幼稚園でチョコレート①

先日3歳になった怜。幼稚園にはまだまだ入れる予定は無かったのですが、週に1度、親子で参加できる教室に10月から通っていました。

わたしはずっと一緒に楽しい時間をすごせればと思っていたのですが、先生が息子の様子を見てか、週1度、子どもだけで参加する教室にかえてみてはいかがかというすすめもあり、怜にもどうするか聞いてみたところ、興味を持ったので、体験に参加させてみました。

今までべったりだったので、嫌がってダメかと思いきや、体験が終わった後に先生から聞いたお話は、お友達と手をつないだり、元気に遊んだりしていたし、泣いたのも荷物を置くまでだったとのこと。それはもうわたしは驚きました。だって、初めての子とは、基本的に嫌がって手をつなぐことなどなかったのですから。

これは、週に1度、1時間30分だけでもわたしがいない、お友達の世界に行くのも良いかも知れないと感じ、11月からは、それまでの親子クラスの「ぞう組」から未就園3歳児クラスの「うさぎ組」へと編入したのでした。

そして、11月第3週のうさぎ組への登園。いつもより通園を嫌がった怜ですが、登園途中、「怜は、ママの大事な子だから、うさぎ組でたくさん楽しく遊んで欲しいの。ママと離れることだけが嫌なんでしょ?大丈夫、ママは怜が楽しく遊んで笑顔で戻ってくるのを楽しみに待っているからね」といったことを言うと、なんとか園へ抵抗せずに入っていきました。そして、お誕生会をやるよという先生の声に、にわかに元気づいたようでした。これで安心かな、と送り出して、わたしも怜のいない1時間の間に、お友達とのお誕生会用のケーキを焼いたり、夫の職場へ生命保険の契約変更の手続きへ行ったりしてました。

そうして、怜を迎えに行き、帰りの車の中で聞いたことに、衝撃を受けました。幼稚園のお誕生会でチョコレートが出た、そして食べたというのです。市販のお菓子は、幼稚園で毎回出される「ハッピータン」という煎餅一枚でも家では与えたことがないのに、チョコレートとはかなりショックでした。ところが、このことを話しても理解してくれるママ友はあまりいません。皆、家で普通に与えているようです。それから、わたしが怜に与えるものにとても気を遣っているのを知っていてのことか、怜はチョコレートはおいしくなかった、また出たら食べないと言うのです。しかし、いささか不自然な感じがしたので、わたしが箱の中をやさがしする感じを見せると、「何?チョコレート??」というので、「怜も食べる?」と聞くと、「食べたい!」と返事をするのです。そんな嘘をつかせてしまうほど、わたしは高圧的なのか、まぁ幼い子どもにしてみれば母親とはそれほど絶対的な存在でもあるのだなと、改めて思い知らされました。

しかしこのまま嘘をつくのを習慣にして、親に隠れて悪いことをするようになって欲しくないと考え、本当の気持ちを話してくれることをほめるようにしました。そういえば、食事でも、おいしくないものを美味しいと言わせてしまっていたような気も、心当たりがないわけではありませんでした。

そして今日、怜の苦手なシチューを出すと、今までなら美味しいと言っていたのを、正直に美味しくないと言ってくれました。その気持ちのよかったこと!本人も気持ちがよかったと思います。作ったわたしとしては、嬉しくはありませんが、本当の気持ちがいえないような関係を作ってしまっていたことのほうが、もっと悲しいことでありました。

今回、チョコレートを食べてしまったというのは、いつかは通る道で、しかも大抵のママたちは意にも返さないようなことだと思いますが、わたしには非常にショッキングな出来事だったのですが、そんなことからもさまざまな気づきと発信があったと、深く感じずにはいられない一件でした。
関連記事

テーマ : 出来事
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

AD
ようこそ!にゃんぺいのきまま館へ
AD
プロフィール

にゃんぺいちゃん 

Author:にゃんぺいちゃん 
2009年8月20日開設しました。
専業主婦9年目、男児2人の母です。家族4人とも喘息アトピーのアレルギー体質ですが、食事を中心に気をつける事で、症状がでにくい状態を保っています。ブログは、日々の子どもたちの成長の記録などを通して、母が何を考えて生きて来たのかを遺し、たとえわたしがこの世から居なくなったとしても子どもたちが読み返してみて、どんなことを母が考えて子どもたちに接して来たのかを分かってもらえたらと思って書き始めました。
趣味:読書・オークション売買・子育てのこと・アトピーのこと・お金のこと、漬物作り(梅干し、味噌、玄米づけたくあん、ニシンづけ、ガリなど)、その他生活そのものを味わっています。今は子どもとの関わりがとても楽しくて、けれども掃除がアレルゲン除去に大変有効と気づいて夜中も出来る時には掃除しているため、時間が取れないので以前よりブログにかける時間がありませんでしたが、この春次男が幼稚園に入りましたので少し書けそうです。
子どもたちのためにも、素敵な未来を創造していきたいです。
アレルギー関連の記事は、過去には良かったと思ってやっていたことがダメになったということがよくありますので、時系列に気をつけて読んでみてください。過去のことを訂正しておりません・・・。
たまに更新するので、遊びに来てください♪気ままに、色々なことを書いて行きます。

カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム