男児2人の母です。家族4人とも喘息アトピーのアレルギー体質ですが、食事を中心に気をつける事で、症状がでにくい状態を保っています。ブログは、日々の子どもたちの成長の記録などを通して、母が何を考えて生きて来たのかを遺し、たとえわたしがこの世から居なくなったとしても子どもたちが読み返してみて、どんなことを母が考えて子どもたちに接して来たのかを分かってもらえたらと思って書き始めました。
趣味:読書・オークション売買・子育てのこと・アトピーのこと・お金のこと、漬物作り(梅干し、味噌、玄米づけたくあん、ニシンづけ、ガリなど)、その他生活そのものを味わっています。今は子どもとの関わりがとても楽しくて、けれども掃除がアレルゲン除去に大変有効と気づいて夜中も出来る時には掃除しているため、時間が取れないので以前よりブログにかける時間がありませんでしたが、この春次男が幼稚園に入りましたので少し書けそうです。
子どもたちのためにも、素敵な未来を創造していきたいです。
アレルギー関連の記事は、過去には良かったと思ってやっていたことがダメになったということがよくありますので、時系列に気をつけて読んでみてください。過去のことを訂正しておりません・・・。
たまに更新するので、遊びに来てください♪気ままに、色々なことを書いて行きます。

カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム