スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自転車こげたよ♪ピアノも出来た!英語も好き★

あと2ヶ月で5歳になる息子、怜は、まだ補助輪がとれていませんでした。
周りの幼稚園児は割りと3才で取れている子も多いのですが、わたしはあまりそういうことが気にならないし、自転車なんてそのうちこげるようになるという風にしか思っていませんので、とりわけ練習しようという気にもならならずにのんびり構えていました。

そんな中、夫は冬になる前に補助輪をはずしたいと、思い立ったかのように昨日9月19日に外して、怜の練習を開始しました。
わたしは家の中でのんびりしていましたが、ちょっと時間が経ってから連絡が入ったのでベランダから見てみると、あっという間に自転車を補助輪なしでこいでいます。あっ、あぶない!!縁石にぶつけて足を痛めました。
泣いているので、もう練習をやめるのかと思いきや、そのまま夕方まで練習を続けていました。

あっという間に乗りこなせるようになり、もう補助輪は不要になりました。
車体自体が重く、こぎにくい自転車なのですが(わたしが前にこいでみた時に、これが子供用かと驚くほど重かった)脚にもだいぶ力がついたようで、よかったです。

それから、おととい、わたしの弟から買い替えのために不要になった電子ピアノをいただいたのですが、今までピアノをやめたいとか、家では練習しないとか言ったり、譜面もイマイチ読めないで取り組まなかったのに、級にバリバリと時間があればピアノに触るようになりました。
やっぱり、あたらしくて大きな電子ピアノがよかったのでしょうか?これまで練習に使っていたのは、かれこれ20年ほど前にわたしが祖母より買ってもらったキーボードだったものですから。子どものやる気って、何がきっかけになるものか分からないものですね。形から入るのも、一つの手なのかもしれません。

思い返せばピアノを習い始めたのは今年の5月からで、丸5ヶ月練習していることになります。
まだまだたくさん弾けなくとも、日々歌の音程もしっかりしてきたり、頭脳が明晰な感じになってきたり(気のせいかな?単に年齢的に成長したというだけでピアノのお陰かどうかははっきりしないですね)そんなところがいいなと感じています。
やめたいと泣いたこともありました。
そのたびに、わたしはしっかり怜の言い分を「そうか、そうか」と聞いてきました。決して否定はしないように。
で、「ママは、続けて欲しいな。続けていたら、今はまだ弾けなくても、だんだん色んな難しい曲やかっこいい曲が弾けるようになるよ。」とか、「チップ&ディルも聞かせて♪って言ってるよ」などと言ってきました。
チップ&ディルはディズニーのキャラクターのいたずら好きの子リス2匹なのですが、息子が大好きなキャラクターで、割と普段の会話に普通に登場させています。わたしが言ってもやる気にならないときも、チップ&ディルの効果はすごいんです(笑)
わたしとしては、すぐに投げ出す性格にはなって欲しくないので、一度やると決めたことはしっかりやりとおして欲しいのです。
そもそも怜自身からピアノを習いたいと言い出したのですが、そのときにすぐにやめたいといわずに続けられるかい?と、確認を取り、続けるようにママは応援するからねと予め伝えていました。
わたしの中では、勝手ながらに少なくとも、小学3年生を目標にしています。
理由は以前ブログで紹介したこともあるのですが「赤ちゃん学」という研究があり、その最新の情報では、幼い頃からの習い事はおよそ10歳に達するまで続けていれば、一生ものとして身に付くけれど、それ以前にやめてしまえばすっかり忘れてしまうという話があって、実際に夫が幼児期だけプールをやっていて結構いい線いっていたようですが、現在はさほどでもないという経験があるとも言っていたからです。
これらが絶対的であるかどうかはわたしはそういうものは常に疑っていますが、少なくとも10歳って、何かラインがあるような気がするのです。それに、「続ける」ということ事態に価値があると思います。
なので、怜は一時期、ピアノをやめて英語をやりたいと言い出しましたが、わたしはそれに対してイエスともノーとも答えず、ピアノに目を向けるように諭しました。

英語に関しては、もっと幼い頃にわたしが英語教材などで一生懸命英語を聞かせる機会を作るようにしていました。もちろん、わたし自身が英語の絵本の読み聞かせなどもしました。幸いなことに、NHKの英語であそぼが好きなので、それも同じものですが何度も見たりしています(とは言っても、そもそもテレビを付ける習慣のないわたしなので、リクエストされたときにたまに見せてあげる程度です)。
わたしが怜に対して幼い頃に目指していたのは、実は、英語の発音を聞き分けたり、発音できるようになることのみでした。それ以上は、がんばってもわたしも疲れるし、子どももストレスになりそうだったので、楽しく触れられる範囲にしておきました。
それが最近英語に急に興味を持ち出したのには、わたしがネットで英語を使って取引していて、英語が出来ると色んな人とコミュニケーションができたり、将来やれることの幅が広がるし、今からやっていればペラペラになれる・・・などなど、そういう「英語をやることのメリット」をたくさん話しているからだと思います。
普段の食事中などにも、「これは英語でなんていうの?」など、たくさん聞いてきます。

だけど、怜が英語でいうのは、なぜか「I'm hungry!!!(おなか減った)」ばかりなんですよね。
関連記事

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

コメントの投稿

非公開コメント

AD
ようこそ!にゃんぺいのきまま館へ
AD
プロフィール

にゃんぺいちゃん 

Author:にゃんぺいちゃん 
2009年8月20日開設しました。
専業主婦9年目、男児2人の母です。家族4人とも喘息アトピーのアレルギー体質ですが、食事を中心に気をつける事で、症状がでにくい状態を保っています。ブログは、日々の子どもたちの成長の記録などを通して、母が何を考えて生きて来たのかを遺し、たとえわたしがこの世から居なくなったとしても子どもたちが読み返してみて、どんなことを母が考えて子どもたちに接して来たのかを分かってもらえたらと思って書き始めました。
趣味:読書・オークション売買・子育てのこと・アトピーのこと・お金のこと、漬物作り(梅干し、味噌、玄米づけたくあん、ニシンづけ、ガリなど)、その他生活そのものを味わっています。今は子どもとの関わりがとても楽しくて、けれども掃除がアレルゲン除去に大変有効と気づいて夜中も出来る時には掃除しているため、時間が取れないので以前よりブログにかける時間がありませんでしたが、この春次男が幼稚園に入りましたので少し書けそうです。
子どもたちのためにも、素敵な未来を創造していきたいです。
アレルギー関連の記事は、過去には良かったと思ってやっていたことがダメになったということがよくありますので、時系列に気をつけて読んでみてください。過去のことを訂正しておりません・・・。
たまに更新するので、遊びに来てください♪気ままに、色々なことを書いて行きます。

カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。