創業100年の老舗

わたしの身近には、創業100年の老舗があります。
実は、うちの実家です。
実家では、自転車自動車販売修理行の他、レンタカーやストーブ、船、保険、バイク、などを扱っています。
現在、3代目である父と母で店を切り盛りしていますが、まさか今年で創業100周年とは思いませんでした。

わたしが聞く話、自転車の販売を始めた当初は、自転車1台を東京から北海道まで電車に乗り継いで運んで帰ってきたのだとか。
1台売れると、半年は生活していくに困らないほど、当時は高級だったのが自転車です。
そして、うちの実家に修行に来た人たちが独立していき、町に何件かの自転車屋ができていったのだとか。
初代は曾じいちゃんに当たる人が店を始めたのだろうけれど、残念ながらわたしはあったことがありません。

今では自転車だけではとても食べてはいけないので、自動車やらいろんなものを扱うようになっていきました。
そんな父も、もう65歳です。母も、それに近い年齢です。
見た目はとても若いんですけれどね。
で、後継者がいないのです。
普通の商店にありがちな悩みです。
いや、うちの両親は特に悩んだりはしていないとは思います。
だって、わたしには二人の弟がいますが、彼らに母はいつも言っていました。
「おばあちゃんは店を誰か継げというけれど、あんたたちは自分の好きな道にすすんでいいから。やりたければやればいいし、嫌ならやなければいい。」
わたしたちが幼い頃から、母は、常日頃そのように言っていました。
というのも、うちの実家の裏には、わたしの祖母に当たる自転車屋2代目が住んでおり、日々店を監視し、4代目についていつも気にしていたからです。

日ごろの母の言いつけの甲斐?あってか、下の弟はコンピュータープログラミングの仕事を、上の弟は自動車販売のセールスになりました。
わたしも、祖母にいまだにたまに聞かれます「誰か店を継ぐ人はいないのか?」と。
残念ながら今のところいないのではないかという、身も蓋もない回答をしてしまうわたしは優しくはないのかもしれないけれど・・・他にどう答えればいいものかも分からず。
えっ!?わたしが自転車屋を継ぐの???いやぁ、結婚して遠くに住んでいるしねぇ・・・・なんて、どうにかしたい祖母をよそ目に内心そんな突込みを入れていたりしました。

ところが最近、ちょっとした妙案を思いついてしまいました。
わたしがこの有限会社をついでもいいのではないかということを。
そうそう、せっかくある会社を、みすみす後継者がいないということでつぶしてしまうのはもったいないことではないかと思い始めたのです。
というのも、例えば日本の自転車の部品って、海外のマニアは個人的に欲しがっていたりもするということを知りました。なので、自転車の部品を卸から直買できるルーツを持っていれば、海外に販売できるわけです!
実は最近、輸入販売をしているわたしですが、輸出も考えていて、少しずつ準備はしているものの、体調不良などで進んでいなかったりはするのですが、ゆくゆくは輸出メインでいければと思っているのです。
で、個人事業としてやっていこうと思っていたのですが、会社形式であるのなら、もしかしたら、その方が節税などで有利かもしれないという考えです。どうせやるなら、とことんやりたいという願望もありますし。
まだ、わたしは簿記・税金のこと全くの無知なので、これから勉強してからの話ではあるのですが。
会社って、作るとなれば結構な費用がかかるし、だったら予め存在している会社で休業しているものを買ったほうが安いとかは聞いたことがありました。気付くのが遅かったけれど、こんな身近に「会社」があるとは思いませんでしたよ。
で、もし会社を譲り受けるなりなんなりした際には、法務局への登録内容を都合のいいように変更すればいいみたいです。事業内容とか、名前とか、立地場所とか、大抵の変更は何とでもなるようです。あとは、税金などの相談は専門家にするしかないかもしれませんが、至急を要している話ではないので、ゆっくりいくと思います。
わたしもまずは個人事業で間に合う事業しかしていないですしね。
だけど、こんな形でも100年の老舗を生かすことができるなら、祖母も両親も、驚きながらも喜んでくれるのではないかと思ったりもしています。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

AD
ようこそ!にゃんぺいのきまま館へ
AD
プロフィール

にゃんぺいちゃん 

Author:にゃんぺいちゃん 
2009年8月20日開設しました。
専業主婦9年目、男児2人の母です。家族4人とも喘息アトピーのアレルギー体質ですが、食事を中心に気をつける事で、症状がでにくい状態を保っています。ブログは、日々の子どもたちの成長の記録などを通して、母が何を考えて生きて来たのかを遺し、たとえわたしがこの世から居なくなったとしても子どもたちが読み返してみて、どんなことを母が考えて子どもたちに接して来たのかを分かってもらえたらと思って書き始めました。
趣味:読書・オークション売買・子育てのこと・アトピーのこと・お金のこと、漬物作り(梅干し、味噌、玄米づけたくあん、ニシンづけ、ガリなど)、その他生活そのものを味わっています。今は子どもとの関わりがとても楽しくて、けれども掃除がアレルゲン除去に大変有効と気づいて夜中も出来る時には掃除しているため、時間が取れないので以前よりブログにかける時間がありませんでしたが、この春次男が幼稚園に入りましたので少し書けそうです。
子どもたちのためにも、素敵な未来を創造していきたいです。
アレルギー関連の記事は、過去には良かったと思ってやっていたことがダメになったということがよくありますので、時系列に気をつけて読んでみてください。過去のことを訂正しておりません・・・。
たまに更新するので、遊びに来てください♪気ままに、色々なことを書いて行きます。

カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム