スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長沼ぐるり一巡り

ここ10日ほど風邪で寝込んでいた息子、怜。
寝込んでいたのは10日ほどだけれど、その前から更に10日ほど調子のすっきりしない日々が続いていました。
いよいよ倒れてしまったという感じで、珍しく大嫌いな昼寝をする日々が続いていました。
咳と鼻水が治らず、ついに中耳炎になってしまい、高熱が出て2回ほど病院へ行っています。

半端にぐずついている風邪だと、幼稚園から帰宅後も寒い中お友達と遊び続けていて、週末もお友達の送別会を30人規模でしたものに参加したのではしゃいでしまい、その翌日の10月23日(日)は更にそのお別れするお友達を含めて3家族で長沼へ行く予定が、怜は夫と一緒にお留守番でした。

その長沼、意外におもしろいスポットがたくさんあったのです・・・!
わたしなどはあまりお出かけに関して探究心がないほうなので、人に連れて行ってもらった場所しか分からないのですが、怜も一緒だったら楽しかったなぁ・・・・この思いばかりが強くなってしまいました。

そして今日、28日(金)は、千歳の協和にある「ガイア農場」さんへ、豚肉を購入に行く日なのに、怜は幼稚園を休んでいました。病み上がりのために、幼稚園でみんなとはしゃぐほどの体力は回復していないみたいなので、休ませていました。ガイアさんのお肉は、抗生物質などを与えずに平飼いで育てた健康な豚のお肉を生で購入することができるのですが、引き取りに行く日にちが決まっているのです。わたしは今回初めて購入し、引き取りに行くことになっていました。本当は寝かせておきたいところだけど、仕方ない、一緒に連れて行きました。

千歳の果ての方という感じの場所にありました。
そして、鶏が散歩していて、牛が一頭、うさぎが二匹、犬が何匹か周りを見渡すといました。
それから、蛇も!!
CA3G0060.jpg
青大将の赤ちゃん蛇のようですが、ゆうゆうと散歩中でした。
怜はとても捕まえたかったようです。そして、虫かごに入れたかったと言います。
いやぁ、虫かごがこの場になくて良かったと思ってしまいました。

そして少し離れた場所に、豚の放牧地があると言われ、怜はどうしても見たいと言うので、案内してもらいました。
たくさんの放牧豚が、一気に集まってきました。
豚舎で飼っている豚というのは、肺炎にすごくかかりやすく、みんな肺炎になってしまうので抗生物質をいつも与えているのだとか。もちろん放牧ではそんな必要ないんです。
それから、土を食べている豚がいました。
これは土からミネラルを摂るための行為なのだとか。豚舎ではわざわざ土を買ってきて与えているのだとか。
怜は、豚がおしっこやうんちをするのが楽しいらしく、寒いのにいつまでも居座りたがって困りました。
病み上がりなので真冬用の上下を着せてきて、正解だったと思いました。
そして、ソーセージ、ひき肉、モモ薄切り、モモブロックを購入し、帰路を急ぎました。

ところが12時。怜はおなかがすいたと騒ぎ始めました。
家まで待って、途中のサツドラでパンでも買っていこう・・・と言って思いつきました。
ここ、長沼に近いんですよね。
せっかくここまできたのだから、まだ前回長沼に行ってから5日ほどしか経っていないけれども天然工房のパン屋さんに、忘れないうちにもう一度行きたいと思いました。

だけどもどうもこうも、ナビ検索しても出てこないし、地図も持ち合わせていない。
道が極度に苦手なので、たどり着けるか分からない。
それでも怜は長沼のパン屋さんに行きたいと言って、きかなくなってしまいました。

いけなくてもおなかすいても我慢できる?と確認を取りつつ、とりあえず車を走らせてみました。
セイコーマートがあったので、ここで道を聞こうと駐車場に入ってみると、あまりの車の多さに驚いてしまいました。ざっと30台くらいは止まっているのです!!こんな繁盛するコンビにもあるのだなと、ただ感心。そういえば、八雲町熊石にただ一軒しかないコンビには、全道一の売り上げを誇っているとか・・・。やはり辺鄙なところの営業って、辺鄙だからこそ需要のあるものもあるのだと感心するばかりです。

で、このコンビニにはとても入る気がしないので出てみると、すぐ近くに道の駅があることを発見しました。
建物のところに来て見ると、ずっと昔に来た覚えはありました。
中に入って、かぼちゃ餡曼を買い道を尋ねました。
地図を見ながらだけど、何度か間違いながらも、なんとかお目当てのパン屋さんに着くことができました。
名水の奥の道を行くと、そのパン屋、「POTORI BAKERY」 はありました。

天然の塩、北海道産の小麦、マーガリンは一切使わずバターのみ、水はすぐ近くの名水、野菜は無農薬有機野菜、といったこだわりのあるパン屋さんのため、お値段はちょっと張ります。
お土産に色々買ってかえったら、夫は「このパンすごく高いんでしょ・・」と、恐る恐る言うので、「だから早くホームベーカリー買おうって言ってるでしょ?」なんて言っていたりします。最近はみんな普通に持っていますよね。うちもこだわらなければすぐに買えるのでしょうが、どうせ買うならゴパンがほしかったりします。最近ゴパンの2作目が発売になったようで・・・手が届く範囲に収まってくれるといいのですが。

さてさて、続いて、絵本屋さん「ぽこぺん」へと行きました。
怜は、絵本が大好きな子なので、こういう良書がそろっている絵本屋さんに連れて行ってあげたいと思っていました。恐らく買わされることになってしまうだろうと思いつつも「今日は買わないからね、見るだけ。今度インターネットのお店で買ってあげるから」などと言っていました。でもネットだと遅いから嫌だとか、早速お店に行く前からおねだりモードがぷんぷんと漂ってきました。
買わないのであれば行かなければ良いというのもひとつなのですが、すぐに何でも買ってしまうという癖をつけるよりも、じっくり買い物できるというスタイルを身に付けさせたいと考えてもいるのです。
それから、良書のそろっている本屋さんだからこそ、出会える本もあるということを知っています。
そして怜が気に入ったのがこれ、「せんろはつづくまだつづく」です。
41381ADKLmL__SL500_AA300_.jpg
ネットで検索すると、シリーズとして3冊ほどありました。

読んでみて、これは本当に面白い絵本だと思いました。
線路を作りながら進んでいく子どもたち、そして崖があったら?お客さんがたくさんいたら?そのつど、こうしたらいいんじゃない?と軽快なリズムで進んでいきます。想像力を掻き立てられて、楽しいタイプの絵本です。
「買って~!」攻撃が一層ひどくなっていきました。
「おうちに帰ってから、パパに相談してからにしようね。今度そうきくんと一緒に来たときに買えばいいんじゃない?」わたしはこの絵本屋さんに、同じ社宅の階段の1階に住んでいる2歳の男の子を連れてきてあげたいと思ったのです。それから、あのパン屋さんにも。
パパには相談しなくても、買っていいといってくれるのは分かっていました。買っていいか聞く前に買った時には、怜からパパへ「どうもありがとう」と言うように、毎回伝えています。怜は、はずかしいと言いますが、わたしは「パパが働いてくれているお陰で、怜はこういうものが当るのだから、何か当ったらきちんと感謝の気持ちを言葉で伝えないといけないよ」と言い聞かせています。
けれども今回はどうしても言うことを聞いてくれなさそうです。
今買わなかったらなくなっちゃうかもしれないというんです。そんなの、ネットでもいくらでも手に入るし、今まで後でと言ってそのまま買わなかった、なんてことは無いというのに、割といつもこの手のことを心配します。

わたしも納得できる良書だし、買おうかと思ったときに、ぽこぺんの方が幼児向けの雑誌の付録をたくさん持ってきて「今度お父さんに相談してからまた買いにくるんだったら、どれか好きなのをあげる。絵本はお店の後ろの方にかくして置いてあげる」と言ってくださるのです!!「それから、そのお友達にも一つ」と言って、音のなるおもちゃをくれました。こういった雑誌はお店を見渡す限り置いていませんが、おそらく出版社から見本として本と一緒に配られるのでしょう。
怜は、最近集めたいといっている戦隊物のグッズである「レンジャーキー」の金色の豪華なものを手にしました。
おかげさまで怜はウキウキで、おとなしく本を手放しました。
こちらのお店の店主さんと思われるおばあちゃんは、昔保育園の先生をされていたのだそうです。
さすが、パン屋さんでは小学生に間違われた怜ですが、元先生ともあってきちんと幼稚園児と分かってくださっていました。
先生は、「今の人はみんな勝手に買っていってしまう。なかなかお父さんに確認してからなんていわない」と言っていました。わたしは「なるべくならそうしたいんです」とだけ言っておきました。
そして、いつになるかわからない買い手のために、本をとっておいてくださいました!!!
名前も聞かれないままです。
なんだか、あったかみがある感じがして、ますますこの絵本屋さんのことが好きになってしまいました。

こうして絵本屋さんを出てからしばらくすると、ピアノ教室用のアラームがなりました。
30分前になるようにセットしているのですが、すっかり忘れていたため、ぎりぎり間に合いました。
けれども、さんざんあちこち連れまわしてしまったので、怜はもうぐったりしていて、ソファーにねっころがる始末です。宿題も、ぜんぜんしていません。

ピアノ教室後、わたしはちょっとした買い物をしたかったのですが、怜はもう疲れたと怒り始めたので帰ることにしました。

帰宅後、早速ひき肉を使ってハンバーグを作り始めました。ガイアさんが絶賛していたのでどれほど違うのだろうかと思っていたら、いつもの材料(ひき肉、たまねぎ、パン粉、豆乳、卵、ナツメグ、味噌、塩)なのに、ふゎっとしてとろけるような感じの仕上がりになりました!!そして、外側はカリッとしています。
なんと美味しい~!!!怜は、大好きなびっくりドンキーよりも両手を広げてこんなにもっと美味しいとほめてくれました。
一緒に並んでいる野菜も、殆どが無農薬無肥料のものばかりがそろっているし、なんて贅沢な食卓だろうと思いました。

夫は、どうやらたくさんの高い買い物にご不満のようで。
値段は張るけれど、変なものをたくさん食べるよりも、いいものを少し食べたいです。
そりゃおなかがすくほど少しでは困るので、最近の我が家の食卓はボリュームはそのままでも、質の高いものへとシフトしてきています。
だからもしかしたら少しは食費が上がっているかもしれませんが、全体として色んなものが安上がりに済む様になってきたりもしているので、それほど家計を圧迫はしないと考えてやりくりしています。
絵本についても、買えばよかった、また行く必要なんかない、とか言います。
別に、そうきくんのところ誘っていくから一緒に行かなくていい、と言いました。

長沼へ行くときのコースもすっかり覚えたし、ガイア農場 → POTORI BAKERY(火・水定休)→絵本屋ぽこぺん(金土日月のみ営業)という具合に、これからもうまく行ければいいなと思っています。
スポンサーサイト

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

趣味と実益を兼ねた古本収集

わたしは本が大好き。
図書館にはやたらと在庫のない本を大量にリクエストするために、図書館員の方にはかなりの割合で顔と名前を覚えられているほど。いつも遠くの図書館より取り寄せてくださって、感謝しています。

息子の怜も、絵本が大好き。毎晩眠る前には絵本を読むのが習慣で、あまりにも準備が遅かったり約束を守らない場合には絵本抜きにするのですが、そのときはご機嫌超斜めで泣くほどです。

夫も負けずに大好き。

なので、無料や格安で本をゲットできる古本市には、マメに足を運びます。
3ヶ月ほど前には恵庭の古本市へ、そして昨日は千歳の古本市へ行きました。

恵庭に行ったときは、夫は仕事のために行けなかったのですが、子供向けの絵本がたくさんあって、本当に良かったです。軽自動車の後ろ半分に山積みにして帰ってきたほど、たくさんもらいました。とはいっても、恵庭の場合、絵本は10~30円、美術書などは100~200円ほど、他に無料の本もたくさんある、という仕組みでした。
車に積んだ本のうち、半分は息子怜のための絵本で、残り半分のほとんどは、わたしがamazonで出品するための本でした。絵本を結構買ったのと、美術書や料理本などを4冊程度買ったけれども合計1000円に収まる支出でした。

これを翌日amazonで価格チェックして、利益になるものだけを出品し、あとはリサイクルショップへ売りに運びました。そうでもしないとこの狭い部屋では収納もままならないんです(うちの間取りは6畳×3部屋という感じで収納も広くないです)。そうして、手元には息子の絵本が大量に残り、出品の本を何点かという具合でした。

中にはamazonで5000円ほどの利益で売れた本がありました。写真集なのですが、プロの写真家の方が買われて行きました。わたしはこれを古本市で200円で購入したのですが、表紙が白黒写真で裸の女の人が後ろ向きに木からぶら下がっている本なので、はて、こんなの買う人いるんだろうか?くらいに思いながら買ってみたものでした。
商品の実際のページ
定価が高いので、安くてきれいなものをありがとうございましたと、購入してくださった写真家さんから丁寧なお礼状をいただきました。なんだか、恐縮ですが喜んでいただけたようで本当に良かったと思った出品になりました。

あとは750円ほどの利益で2冊amazonで売れたのと、ヤフオクで4000円の利益で売れた本が1冊ありました。タダで仕入れた本ばかりです。なんとボロい商売でしょう!!とは言っても、結構重労働でしたよ。おまけに恵庭の図書館に開店1時間30分前に行ってしまい、たいくつだったので本の仕出しの手伝いもしていたので。

そして今回、千歳市の図書館のリサイクル本市では、全て無料だけど一人20冊と冊数制限があります。
過去2回ほど、出遅れて行ったのですが、絵本は全く無かったので、今年は気合をいてれ8時20分に行きました。
9時50分から整理券を配り10時15分開店なので、1時間30分前には居たわけです。それでも、わたしの整理券で30番でした。開店同時に60番の番号までは入れたのですが、先に児童書のところへ駆けつけると、すでに10人くらいの子どもたちが群がっているのです。だけど、親が一緒の子はあまりいない(親も自分のを見るのに必死なのでしょうね)ので、どんどん怜によさそうな絵本を選ぶことができました。
恵庭のほうは、キャラクターの本もたくさんあったし児童書が本当に豊富だったのですが、千歳は限られた感じでしかもキャラクター系の絵本は本当に少なかったです。それでもアンパンマンの絵本や車、トーマスなどを入手できました。わたしも絵本探しに夢中になりました。その中でも「さんしょっこ 著:安房直子」がまぎれていて、思わず「あっ!!!」と、声を出して、夢中で手にしました。安房直子(あわなおこ)さんの作品に「鳥」という物語があって、中学校のときの国語の教科書に載っていたのですが、初めて物語って面白いと思わせてくれた作品でした。最近、図書館に「安房直子全集」という、何巻かに分かれた本があることを知り、借りて読んだ中に「さんしょっこ」のお話がありました。もう、嬉しくて仕方なかったです。

雑誌は無料なので、子供向けの物語がたくさん載っている「おひさま」などの本もたくさんもらい、30冊以上絵本関連の図書をもらいました。
わたしの方はと言うと、いつものように商売のためにも本をゲットしつつ、なんだかわたしが興味ある内容の本がたくさんあるんです。こんなことは古本市では初めてなくらい、たくさん面白そうな本があり、選んでいるだけでワクワクしました。普段であれば、読みたい本もたいした得られず、雑誌をたくさん持ってかえる感じなのですが、今回は雑誌は1冊だけでした。
さっそく帰宅後にamazonを検索してみたのですが、今回はそれほど高く売れる本はあまりありませんでした。図書館の入り口にある「リサイクル本棚(誰でも自分の不要な本を無料で提供できる場所)」にあった、モネの美術書がどうやら一番高額になりそうで、それでも売れた場合は2000円程度の利益です。

物置があるなら、遠慮なく在庫を増やせるんですけど、限られたスペースで利益の狙えるものだけを在庫にしています。
物置を借りようかとも、だいぶ前から思ってはいるんですけれど、近くのシャッター付車庫で月額7000円程度してしまうんです。2000円くらいだとよかったのになぁ。

そして、本をゲットした後は、図書館の隣の森で開催しているふるさとポケットへ行きました。毎年、ほぼ同じことをやっているのですが、子どもが遊べるイベント広場もあるので、同じようなことでもまだまだ遊べていいです。

盛りだくさんだったせいか、予約していた図書が入荷されたと連絡が来ていたし、またリクエストしたいものが何冊かあったのに、カウンターに行くのをすっかり忘れてしまいました。

何はともあれ、充実した一日だった。

我が家の神隠し

先日、息子の水筒が、紐だけ残してどこかへ消えてしまい、それっきり出てきません。
運動会もあったのに、ペットボトルを水筒ケースに入れて持たせたり。
そのうち出てくると思っているんですけどね、早1~2ヶ月経ちます。

それから、昨日は、なぜかわたしのスリッパの片方が消えてしまいました。
毎日履いているし、片方だけ別のところで脱いだままにするとかするはずがないし、部屋の中でスリッパが隠れてしまうような場所もないし・・・全くもってなぞです。

どこを探しても無いんです。
そうだ!これはきっと「こびと」のせいに違いない!わたしは確信しました。
ちまたで知る人ぞ知る、こびととは、こんな存在です。

こびとづかん公式サイト
「間違いないよ、こびとがやったんだよ!!」と息子に言うと、なぜかワクワクした感じで
「どこ?どこにこびとがいるの?何こびとがやったの?こびとだよね~、きっと!」などと言い出しました。
調子にのって、わたしは「怜の水筒もきっとこびとが隠したんだよ」と言いました。
「どうしよう」
不安そうになりながらも「おう~い、こびとさん!!出てきてぼくの水筒返してくれないと、つぶしちゃうよ!!!」
と叫び始めました。
なんとも、物騒な。
「ちょっと怜くん、それでこびとさん出てくると思う?つぶされたら嫌だからでてこなくなっちゃうんじゃないかな?」
「あっ、そうかぁ」
「何て言えば出てきてくれそうかな?」
「う~ん、わかんない」
「とにかく一番の目的は返してもらえればそれでいいんだから、怒んなければいいんじゃない?怒ると分かっていたら、怖くてでてこれなくなっちゃうよね??」
「そうだね♪こびとさ~ん、怒んないから、早く怜の水筒返してちょうだい!!」
「返してくれればいいよね。でも、それママがどっかにやってしまったかもしれないの。しばらく使わないからしまっておこうって思って、どっかにしまった気がするんだよね。だけどそれをこびとさんがどっかに持って行ってしまったから見つからないのかもしれない・・・」

その後、スリッパはなぜか洗濯機の中の洗濯物にまぎれて見つかり、水筒は保育園にお預けにしようと寝具や着替え一式を準備して結局預けなかったためにセットにしたままにしておいた荷物の中からみつかりました。

ごめんね、こびとさんの性にして・・・。

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

自転車こげたよ♪ピアノも出来た!英語も好き★

あと2ヶ月で5歳になる息子、怜は、まだ補助輪がとれていませんでした。
周りの幼稚園児は割りと3才で取れている子も多いのですが、わたしはあまりそういうことが気にならないし、自転車なんてそのうちこげるようになるという風にしか思っていませんので、とりわけ練習しようという気にもならならずにのんびり構えていました。

そんな中、夫は冬になる前に補助輪をはずしたいと、思い立ったかのように昨日9月19日に外して、怜の練習を開始しました。
わたしは家の中でのんびりしていましたが、ちょっと時間が経ってから連絡が入ったのでベランダから見てみると、あっという間に自転車を補助輪なしでこいでいます。あっ、あぶない!!縁石にぶつけて足を痛めました。
泣いているので、もう練習をやめるのかと思いきや、そのまま夕方まで練習を続けていました。

あっという間に乗りこなせるようになり、もう補助輪は不要になりました。
車体自体が重く、こぎにくい自転車なのですが(わたしが前にこいでみた時に、これが子供用かと驚くほど重かった)脚にもだいぶ力がついたようで、よかったです。

それから、おととい、わたしの弟から買い替えのために不要になった電子ピアノをいただいたのですが、今までピアノをやめたいとか、家では練習しないとか言ったり、譜面もイマイチ読めないで取り組まなかったのに、級にバリバリと時間があればピアノに触るようになりました。
やっぱり、あたらしくて大きな電子ピアノがよかったのでしょうか?これまで練習に使っていたのは、かれこれ20年ほど前にわたしが祖母より買ってもらったキーボードだったものですから。子どものやる気って、何がきっかけになるものか分からないものですね。形から入るのも、一つの手なのかもしれません。

思い返せばピアノを習い始めたのは今年の5月からで、丸5ヶ月練習していることになります。
まだまだたくさん弾けなくとも、日々歌の音程もしっかりしてきたり、頭脳が明晰な感じになってきたり(気のせいかな?単に年齢的に成長したというだけでピアノのお陰かどうかははっきりしないですね)そんなところがいいなと感じています。
やめたいと泣いたこともありました。
そのたびに、わたしはしっかり怜の言い分を「そうか、そうか」と聞いてきました。決して否定はしないように。
で、「ママは、続けて欲しいな。続けていたら、今はまだ弾けなくても、だんだん色んな難しい曲やかっこいい曲が弾けるようになるよ。」とか、「チップ&ディルも聞かせて♪って言ってるよ」などと言ってきました。
チップ&ディルはディズニーのキャラクターのいたずら好きの子リス2匹なのですが、息子が大好きなキャラクターで、割と普段の会話に普通に登場させています。わたしが言ってもやる気にならないときも、チップ&ディルの効果はすごいんです(笑)
わたしとしては、すぐに投げ出す性格にはなって欲しくないので、一度やると決めたことはしっかりやりとおして欲しいのです。
そもそも怜自身からピアノを習いたいと言い出したのですが、そのときにすぐにやめたいといわずに続けられるかい?と、確認を取り、続けるようにママは応援するからねと予め伝えていました。
わたしの中では、勝手ながらに少なくとも、小学3年生を目標にしています。
理由は以前ブログで紹介したこともあるのですが「赤ちゃん学」という研究があり、その最新の情報では、幼い頃からの習い事はおよそ10歳に達するまで続けていれば、一生ものとして身に付くけれど、それ以前にやめてしまえばすっかり忘れてしまうという話があって、実際に夫が幼児期だけプールをやっていて結構いい線いっていたようですが、現在はさほどでもないという経験があるとも言っていたからです。
これらが絶対的であるかどうかはわたしはそういうものは常に疑っていますが、少なくとも10歳って、何かラインがあるような気がするのです。それに、「続ける」ということ事態に価値があると思います。
なので、怜は一時期、ピアノをやめて英語をやりたいと言い出しましたが、わたしはそれに対してイエスともノーとも答えず、ピアノに目を向けるように諭しました。

英語に関しては、もっと幼い頃にわたしが英語教材などで一生懸命英語を聞かせる機会を作るようにしていました。もちろん、わたし自身が英語の絵本の読み聞かせなどもしました。幸いなことに、NHKの英語であそぼが好きなので、それも同じものですが何度も見たりしています(とは言っても、そもそもテレビを付ける習慣のないわたしなので、リクエストされたときにたまに見せてあげる程度です)。
わたしが怜に対して幼い頃に目指していたのは、実は、英語の発音を聞き分けたり、発音できるようになることのみでした。それ以上は、がんばってもわたしも疲れるし、子どももストレスになりそうだったので、楽しく触れられる範囲にしておきました。
それが最近英語に急に興味を持ち出したのには、わたしがネットで英語を使って取引していて、英語が出来ると色んな人とコミュニケーションができたり、将来やれることの幅が広がるし、今からやっていればペラペラになれる・・・などなど、そういう「英語をやることのメリット」をたくさん話しているからだと思います。
普段の食事中などにも、「これは英語でなんていうの?」など、たくさん聞いてきます。

だけど、怜が英語でいうのは、なぜか「I'm hungry!!!(おなか減った)」ばかりなんですよね。

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

マクドナルドへ行ったときの話

昨日、親子3人でマクドナルドへ行きました。
親子で行くのは2回目です。実は普段は意識的に避けて通っている場所です。
理由は、きちんとした食生活を子どもに身に付けさせたいというのが一番です。

で、前回も今回も、行った理由は、マックカードをもらったからです。

昨日は、札幌の帰り道、本屋で買い物したときに、マックカードが財布に入っていたのをたまたま思い出したからでした。
ポテトやバーガーを札幌のドライブスルーで買ったのですが、皆、ちょっとおなかがすいていたのか満足せず、恵庭にもマックがあったので寄りました。
こちらはドライブするーではなかったので、店内に入ったのですが、そこそこ食べて割とおなか一杯だったはずの息子が、「ハッピーセットが食べたい」と言い出しました。
えっ、ポテトもバーガーもさっき食べたのに、さらにそれじゃあ食べすぎだから、また今度にしようと言っても、「お願い、今回だけだからぁ・・・!」と、かわいくぺたぺたくっついてきてお願いするのです。
そんな折、夫がソフトクリーム100円だからこれがいいんじゃない?と言うと、あっさりソフトで納得しました。
わたしもソフトクリーム、夫はバーガーもう一つでした。

そんな様子を見ていてかどうか、後ろの若いおねえさんが、「ぼく、おねえさんハッピーセット頼むけどおもちゃいらないからぼくに上げるよ、好きなの選んで」というのです。
怜は喜んで選び、元気にありがとう!と言って、受け取りました。
わたしも、彼女の真意を聞きたいまま聞けず、ありがとうございますと頭を下げて席に着きました。

よほどかわいそうに見えたのでしょうか、それとも偶然ハッピーセットを選ぼうと思っていたところにおもちゃの欲しい子どもがいたものだからくれたのか。
確かにハッピーセット、300円代で買えるから、小食な方にとってはおもちゃがなくてもお得なんですよね。
それに、おもわず習慣的に調べてしまうのですが、ハッピーセットのおもちゃがヤフオクで結構な値段で売れていたりしますね。新品未開封のものでは、人気のものであればバーガー代くらいになってしまうものもあるようです。
いやぁ、なんてお得なハッピーセットなのでしょう。
そんな貴重なおもちゃを惜しみなくうちの子に譲ってくださったおねえさんに感謝です。

そうそう、ホームページにクーポンなんかもあるみたいですね。
普段、マックには興味がないので全然知りませんでした。
マックのお得なクーポンはこちら↓
http://www.mcdonalds.co.jp/sales/new/smileplus/index.php

テーマ : 育児日記
ジャンル : 育児

AD
ようこそ!にゃんぺいのきまま館へ
AD
プロフィール

にゃんぺいちゃん 

Author:にゃんぺいちゃん 
2009年8月20日開設しました。
専業主婦9年目、男児2人の母です。家族4人とも喘息アトピーのアレルギー体質ですが、食事を中心に気をつける事で、症状がでにくい状態を保っています。ブログは、日々の子どもたちの成長の記録などを通して、母が何を考えて生きて来たのかを遺し、たとえわたしがこの世から居なくなったとしても子どもたちが読み返してみて、どんなことを母が考えて子どもたちに接して来たのかを分かってもらえたらと思って書き始めました。
趣味:読書・オークション売買・子育てのこと・アトピーのこと・お金のこと、漬物作り(梅干し、味噌、玄米づけたくあん、ニシンづけ、ガリなど)、その他生活そのものを味わっています。今は子どもとの関わりがとても楽しくて、けれども掃除がアレルゲン除去に大変有効と気づいて夜中も出来る時には掃除しているため、時間が取れないので以前よりブログにかける時間がありませんでしたが、この春次男が幼稚園に入りましたので少し書けそうです。
子どもたちのためにも、素敵な未来を創造していきたいです。
アレルギー関連の記事は、過去には良かったと思ってやっていたことがダメになったということがよくありますので、時系列に気をつけて読んでみてください。過去のことを訂正しておりません・・・。
たまに更新するので、遊びに来てください♪気ままに、色々なことを書いて行きます。

カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。