スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臭わない、洗濯物の仕方

どうせやるならと、きちんと、精一杯、日々家事をしています。
体調不良な日も多いのですが、それはそれで、そのときだって、できるだけのことをしています。
そうしていると、段々と家事のひとつひとつにもこだわりが広がってくるのです。
そして、それがまた楽しかったりするのです。
傍から見ていると、そんなことの何がよいのか分からなかったりはすると思います。
だけど、改善、改良を日々行うって、なんだかいい気持ちです。

今回は、うちの洗濯について語ってしまおうと思います。

うちの洗濯機は全自動です。
中には二層式にこだわりがあるのかお使いの方もいらっしゃいますが、たいてい今の時代はそうかと思います。
わたしは洗濯物をするときに、次のように設定します。
①我が家流設定で、洗いの回数、すすぎの回数を最大値に設定し、脱水のみしないように設定しています。
②推量は、最大値(我が家は45L)にしています。

すると、脱水直前で一旦とまるということになるのですが、このときに洗濯機のふたを開けて、中を確認します。
このときに、意外に水が白くにごっていることが多いのです。
こんな状態で脱水をかけても、洗濯物が汚れているので、特に生乾きの時期には臭ってしまいます。
そこで水の濁りがなくなるまで洗いモードを繰り返して、最後に脱水をかけるようにします。
こうすると、生乾きの時期であっても、洗濯物が臭わないのです!!
しかも、きれいに洗濯されているって自分で分かっているから、とても気持ちがいいです♪

更にわたしは、洗濯にかける前に、靴下や汚れのひどいものは一度手洗いします。
特に靴下は、60度の高温でよく洗うのですが、殺菌効果があるのでより洗濯物が綺麗で、しかも靴下だけ別に洗うといった手間がかかりません。
うちで手洗いするものといえば他には、子ども用のガーゼや手ぬぐい(お口やお顔を拭いています)、生理用布ナプキン(重曹水につけておいて、洗濯直前に水ですすぎ洗いをよくしておきます)、台所用布巾、マスク、といったものでしょうか。
今では4才の息子も、赤ちゃんのときには布オムツを使っていたので、洗濯の回数は毎日3回ほどだったこともありますが、今では1~2回程度です。

それから、60度の熱湯で予洗いするという方法も有効ですが、つけ置き洗いをする、という方法も、楽チンで汚れがよく落ちます。
おしめなんかは必然的に、おしっこだけおしめと、うんちつきおしめのバケツに分けて、うんちの方には粉石けんを入れた水をためて、おしっこの方は水だけを溜めて、そこに使用済みおむつを溜めて行きます。洗うときにそれらの水もおしめも丸ごと洗濯機に流し込んで、まずは一回脱水をかけてしまいます。その後、洗剤を投入して、荒いとすすぎ最大回数行い、一旦止まるようにします。それからもう一度すすぎ回数を最大にして脱水もしっかり行って終了なのですが、うんちおしめも離乳食開始前のカレーのようなものであればそのままバケツに投入、そして洗濯機へという流れできちんと黄色い汚れがつかずに落ちています。たまに残ってしまったときには次回洗うためにまたバケツにつけておけば良いです。
靴下は、水虫などの菌と、汚れが一番きになるところです。これにはバケツに水を入れて、粉石けんと重曹を投入してつけ置き洗いにするという方法が、熱湯60度と並んで良い方法です。重曹には水虫菌は太刀打ちできないという性質を持っているらしいので、安全で衛生的な洗濯物ができます。つけ置いた後は、水ですすぎ流して洗濯機に投入すれば、普通の洋服と一緒でも気にならずに洗濯機をまわせますし、この方法で嫌な臭いの最重要ポイントを除去できます。

最近の洗濯用洗剤は、節水タイプと称し、水を少なくするものがありますが、洗剤の成分も衣服に残るし、汚れも結局残ってしまいます。
合成洗剤の経皮毒って結構コワくて、女性であれば子宮内膜症や腫瘍の原因になっていることがあるらしいですし、男性ですと精子がなくなってしまうらしいです。
なので、洗濯物もできることなら合成洗剤ではなく、せっけん主成分のせっけん洗剤にするのが、体のためです。シャンプー、リンス、ボディーソープなど、体に直接使うものであれば特に真剣に考え治した方がいいと思いますし、特にこれからを担う小さなお子さんがいるご家庭や、これから出産をされる女性は、体のことをいろんなことを考えて大事にしていけるとよいのではないかと思います。
関連記事

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

AD
ようこそ!にゃんぺいのきまま館へ
AD
プロフィール

にゃんぺいちゃん 

Author:にゃんぺいちゃん 
2009年8月20日開設しました。
専業主婦9年目、男児2人の母です。家族4人とも喘息アトピーのアレルギー体質ですが、食事を中心に気をつける事で、症状がでにくい状態を保っています。ブログは、日々の子どもたちの成長の記録などを通して、母が何を考えて生きて来たのかを遺し、たとえわたしがこの世から居なくなったとしても子どもたちが読み返してみて、どんなことを母が考えて子どもたちに接して来たのかを分かってもらえたらと思って書き始めました。
趣味:読書・オークション売買・子育てのこと・アトピーのこと・お金のこと、漬物作り(梅干し、味噌、玄米づけたくあん、ニシンづけ、ガリなど)、その他生活そのものを味わっています。今は子どもとの関わりがとても楽しくて、けれども掃除がアレルゲン除去に大変有効と気づいて夜中も出来る時には掃除しているため、時間が取れないので以前よりブログにかける時間がありませんでしたが、この春次男が幼稚園に入りましたので少し書けそうです。
子どもたちのためにも、素敵な未来を創造していきたいです。
アレルギー関連の記事は、過去には良かったと思ってやっていたことがダメになったということがよくありますので、時系列に気をつけて読んでみてください。過去のことを訂正しておりません・・・。
たまに更新するので、遊びに来てください♪気ままに、色々なことを書いて行きます。

カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。