スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当は恐ろしいグリム童話

3歳1ヶ月の息子、怜は、1歳もやや過ぎる頃からシンデレラ、白雪姫などの童話が大好きです。
毎日のように何度もお話をさせられ、挙句暗唱してお話しているくらいです。

息子に読ませていたのは、ディズニーのシンデレラや白雪姫ですが、原作は、コワいで有名なグリム童話です。
どの程度コワいのか、興味あって、白雪姫だけは読んでみていたのですが、他のグリム童話もやっと先日読んでみました。

不思議なことに、遠い昔に聞いたか、テレビで見たような覚えがある内容ばかりでした。
しかし、実におそろしくて、淫らな内容ばかりです。
人間の冷酷さ、残忍さ、生々しさ、欲深さ、時には無垢さが赤裸々と目白押しです。

「青髭」というストーリーがありますが、美人って怖いなぁ~と、神妙にならざるを得ない話であったり、現代日本の結婚観について考えさせられるものがあったりします。

登場人物の細かな気持ちや葛藤なども手に取るようにわかるこの面白さは、本を読んだひとだけの特権です。特に、多少著者の推測が入り交えているようですが「著者の解説」が秀逸です。
ユングによると、童話にはそれを伝え継いだ人間の無意識が反映されており、人間の共通の思考や価値の元型を読み取ることができます。
本書では童話の歴史的背景だけでなく、元型としての母性的保護や、内在する母性/父性性などが解説されており、
自身に照らしながら読み進めることにより、これまで意識下にあった内面に気がつくのではないかと思います。

もちろん、題名の通り子ども向けにカットされているグリム童話の残酷また性的な一面に触れることは興味深く、それだけでも一読の価値は十分にあります。




関連記事

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

AD
ようこそ!にゃんぺいのきまま館へ
AD
プロフィール

にゃんぺいちゃん 

Author:にゃんぺいちゃん 
2009年8月20日開設しました。
専業主婦9年目、男児2人の母です。家族4人とも喘息アトピーのアレルギー体質ですが、食事を中心に気をつける事で、症状がでにくい状態を保っています。ブログは、日々の子どもたちの成長の記録などを通して、母が何を考えて生きて来たのかを遺し、たとえわたしがこの世から居なくなったとしても子どもたちが読み返してみて、どんなことを母が考えて子どもたちに接して来たのかを分かってもらえたらと思って書き始めました。
趣味:読書・オークション売買・子育てのこと・アトピーのこと・お金のこと、漬物作り(梅干し、味噌、玄米づけたくあん、ニシンづけ、ガリなど)、その他生活そのものを味わっています。今は子どもとの関わりがとても楽しくて、けれども掃除がアレルゲン除去に大変有効と気づいて夜中も出来る時には掃除しているため、時間が取れないので以前よりブログにかける時間がありませんでしたが、この春次男が幼稚園に入りましたので少し書けそうです。
子どもたちのためにも、素敵な未来を創造していきたいです。
アレルギー関連の記事は、過去には良かったと思ってやっていたことがダメになったということがよくありますので、時系列に気をつけて読んでみてください。過去のことを訂正しておりません・・・。
たまに更新するので、遊びに来てください♪気ままに、色々なことを書いて行きます。

カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。