体に優しいお弁当箱

アレルギー対策として、毎日を給食ではなくお弁当で過ごしている小学生の長男と幼稚園の次男を持っています。

ところがお弁当箱、市販のものはプラスチック製のものばかり。

化学物質の溶出が懸念されるのですが、普通の人はそんなことはないとばかりに信じています。

しかし、わたしはこれまで、60度程度のお湯がプラスチック類に当たるとその物質が気化して空気中に飛散して部屋を汚染することで、長男がアレルギー症状を起こしていたことがあったことと、使い捨てポリエチレン手袋を使用していたわたしは、手ではなく太もも部分に紫色のブツブツが出てきて原因に気がつくまでに数ヶ月かかってしまったことも過去にあったという経験から、プラスチック類は、簡単に溶出するのだという認識でいて、それは食材を乗せているだけでも食材へと溶出しているはずなのです!!!特に、油などを使っているおかずは危険だと感じていました。

安心、安全なはずの手作り弁当が危ない・・・!!

そう感じて、お弁当箱を探していました。
プラスチック以外のお弁当箱といえば、アルミ、曲げわっぱなどの竹か木のような昔ながらのものが見つかりました。
けれどもアルミは昔アルツハイマーの原因であるとかそうではないとか言われていてはっきりしない物質です。
竹や木などの素材は、ご飯用のヘラを竹のものを使っていますが、やはり長時間食べ物をつけっぱなしにしておくのにも衛生上疑問を感じるのと、値段が張ってしまうのと、それから子どもが嫌がるというのが難点でした。

そんな時、ホーローがいいな、と思ったんです。
けれども、ホーローの弁当箱がないんです。
もう、いいや、ただの保存用のホーローでいいから、これを弁当箱にしようと使い始めました。

ということで、長男に使っているのはこちらのホーロー容器。
野田琺瑯 レクタングル深型 Sサイズ <シール蓋付> [WRF-S] 【ホワイトシリーズ】 【日本製】 【ホーロー保存容器】【RCP】

次男に使っているのはこちらのホーロー容器。
野田琺瑯 ホワイトシリーズ スクウェア S (シール蓋付)( WS-S )【NODA 琺瑯容器 日本製】

どちらも真っ白。
綺麗です。
次男のは小さな果物カップのようなサイズなので、おにぎりを別にもたせたり、長男と同じ容器に半分の量を詰めてもたせたりしています。

幼稚園児の次男のホーロー容器には、シールを貼らせて、上から梱包用テープで保護しました。
これでオリジナル弁当箱の出来上がりです。

長男は、ずっとポケモンのプラスチック弁当箱だったのですが、ホーローにかえるとクラスメートからすぐに「変えたんだね、いいね」と指摘されたようです。

ホーローは、有害な物質を出さない、酸にも強いガラス質コーティングがされた金属です。
これで、ご飯が熱々の状態でも遠慮なくお米を詰め込むことができるようになりました♪

長男はスープポットも学校へ持参していますが、これはステンレスです。
わたしはステンレスのアレルギー(ステンレスはクロムなどの合金のために、そのどれかがダメで腕時計でかぶれたんです)のため、ステンレスボトルを使うことに抵抗があります。使っていると、もうすでにアレルギーになってしまっているかもしれないと心配になります。スプーンなどもステンレスのものを使うことに抵抗があり、我が家では煤竹スプーンと陶器のスプーンを主に使っています。

そういうわけで、ホーローのスープポットが出てくれないかなと思いながら過ごしています。
難しいのかな?ホーローで作るのは。せめてステンレス部分だけでもホーローで覆われていればいいのだけれど。
誰も作ってくれないなら、自分で作ってしまおうかな・・・なんてね、そんな技術もないので、どうしようかなやんでいます。

ホテルの予約が取れない、困った時の裏技。うまくいく方法。

先日、職場でホテルの予約をするように指示されましたが、どこのホテルも満室で予約できないという時がありました。
どうやら、何かの学会があって、どこも埋まっているようでした。

自宅へ帰宅しても気になっていてネットで検索してみると、あったんです♪

世界最大の宿泊予約サイト、Booking.com


ここを検索してみると、なんと、予約できるお部屋が!!!
すぐに予約を入れておきました。
何せ、キャンセル料はすぐには発生しないし、予約した時点では支払いも何も必要ないのです。
よかったよかった、と、結局翌日職場へと行くと、お客さんご自身でホテルを予約していたとのことですぐにキャンセルしました。

世界からの予約が可能であるためか、普通に電話で予約をしても取れないお部屋もあるのでしょう。
条件にあったホテルを一覧で表示してくれるので、とても助かりました。

VIPなパートタイマー

わがまま放題な時間の設定で受け入れていただいて始めたパート生活も3か月目に突入しました。
交通の便が悪く、車で20分ほどかかってしまいます。
我が家は、車が一台。
夫が職場へ行くときにも使って行ったり、はたまたわたしが仕事であれば夫を職場まで送迎したりで、生活しています。

今日は、わたしの仕事はない予定でした。
昨日も本当は無い予定が、一昨日の時点で仕事に行く必要ができて、行ってきました。
先週は、皆勤で出勤したのですが、それはもう一人わたしと同時に採用となったパートさんが長期休暇のためでした。
基本はその方と交代で出勤しているのです。

今日は、朝に学校でのボランティア活動が入っていたのと、午後には参観日でした。
朝起きて長男と次男のお弁当を作り朝ごはんを食べさせ、ボランティア活動のために次男を連れて学校へと8時に行き、そして学校からそのまま次男を幼稚園のバス時間に合わせてバス停まで9時に連れて行き、そして帰宅で久々の晴れだからと洗濯物を外へ干し終えた時、職場から電話が入りました。
仕事に2時間ほど来て欲しい、と。
参観日には間に合いそうだけれど、足がないんです、という話をすると、会社負担でタクシーで行くことになりました。
片道2500円かかりました。

でも出勤しても、大した仕事はしていないんですよ。
あっという間に終わってしまうし、こんなの、誰でもちょっとやればできるようになるでしょうというような、いたって普通の事務だと思います。
だけど、うちの職場にはいないようなのです。
課長にはいくらでもわたしの技術を教えますと言ってあるのだけど、誰かに教えるという話は、まだないです。

帰りは、なんと、所長と課長が車で送ってくれました。
なんてVIPなパートでしょう。
ここまで来て欲しいと言われて仕事をしに行けるというのは本当にありがたい話であるのと同時に、
なんだか、とても申し訳ない気持ちでいっぱいになってしまった1日でした。
きっと課長は、車くらい持てばいいのにと思っているだろうけれど、たかがパートですからね。
あくまでもわたしの息抜きと楽しみのためにやっていることであり、やすやすと呼ばれるようになっても困るので。
あくまでも車がないということで、VIPパートで通さなければいけないポイントなのです。
一層のこだわりを持ってしまった一件でした。
AD
ようこそ!にゃんぺいのきまま館へ
AD
プロフィール

にゃんぺいちゃん 

Author:にゃんぺいちゃん 
2009年8月20日開設しました。
専業主婦9年目、男児2人の母です。家族4人とも喘息アトピーのアレルギー体質ですが、食事を中心に気をつける事で、症状がでにくい状態を保っています。ブログは、日々の子どもたちの成長の記録などを通して、母が何を考えて生きて来たのかを遺し、たとえわたしがこの世から居なくなったとしても子どもたちが読み返してみて、どんなことを母が考えて子どもたちに接して来たのかを分かってもらえたらと思って書き始めました。
趣味:読書・オークション売買・子育てのこと・アトピーのこと・お金のこと、漬物作り(梅干し、味噌、玄米づけたくあん、ニシンづけ、ガリなど)、その他生活そのものを味わっています。今は子どもとの関わりがとても楽しくて、けれども掃除がアレルゲン除去に大変有効と気づいて夜中も出来る時には掃除しているため、時間が取れないので以前よりブログにかける時間がありませんでしたが、この春次男が幼稚園に入りましたので少し書けそうです。
子どもたちのためにも、素敵な未来を創造していきたいです。
アレルギー関連の記事は、過去には良かったと思ってやっていたことがダメになったということがよくありますので、時系列に気をつけて読んでみてください。過去のことを訂正しておりません・・・。
たまに更新するので、遊びに来てください♪気ままに、色々なことを書いて行きます。

カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム