スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3歳のクリスマス

待ちに待ったクリスマス。
我が家の3歳になった息子、怜は、少なくともこの日を2ヶ月は楽しみにしていました。

と、いうのも、おねだりをしてもすぐに買ったりすることがまずないので、どうしても「じぁあ、クリスマスにサンタさんに持ってきてもらおうね」と言って、息子にどうしても欲しいものだけを与えるようにしているからです。

今回は、ビー玉積み木転がしにしました。怜は、カラコロツリーが欲しいと言ったのですが、これではただビー玉を転がすだけなので、自分でいろいろ組み合わせて上手くビー玉を転がせるかどうか試せるもののほうがよいと思ったからです。

それから、去年はわたしの手作りでNHK英語であそぼに出てくるキャラクターの、ケボとモッチの人形を作ったのですが、サンタさんが持ってきたということにしてあるので、「ママが作ったんだよ♪」と言えないのがつらいので、クリスマスプレゼントは手作りしないことにしました。その代わりというほどでもないのですが、11月20日のお誕生日は、出来る限り手作りしていきたいなと思っています。今回は幼稚園カバンをつくりました。

今年のクリスマスイブは実家で過ごしたので、大きなケーキを作りました。ただ、材料の買出しに前日いけなかったので、イブ当日17時に帰宅してから大急ぎで作りました。手馴れたものなので、明日でいいよというみんなの心配には全くおよびませんでして、ご飯を食べる時間をはさんでも19時を迎える前には全て完成していました。
日中は何をしていたかというと、わたしが以前の仕事で担当していた会のメンバーで温泉宿のおかみさんがいるので、そこに家族で出かけていました。おかみさんは男性用の風呂に露天風呂と大きなお風呂があるので一緒に入っていいよとすすめてくれたので、一緒に入りました。人里離れているので、特に冬はあまり人も来ないのです。ただ、急に来客あって危機一髪でしたが。以前勤めていた頃に、自転車でそこまで出かけたことがあり、そのときなどは入浴料を受け取ってくださらなかったので、今回はちょっとしたお土産を持っていったのですが、またまた鹿肉のスモークなんかをいただいてしまって、すっかり良くしてもらってしまいました。


そうして、クリスマスイブの夜、なかなか眠れない怜はわたしに言いました。
「サンタさん、プレゼント持ってこないんじゃないかと思って眠れない」
「どうして?怜は悪い子なのかい?そんなことないよね。」
「悪い子じゃない。」
「じゃあ、どうして?ちゃんと来てくれると思うけどなぁ??」
「もしかしたら、サンタさん、間違ってビー玉ころころ他のお友達にあげちゃうんじゃない?!」
「そうかい?それは、あわてんぼうのサンタさんだね。怜のところに来るのはあわてんぼうのサンタさんだと思うのかい?」
「うん。」
「きっと大丈夫じゃないかな?あまり心配しすぎず、サンタさんを信じることも大事だよ。そうなってしまったら、そうなってから考えたりしてもいいんじゃないかな?今、怜が考えても、サンタさんが間違うかどうかなんて分かる話ではないし、誰にでも間違いはあるしね。サンタさんがもし間違ってしまったら、ママが作ってあげてもいいよ。」
そんな会話をして眠るのでした。
しかし、この考えの発展性というか、心配性なところは、いつ、どのように身につけたのか、はたまた元々そういう性質なのか、よく分かりませんが、用心深いのはいいけれど、あまり今から度が強すぎると大きくなってからやりにくい性格なのではないかと、少し心配になりました。

そして翌朝、クリスマスプレゼントを枕元に発見した怜。大喜びで飛び起きて、開けて、開けてと、先に起きていたおばあちゃんのところに駆けていきます。開けてみて、安心した様子で、そして飛び切りうれしそうに「あっ!!!ビー玉ころころだぁっ!!!」とはしゃいでいました。そして、加えてこのように言いました。「ママがパソコンのお店で買って、サンタさんが届けてくれたんだよ。」
おばあちゃんはあわてて「そんなことないんじゃない!?」と、言いましたが、どうでしょう。よく分かっている子だなぁ~と、わたしは感心せざるを得ませんでした。

だけども、「そんなことないんじゃない!?」の、おばあちゃんの一言で、怜の気持ちはサンタさんに傾いてくれたのではないかと思います。また、そうであって欲しいと願ってしまうのですが、それは余りにも子どもを子どもらしくあって欲しいと思う願望かもしれません。それと同時に、わたしもまた一緒に夢をみているのかとも感じます。
子育てをしていると、子どもからたくさんの贈り物をもらうといいますが、こういう風に夢みさせてくれたりすることなのかと最近よく思うのです。
関連記事

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

コメントの投稿

非公開コメント

AD
ようこそ!にゃんぺいのきまま館へ
AD
プロフィール

にゃんぺいちゃん 

Author:にゃんぺいちゃん 
2009年8月20日開設しました。
専業主婦9年目、男児2人の母です。家族4人とも喘息アトピーのアレルギー体質ですが、食事を中心に気をつける事で、症状がでにくい状態を保っています。ブログは、日々の子どもたちの成長の記録などを通して、母が何を考えて生きて来たのかを遺し、たとえわたしがこの世から居なくなったとしても子どもたちが読み返してみて、どんなことを母が考えて子どもたちに接して来たのかを分かってもらえたらと思って書き始めました。
趣味:読書・オークション売買・子育てのこと・アトピーのこと・お金のこと、漬物作り(梅干し、味噌、玄米づけたくあん、ニシンづけ、ガリなど)、その他生活そのものを味わっています。今は子どもとの関わりがとても楽しくて、けれども掃除がアレルゲン除去に大変有効と気づいて夜中も出来る時には掃除しているため、時間が取れないので以前よりブログにかける時間がありませんでしたが、この春次男が幼稚園に入りましたので少し書けそうです。
子どもたちのためにも、素敵な未来を創造していきたいです。
アレルギー関連の記事は、過去には良かったと思ってやっていたことがダメになったということがよくありますので、時系列に気をつけて読んでみてください。過去のことを訂正しておりません・・・。
たまに更新するので、遊びに来てください♪気ままに、色々なことを書いて行きます。

カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。