妊娠のつわり対策 つわりを分析!妊娠初期のラクチンな過ごし方

わたしは現在第二子を妊娠中。
そして11週ころです。
4週の頃からつわりがあります。

さて、第一子のときにもつわりがあったのですが、今回もつわりがあります。
第一子の時には、肉は一切食べられませんでした。
野菜は大丈夫でしたが、調理後時間が経つとダメでした。

今回は、肉・魚は基本的に大丈夫なのですが、調理した野菜のほとんどがだめです。
うちの野菜は無農薬無肥料でいいものだったりするんですけれどもね・・・

一方、食べられる野菜は、主に生野菜ということも判りました。
サラダは、粉チーズみたいなのがかかっていなければ美味しく食べられます。
汁物に入っていて食べられる野菜は、三つ葉、ねぎです。
三年番茶、健康食としても割りと有名ですが、これですと具合が悪くなったりすることもなく、安心して飲めてうれしいです。

食べられるけれど、どれも基本的に食べ過ぎになってくると気持ち悪くなるのが、梅干し(日に3個目はアウト)、アボカド(連日半個は徐々に不可)、スイカ(これも美味しいけれど夫は嫌いで怜もあまり好まないので1個ほとんどをわたしひとりで食べることになるので徐々に気持ち悪くなります)、そうめん・うどん(道産小麦100%でないと無理です)、にぼし、納豆(半パックを週1程度であれば美味しく食べれました。1パックは気持ち悪くなります)、豆腐・味噌汁(普段から大豆が多すぎなのかもしれません。これらをやめたら、朝の調子が良い状態が続くことが多くなりました)

おいしそうと思って挑戦したらパッとしないのが、もも(物によって苦く感じます)、トマト(超新鮮でないと不可)、ミックスナッツ、昆布

めちゃ美味しいのが、塩水うに(高級なので多食できないのが残念です)、サーロインステーキ、高級な干物屋さんのほっけ、

完全にだめなのが、そば、ラーメン、ケーキ、添加物の多いお菓子類、チーズ、牛乳、玄米(我が家は基本玄米食なのですがつわり中は白米のみ可でした。玄米は炊いた臭いでアウトです。第一子のときも同様です。玄米をやめたら右唇のアトピーが治りました。これはもしかしたら減農薬より低農薬の玄米を使ってはいるものの農薬の悪影響が出ているのか、はたまた玄米事態ダメなのか・・・)、ヨーグルト、カレーライス(臭いでアウト)、根菜類の煮物

さて、わたしが驚いたのは、第一子出産後の食生活と言えば野菜中心の生活だったのに、第二子を妊娠した今では肉や魚ばかり食べているということです。おまけに、事故後後遺症とつわりで思うように調理できないために、外食が多くなり、一時期は連日か2日1回は外食していました。やっと最近、生野菜であれば大丈夫とか、調理のときにガスをたくことで具合が悪くなるので、火を使うのをなるべく最後にまとめて調理するということに気づいたために、自炊ができるようになってきました。
それから、食べるときには食べ物の「陰・陽」を気にして、中庸になるように食べると(例えば、にぼしが美味しいからといってそればかり食べると気持ちが悪くなってしまいますが、そのときに生トマトなどを食べて中和を試みるということです)、具合が悪くなりにくいのと、添加物などが少ないものを選ぶことが大切だということ(元々添加物で具合悪くなるので妊娠中は一層食べないようにと気をつけてはいますが)に気をつけると、割と食後も気持ち悪くならずに済みました。もちろん、自分の受け付けない食べ物は遠ざけます。赤ちゃんが拒否していると考えていいからです。
つわりと陰・陽の話に関しては、大森一慧氏の「からだの自然治癒力をひきだす食事と手当て」「自然派ママの食事と出産・育児」サンマーク出版に詳しくかかれていますので、ご参照ください。
ただ、わたしの場合穀物菜食をしていて、血液検査の悪玉コレステロールも今年は大幅に改善されてとてもよい血液の状態ですが、こちらの本で言われているように「穀物菜食をしている人にはつわりはほとんどありません」(からだの自然治癒力をひきだす食事と手当てP155)というわけにはいかないのはどうしてか不思議です。少なくとも第一子のときよりは食事はかなりいいはずなんですけれどもね。きっと、野菜のからだに偏りすぎてしまっていたためかと思われます。

また、つわりのときでも周囲の人間と言えば「食べろ食べろ」というばかりで、妊婦自身が食べれないことに対して負い目をおったりするものですが、こんな周囲の騒音に耳を傾ける必要はありません。
山梨県のゆずり原という地域ではその昔から、妊娠したら小食にする風習があるのだそうですが、こうすることで母体の酵素がぎゅっと胎児の方へと流れ込み、結果的に元気で病気もせずに長生きできる人になるというお話しがあります。
現代の食生活で特に気をつけなければならないことは、食べるようにがんばることよりも、いかに添加物や有害物資の少ない食事を胎児に与えてあげられるかということです。
なので、口当たりが良いからと言ってお菓子ばかりを食べていては、胎児の脳への影響(発達障害や後々の精神障害にも影響します)や、アレルギーが心配です。
あと、アロエが必須栄養素が64種類、栄養素が100種類以上はいっているということ、お産がラクになるということで、アロエジュースを飲むようにしているのですが(ベランダに生のアロエを栽培していますが、つわりで食べれれません)、これも陰性の強い食品のせいか、毎日90mlのひとパックを飲むのも辛くなってきて、2~3日に1パック飲むようになりました。
日本ではアロエは子宮を収縮させるということで、妊娠中にはあまりよくないと言われていますが、そういった影響を感じるところは今のところありません。緑の部分がいけないとかで、ジュースでは大丈夫とかなのかしら??

そう、妊娠中にダメな食品というのもたくさんあります。
日本、世界、それぞれ色んなものが挙げられていましたよ。
ハーブ類は基本的にダメなのだそうです。中でもパセリは西欧では中絶用にも使われていたほどなので要注意です。生ハーブティー、めちゃおいしかったですけれどもね。それに、妊婦さん用に売り出されているハーブ用品もたくさんあるような気がするのですが、食べすぎは注意した方がいいのでしょう。
ドリアン。わたしはシンガポールへ行ってからドリアンにはまっているので、今でもネットを使ってフリーズドライドリアンを輸入して食べているほどです。妊娠してから、きっとダメだろうなぁと気になりながらも、具合も悪くならないので食べてからネットで調べると、ダメな食品に入っていました。そりゃそうだ、硫黄のような成分も入っているの知っていたし、残念だけれどまだ袋残っているけれど授乳が終わるまでやめておきますよ。
チーズ、特にブルーチーズやカマンベールチーズのような生菌のチーズがよろしくないようです。プロセスチーズのようなものも、加工する際にいろんなものが入っているのでやめておきましょうね。
他にも結構あるので、気になる食品はネット検索してみるといいですよ。

テーマ : マタニティライフ
ジャンル : 結婚・家庭生活

保険についてのあれこれ 本当に良い保険の見つけ方考え方

うちの家では、この頃たくさん保険のお世話になる機会がありすぎるほどあって、この先の保険をどうすればいいのか考えながらも身にしみて色んなことが判ったり、考えさせられたりもしてました。
今日は、ファイナンシャルプランナーの方の話を聞けたので、わたしの実体験とプロの話を交えてここに記します。

★★保険の種類★★
保険には大きく分けて3つあります。全てわたしの理解の範囲ですので、微妙な言い回しや表現の違いはあると思います。あしからずご了承ください。

①定期保険 ~ 掛け捨て。若いときには掛け金が安い。年齢と共に上がる。退職後の保障が無いため、掛け金が高くなるころには大きな病気をしていたりで新たに保険に入りにくくなっている可能性がある。
②終身保険 ~ 貯金+保険の性質。退職後も保険が効く。更に一時金として受取ったりすることも出来る。掛け金は定期保険よりも高いけれども、掛け金と同額かそれ以上の金額をも保険によっては得ることができる。
③養老保険 ~ 簡単に言うと学資保険などがこれに当てはまる。貯金の性質。

このことから、終身保険になるべく若いころに入っておくのがいいようです。
学資保険に関しては、余計な医療保険などがセットになっていてせっかくの貯金が額面割れしてしまうようなことのないように、学資保険単独のものがいいようです。
また、旦那さんの保険+奥さん+子どもと付けられるタイプの場合、旦那さんが万が一最初になくなった場合には、奥さん&子どもも自動的に退会となってしまう恐れがあり、そのころに既に病気などをしていると保険に入りにくいために、奥さん、子どももそれぞれ単独で「終身保険」に入ることがいいようです。奥さんが単独で保険に入るメリットは、自分が亡くなった場合に一番お金が必要となる子どもにお金を残してあげられることです。
子どもが終身保険に入るメリットは、子ども自身が子どものころに大きな病気をしてしまうと、子ども保険に入れる期間に定期保険(掛け捨てタイプ)に入っていても、大人タイプに加入しようとしたときに入れないということが起こるからです。

金額の設定
仮に旦那さんが亡くなってしまった場合、奥さん子どもには遺族年金などいろいろな物が入ってきます(公務員であれば遺族共済年金、遺族基礎年金、災害見舞金、慶弔金など。会社員、自営業だとまた別です。)。その年金額で、現在の旦那さんの月収+ボーナス相当がまかなえる額になるように、不足分を付け足すという考えでよい。奥さん、子どもが家賃を払って暮らしていけて、子どもが大学へ行くというときにもある程度困らない額という風に考えればいいです。子どもの大学に関しては、学資保険も支払いが免除になりますし、あとは奨学金でも借りてもらえばいいのではないかと思います。
仮に奥さんが亡くなってしまった場合、それはお葬式代程度が単純に考えられるのですが、それよりも長期の入院やICUなどにかかってしまった場合などを重点に考えられます。それとか子どもがいて奥さんが働いているという場合には付き添いが必要なこともあり、その際に休業すればそういった手当ても保険でまかないたいと考えられる範囲となります。
それでも旦那さん奥さん問わずに、高額医療費の補助というものが申請により受けることができる仕組みになっていて、毎月44000円程度よりもかかってしまった場合には44000円程度のみの支払いで済むということになっていますので、この点も考慮しながら決めるといいです。こうしてみると医療費に関しては割りとかからないで済むと考えられますが、入院すると、雑費がいろいろかかってしまうことが要注意です。比較的元気であれば雑誌やテレビなどは見たいものだろうし、介護が必要な程度であれば紙オムツなどは控除の対象になっていなかったりするからです。また、家族のお見舞いのための通院費、それから時間的な拘束による仕事などへの支障を考慮してもまかなえる額に設定しておくことです。
例えばこのたび父が重症急性膵炎にて入院していますが、こちらの病気は難病に指定されているために、申請によって全ての医療行為は原則無料で受けられることになりました。難病指定の病気であっても審査によっては食費などが自己負担になる場合もあるようです。父の場合は、医療行為、病室代、食費は無料となりましたが、介護用のオムツ母の交通費、病院の駐車場代など諸々の雑費はかかっていて、月4万程度は病院関連で出費があるようです。個人で入っていた保険も、2種類あったようですが、2~4ヶ月程度しか出なかったようです。1年以上の長期入院になる見込みで、自営業のために国民年金が父が先日6月で65歳の誕生日を迎えたときから、でているのではないかと思われます。母は63才同じく自営業で実家の会社役員ということなので、2年後に年金が出るはずです。年金だけでもぜいたくしなければ自宅もあるし何とかやっていけるはずだと母は最近よく言っています。

子どもの保険。
息子は幼いころに気管支炎で入院したことがあったのですが、このとき5日目からではないと保険がおりない保険にしか入っていなかったために負担が大きかったのを思い出していたころ、生協の宅配担当者に説明を受けて当日からも出るということで毎月1000円のジュニア18というものに加入しました。
これが一日6000円でるので、大抵の軽い入院費を十分まかなえるので助かっています。
今年の2月に加入したばかりなのに、早速5日間の入院をし、そして最近も2日間の入院をしました。
宅配員の方にはその後一度だけ会ったのですが、もう感謝でした本当に。
ただ、掛け捨てだということだけはネックだということに、本日ファイナンシャルプランナーの方の話を聞いて考えさせられました。しかもジュニア版ということで18歳までしか加入できないので、万が一大きな病気をしてしまうと、18歳以降の新しい保険に入れない危険性があるというのです。あと、ジュニア18の保険に関して言うと、怪我での通院は保障されているけれども病気での通院は保障されていません(それが病気での入院の退院後であっても当たりまえか?)でした。
子どもは、こういった医療・怪我それにお店の物や人のものを壊してしまったときに使える特約があるといいです。それと学資保険も忘れずに。

団体割引について
わたしも昔職場勤めをしていたころには、団体割引にて保険に加入することができました。現在夫の保険も団体割引が適用になるということで、職場を通した大手保険会社の保険に加入しているのですが、こういった団体割引は何も職場専属のものでなくても、その職場に勤めているという一定の証明書を添付することで、どこの会社の保険でも団体割引料金での加入ができるそうです!前回、別なファイナンシャルプランナーとお話したときには、団体割引保険に入っていると言っただけでこれにはかなわんとあえなく引き下がってしまったので、驚きでした。

さて、こういったお話から次回またこちらのファイナンシャルプランナーの方と会う約束をしているのですが、名刺を拝見させていただくと三井住友海上保険の代理店の社長でもあるためにやはり保険の契約にて利益を得ているものと思われます。息子を一緒に連れて行って同席でのお話だったのですが、息子に貸したボールペンが、8万近くするモンブランのボールペンだったので一層警戒心がましました。こんなにいろんな情報をいただいておいて、警戒しているというのも不届きなのかもしれませんが、高額医療補助のお話は今回説明を受けなかったためです。
やはりいい情報を提供することで、儲けるための道を見出さなければなりませんしね。
それから、わたしはファイナンシャルプランナーの方に会うと決まって言われるのが、どなたか保険の説明を聞きたい方がいたら紹介して欲しいというお話です。そういったときには相手の方もわたしの周りに高給取りのお友だちがたくさんいることを何となく予想しているようですが、実際高給取りの方はたくさんいるし、保険に興味を持っている方も多いので、いいですよと返事だけはしておきます。けれども、やっぱり本当に納得できる保険に加入できたときに紹介しようという気になるものかと思うので、それはわたしに本当に優良な保険プランを作ってきてくれるという意味なのだろうかと期待もしてしまうのです。さあ、次回が楽しみです。

テーマ : 節約・暮らしの知恵
ジャンル : 結婚・家庭生活

多臓器不全3箇所目 重症急性膵炎の父 8月10日

父は重症急性膵炎を患ってから、2度のICUを経験し、現在またリハビリも一からやり直しで少しずつですが持ち直し始めていたところです。
元々飲酒など食が原因でなったわけではなく、内視鏡検査の刺激にて膵炎を起こした父のために、膵炎事態はすっかり収まっているのですが、膵液が体の下半身を中心に広範囲に漏れたために内臓の一部を溶かしてしまいました。
そのひとつが尿管。今回5月に一旦退院できる予定だったのに、ここからばい菌が入ってしまったために腎炎を起こして2度目のICUを経験することとなりました。
更に臓器が損傷している箇所は、大腸です。ここの穴から体の中を伝って、尿管にばい菌が入り、腎炎を起こしたのです。現在は腎臓に生理食塩水を流し込む管をつけて、ばい菌が尿管に入ってこないような流れを作って対処しています。
尿管に関しては体力が回復次第、若しくは、回復を待たずに手術をやってしまう決断をしなければならないときがくるかもしれないという現状です。
大腸に関しては、大腸まで食べた食事が通っていかないように、小腸の終了点から人工肛門であるストマをつけて大腸を休ませることによって、自然に回復して穴がふさがることを待っていました。

これまで見つかっていて対処していたのはこの2箇所だったのですが、何かおかしいということで、造影剤を使って新たに小腸にも一箇所穴が開いていることを発見したのだそうです。
これに関しては先生方の方も、方針がなかなか決まらないで居るそうです。母も、小腸に穴と聞いたことでいよいよダメかと思ったらしいですが、協会病院では何やら北大病院からこうして臓器のあちこちに穴があいてしまった患者さんが移転してきて、その方も治して退院させたということですので、他の病院よりはずっと頼もしいはずなのだと思います。
それから、わたしも過去に調べたデータをぱっと思い出しましたが、重症急性膵炎では多臓器不全が起こった場合に臓器が3箇所ダメになっていれば生存率はゼロだけれど、父の場合は3箇所穴が開いてはいるけれども機能はしているので臓器不全は実質一箇所もないことになるのです。
そのため治る見込みはたくさんあるのだと母に伝えました。

しかし今回の小腸の穴の発見で、今年の退院は不可能となった模様です。来年でも怪しいといいます。わたしもそう思います。
祖母に言おうか迷うところです。先日もわたしに電話がかかってきて、それほどいい話を聞かせてあげられないと「あんたに聞けば少しかいい話が聞けると思ったのに」と、妙にがっかりされて、わたしだって別にいい知らせが言いたくないわけでもないのにという気持ちになるので、できれば電話したくないところです。母も、父の弟がお見舞いに来ていたので、様子を報告してくれるはずだというので、そう思って今日は電話しないことにしたのですが、やっぱり悪いお知らせもしておかないといけないのではないかと思うので、明日にでも電話しておくことにしました。

わたしの方は3月6日に第二子出産予定ですが、5才の息子怜も卒園式と入学式を控えているので義父母がお手伝いに来てくれることとなりました。義母は現役の保母さんで怜と同じ3月15日が卒園式のためにそれまではこちらに来ることができません。しかし祖父はキャンプ場の管理人を主な仕事としているので春は自由が利くために、1ヶ月半産前産後を通して来てくれるということでした。
みんなに話すと反応は驚き半分という感じですが、怜の出産のときにも実際には実家に帰ったのでお願いしなかったのですが義母はすぐにお手伝いしてくれると言ってくれたし、普通はお義父さんが手伝ってくれるなんてなかなかないので、第一子のときに全くわたし自身が体が辛くて動けなかったことを思い出すと本当にありがたい話です。

最近の日々の生活も実に忙しいです。
7月21日に車の単独横転事故を起こしてしまった後処理の保険申請手続き、新車購入手続き、通院が重なっている中、怜が8月4日より腹痛を起こして7~8日に入院、そして本日10日ですが丸一週間ひどい下痢と腹痛に苦しんでいます。その保険の請求、それから看病、つわりもあるのでなかなか食事の準備もままならなかったり、更に怜が入院してわたしが付き添いで不在にしている間に夫は勝手に部屋の模様替えをして、荷物をぐちゃぐちゃにしてなかなか片付かないほどに酷い状況になっています。
そんなときに、楽天を通じて申込をしたファイナンシャルプランナーとの面談が突然入り(メールを見逃していました)、自宅にはとてもお招きできない状況のためにファミレスまで急遽話しを聞きに行ってきたり。
保険の話は、プロに聞いてみると、自分では何度見直してもどうしても乗り越えられなかった壁がすっきりと晴れたという感じがしました。保険に限らず、自分で調べた上でプロに話を聞ける機会があるのであればどんどん利用した方が人生得できそうです。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

AD
ようこそ!にゃんぺいのきまま館へ
AD
プロフィール

にゃんぺいちゃん 

Author:にゃんぺいちゃん 
2009年8月20日開設しました。
専業主婦9年目、男児2人の母です。家族4人とも喘息アトピーのアレルギー体質ですが、食事を中心に気をつける事で、症状がでにくい状態を保っています。ブログは、日々の子どもたちの成長の記録などを通して、母が何を考えて生きて来たのかを遺し、たとえわたしがこの世から居なくなったとしても子どもたちが読み返してみて、どんなことを母が考えて子どもたちに接して来たのかを分かってもらえたらと思って書き始めました。
趣味:読書・オークション売買・子育てのこと・アトピーのこと・お金のこと、漬物作り(梅干し、味噌、玄米づけたくあん、ニシンづけ、ガリなど)、その他生活そのものを味わっています。今は子どもとの関わりがとても楽しくて、けれども掃除がアレルゲン除去に大変有効と気づいて夜中も出来る時には掃除しているため、時間が取れないので以前よりブログにかける時間がありませんでしたが、この春次男が幼稚園に入りましたので少し書けそうです。
子どもたちのためにも、素敵な未来を創造していきたいです。
アレルギー関連の記事は、過去には良かったと思ってやっていたことがダメになったということがよくありますので、時系列に気をつけて読んでみてください。過去のことを訂正しておりません・・・。
たまに更新するので、遊びに来てください♪気ままに、色々なことを書いて行きます。

カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム