どこまでリサイクル?それって本当にエコ?グローバルに考えよう。

近年、リサイクルブームとでもいえるのではないかというくらい、リサイクルが騒がれています。
その中には、本当にエコになるリサイクルと、企業の利益になるがためのリサイクルがあることをご存知でしょうか?
特に、日本の場合は圧倒的に後者が優勢です。

例えば、現在当たり前のように進んでいるゴミの分別回収。
自治体によってリサイクルの基準もリサイクルとして集められるものも違っていますが、回収されたリサイクルごみは、どのように再利用されるか、きちんと知っていますか?
ペットボトルのようなものですと、溶かして別なものを再形成して利用する、といった形がメインですね。
そのときにかかるエネルギーは火力です。当然、溶かすために熱が必要ですから。
そのため、リサイクルするほうがかえってエネルギーを余分に使ってしまうというものが多いのです。

それでもそのまま捨てるよりはマシでしょ?という意見もごもっとも。
ならば、ペットボトルはペットボトルのままとして、そのままの形で使えるスタイルにすればいいのです。
ドイツなどのリサイクル先進国ではそうしているんです。

ではなぜ日本でペットボトルの再利用化が進まないのか、それはひとえにリサイクルを仕事とする企業や、ペットボトルを作成する企業の利益を優先しているからなんです。ドイツのように、洗浄してリサイクルできるタイプのボトルにすれば、熱のエネルギーを必要としないのでその分とってもエコなのですが、日本ではあえてその道を選ばないのは、こういった企業利益優先を優先していることが背景にあります。

他のごみはどうでしょう?
わたしの住む町では、「燃えるごみ」「燃えないごみ」「資源ごみ」に分かれていて、しかも単純だったのですが、この秋から「プラスチックごみ」のような項目が増えます。
プラスチックゴミは、簡単に言うと燃えないごみの汚れていないものでプラリサイクルマークのあるもの、といった感じです。汚れているものは、きれいに洗ってから、プラスチックごみにしないといけないのです。
これって、どうなんでしょう?たいしたことにリサイクルするわけでもないのに、水+熱の資源を使うことになるのです。
学者の中でもこういったものは、リサイクルせずに処分したほうがよほど資源を余計に消費せずにエコだという方もいます。みんな知らずにエコと言いますが、わたしも全く潔く処分派で、そういった学者さんに賛成です。リサイクルをするにあたって、単純工程よりもよりたくさんのエネルギーを使うことにもなるんです。
エコをかんがえるのであれば、もっと根本から考えなければなりません。
なのに、表面ばかりに目を奪われるので、ゴミを無駄にたくさんの分別をしてリサイクルしようとしたりします。

現在のゴミ処理施設は、かなり高温で焼却できるため、低温で償却したときのように有害な物質がでない仕組みになっていたりもするのです。
自分のおうちでゴミを焼却すると、少々有害物が出るので気をつけたほうがいいです。
あと、一昔前にゴミを燃やすと環境ホルモンのひとつである「ダイオキシン」が発生すると騒がれていましたが、実はそんな物質、なかったのだそうです。そのため、現在30歳以上の世代では「ダイオキシン」という言葉を知っている人も多く、燃えるゴミの分別には特に気を払わないといけないと思っている方が多いですが、20代の世代になってくると、「ダイオキシン」という言葉すら知らない人が多いです。それは、誤りだったということで教科書にも登場しなくなったのですが、「間違いでした」と公表しないために、いまでもダイオキシンの存在を信じている人がたくさんいます。
当時、ダイオキシンはちょっとでも体に取り入れるとたちどころにその有害性を発揮するというようにうたわれていましたが、であれば現在ダイオキシンが原因で入院している人もたくさんいるはずなのに、全くいませんし、ダイオキシンの有害性を立証する研究などもありません。

世の中、常識と思っていることが、案外間違いだったりもするものです。
例えば、「地球温暖化」について、みなさんはどのように考えますか?
温度が1度あがれば、南極や北極の氷が溶けて、日本も海岸部が沈んでしまうという話を聞いたあたりから、地球温暖化を何が何でも阻止するために、二酸化炭素量を増やさない努力をしないといけないとお考えではないでしょうか?

残念なのか、幸福なことなのか、大きな間違いです。

地球の温度が1度あがったところで、南極&北極の氷は溶けたりしません。
なぜなら、そこはマイナス40度とかの世界なので、仮に1度上がったとしてもマイナス39度になるだけだからです。それでは氷は溶けないでしょう?
この「地球の温度が1度あがったら」の説を発表したのは「不都合な真実」という本で、映画にもなりましたが、現在では放映される際に、「この話には事実と違うことが含まれています」というテロップが流されているようですが、面白いことに日本でこの情報は間違いだったということが大きく取りざたされたことがないので、いまだに1度上がれば大変だと信じている人が多かったりします。

それから、「温暖化」の原因は「二酸化炭素」であるということで、毎年二酸化炭素排出量のような国際規約が掲げられますが、日本は無理難題の排出量を宣言し、その基準に足りない部分の排出量を毎度中国などからお金で買っている、という不可思議な現象が起こっています。基準枠以上に二酸化炭素を排出してしまうから、はみだした部分をお金で購入してけりを就けるという方法です。
何がそもそも問題かと言うと、実は、ビックリされる方が多いかもしれませんが、地球は温暖化していないんです。むしろ、寒冷化しているというのが、ここ25年分の統計で分かってきていて、あと10年もしないうちにやはり寒冷化が進んでいるということが確実にわかるようになるのです。
ではなぜ温暖化しているという結果が出るかと言うと、統計って、取り方で簡単に操作できるんです。温暖化している、というデータを出して、二酸化炭素の排出量を問題にしている方が儲かる国があるので、いまさら方向転換しないのです。儲かる国とは、中国やアメリカです。で、日本は搾取されているという感じ。

あ~あ、無駄なことにどんどん搾取されていく日本、この先どうなるんだろう、と思いながらも、為替の動きを見ていると、どの通貨に対しても円高になっていく勢いがとまらない、という感じです。
アメリカもヨーロッパ諸国も、だらしないお金の使い方をしていて信用が落ちているせいでもありますが、日本の負債額だってすごいのにね。やはり他の通貨とは違った特色を持っていることが強みのようですね。

地球温暖化の話もあるけれど、最近では太陽フレアが危ないっていう話もあるんですって?先日、とあるお友達から一通のメールが届き、フレアの性で焼け死んでしまうから、死ぬ前に何しておきたい?というような内容でした。
なんでも、黒点が一番増えるときが来るようで、するとフレアの勢いがついて、地球が焼けるのだとか。
知らないの?なんていわれたけれど、初耳でした。テレビを見ないせいかなぁ・・・?
で、ネットを検索すると出てきました。

↓黒点とフレアの話
http://www.2012crisis.com/kokuten-furea/

ふぅ~ん、なるほど。そうなんだぁ。
そもそも、あまり世紀末的な考えには同調しないわたしなので、その程度の感想でした。
覚えてますか?ハレー彗星が地球に接近したとき、あのときなど世紀末論を信じて自殺した人もいたとか。
結局なんでもなかったのにね。

そして、こういった世紀末論のようなものって、悪徳?宗教によく利用されます。
地球温暖化の話なども、新興宗教などに利用されていますが、この手口は人に不安心理を呼び起こし、巧みに操作しようということの表れなのです。あの、ヒトラーも、たくさんの予言をしてそうした不安を人々に常に植え付け、扇動した策略家だったのです。

人って、自分は良いことをしていると思いたいものです。
イメージだけのエコに便乗していると、思わぬ落とし穴があるかもしれませんので、ご注意です。
関連記事

テーマ : +++掃除・収納・捨てる+++
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

AD
ようこそ!にゃんぺいのきまま館へ
AD
プロフィール

にゃんぺいちゃん 

Author:にゃんぺいちゃん 
2009年8月20日開設しました。
専業主婦9年目、男児2人の母です。家族4人とも喘息アトピーのアレルギー体質ですが、食事を中心に気をつける事で、症状がでにくい状態を保っています。ブログは、日々の子どもたちの成長の記録などを通して、母が何を考えて生きて来たのかを遺し、たとえわたしがこの世から居なくなったとしても子どもたちが読み返してみて、どんなことを母が考えて子どもたちに接して来たのかを分かってもらえたらと思って書き始めました。
趣味:読書・オークション売買・子育てのこと・アトピーのこと・お金のこと、漬物作り(梅干し、味噌、玄米づけたくあん、ニシンづけ、ガリなど)、その他生活そのものを味わっています。今は子どもとの関わりがとても楽しくて、けれども掃除がアレルゲン除去に大変有効と気づいて夜中も出来る時には掃除しているため、時間が取れないので以前よりブログにかける時間がありませんでしたが、この春次男が幼稚園に入りましたので少し書けそうです。
子どもたちのためにも、素敵な未来を創造していきたいです。
アレルギー関連の記事は、過去には良かったと思ってやっていたことがダメになったということがよくありますので、時系列に気をつけて読んでみてください。過去のことを訂正しておりません・・・。
たまに更新するので、遊びに来てください♪気ままに、色々なことを書いて行きます。

カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム