スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校給食に対応したお弁当作りをして持たせています!

現在小学一年生になった長男のために、わたしは毎日学校給食代替弁当を作って持たせています。
長男が小学校生活をスタートして学校給食が始まる頃は、次男が2ヶ月になる頃で、正直お弁当を毎日しかも学校給食のメニューに合わせて持参させてやることが出来るかどうか、不安でした。
夫のお弁当もありますし、長男のように毎日夜中20回〜30回泣いてだっこし続けなければ寝ないような子だったら絶対にできないという不安がありましたが、次男は大人しくて1時間は続けて眠ってくれる子なために、お弁当も作り続ける事ができ、もう夏休みも終えてそろそろ秋休みとなるこの頃ですが、今の所朝持たせる事ができていて、お昼に学校までわたしが届けにいかなければならないということは、ありませんでした。

夏休みが終わり、2学期になってからは少し手抜きが出来るようになりました。
というのは、1学期は、献立にかなり誠実に作っていたのを、2学期には1品足りないとか、別なメニューに代替するということをするようになったからです。
それでもコロッケが出るときには、油を使いたくないのでまずはパン粉をフライパンで炒ってきつね色にして、それを水だけで溶いた強力粉にコロッケを浸してから衣としてつけて、オーブンで焼く事で油を使わないコロッケを作っていました。フライパンでパン粉を煎るのはオーブンでは色がつかないためです。
シチューはルーを使わずに手作り、バナナ蒸しパン、リンゴタルトなどが出るときにも手作り、シューマイなどは皮から手作りで作っていました。
2学期に手抜きが出来るようになったのは、長男が肉や魚を食べると調子が悪くなるためでした。自ら、要らないと言って来たので、見た目は似たようなものでも肉魚が一切入っていないというようなレシピで作るようになりましたし、全くの手抜きで替わりにミニトマトや冷や奴を入れたり、カレーライスの日に給食には野菜炒めなど他にも色々付いている所をカレーライスだけにした、という感じの手抜きです。
そうするとえらくお弁当も楽になりました。
次男ももう生後半年を過ぎているので、これから動き回り、給食ばかりに時間を取られていても回らなくなってしまいますから、早く手を抜く事を覚えておかないとないとも思っていました。

毎日たいへんですね、なんて言われる事もあるけれど、給食の替わりに弁当を持たせられる幸せというのがみんなには分からないと思います。
そりゃ、確かに楽チンな事ではないです。
しかし、給食を食べさせることに抵抗があるわたしにとっては何よりも気持ちがラクなんです。
献立を毎回見るたびに、リン酸塩やキサンタンガムなんていう表示を見ますし、どうしたってこんなに添加物が多い物を与えなければならないと思いながら給食を食べさせ続けることよりも、お弁当にした方がいいんです。それでも一般の家庭よりは学校給食のほうが添加物も少ないのかもしれませんが。
現在、長男の34人の学級で皆勤ペースで出席している子は、長男を含めて3名だけだそうです。
もし給食を食べさせていたら、皆勤どころか喘息を発症したりでとてもじゃないけど元気に過ごせてはいないと思います。
そんなこと言っても、食べ物と健康の関係をそれほど密接に感じていない人の方が多数ですし、わたしが言う事を何を細かい事をいっているんだと取り合わない方のほうが大多数だと言うことも知っています。
いいんです、わたしは毎日子どもと食事をチェックしていて、子どもの体調に食べ物が密接に関わっている事をこれでもかというほど思い知って来たので、お友達もそういうことに興味のある方々ばかりで楽しく暮らせているので、お弁当を作れて本当に毎日平和なんです。
本当は、学校給食自体が添加物など減らした良い素材のものになって欲しいです。自分の子だけではなくて、みんなに体を大事にして欲しいから。そういった給食を向上させるための活動のお話を、先日お友達から聞きました。うちは水道水が駄目なので、どんなに給食が良くなってもお世話にならないのではないかと思うのですが、それでも向上させるための活動には参加したいと考えています。
スポンサーサイト

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

アトピーとの戦い、再び

うちの赤ちゃんさとしは、生まれて半年になりました。
5ヶ月のときに乳児湿疹のほっぺのカサカサはすっかり消えて、つるつるふわふわのお肌になりました。
ずっとカサカサがひどいほっぺだったので、もしかしてアトピーかと心配していたのですが、両親ともにアトピーなのに、長男も次男もアトピーではないと思って、とても嬉しくなりました。

乳児湿疹が消えるまではと、母乳100%なので、義父母のお手伝いが終わった生後1ヶ月ころからは、わたしの食事も、肉、魚、お菓子はほぼ完璧に除去した生活を送っていました。
乳児湿疹が消えたので、アトピーではないのだと安心した事と、「食べなきゃ、危険」という本を読んで、ミネラル不足を煮干出汁から補おうと考え、せっせと出汁をきちんと用意した食事をしていました。
他にもいわし(稚魚)、鮭、小エビ、鰹節などをちょっと食べたりしていました。

すると、8月19日にじんましんが出て、じんましんが治ったかと思った4〜5日後から急激に顔に湿疹が広がり始めて、あっという間にひどいアトピー顔になってしまいました。
その間、緑色のうんちが出て、しかもかなりの頻度となって明らかに下痢となり、脚がとても冷えているようになりました。あまりにも冷たくてとても赤ちゃんの脚とは思えませんでした。
けれども緑のうんちについてネットで調べると、大した問題ではないと書いてあるので、大丈夫かと思っていました。
煮干は、もしかして原因かと思いつつ、その頃色々なものを食べ始めたのと、それから煮干はミネラルが必要だからやめるわけにはいかないのではないかとどこかで脅迫的に思っていたため、最後の最後まで気づきませんでしたが、8月末に出汁を抽出して使う事をやめました。
ところが収まるどころか、まだまだひどくなっていきます。
そこで9月11日に、うしろ木クリニックへ久しぶりに行ってきました。

すると、まず驚いたのは、乳児湿疹もアトピーも同じであって、昔は乳児湿疹としてアトピーが出たとしてもそんなのはすぐに引いて問題にならなかったが、今の人は食生活がよろしくないので長引いてしまいそのままアトピーを背負って行くことになるとのことでした。
煮干の酸化油が原因なことと、糖質の多い食事がよろしくないとのご指摘を受けました。
スイーツは食べていないのだけれど、お米はたくさん食べています。でないと母乳が出なくなりそうで怖いためです。
そして、緑のうんちは酸化油が消化できなくて、自律神経も狂わせて体も冷えて下痢もしているとのことでした。
それから、小さいぶつぶつはヒトパピロマウイルスが原因のいぼであると指摘されました。木酢液とはと麦が効くとのことで、わたしにはと麦100%で出来ている漢方薬を処方してくださいました。
先生は、母乳でやると大人は食べ物を我慢するのがストレスになるから、離乳食を始めたらいいとおっしゃいました。ふと、わたしのお友達の一人が、早々と離乳を完了させた方がいたのを思い出しました。
けれどもアトピーの子は腸が弱いので離乳食は遅らせた方がいいと聞いたことがありますし、第一わたしは一度この子の乳児湿疹たるアトピーを5ヶ月のときに治しているんです。今回も食事をがんばれると思うので離乳食はまだいらないです、と訴えました。わたしには食事を我慢する事より、離乳食を作ることの方がよほどストレスになりそうでもありましたし。

こうして、わたしのアトピーとの長い戦いが再び幕を開けたのですが、面白い事にそれほど気分が落ち込んだりもしていません。
やってやるぞぉ!という感じですし、食べ物の誘惑に負けなさそうな自分がいることを発見しました。
かわいいさとしのためにも、早く治してあげようという気持ちでいっぱいです。
先生には、かぼちゃやサツマイモ、ナッツ、レーズン、果物などもだめと言われました。
お米をよくかんで食べるように言われました。
お米は、玄米なら50回、そうでなくても30回とはよく聞きましたが、今回新たな発見がありました。
噛めば言いという問題ではないのです。唾液を出す事が大事なのです。
澱粉質を消化するための消化酵素が出る器官は、体内に3カ所あります。それに対してたんぱく質を分解する場所は胃液の一カ所です。肉はちょっとかんで丸呑み程度でも大丈夫なのだそうです。お米はよくかんで、たくさん唾液を出して消化することが大切なのだそうです。
そうするためには、おかずと一緒に交互に食べるという食べ方がとても理にかなっていると感じました。しょっぱいものを口にして、唾液を出して、お米を消化する、という感じなのです。

お米をよくかんで食べ、そして悪いものを食べないようにして、早くさとしのアトピーを治してみせます。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

心が技術に勝った 〜 麻雀と学校改革のお話

この本のお話は、学校の先生が麻雀のプロの流儀から学んだことを剣道部に浸透させて、波紋的に学校の教育現場に生かしていき、子どもたちとの関わりを深めて、荒れた学校や不登校児を立ち直らせて行くお話です。
麻雀という、一風教育とはかけ離れた雰囲気のものが見事に学校教育に融合するという、極めて異端な教育改革の事例とも取れる物語の本です。
けれど、学校教育だけではなくて、子どもを持つ親はもちろん、向上心のある方々や起業を目指す人たちなどにも是非薦めたい本だと思いました。本当の強さとはどのようなことなのか、本当に何かを成し遂げるために必要な事はどのようなことなのかが、クリアーな言葉で述べられています。
それが、麻雀の達人のお話からなので、先入観ではどうせならず者の戯言なのだろう、みたいな気持ちもあったのですが、全くそのようなこともなく、麻雀を全く知らないわたしでもすっと頭に入ってくる分かりやすさで読み進めることができました。
残念ながら、現在は中古でし手に入らないようなのです。

わたしがこの本を手に取ったきっかけは、古本貸し出しコーナーにあったから借りてみたことでした。
雀鬼流の教え、思想というものが、自分を律して生きて行く事の大切さ、自分を甘やかさないで生きている事の厳しさを伝えてくれます。欲望の町歌舞伎町という、誘惑が多くて皆が溺れてしまうようなところで溺れないで生きてこられた人の、人生哲学です。

(P167)
1、予習、前もって考える事は、自分を救う道になる
1、物事を積極的にとらえると、無駄なことが消えてくる
1、隠してはいけない
1、こっちはつまらないけど、こっちは楽しいからと分けていると、欲求不満になってしまう
1、善だとか悪だとかではなく、人様のことを面倒見てあげる、ということがとても大切
1、人に好かれる人間になるためには、好かれることをしてないといけない
1、テクニックよりも、心構えが大切
1、先に行動があって、振り返ってみたらそこに思考があった
1、自分が最高のものができるんだったら頑張る、嫌な仕事だったらいくらお金を積まれてもやらない
1、情けないことをしない
1、思ったらやったと同じ事
1、いいと思ったら何でもやる。それが勇気

(P170)依存心と自立について
人間というのは赤ん坊のときに依存心を作られる。しかし、依存心が付いていつまでも親とくっついているのは人間だけ。普通の生き物の本性は、我が道を生きる自立心が起きるために、いつまでも親とくっついてはいない。
親らしく生きているからこそ、子どもは親を心から尊敬し、いつまでも大事にしようと思う。親が子どもに孝行を要求しても、心がこもっていなければ偽善。小学校に入った頃というのは、もう自立しないといけない。そのためには、親の言いなりになっていたら決していけない。『親や祖父母の言う事を聞かなかったから、今の自分がある』言いなりになった人というのは、たいてい負けている。そして、反面、親のせいにしてしまう。

(P171)自然から学ぶ=無私の態度=揺れない心
自然を見ていると、みんな答えが出てくる。人からではない。
ゲーテは「気に入るか気に入らないか、引きつけるか反発するか、有益か有害であるかという尺度をまったく断念して、利害を超越したいわば神的な存在として、自分が気に入るものではなく、現にあるものを探求し考察しなければならない」と語っている。人間は、そうした自分中心のものの見方をしてしまう。それを捨て去らない限り、ものごとの本質を見る事はできないと語っている。しかし、『無私の態度』でものごとを見る、のはとても難しい事。「ものごとをありのままに眺め、かつ読み取ろうとする」「誠実に堅実に生きること、慢心をなくすこと」が、真の洞察力を育む工夫である。役に立つとか立たないとか、美しい美しくない、好きだ嫌いだとかで心が揺れ動かされ、あるいは乱されていては、あるがままのものを見る事などできない、人を見る目など養えないのである。

(P173)過去・現在・未来を整頓する ・・・掃除や整理整頓が本当に大切だということがわかります 
捨てたものというのは、自分の過去である。捨てたものであるところの無から始まる。無ということはよいも悪いもないということ。そこに心を置く事を『無心』という。無心の中には恐怖や欲望は加わらない。まず捨てたものに心を置き、きちんと整理整頓をすると、自然に余裕が生まれて来て、自分の手順を整理できるようになる。それが間違いない手順を作り出す。心が乱れなくなる。座禅や瞑想みたいなもの。皆さん外面から来るんです。そとづらって奴で、外に合わせて生きているということ。自分の内面を作らない。まず自分を作って、それから外に出て行くというのではない。内面人間になるということは、内面を磨くということ、我を自分を生きるという事に繋がってくる。外面の人間というのは、いつも我を知らない。外に合わせて生きている以上、自分が分かるわけがない。人がものごとを知るという場合、まずは我を知るということからはじまる。我を知らない奴に他人のことなど分かるわけない。相手の事を読もうとするのは、外面で生きているから。そこには自立心など微塵もない。外からの世間の情報なんて、あやふや。

(P191)
トップレベルにいる子の大切さを、親は分からない。
今度はキャプテンなんだからこうしなきゃいけないよと押し付けたり、大丈夫がんばんなきゃいけないとやってたら、子どもはどんどん親の期待が負担になって不安になって、恐怖に陥って行って、自分の力を発揮できなくなる。親が勝つ事への執着心が強いと、子どものほうでは責任を感じすぎてしまう。勝とう、勝たなきゃと思っていると、どんどん不安が高まり失脚してしまう。だから、親はあまり首を突っ込みすぎて心配するより、必要としているものを足してあげる。親の愛情は、かけたらいいのではなく、過ぎたら毒になる。大人は子どもの無の中から有を見いだしてあげられるようでなくてはいけない。もちろん愛情から心配することもある。欲から心配することもある。例えば病気になったときに必要以上に周りが心配しすぎると、もっと病気になるということもある。心の中で心配するのと違い、それを表に出してしまうことによって、弱さが出る。心配しすぎや悩み不安があるのは、心が弱いから。強い学問はチャレンジ精神を育んでくれる学問のこと。冒険こそが不安定をものともしない、強い心を育んでくれる。弱い学問というのは、安定を目指していい学校、いい会社に入るために、知識や技術を蓄積するだけの学問のこと。そして、外での冒険心を育むのではなく、勝つ事や家の中で知識をたくさん溜込むことだけを要求するような教育では、何にもならない。
知識を多く得ても弱い学問を得た子とうのは、何にもならない。知識が少なくとも、強い学問を得た人というのは、人のためになる。今の官僚や政治家たちが良くないのは、弱い学問を得た人たちだから。同じ『1+1=2』でも、弱い2と、強い2があるということで、人がたくさんいれば強くなるというのは違う。そういう意味で、学問はすべて正しいとはいえない。学問が正しければ、世の中を牛耳っている人たちは人一倍学問をやった人なんだから、いい世の中になっていて当たり前。弱い学問を植え付けるから、いつまでたっても世の中悪いわけ。考え方とかも学問だから、弱い考え方を教えてはいけない。天下を取る、などというやり方は、弱い学問。人それぞれが強くなって行くような、そんな学問を教えていってあげれば、世の中よくなっていく。
たいがいの親は、点数を取らせるためだけのことを子どもにやらせる。与える事を教えてこない。だから、与えることを知らない子どもになってしまっている。親は子どもの将来や幸せにつながると確信しているだろうが、たどり着いたら、勉強は出来ていい大学にも入れたけれど、人間性が育っていない、とかいう事態に陥る。

まとめてみると、上記のような内容がわたしの心を突きました。
いつも自分は大丈夫だろうかと、検証する参考になると思いました。
また、わたしは整理はまだ好きなほうですが、整頓というのがどうも苦手ではあります。これを心にとめて、一層頑張って行きたいと、改めて思いましたし、ある意味究極の掃除術とも言えるお話かと思いました。

心が技術に勝った―「雀鬼流」学校改革

中古価格
¥644から
(2013/9/14 22:31時点)


テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

ひどい口角炎の治し方

口角炎や口内炎といった症状は、通常ビタミン不足にて起きます。
特にビタミンB群です。
対策は簡単、ビタミンB群が入ってる食品を摂ればいいのです。
サプリメントはやめておいた方がいい。効果よりも悪影響の方が多いので。
あくまでも食事を基本として正しい食生活をすることが大切なのです。

けれども、わたしの口角炎は、どんなにビタミンB群や、その他ビタミン類をたくさん摂ろうとも治りませんでした。
なにがいけないのか、本当に困っていました。
菜食中心で、お菓子も食べない生活をしています。

そうしたらお友達にだらだら食べが良くない、と教えてもらいました。
う〜ん、確かに今授乳中で、ややもすればすぐに赤ちゃんのさとちゃんに呼ばれて食事を中断したり、母乳が出なくなる事への危機感から、時間が空けば食べるようにしていました。四六時中食べていたという感じです。

食べない=母乳が出ない、という恐怖があるけれど、思い切って朝、昼、晩だけの食事に切り替えて過ごしました。
そう変えた翌日から劇的に口角炎が良くなってきました。
そして、体重も1週間で2kgも減ってしまいましたが、出産前の体重にはまだ戻っていないのでよしとしました。
けれど母乳の危機を迎えそうなので、一回に食べる量を増やすようにしました。

まだまだ完璧にはいかなくて、ちょっとスーパーで試食をしてしまったり、間食をしてしまったり、その度に口角炎がひどくなるのを自覚していますが、以前ほどひどくないです。
この調子で口角炎が完治するのも遠くはないと感じました。
教えてくれたお友達に感謝です。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

AD
ようこそ!にゃんぺいのきまま館へ
AD
プロフィール

にゃんぺいちゃん 

Author:にゃんぺいちゃん 
2009年8月20日開設しました。
専業主婦9年目、男児2人の母です。家族4人とも喘息アトピーのアレルギー体質ですが、食事を中心に気をつける事で、症状がでにくい状態を保っています。ブログは、日々の子どもたちの成長の記録などを通して、母が何を考えて生きて来たのかを遺し、たとえわたしがこの世から居なくなったとしても子どもたちが読み返してみて、どんなことを母が考えて子どもたちに接して来たのかを分かってもらえたらと思って書き始めました。
趣味:読書・オークション売買・子育てのこと・アトピーのこと・お金のこと、漬物作り(梅干し、味噌、玄米づけたくあん、ニシンづけ、ガリなど)、その他生活そのものを味わっています。今は子どもとの関わりがとても楽しくて、けれども掃除がアレルゲン除去に大変有効と気づいて夜中も出来る時には掃除しているため、時間が取れないので以前よりブログにかける時間がありませんでしたが、この春次男が幼稚園に入りましたので少し書けそうです。
子どもたちのためにも、素敵な未来を創造していきたいです。
アレルギー関連の記事は、過去には良かったと思ってやっていたことがダメになったということがよくありますので、時系列に気をつけて読んでみてください。過去のことを訂正しておりません・・・。
たまに更新するので、遊びに来てください♪気ままに、色々なことを書いて行きます。

カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。