スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生がむなしいです(教えて!gooより)

人生をつまらなくするのは簡単。結果や報酬を目的として生きればいい。
収入をえるための仕事、この会社に入る、実入りを期待して人と親しくする。実際、そういう人は多いのだが、最終目的が報酬の為、プロセスの一切は手段や道具となる。本当に意味があるのは想定内の結果や報酬だけである。こういう人生はどういうものか、収入のための仕事をする人の顔に表れている。
 少年少女が周りの期待する「良い子」になるのは、大人たちが結果にしか意味を見出さない考えなので、あえてそれに応えようとしていた欺瞞に耐えられず、いつしか反抗ではなく地獄からの脱出という形で彼らなりの失踪をする。
 何をするにしても人間は結果のために行動すると、結局は日々の意味を失い、生きることの意味を失ってしまう。そのことを直感的に死と感じるから、恐怖をごまかすため酒やドラッグ、遊興はもちろん、老人になって趣味やスポーツ、旅などで自分の不安定な心を紛らわす人もいる。そしてまた、人々は幸せを求めるから幸せになれない。幸せとは、偶然の産物であり、はかないので、求めるならば満足を求めるとよいだろう。自分がまじめに力を尽くすならば、仕事においても生活においても必ず満足が得られる。満足に満ちた人生。これこそ確かな幸せと呼べそうである。
 わたし事で恐縮だが、現在2歳児の母であり、不満のない毎日を送っている。子どもと一緒に小さなことを喜び、分かち合い学び、素直に気持ちを開くことができる。ずっと孤立した人生をおくってきた性もあり、今生きてきて初めて心から幸せと思える。それでも、回数は減ったが毎晩悪夢にうなされ、家族以外と接し、理解されないと思ったときにむなしさを感じるのはいたしかたないことかもしれない。


人生がむなしいです
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2891410.html

先に紹介した文は、今から1年ほど前にわたしが投稿したものですが、上記URLには、その後もたくさんの方からの投稿が寄せられています。



最近のわたしには、上記の1年前の自分の投稿よりも、次のような考えが心を占めています。


いつかは死んでどうせ終わって無くなる人生と考えてしまうと、何をしてもむなしくなるような気がします。

幽霊の存在を心から信じているわけではありませんが、仮にそれらが実在するのならば、彼らは死んでからも何かを訴え続けようとしている、若しくは何かをしようとしているのだということです。世界中で目撃例があるので、いてもおかしくないし、自分がなってもおかしくないわけです。
だとすれば、彼らの仕事は一体何なのか。
魂だけの存在に自分がなったとして、魂の仕事とは何か。
心を磨くこと、魂が高みにのぼることに尽きるのではないかと思うのです。
俗物的な人間界で愛や憎しみを経験しながらも、死後も魂が消えないとすれば、いかい崇高な魂となるか、それとも復讐に燃えた醜い魂となるかということで、行き場所が変わっていくかもしれません。

肉体なくして、精神の世界での救いを考えると、愛されることではなく、自分の幸せを考えず愛すること、なのでしょう。
本当に愛するということには、ほとんど人間以上の存在に思えるような、自分の高貴なる魂を奮い起こしてくれて、その相手にささげ得る全てのものをささげられ、自分以外の人間のことを考えられる相手が必要なのです。究極を言うならば、がっかりさせられる部分がないということなのでしょうか。

こんな相手がいるのなら、充実した人生を送れ、たとえ精神だけの世界、死後の世界のような場所でも、その相手に見合ったさらなる高みを目指していけるし、その魂が崇高であるもの同士でなければ見えない世界があるのではないかと思います。

だからこそ、人は結婚や子どもといった、まず何より自分が大事にしたいものへと価値を置くものなのですが、先にも述べたような、がっかりさせられる部分が無いような相手というのは、ほとんど人間離れしているということです。
実際には一筋縄ではいかず、お互いに未熟な部分を磨きあいながら、時には辛酸を共にし、夢や希望を抱いて地道に歩んでいけるパートナーと巡り合えれば、人生上々なものなのかと思います。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

AD
ようこそ!にゃんぺいのきまま館へ
AD
プロフィール

にゃんぺいちゃん 

Author:にゃんぺいちゃん 
2009年8月20日開設しました。
専業主婦9年目、男児2人の母です。家族4人とも喘息アトピーのアレルギー体質ですが、食事を中心に気をつける事で、症状がでにくい状態を保っています。ブログは、日々の子どもたちの成長の記録などを通して、母が何を考えて生きて来たのかを遺し、たとえわたしがこの世から居なくなったとしても子どもたちが読み返してみて、どんなことを母が考えて子どもたちに接して来たのかを分かってもらえたらと思って書き始めました。
趣味:読書・オークション売買・子育てのこと・アトピーのこと・お金のこと、漬物作り(梅干し、味噌、玄米づけたくあん、ニシンづけ、ガリなど)、その他生活そのものを味わっています。今は子どもとの関わりがとても楽しくて、けれども掃除がアレルゲン除去に大変有効と気づいて夜中も出来る時には掃除しているため、時間が取れないので以前よりブログにかける時間がありませんでしたが、この春次男が幼稚園に入りましたので少し書けそうです。
子どもたちのためにも、素敵な未来を創造していきたいです。
アレルギー関連の記事は、過去には良かったと思ってやっていたことがダメになったということがよくありますので、時系列に気をつけて読んでみてください。過去のことを訂正しておりません・・・。
たまに更新するので、遊びに来てください♪気ままに、色々なことを書いて行きます。

カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。