どんぐり拾い

秋は深まり、日に日に道に落ちている落ち葉が多くなっていき、木々が鮮やかな色を飾りにぎわい始めました。
いつものように、近所の青葉公園を散歩して、落ち葉やどんぐりを拾ったり、散歩をたっぷり楽しんだ帰り道のこと、ふと中年の夫婦が何かを一生懸命集めている様子が目に入りました。

「何してるのかな?」息子怜が言います。
「どんぐりでも拾っているんじゃないのかな・・・?」そう言いながらも、子どもではなくそれなりの年齢の方たちが拾っているのかと、不思議に思い、声をかけてみました。

「こんにちは。どんぐり拾っているんですか?」
「そうよ、たくさんあるわ。植えてそだてるの。さぁ、向こうにもたくさんあるから一緒に拾いましょう!!」

「!?」

聞けば、どうやらどんぐりから木になるまで育てて植林をするというボランティアをされているそうです。普段はどんぐりを息子と拾うといえば、虫食いではないもの、ということばかりに頭が行っていたので、根が出てきているどんぐりを狙って探したことは無かったのですが、あるある!たくさん根が出てきているものがあるのです。

このままにしておくと、鳥に食べられてしまったり、踏み潰されてしまうから、庭である程度の大きさまで育てるのだそうです。

お昼前の出会いで、お腹がすいたから帰りたいと言っていた怜も、すっかりまたどんぐり拾いに熱中してしまい、帰らないと言い張ります。
そして、植林ボランティアの方にどんぐりを提供しつつも、怜がもって帰りたいというので、いくつか持って帰りました。
ステキな出会いでよかったと思いながらも、つかの間の時間を楽しみ、いそいそと昼食のために帰宅しました。

そしてそのどんぐりは、今はベランダのパセリを植えているプランターの中に同居させています。
関連記事

テーマ : 出来事
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

AD
ようこそ!にゃんぺいのきまま館へ
AD
プロフィール

にゃんぺいちゃん 

Author:にゃんぺいちゃん 
2009年8月20日開設しました。
専業主婦9年目、男児2人の母です。家族4人とも喘息アトピーのアレルギー体質ですが、食事を中心に気をつける事で、症状がでにくい状態を保っています。ブログは、日々の子どもたちの成長の記録などを通して、母が何を考えて生きて来たのかを遺し、たとえわたしがこの世から居なくなったとしても子どもたちが読み返してみて、どんなことを母が考えて子どもたちに接して来たのかを分かってもらえたらと思って書き始めました。
趣味:読書・オークション売買・子育てのこと・アトピーのこと・お金のこと、漬物作り(梅干し、味噌、玄米づけたくあん、ニシンづけ、ガリなど)、その他生活そのものを味わっています。今は子どもとの関わりがとても楽しくて、けれども掃除がアレルゲン除去に大変有効と気づいて夜中も出来る時には掃除しているため、時間が取れないので以前よりブログにかける時間がありませんでしたが、この春次男が幼稚園に入りましたので少し書けそうです。
子どもたちのためにも、素敵な未来を創造していきたいです。
アレルギー関連の記事は、過去には良かったと思ってやっていたことがダメになったということがよくありますので、時系列に気をつけて読んでみてください。過去のことを訂正しておりません・・・。
たまに更新するので、遊びに来てください♪気ままに、色々なことを書いて行きます。

カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム