スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤ちゃん、幼児とのお出かけとオムツ。荷物を減らしたい

幼い子を連れてのお出かけって、とにかく大荷物になってしまいます。
それに、たくさんいろんなことに気を払い、必要なものも細々とあるから、忘れ物もしてしまいやすいんです。
オムツを外出先で交換した時に、あっ・・・オムツを入れる袋を忘れた、ということにもなってしまうことがあります。
困るんですよね。大抵持ち帰りですから。
本格的なママバッグであれば、オムツゴミを入れるスペースもあります。
けれども、たとえあったとしても、わたしはあまり使いたくないです。だって、すぐに清潔にしないと臭いの元となってしまいますから。
そこで、忘れないようにしたいと思ったら、「オムツを一枚づつ捨てる用のポリ袋に入れて、カバンへ入れる」ということをお勧めします。
そうすることで、余計な袋を持ち歩かなくていいことと、オムツを2枚以上常時持ち歩くのであれば、いざというとき何かの役に立つポリ袋を使うこともできますし、ペットボトルの水などをこぼした時にも、オムツが濡れてしまうということを防げます。
なんといいアイディアなのでしょう♪
ぜひ、おためしくださいね。





スポンサーサイト

我が家愛用の塩。

我が家で愛用しているのは、ヒマラヤレッド岩塩というものです。
塩については色々と調べて、ここにたどり着きました。

塩に関して、食用ですと、にがりに賛否両論があります。
にがりは良いというのが割と定説ですが、他方、にがりは体に悪いというお話もあります。
にがりはミネラルだから良いというのと、にがりは体内で余ったカルシウム分それも天然のものではないものと結び付きやすく、胆石などの原因になるということも言われていることがあります。

わたしはといいますと、にがりが一時期流行っていた時に、職場の同僚が出張のお土産で、他のみんなには塩をかってきたというのに、なぜかわたしにだけは「やせるよ」と言って、にがりをくれました。
同僚は男性なのでこれは歴としたセクハラでありますが、わたしは太ってはおりませんので、怒る必要もなく、対処に困まったものです。

まずはせっかくいただいたのだからと、職場で飲むお茶に混ぜて毎回飲んでいました。
しかしそのうち、やせるどころかなんだか体調が思わしくないと感じるようになり、いつのまにかにがりを飲むのをやめました。

その当時はにがりが健康に悪いかもなんて情報は一切得ておりませんでした。
けれども、実際に体調不良を体感しているので、にがりを積極的にとるのはやはり好ましくはないのではないかと思うようになりました。

そこでわたしはヒマラヤレッド岩塩の使用に至る前には、別のにがりを減らしてミネラル分は豊富にあるという、「ミネラル64」という、玄米酵素の会社が出している塩を使っていたのですが、廃盤となってしまったために、再度選びなおしたのが、ヒマラヤレッド岩塩だったのです。

ピンク岩塩やその他の岩塩もいろいろあります。
岩塩であればどれも美味しいのかといえば、硫黄の臭いがするものもあるらしく、そういった臭いのするものはヒマラヤ以外の産出地だったりするようです。

我が家ではこちらのヒマラヤレッド岩塩を買って大正解でした。
去年梅干し漬けに使うのに間に合ったのですが、以前使っていた塩に比べて味が格段にまろやかで美味しい梅干しができたのです。前の年の梅干しもまだ残っているというのに、手をつけてくれないほどです。
そして、サラサラとした細かい粒のタイプなので、食卓用にもとても使いやすいのです。
価格面でも、まとめ買いするとものすごくお得なので、我が家では去年の梅干し用にお試し買いした後、今年は25kg購入し、小分けにしてご近所付き合いやお友達付き合いに活用しておすそ分けしています。

それから、食用ではなく入浴用には死海の塩をまとめ買いしているのですが、これも我が家ではアトピー用品として長く愛用しています。

以上、我が家の塩についてブログ読者の稲恋さまよりご質問をいただきましたので、こちらで回答とさせていただきました。
ありがとうございます。






喘息、咳が辛い、そんなときはお部屋の油汚れ除去がモノを言う! 口コミ 評判

我が家は家族4人がそろってアレルギー体質。
長男が毎日便通があるというのに便秘だったことから頭痛と腹痛だったのを3回の浣腸で解消し、やっと日々頭痛腹痛と騒ぎ立てられる毎日から解放されたと思っていた矢先のこと。今度は咳が出てきたのです。
うふん、というような咳払いから始まりました。
それは、先日前の住人が取り付けていた手作り家具を全て撤去することで一旦軽くなりました。
それなのに、また、うふん、そしてゲホッ、ゲゲポッ!!と、どんどん酷くなっていったのです。

一体今度は何が原因だろう?
壁や床は酸素系漂白剤で何度も掃除しているし、椅子のカバーも付け置き洗い、台所もあちこち拭き掃除している。
特に、現在長男の部屋として使っている部屋にいると激しく咳をし続けるのです。
そんなときは、長男の部屋の窓を開けさせ、隣の部屋である居間へと移動させます。
すると、咳は割とすぐに収まってくるのです。
いよいよ、やっぱり、家そのものが、壁の中が何か怪しいのかもしれません。
住んではいけない不健康住宅なのでしょうか?これが一番恐れていることです。けれども、一度は建て替えを検討して今回はスルーとなってしまったので、どうしようもできないです。

さて、他に原因はないだろうか?
そういえば最近は、ずっと控えていた牛乳を、ノンホモ牛乳で遺伝子組み換え資料なども使用していない牧家の「草かおる」に限り、飲み始めていました。これを一旦控える必要があるかもしれない、そう思いました。

以前、わたし自身が呼吸もできない発作を起こし、けれどもそんなことは初めてだというのに日曜日の夜中で、救急へも行けない時間で、偶然こんにゃくを食べて喘息に効いたということから、咳で困っている時には、日々のこんにゃく摂取量を増やすようにしています。
けれども、今回はあまり効果が感じられませんでした。

自家製梅干しと一緒に漬けてある紫蘇は積極的に摂らせます。
紫蘇には抗アレルギー作用があるので、楽になるはずですし、実際に長男はこのひどい状況でも多少楽になるようです。

それから
十津川農場の『ねじめびわ茶』

これはもう出会ってからずっと手放せないマストなアイテムとなっています。わたしもアトピーのような症状がこのねじめびわ茶を飲むと収まりやすいのですが、長男は咳がひどい時には水よりもこのびわ茶を煮出したアツアツのお茶を、自家製紫蘇入り梅干しを入れたコップに注ぎ込んで、箸で実を崩しながら飲ませます。
これで大体落ち着くことが多いです。

それでも落ち着かない時には、大根おろしを飲ませます。
長男は大根おろしが大嫌いなのですが、それでもよくなるときは牛乳に混ぜて、さらに、加えるだけでココア風飲料に似た風味となるけれどもココアでもチョコでもない豆が原料の体に優しいシロップであるキャロブ エキストラクトを混ぜてあげると、喜んで飲みます。
キャロブ エキストラクトは薬嫌いのお子さんが薬を飲むときなどにもいいかもしれません。

普段は、梅干しねじめびわ茶で簡単に咳は治っていたのです。
とはいっても、普段から食生活も生活環境も、かなり色々と気を払っているというのがベースにあるため効くのでしょうけれども、それにしても自然のパワーって、すごいなといつも感心させられます。

それでもなかなか今回はひどい咳がどんどんと強力になってきていて、どうしたものかと思っていました。
こういうときにはわたしはこれまでの経験から、真っ先に部屋の環境の良し悪しを疑うのです。
夏になってきて、それも暑くなるというのに雨も降ってむしむししていて、何か有害なものが活性化しているのだろうという憶測がまず一つでした。
だから、黒カビのようなものがもう部屋の壁のグラスウールの中に繁殖していてどうにもならないのかなと。
けれども、たとえそういう原因もあるのかもしれないけれども、見えなくてどうにもならないもののせいだけではないだろうとわたしは思うのです。どうにもならないことだけではなく、どうにかなる範囲の原因もまだ残っていて、それらには対処ができるのではないかと常に思っていて、それでこれまで考えを巡らせながら行動を起こして、改善してきたのです。

そんな中、コンベクションオーブンが気になりました。
これはたまに庫内を掃除していて油汚れなどはたまらないようにしているけれど、何か怪しいかもと思いました。
最近あまり頻度よく使ってはいないということが、また一つ気になったのです。
使っていないものほど見落としがちだからです。

そこで一通り掃除しようとパーツを外して掃除し始めると、これまで見逃していたところに油汚れがごってりとあることを発見しました。
これらを掃除すると、長男はちょっとよくなったと言います。
そうか、古い油の汚れって、こんなちょっとのものだけれど、部屋の空気を汚して、ひいては人体に影響を与えているのだ!と、驚きました。
ひょっとすると、気づかずに喘息になっている人たちの中には、このように古く溜まってしまった部屋の油汚れが関係している可能性もありますね。

まてよまてよ、換気扇はどうでしょう?
掃除はするし、使い捨てのカバーも交換しています。
けれども、換気扇の奥の網や、そのまた奥の羽やその周辺はなかなか掃除していません。

そこで、大至急と思って、普段であれば子どもたちを寝かしつけている時間でしたが、すぐに取り外して掃除を開始しました。
もちろん、換気扇はかけています。
けれども台所にその汚れた金網を置いてせっけんで洗い熱湯をかけたところ、けぽっけぽーッ!!!と長男が変な咳をして苦しい!苦しい!と訴えます。

古い油がお湯をかけることで気化するのでしょうね。
さらにそれは、壁や天井に徐々にこびりついていくのです。
だから定期的に分解されると酸素と水だけになってしまう酸素系漂白剤などを染み込ませた雑巾で何度か拭き掃除するのがとても大切なのです。
そして、掃除で発せられる有害物質から自身を守るためにもマスクの着用と掃除が終わってからの衣類の交換は大切なのです。

アトピーなどのアレルギーを専門に見ている医師の方々は言います。
アトピーも喘息も、原因は一緒で出方が違うだけ。出る場所がその人の弱い場所からなのだと。
わたしは、それに加えて、空気の問題比重が重たい場合には喘息になりやすく、食品からの摂取の場合にはアトピーとして出やすいのだと思います。
アトピーもぜんそくも、古い油だけが原因ではありません。
けれども、原因の一つとして、どうしてこのような症状が現代の、特に日本に多いかということには多分に日本の衣食住に深く関係しているのです。

今日は天気の良い日に干しただけでは臭いがとれなくなってしまった布団を布団クリーニングの「フレスコ」
に発送したのと、これからまた換気扇の奥深くを続けて掃除していこうと思います。
かなり汗だくになるんですよね〜。
他にやりたいことも、読みたい本もたくさんあるけれど、まずは換気扇を指で触ってもツルツルの状態を目指して、ピカピカに磨き上げます!
こういったことはどうも子どもたちが寝静まった夜にしか邪魔されずにゆっくりできないのが難点です。
しかも、寝静まってからでも夜に何度も次男が泣いて呼ぶんですよね・・・。
格闘の日々は日中のみにあらず。

手作りの棚などの家具には要注意!潜むアレルゲンの恐怖

我が家の長男は化学物質過敏症です。
診断はされていませんが、食品中の添加物であれ住居関係であれ、長男を取り巻くものが長男の体調に大きく関与しています。
そしてそれは、長引く咳などに現れたりもします。

我が家は
2階建ての1戸建で、1階には茶の間、バスルーム、トイレ、夫の部屋、わたしと子どもたちの寝室というような部屋がありました。
それを夫の部屋を、夫が出張となることと、リフォームして2階にも暖房が着くのを機に、1階の夫の部屋を長男の部屋とすることにしました。
長男はなんとなしに嫌がっているのですが、まずは試しにと。

ところが、夫の部屋だった部屋で眠ることになってから、長男の咳はひどくなっていったような気がしました。
えへん、とも、うふん、ともつかない、咳払いのような咳です。
おそらく普通の人であれば、ああ、調子が悪いんだね、程度で見過ごすのではないかと思います。
けれどもわたは細かいこともチェックし続け、ことに長男のことに関してはいろんなことに気を払い続けてきています。そんな咳は見逃せません。

壁も拭きました。いつものように酸素系漂白剤を熱湯でしみさせた雑巾で何度も拭きます。汗だくになるんです。
それでもよくならない。
絨毯も何度も掃除機がけしています。この絨毯は、1年ほど前に新調したものですが、夫が散らかしに散らかし、ポテトチップスやプリンなどを食べたプラスチックスプーン、それからコンビニのチキンの入っていた袋などもゴミ箱に捨てずに時には散らばっていたために、絨毯をちょっとやそっと掃除機かけただけでは食べ物のカスはとれずに悪臭などの元になっているのだと思いました。
どんなに掃除機をかけても嫌な臭いがとれない!!わたしは怒りを出張中の夫に電話でぶつけました。けれども、この嫌な臭いは後日、おばけが関係していた可能性が高いということが分かったのですが、ちょっと前の記事にそのことは書きましたので、よければご覧になってください。

さてさて、わたしはついには絨毯も掃除機をかけながら撤去し、新しく2階となった夫の部屋へと運び込みました。
そしてむき出しの床となり、細かい粉のような汚れが塊で点在しているので掃除機で吸い取り、その後は床も何度も酸素系漂白剤をしみさせた雑巾で拭きました。
雑巾がけも慣れたもので、2枚の雑巾を一度に使って、2枚とも汚れたらまとめて熱湯で洗い酸素系漂白剤でまた洗い、そして使うということを繰り返していました。バケツは使いません。雑巾の汚れは毎回徹底的に落としてから再び使います。こうすると効率がとてもいいのです。
もちろん、机の裏も、本棚の下も後ろも、どこもかしこも丹念に拭き掃除しました。

ところが、長男はまだ咳をします。
一体原因は何だろう。
この部屋にいるときに、特に咳をしやすいような気がしていました。
だから、何かこの部屋にあって他の部屋にはないものが原因だと思うのです。

で、目に付いたのは、写真と、手作りの棚でした。夫が自作したロケットの模型なんかも怪しい。
一番は棚が原因ではないかと思いましたが、まずはそうでなければ嬉しいと思い、写真などの細かいものを全て、とりあえず2階の部屋へと持って行きました。
けれども、翌日以降も特に変化なしでした。

やっぱり棚か、と思いつつも、急いで撤去することにしました。
その日は札幌からわたしの短大時代のお友達で15年ほど連絡が途絶えていた間に多重人格となってしまった子がお泊まりに来た日でしたが、長男がこの部屋で寝ると言い出したので、これ以上体調不良にさせてはいけないと思い、お友達がいる中でしたが、棚の撤去作業をしました。

けれども、翌日も咳をします。
同じ素材でできている棚があるんです。茶の間には、それは調味料を置いたり、飾りを置いたりするのに便利な棚が。それと、脱衣場にはタオルを置くのに便利な棚が。
こういった棚がついているところも便利そうで気に入って、ここのおうちを中古で購入したので、その棚を取り除くのはあまり好ましくは思いませんでした。
この棚のせいじゃないかもしれないし。
それでも今が棚を撤去するチャンスなのです。夫が出張中なので、いちいち何か言われなくてすむし。なにせ、長男のためにと壁を拭き掃除したときも非協力的で文句ばかりでしたから。

これがなかなかガッチリとネジで留まっているのです。
ネジはきっと電気ドリルのようなものを使ったのでしょう。普通に力を入れてもびくともしません。
さて、どうするか。
とりあえずゴム手をはめてみました。ゴム手の中には綿手を履いています。
すると、ちょっと頑張るとネジを緩めることができました。
ジャムの瓶も開きにくい時にはたいていこれで開けることができるのでやってみたら、大成功でしたね。

それでも高いところの棚などは、手を上げながらなのでとても疲れる。だから一気に棚を全部はずすことはできずにちょっと日数がかかってしまったけれど、それでも全部外してしまうと、長男の咳が一気に激減したんです!
やった!やった!長い間原因さぐり、分からずにいたものが、ようやくわかった!よかった!
という思いと、この棚がもう使えなくて残念、という思いが交錯しました。
棚は使えるように車庫に置いたり、ネジもとりあえず全部とっておいていたのですけれどもね。

それにしても、手作り棚の一体何がそんなにダメだったのか、疑問です。
臭いはそんなにしていませんでした。
塗料とかも自分で塗っていた感じなので、その塗料とかがよくないのかもしれません。

長男は、灯油ボイラーもガス湯沸かし器に替え、手作り棚も撤去し、便秘も3回の浣腸を乗り越え解消し、やっと頭痛と腹痛と咳から解放されて日に日に元気になっていきました。
相変わらず長男のことを中心にあれこれやり続けている日々が続いていますが、ひとまず顕著だった症状が解消したことに、わたしも束の間の休暇を与えられた気分となり、嬉しくなり、子どもたちのためにもせっかくいい季節となってきたので遠出に連れて行って上げたいという気持ちとなりました。
長く、こんな気持ちにはなったことは全く無かったので、本当に気持ちが晴れやかになったのだと、自分で感じて、さらに嬉しくなりました。

アトピーなどアレルギー対策に、布団のクリーニングは大事!

布団、普段どのように手入れしていますか?
専業主婦のわたしでも、普段、晴れているからといって布団を毎度干すのは大変です。
ましてやお仕事されている方はどうしているのでしょう?
きっとお仕事している方のほうが、まめにいろいろしているような気もしますが。

けれども布団を干すのにも限界があります。
だって、せいぜい夏のいい天気のときくらいしか、気持ち良く干せませんもの。特にここ北海道ですと、今夏を迎えようとしていますが、7月中旬もすぎようというのに、まだ朝は冷え込むし、やっと洗濯物がまともに干せてくれる天気になって1週間という感じです。
春先にお天気の良い日は子どもの外遊びにまったをかけて、急いで布団を干しましたが、やはり冬はひたすらこもり続ける布団がきになります・・・。

レイコップのような、ハイテクマシンをご自分で使うのも手だと思うのです。
これもきっと布団を快適に使うためにいいものだと思います。
ただ、わたしは布団は冬場はアイロンがけでしのいでいます。
アイロンをかけることで、熱で除菌除湿です^^そして掃除機をかけます。

だけど、布団をレイコップやアイロン、掃除機がけしても、天日干ししても、汗や脂の汚れはしみ込んでいるのです。

それは、わたしは毛布類まで家庭用洗濯機に入るサイズであれば、洗濯機で自宅で洗ってしまうのですが、割とこまめに洗濯していても結構な汚れだからです。
漬け置き洗いをしたときに、黄色く滲み出る水の色でよくわかりますよ。
それから、以前、自分で洗濯機に入らない少し大きめの布団を、お風呂場で自分で足で踏みながら洗ってみましたが、これがまた何度洗っても汚れた水が出るわ出るわ・・・一体いつになったら綺麗になるのだろうと、それでも頑張って洗って干したのですが、今度は布団が臭うこと・・・もう、あの苦労はどこに!?とがっかりしたものです。

汚れがきちんと落ちていないものを干しても、一度水分を吸ってしまったものは雑菌が繁殖して、いわゆる「生乾きの臭い」がするのです。
生乾きの臭いとはよく言ったものですが、生乾きがたとえ3日ほど続いたとしても、きちんと汚れが落ちている洗濯物って、決して臭わないんですよね。本当に今年の6月は洗濯物が干せなくて3日間湿ったままで洗濯物が放置の状態になる日が何度もありましたが、漬け洗いの手洗い後の洗濯機がけをしている我が家の洗濯方法か、乾燥機を使っているご家庭でなければ生乾きの臭いに悩んだご家庭は多いのではないかと思います。
ちなみに乾燥機につきましては、体に悪いということで我が家は使っていません。
といっても、洗濯機についていないので、使いようがないのですけれども^^

普段洗濯できない大型の布団、敷き布団は、是非ともクリーニングに1年に1度は出したいものです。
そうすることで、アレルゲンを減らすことができます。
汚れって、部屋の壁を掃除するだけでもアレルギー症状を軽くできるのです。
毎日1/3を過ごすお布団を綺麗にすることって、極めて重要です。

布団のクリーニング、だいたい相場は似たり寄ったりですね。
3枚で1万円程度です。
内容は、違いますね。各社とも自社の売りをうたっています。
まずわたしがはじめに気になったのは、石鹸を使って洗い、酸素系漂白剤にて綺麗にしている布団クリーニングというものでした。
合成洗剤でクリーニングするのは、毎日寝る布団なのでとても心配ですし、酸素系漂白剤ですときちんと汚れが落ちる上に酸素と水に分解されるので安心です。ここに決めよう、と思ったのですが、せっけん成分は生分解するということでせっかく仕上がったというのに手元に帰ってきてから菌が繁殖しやすいということと、羊毛などの高級な素材はせっけん分に弱く、布団自体がいたんでしまうということです。髪の毛をせっけんで洗うと軋むのと一緒の理論だそうです。

う〜ん、それではどうすればいいのでしょう?
以前にも布団のクリーニングには出していたのですが、そこまで考えていませんでした。
それと、汚れにはあまり効かないけれども、オゾン消毒というものを布団クリーニングの一つとして行ったこともあります。割安でよかったのですが、これも、汚れが落ちているわけではないということで、どうなのか疑問です。

そして、やっといいものを見つけました!
布団丸洗いの「フレスコ」
です。
ここのページを開いて、「フレスコのこだわり」というところをご覧になってみてください。
どうしてせっけんではいけないのか、とか、防ダニ加工がいけない理由などが詳しくわかります!
価格もお手頃で、会員登録をすることでポイントなどで割安に利用できます。

我が家は今、夫が長期出張中なので、さっそく夫の分の布団をクリーニングに出すことにしました。
以前、布団をクリーニングしたときには秋頃、もうすぐ冬が近いというころにしてしまったこともあり、足りない布団で寒さを凌ぎながら過ごしたこともあるので、なるべく暖かい時期に、全部行ってしまいたいと思いました。

眠る時間は特に気持ちよく過ごしたいものです。
これはアレルギー対策にはもちろんのこと、健康長寿にも役立つことかと思います。
衣食住を快適に、きちんと綺麗にするということは、健康で元気に生活することに本当に直結していると感じる日々です。

新千歳空港を子連れで満喫する方法♪

子どもの遊び場に困った時、もしお近くに新千歳空港があるのでしたらたまには遊びに行くと楽しいです。

★ 駐車場について
 空港の駐車場は有料です。1時間150円程度ですが、遊ぶための滞在では少々痛手です。無料で利用するにはレラの駐車場に止めて、30分に1回運行している無料シャトルバスを利用すると、終日ゆっくりと過ごすことができます。
 無料シャトルバスの空港での停車位置は3箇所あります。まずはじめに停まるのが、国内線のANA搭乗口近くで、ここからが一番ショッピングにも便利かと思います。しかしここで降りずに最後の国際線の場所で降りて、国際線の2階から国内線ショッピング街へ向かうというのもひとつの手です。後でも紹介するサザエさんとディズニーの曲を鳴らしながら疾走する無料送迎カートに乗ることができ、子どもが楽しめるものがひとつ増えるからです。きれいなお姉さんたちが代わる代わる運転しているというのも一般主婦のわたしからみてもポイント高いです。あっ、オタクの皆さまは、こちらのカートはあくまでも、お年寄りや小さなお子様連れなど優先席を必要とされる方々のためのものなので、ご利用の場合には規定を満たすよう御準備くださいね。
 空港に直接停めて安くあげたい場合には、ドラえもんパークの年間パスポートを作ってしまいましょう。子どもの分を1枚作ってしまえば、あとは何度空港の駐車場を利用しても、年間パスポートをドラえもんパークの売店カウンターにて提示するのみで3時間の無料駐車券がもらえます。年パスは1000円しませんが、それを買うほど空港を利用しないという場合には、その場で格安のドラえもんグッズやお菓子を購入して駐車無料券を発行してもらいましょう。駐車料金の代わりにお菓子が買えた、という感覚です。けれどもドラえもんの年パスは、空港内施設のシュタイフや温泉などの割引にも使えますので、近隣の方は作っておいてもいいかもしれません。

★ 空港の駐車場の停車位置について
 空港は広い。遊びに行く場合には、国際空港の方ではなく、国内線ターミナル寄りが遊ぶ場所や買い物する場所が多数あるためか、どうしても国内線寄りの駐車場はいつも満車となりがちで、駐車スペースを探すのにも手間がかかる上に、出入り口にも遠くなってしまいます。そこで、あえて国際線ターミナル寄りのB駐車場(A駐車場よりも割と空いていることが多いです)を狙って停めます。そして、最寄りの入り口から入ると、無料送迎カートが運行していて、サザエさんかディズニーのテーマソングを鳴らしながら、スイスイとあっという間に国内線の方まで運んでくれるので、利用します。これだけで子どもには大ウケです♪

★ 無料の遊び場
 空港には数カ所、無料の遊び場があります。その中でもオススメなのは、3階ドラえもんパーク売店手前のスペース、それからシュタイフのぬいぐるみとふわふわクッションが置いてあるスペースです。お互いに近くにあるのと、さらにドラえもんパークの無料駐車券をゲットするために必須なドラえもんグッズの売店も近くにあります。6歳以下との規定ができてしまいましたが、そのために小さな子には安心して遊ばせることができるようになりました。ときどき、そのこたちのお兄ちゃんやお姉ちゃんが一緒の場合がありますが、たいていそのような子たちはおだやかに遊んでくれるので大丈夫です。
 4階のアミューズメント施設では、駐車券提示で無料でクレーンゲームが3回できるなどのキャンペーンを行っていることもあります。また、ドラえもんの売店に、無料で遊べるチケットが置いてあることもありますので、要チェックです。
 そして大量の試食があるので、そうこうしていると3時間なんてあっという間にすぎてしまうんですよね。
 わたしなどは食事はお弁当か軽くおにぎり程度を持参したり、お水かお茶を持参して遊びに行くのでほとんどお金はかかりません。とは言っても、やはり試食などしているとたまに断れなくなってしまうんですよね・・・。それとか、欲しくなってしまったり。うまく乗せられてしまうことがありますf^^。こういうのに太刀打ちできるようにと、昔学生の頃にさんざんマネキンさんという、いわゆる試食販売のアルバイトをしてきたのですけれども。
 それから、2000円以上のお買い物をすると、4階にある小さな子用の遊び場が無料で利用できます。
 時々、売店やドラえもんパークのカウンターやシュタイフの売店カウンターなどにも無料で遊べるとか割引のチケットが置いてあることもありますし、そういったものは千歳市内のサーモンパークなどの観光地にも置いてあることもあります。わたしは気になるクーポンは集めて車の中にクーポン入れを作っておいておきます。そうするとお財布がごちゃごちゃしないし、あっ、あのクーポン使いたかったのに〜!という残念な思いが少なくなると思います。
 それと、定番中の定番、スタンプラリーの宣伝を忘れていました。これまでクイズ形式で時間もかかってちょっと大変だったのですが、ただのスタンプラリーとなり、また、貰えるものは空港ノート、空港クリアファイル、シュタイフのハガキ鉛筆セット、ドラえもんポストカードなどから一つ選んで貰えるのと、施設10%オフの利用券がもらえます。 

★ 無料もしくは割引クーポンの検索をお忘れずに!
 ネットを検索すると、いろいろなクーポンがでてきますよ。ご飯を食べる場所が決まっているとか、利用する施設が決まっている場合には、ぜひ事前に検索しておくことをおすすめします。

 千歳観光連盟のクーポンは、結構いいです。ウェブではなく、現地調達しなければならないのですが、役に立つクーポンがたくさんあります。手に入れられる場所は・・・
 ・道の駅 さけのふるさと千歳水族館
 ・駅前ペウレ2階
 ・イオン千歳 1階食品レジ売り場付近の自動販売機設置休憩場付近
 ・レラ アトリウム内総合案内所前

ネットで手に入るクーポンはこちら!

HISのクーポン

PRONTパスタ店などの割引飲食クーポン

じょうてつ お土産を割引価格で購入♪



AD
ようこそ!にゃんぺいのきまま館へ
AD
プロフィール

にゃんぺいちゃん 

Author:にゃんぺいちゃん 
2009年8月20日開設しました。
専業主婦9年目、男児2人の母です。家族4人とも喘息アトピーのアレルギー体質ですが、食事を中心に気をつける事で、症状がでにくい状態を保っています。ブログは、日々の子どもたちの成長の記録などを通して、母が何を考えて生きて来たのかを遺し、たとえわたしがこの世から居なくなったとしても子どもたちが読み返してみて、どんなことを母が考えて子どもたちに接して来たのかを分かってもらえたらと思って書き始めました。
趣味:読書・オークション売買・子育てのこと・アトピーのこと・お金のこと、漬物作り(梅干し、味噌、玄米づけたくあん、ニシンづけ、ガリなど)、その他生活そのものを味わっています。今は子どもとの関わりがとても楽しくて、けれども掃除がアレルゲン除去に大変有効と気づいて夜中も出来る時には掃除しているため、時間が取れないので以前よりブログにかける時間がありませんでしたが、この春次男が幼稚園に入りましたので少し書けそうです。
子どもたちのためにも、素敵な未来を創造していきたいです。
アレルギー関連の記事は、過去には良かったと思ってやっていたことがダメになったということがよくありますので、時系列に気をつけて読んでみてください。過去のことを訂正しておりません・・・。
たまに更新するので、遊びに来てください♪気ままに、色々なことを書いて行きます。

カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。