スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴパンで玄米100%パンを作る

うちの赤ちゃん、母乳を通じての煮干の酸化油がきっかけでお腹を完全に壊してしまい、今ではすっかり大豆製品と小麦も駄目になってしまっています。しばらくは菜食+お米の生活を続けます。味付けは、味噌も醤油も使えないので、塩のみにしぼります。

そんな中、パンが食べたいと思いました。
うちにあるのはゴパンの2号機です。
これなら、ご飯パンが作れるじゃない!?と思っても、小麦グルテンを投入したり、上新粉を投入する方法でしかゴパンの使い方には載っていません。
うちの赤ちゃんのさとちゃんは、酸化油が駄目です。上新粉は、粉にした時点で酸化が進みやすいのでなるべく避けたいです。小麦グルテンはわたしが駄目だったので、きっと現在小麦も怪しいさとちゃんにとってはグルテンは完璧アウトです。もろ小麦グルテンから作られている車麩を食べたときに猛烈に赤くなったのも思い出しました。

けれどきっと玄米100%だってパンはできるはずです。
だって、うちでは元々砂糖も1gしか入れないし、油は入れないけれども、きちんとふわっとした小麦食パンが焼けていたのですから。

ネットを検索すると、玄米を白米代わりにゴパンで使うためには、玄米を半日水でうるかせばいいというアイディアに巡り会うことができました。
それでは、玄米を半日うるかして、上新粉やグルテンを投入する分の水分を減らせば良いと思いました。

で、玄米320gで水との総量600gになるようにはかり、そこに塩4gを入れて一晩寝かせて作ることにしました。自動投入ケースには、天然ドライ酵母を3g入れました。
すると、量は少なめですが、たったこれだけで玄米食パンモードにてセットすると玄米のパンが出来上がりました!
ゴパンをお持ちの方は、試してみてくださいね。

ちなみにもっと水を減らせばふわっとなるかと思い、更に10g水を減らしてみたら、なぜかべちゃっとなって失敗しました。
長男にも、昨日の作り方で良かったとのことを言われて、適当に入れた分量でうまくいったようです。
砂糖は、入れなくてもお米の甘みで甘いのですが、市販の食品に慣れている舌の方々には甘くないかもしれません。1g程度は入れた方がいいかもしれませんが、我が家をはじめとして、交友関係は大体砂糖を断っているので下手に入れないようにしています。

天然酵母自体、アトピーにはよくないので、酵母の替わりに酢と重曹を使って作る方法もあります。
GOPANでやると、発酵のために待ち時間が長いためにせっかくの重曹のふくらし効果が薄れてしまい、天然酵母を使うよりも膨らまず、餅に近い感じにはなってしまいますが。
水の替わりに10g分の酢を入れておいて、自動投入ケースに重曹を7g入れます。
重曹は苦みが残るのですが、酢を入れる事で苦みを中和してくれます。

GOPANの、お米を使ったメニューがたくさん掲載されている本もあります。
ただ、ここに紹介したような砂糖なし油なしのものではなく、通常の砂糖も油もたっぷりメニューではあります。
それでも小麦を使わないというコンセプトで、美味しいパンが作れるのは嬉しいです。


そして、小麦アレルギーではなくても健康な方にも是非知って欲しい、欧米ではベストセラーになった本の和訳です。遺伝子組換えと、かの有名なモンサントと、小麦の、深くて暗いつながりが見えてきます。
これからのTPPによってたくさんの輸入品が入ってくる中、知っていて食べるのと、知らずして食べるのとでは全然違ってきます。
我が家ではずっと北海道産の小麦粉を愛用しておりましたが、たとえ北海道の小麦であっても既に危険だそうです。一度は読んでおいた方が、人生の得になること請け合いです。



スポンサーサイト

テーマ : うちのごはん
ジャンル : 結婚・家庭生活

自宅でできる、簡単無添加ラーメンの作り方

ラーメンといえば、添加物のかんすいが体によくないことで知れています。
それ以外にも、スープには多量の添加物が含まれていたりします。

うちの長男は、そういった添加物が駄目なので、ラーメン屋さんなどへ行ってもラーメンを食べることができません。
おいしそう、と言って食べ始めても、すぐに食べられないと言って残してしまいます。
そして、そういった影響もあって学校では給食ではなくお弁当を持参しています。

学校の給食では献立に合わせてお弁当を持たせるようにしていますが、週末は麺の日で、ラーメンがかなりの割合で出るのです。
そんなときにはもちろん、スープと麺を別にして、ラーメンを持たせるのですが、市販の麺はやはり食べられないので、ネットで発見した辻安全食品のかんすい無添加のラーメンの麺を茹でていました。これであれば長男は問題なく食べることができました。


で、上の2つを比べていただければお分かりの通り、麺だけであればまだそこそこの値段なんですが、タレも一緒に購入すると、高くなってしまいます。

そこでわたしは、麺だけのタイプで購入して、ラーメンスープは自分で作っていました。
ただ、そこらのラーメン屋さんがやっているような方法で出汁を取っていたら乳飲み子もいる身なのでやっていられませんので、簡単に済ませる方法を考えました。

ニンニク1〜2かけ、生姜大体同量を細かく刻みます。
そして鍋にたたえた水にそれらを投入し、粒胡椒と粉胡椒を少々入れます。
そして、創建社の洋風だしの素を1袋入れます。

あとは、塩、醤油、味噌を適当に調合してそれぞれのスープが出来上がります。
大体の配分は
塩ラーメン・・・塩2:醤油1
醤油ラーメン・・塩1:醤油3:味噌1
味噌ラーメン・・塩1:醤油1:味噌3
のような感じで、適当に調合しています。
油なんかは入れていません。わたしはパンを焼くときにも油を入れませんが、ふっくらフワフワの普通の美味しいパンが作れます。油って、入れなきゃいけないと思い込んでいるものって多くあるかもしれません。

しばらくはこうしてスープだけを作ることで満足していたのですが、そのうちラーメンの麺の高さも気になりました。
だって、ラーメンの原料を見ると、小麦粉とクチナシ色素だけで、なにやらそうめんにただ黄色色をつけただけ、みたいなものに見えるんです。それなのにこの高さはないよな〜と思いました。もちろん、安全性の高いラーメンを買えることには感謝しているのですが、これだったらそうめんでもいいんじゃない?と思ったのです。
そしてまた、こういったラーメンの代替としてお弁当に詰めて行くのにピッタリなのは、そうめんではなくて、冷や麦だと気づきました。
早速冷や麦を買ってきて試してみると、夫にも息子にも好評でした。何ら変わりないのです。
こうして無添加ラーメンを買うことをやめて冷や麦に替えたことで良かったのは、価格の面だけではなく、麺の原料を北海道産小麦を選んで買えるというオマケまでついてきました。いい素材のものを選んでも、これまでよりも全然安上がりになりました。
うちの息子は市販のラーメンを受け付けない体質をしているということもあるのですが、わたしの作るこのラーメンが、ラーメン屋さんのラーメンよりも美味しいと言って、喜んで食べてくれます。

テーマ : 日々のこと
ジャンル : 結婚・家庭生活

シリコンケーキ型、いいです!

なにかと手作りでケーキを作ることの多いわたし。

やっぱり作るからにはとことん美味しさにこだわって作りたいもの。

レシピはもちろんのこと、材料、材質なども実験して使い勝手を調べています。

そんなわたしが気が付いた、ケーキ型に関する焼き加減の違いについてを紹介します。

① 金  属・・何度も使えるのが良いが、焼き上りがぱさつく
② 紙・・・・・一度しか使えないが、焼き上りも金属よりしっとりとしている
③ シリコン・・型から取り出しやすく、焼き上がりもぱさつかない

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

ヘルシーお菓子

子どものお菓子には、やはり体に良いものをと思いますし、夫婦そろってアトピー体質なので、食べ物には特段の気配りをしている我が家です。

ポップコーンは、ポップコーン豆(ポップコーン用のとうもろこしを乾燥させて粒にしたもの)を、バターと塩と一緒にフライパンで炒って作っています。ポップコーン豆は、国産のものを使っていますが、時期であれば産直市場などで時々見かけますが、時期でなければ安価に入手することが難しく、インターネットくらいでしか見つけることは難しいです。

ポテトチップスは、ノンフライのものを電子レンジで作ります。8分かかるのですが、袋で100円で買ってくるのと、電気代+イモ代は、さほど差がないかと思いますので、油を使わずにおいしく作れるノンフライポテトはおすすめです。

ホットケーキは、ミックスを使いません。使わないことでのメリットは、国産小麦粉を使えることと、砂糖分を控えることが出来ることと、何より、ミックスよりも断然に安いことです。作り方は、わたしのブログのほかのページに載せていますので、チェックしてみてください。簡単です。

素朴で簡単に作れるものを、今後もどんどん増やしていきたいです。

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

簡単、ごぼうの皮むき

ちまたで最近話題の、ごぼうなどの皮むきが簡単にできる手袋というものがあります。

しかし、みかんなどが入っているオレンジ色のネット、あれを手袋のようにはめてゴシゴシこすると、簡単に皮むきができます。

使用後は、食洗器に入れて洗って、フックに引っ掛けておいてます。

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

AD
ようこそ!にゃんぺいのきまま館へ
AD
プロフィール

にゃんぺいちゃん 

Author:にゃんぺいちゃん 
2009年8月20日開設しました。
専業主婦9年目、男児2人の母です。家族4人とも喘息アトピーのアレルギー体質ですが、食事を中心に気をつける事で、症状がでにくい状態を保っています。ブログは、日々の子どもたちの成長の記録などを通して、母が何を考えて生きて来たのかを遺し、たとえわたしがこの世から居なくなったとしても子どもたちが読み返してみて、どんなことを母が考えて子どもたちに接して来たのかを分かってもらえたらと思って書き始めました。
趣味:読書・オークション売買・子育てのこと・アトピーのこと・お金のこと、漬物作り(梅干し、味噌、玄米づけたくあん、ニシンづけ、ガリなど)、その他生活そのものを味わっています。今は子どもとの関わりがとても楽しくて、けれども掃除がアレルゲン除去に大変有効と気づいて夜中も出来る時には掃除しているため、時間が取れないので以前よりブログにかける時間がありませんでしたが、この春次男が幼稚園に入りましたので少し書けそうです。
子どもたちのためにも、素敵な未来を創造していきたいです。
アレルギー関連の記事は、過去には良かったと思ってやっていたことがダメになったということがよくありますので、時系列に気をつけて読んでみてください。過去のことを訂正しておりません・・・。
たまに更新するので、遊びに来てください♪気ままに、色々なことを書いて行きます。

カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。