実家ライフ、あれこれ

結婚して3年半、実は今まで実家に夫と共に長く帰ったということがありませんでした。
今回、10日間ほどという長さで滞在しました。
夫の実家へは、毎年夏に2週間びっちり行くのですが、わたしの実家へは行ったことはありませんでした。

実家までは車で3時間ほど、冬でも5時間ほどの場所で、それほど遠くはないのですが、どうもわたしが自分の家が好きなもので、基本的にはお出かけをあまりしないのです。周りのママ友を見ていると、遠くても近くても皆よく実家へ行くので驚いているほどです。それでも、去年は2回ほど、用事ついでに実家へ顔は出していましたが。

転勤族なので、次転勤があれば確実に道外で、もう北海道に来れるかどうか分からないということもあるし、孫を会わせるということでも、行っておこうと考えました。

前回片付けた押入れなども、また散らかっているかと思ったけれど、案外散らかってもいないし、部屋も前よりはマシになったような気がしたので、掃除する気満々で行った割には、何もせず仕舞いでした。ただ、ごちゃごちゃといろんなものが部屋にあるのだけは、わたしが勝手に片付けるわけにも行かないので、放っておくことにしました。

料理も、アシスタント的にはやりましたが、ほとんど母にまかせっきりです。普段、夫の食事療法に付き合って、肉や魚をあまり食べない生活をしていたせいか、何が出てきてもご馳走という感じもするし、体がなんだか受け付けない感じで、胃腸も調子悪く、肌も荒れたし1kgほど太りました。

おせちを作ろうと、圧力鍋を持参したけれど、商売の付き合いで高級おせちを購入していたので、作る気がなくなりました。けれど、黒豆、煮しめなんかは作りました。クリスマスにはケーキも作ったし、まぁ、子どもを親兄弟夫に預けてお友達にたくさん会っていた割には、料理したり、家族との時間もすごしたりしていて、楽しかったです。特に、今回は3年ぶり、4年ぶりに会えた友達もいたので、本当によかったです。温泉には、知り合いの温泉宿と、アトピーに効く温泉とに、たくさん行きました。な~んにもしないで、本だけ読んでいる一日もあったりで、子どもが生まれてから初めてのお休みという感じがしました。

そんな中、前に務めていた職場にお客さんとして来ていた方が、亡くなりました。訃報を受けて、告別式へと行きました。61歳で脳溢血で亡くなったようです。就職したばかりの当時、団体が超苦手なわたしが初めて顔あわせした団体に、その方はいました。そして、酒で酔っていたのか絡まれた覚えがあります。課長も、「アクが強い人だから・・」などと言ってフォローのようなものをしていましたが、集団が苦手なわたしはもうたまらず、会が終了したら真っ先に職場の建物の外に飛び出して、周りを一周してきたものです。母の話では、なにやら娘さんとワケアリな関係になってしまい離婚したとか。母はそのような人を毛嫌いしていて、会って話したことがあるわけでもないのに、やたらと嫌っていました。わたしは、お酒の席でベタベタされるのが嫌なので、遠くの席を選ぶようにしていまいたが、うわさ話だけでどうしてここまで人のことを嫌いになれるかが理解できません。「それだったら、わたしだって変なうわさの一つや二つ、立てられているよ。なにせ、わたしが酔った男の人を送ってあげただけでうわさになるような町だから」なんて言っておくのです。それから、こうとも言いました。「その話何回も聞いたし、亡くなった人のことそんなに言わないの。最近思うんだけど、どんな人でもわたしに関わってくれようとするのって、有難いことだと思うようになったんだ。だから、最後だから、お別れしてくるね。」と。
懐かしいひとたちがたくさんいました。あまり好きではなかった集団だったり、人だったりはするけれど、そんなことよりも会えて嬉しいという気持ちの方が強いのは、どうしてなのでしょう。

関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

AD
ようこそ!にゃんぺいのきまま館へ
AD
プロフィール

にゃんぺいちゃん 

Author:にゃんぺいちゃん 
2009年8月20日開設しました。
専業主婦9年目、男児2人の母です。家族4人とも喘息アトピーのアレルギー体質ですが、食事を中心に気をつける事で、症状がでにくい状態を保っています。ブログは、日々の子どもたちの成長の記録などを通して、母が何を考えて生きて来たのかを遺し、たとえわたしがこの世から居なくなったとしても子どもたちが読み返してみて、どんなことを母が考えて子どもたちに接して来たのかを分かってもらえたらと思って書き始めました。
趣味:読書・オークション売買・子育てのこと・アトピーのこと・お金のこと、漬物作り(梅干し、味噌、玄米づけたくあん、ニシンづけ、ガリなど)、その他生活そのものを味わっています。今は子どもとの関わりがとても楽しくて、けれども掃除がアレルゲン除去に大変有効と気づいて夜中も出来る時には掃除しているため、時間が取れないので以前よりブログにかける時間がありませんでしたが、この春次男が幼稚園に入りましたので少し書けそうです。
子どもたちのためにも、素敵な未来を創造していきたいです。
アレルギー関連の記事は、過去には良かったと思ってやっていたことがダメになったということがよくありますので、時系列に気をつけて読んでみてください。過去のことを訂正しておりません・・・。
たまに更新するので、遊びに来てください♪気ままに、色々なことを書いて行きます。

カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム