スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実家への道のり

12月21日、実家へと向かうために愛車プレオにたくさんの荷物と家族3人で出発しました。本日の目的地は、温泉ホテルのサンパレス。実家に帰る途中なので泊まっていくことにしていましたのです。
運転は、わたし。
出発直後は猛吹雪で視界は10メートルってところ。
お昼に吹雪をやりすごす目的でいったん休憩すると、今度は温和な冬空がわたしたちを迎えてくれました。

ところが、出発早々、立て続けに3回の危機に見舞われました。
まずは、スリップ。隣に乗っている夫には何らわからなかったようですが、ハンドルは大きく回転していました。
次に、前方に突然車が!!!とっさに対向車がいないことを確認し、スリップして止まらないときのことを考えて対向車線に大きくはみ出し、クラクションを思いっきりならして急停止しました。左右確認せずに出てきた車は、なんと、道路パトロールカー。しっかりパトロールしてほしいものです。
それから、交差点を青信号で進もうとすると、対向車線の車が急に右折してきました。シルバーマークをつけたおばあちゃんです。下手にクラクションを鳴らすと、それこそ道のど真ん中で停止したりして事故になりそうなので、急減速でやり過ごしました。なんとも、運転運のない一日です。

そして、やっとのことホテルに着くと、ただちにプールへと向かいました。サンパレスに泊まった理由も、3歳の息子怜がプールが大好きで、冬でもいつもプールに行きたがるからなのです。わたしは短大の卒業旅行のときに仲良し6人で泊まったけれど、夫はまだ行ったことがなかったので、行きたかったようです。

プールは、時間がまだ3時30分ごろであったせいもあり、貸しきり状態でした。そこに5人ほどの監視員の方々。ビキニを着ていたのもあって、なんだかはずかしかったです。それにしても、寒い!!家族全員鼻風邪を引いていたせいもあるけれど、寒さが身にしみるのです。早々と温泉に入りに行こうといっても、怜は嫌がります。わたしたち夫婦も楽しめるものを楽しんでおこうと思って、30分500円の波乗りを体験しました。夫がしばらく挑戦した後、怜を夫に預けてわたしも挑戦してみました。わたしは初めてでも案外ずっと波乗りすることができたし、案外サーフィンみたいに立ち乗りもできるのではないかと思いましたが、不思議なもので、時間が経つにつれて怖くなってきました。怖くなると不思議と、波もしぶきをあげて顔にぶつかってくるようになるので、あとは夫に楽しんでもらいました。夫は、コツをつかむまでには多少時間がかかったようですが、長く楽しむにはその方がよかったようです。夫の満喫ののちに時間が終わりました。

やっと、温泉に入れる!怜を連れて暖かいお風呂へと直行したのですが、それまでが寒すぎたせいか、お風呂が異様に熱く感じて入れないのです。シャワーを出しても、いつまで経ってもプールの温度と変わらない水がでてくるのです。中国人らしき方も何人かいましたが、怒りながら席を変わって歩いていました。冷たい水で体を洗って、なんとか入れる湯加減のお風呂を探してみました。幼児用と書いてあるのがあったので入ってみると、ぬる過ぎて全くあたたまらない。別なところに入りに行こうと誘っても、ぞうさんの滑り台があるので、怜はそこを離れようとしないし、もう、寒くていやになっちゃう。やっとのことで暖かいお風呂で温まって、大浴場を去りました。

大浴場からの帰り道、中国人女性に中国語で話しかけられました。宿泊客のほとんどは中国人のため、中国人に間違えられたのだと思いますが、それにしても、外国人によく話しかけられるわたしとしても、中国人は初めてで、しかも言葉は全くわかりません。わからないので「ん~ん?」と言うと、また同じ事を言ってきました。おそらく、大浴場はどこかと聞いているのだと思い、わたしは心の中で大浴場はこっちで大丈夫よと強く思いながら笑顔で「お~け~!!!」と言いながら、大浴場への道を大きく手で示しました。彼女も「おぅ~け~♪」と言いながら歩いていきましたが、真相はいかに・・・。夫と息子が20時に眠ってしまったあとも一人眠れなかったので、本を読もうと思って出かけた先で思わず足つぼマッサージに行ってしまったのですが、そのときのエステティシャンにこの話をすると、確かに、たいてい大浴場はどこかと聞いていくのだそうです。しかも、やっぱり英語は通じないとのこと。赤い暖簾のほうが女性用と伝えたくて「レッドカーテン」と言ってもチンプンカンプンなのだとか。「お~け~」だけのコミュニケーションも楽しいものでした。

マッサージの後は急に眠くなってしまったけれど、本も読んだりノート整理をしたかったので、その後12時頃まで眠さをこらえて1階ロビーでがんばっていました。周りにはたくさんの中国人がおしゃべりを楽しんでいました。地下にあるバーのようなところには皆無なのに、中国人は案外お酒を交えない交流が好きなのかもしれない、なんて思いながら、わたしはA5サイズのバインダーノートをお話し相手にしていました。12時になって、わたしも部屋へ帰ろうと思う頃には皆さん一様に帰っていきました。

翌朝、実家へ向かって出発です。怜が、ずっとホテルに居たいと言ったのには驚きでした。なにしろ、1年前にディズニーランドへ行った時ですら、「ホテル嫌い、ホテルのご飯も嫌い、早くおうちにかえってママのご飯食べたい!!」と2泊したホテルでずっと泣いていたのですから。今回は、ホテルのプールがよかったのだそうです。それにご飯がおいしくて、怜のお口にもやっと外食の味がなじむようになってきたのかもしれません。
「ずっとホテルにいてもいいけど、じぃじばあちゃんのお家に行けなくなるけどいい?」とたずねると、早く行く!!と、出発することになりました。夫が2連泊にしたいといっていたのですが、しなくてよかったと思いながら。

家族3人の鼻風邪は、その翌日である今日も続いています。
関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

AD
ようこそ!にゃんぺいのきまま館へ
AD
プロフィール

にゃんぺいちゃん 

Author:にゃんぺいちゃん 
2009年8月20日開設しました。
専業主婦9年目、男児2人の母です。家族4人とも喘息アトピーのアレルギー体質ですが、食事を中心に気をつける事で、症状がでにくい状態を保っています。ブログは、日々の子どもたちの成長の記録などを通して、母が何を考えて生きて来たのかを遺し、たとえわたしがこの世から居なくなったとしても子どもたちが読み返してみて、どんなことを母が考えて子どもたちに接して来たのかを分かってもらえたらと思って書き始めました。
趣味:読書・オークション売買・子育てのこと・アトピーのこと・お金のこと、漬物作り(梅干し、味噌、玄米づけたくあん、ニシンづけ、ガリなど)、その他生活そのものを味わっています。今は子どもとの関わりがとても楽しくて、けれども掃除がアレルゲン除去に大変有効と気づいて夜中も出来る時には掃除しているため、時間が取れないので以前よりブログにかける時間がありませんでしたが、この春次男が幼稚園に入りましたので少し書けそうです。
子どもたちのためにも、素敵な未来を創造していきたいです。
アレルギー関連の記事は、過去には良かったと思ってやっていたことがダメになったということがよくありますので、時系列に気をつけて読んでみてください。過去のことを訂正しておりません・・・。
たまに更新するので、遊びに来てください♪気ままに、色々なことを書いて行きます。

カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。