スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校給食が危ない!!

我が家は4人家族のアレルギー一家。
小学1年生を終え、この週末には晴れて2年生に進級しようとしている長男怜も、例外無くアレルギー持ちです。
ただ、反応は激しくない。
ちょっと体に悪い添加物などを摂取してしまうと、鼻の下が赤くなったり、喘息っぽく咳が出たりします。
けれども、普通のママであれば、よく注意していないと分からない程度かも知れません。
それが食べ物が関係あるとか、父母ともにアレルギー持ちであるというような前提が無いと、見過ごしてしまうかもしれないということです。

事実、最近の子は本当にアレルギーが多くて、けれども気にしていないご両親も多いんです。
牛乳、卵アレルギーだというのに、常食していたり、うちの怜と同じような症状だというのに、注意すればいいことを教えても素知らぬ振りだったり。
面倒なことや、楽しくないことにはなるべくかかわりたくないですものね。わたしもその気持ちよく分かります。

けれども最近、更にそのようなことは言っていられなくなってきました。
TPPの関係で、遺伝子組換え食品が本格的に日本に上陸してくるはずだからです。
遺伝子組換えで有名なのは、キングコーンという種会社のモンサントが開発したとうもろこしです。
実は、コーンスターチや異性化糖液糖などの加工された形態で、日本にすでに大量に入って来ているのです。
加工された状態で入ってきたものは、「遺伝子組換え」と表示しなくてもいいからです。
こういったものを避けるために、市販のアイスやデザート類は特に注意しておかないとなりません。また、スナック菓子のカールは遺伝子組換え率が高いということで有名です。
遺伝子組換えって、何がそんなに問題か、簡単に言うと、食べ続けると発ガン率がとても高いということです。
これも、発売前には短い期間の実験しか行われずに問題なしとされたのですが、非公式な実験がフランスで行われた結果、大きな腫瘍ができたラットが多数いました。
そんな遺伝子組換え食品ですが今はひっそりとですが、TPPの関係でこれからは大手を振って入ってくる可能性も高いです。
なぜなら、数多くの添加物も、これまでに日本はアメリカや西欧諸国の圧力に負けて、解禁してきたという経緯があるからです。そして、諸外国で認めていない添加物も、日本では多々OKを出しています。

一番、守りたいけれども危険にさらされがちなのは、学校給食ではないかと思います。
安い素材で、アメリカの売りつけたいものを大量に買って来たのも、学校給食です。
毎日、わたしは給食の献立を見ながら、怜のお弁当を作ってこの1年を過ごしてきましたが、この添加物なんとかならないかなといつも思いながら調理していました。

そりゃ、怜は毎日わたしの手作りなので、そんな添加物の心配は無いです。
素材から、かなり厳選して選んで、手づくしていますから。
けれども大多数の子どもたちが給食を食べて育っているのです。
1日3食のうちのメインの1食です。これは大きい。
たまに聞く話し、自分のおかあさんが何もしない人だったから学校給食だけが頼みの綱だったという子も、中にはいるのではないかと思います。
わたしは日々の献立で、ベーコン、ウィンナー、ナゲットなどの加工して粗悪な肉を使っていて添加物にまみれていて、しかも単価が高いものを買う余裕があるのであれば、これらを普通の脂身の少ないブタもも肉ブロックを買って、細切れにして使えばいいのではないかといつも思うのです。脂身には有害なものが溜まりやすいからです。それでも、こういったお肉を調理する人手の賃金を考えると、ベーコンの方が安いのでしょうか?そんなはずはないと思います。献立を考える人間の、単純な思い込み「これを入れておけば美味しくて残す子が少ないんじゃない!?」みたいな感じではないかと思ってしまいます。

献立にはいつもこう書いているんです。
丸パンとお米は地元のものを使っています・・・・
ほとんどのパンは、丸パンではなくて食パンなので、つまりは食パンにはアメリカ産の小麦を使っていると考えていいのかと思います。それから、野菜や肉の産地は問い合わせなければわからないです。

怜は、2年生になっても、お弁当を手づくして持たせます。
ありがたいことに、怜はわたしのお弁当をとても喜んでくれています。
給食は心配ですし、それを食べ続けている子どもたちのことも心配です。
とはいっても、普通のご家庭では素材をそれほど厳選して買って来て調理している家もあまりないかもしれませんし、むしろ給食程度気をつけていれば上出来なのかもしれません。

この春から学校給食ではなくてお弁当で頑張ろうかと言っていたお友達がいました。
けれども、そんなに頑張らなくてもいいんじゃないかと言われたようで、給食になるようです。
そりゃそうです、あんまり無理して頑張ると大変ですし、学校に行くということでやっと手を離れるのだから、ママも少し楽したらいいです。
ただ、最初が肝心なので、後からひどくなったからなんとかしたいと言っても、時間がかなり経ってからお弁当に変更するのも本人が辛さ倍増ですし、ママも一苦労だと思います。
だけどわたしは、今からどうしても給食をとらせたいと思えないんです。たとえ怜の状態がとてもよくなったとしても。

現に怜はかなり状態がよくなったように思えます。
つい最近まで割と痰が出ることも多かったのですが、ここ最近は全く見ていません。
ちょっと体に悪そうなものを食べても、赤くなったりしていません。
以前は隣町のイオンを歩いただけでも、プラスチック製品の臭いに反応して、具合が悪くて歩けないと言い出すこともあったのですが、先日隣町のイオンへ久々に出かけても、何ともありませんでした。
けれども、回転寿しはどうも駄目のようです。わたしは現在授乳中ということもあって生ものは完璧に避けているので行かないのですが、久しぶりに先日パパと一緒に行ってきたのです。大好きなんですけれどもかなり不調になったみたいです。

わたしは専業主婦やっていられることがとても幸せだと思います。
もし外で働いていたら、これほど子どもの食事のことをケアしていられなかったと思うからです。
健康って、後でなんとかしたいと思っても、薬や医者では買えないんです。
同じように、子どもと過ごす短い時間も、貴重で、あっという間なんです。
人が死ぬときに後悔するのは、子どもがいたことで嘆くことは殆どないけれど、いなくて嘆く人はかなり多いようです。
その子どもたちに残せるものって、一体何でしょう?
健康な体、規則正しい生活、人や物を大切にする思いやりの心、世の中を楽しいとか素敵だと感じることの出来る心、自分で考える力、いろんなものがあるだろうけれど、この世の中をより良いところに変えていきたいし、変えて行けるような人たちに育って欲しいと願っています。
スポンサーサイト

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

心が技術に勝った 〜 麻雀と学校改革のお話

この本のお話は、学校の先生が麻雀のプロの流儀から学んだことを剣道部に浸透させて、波紋的に学校の教育現場に生かしていき、子どもたちとの関わりを深めて、荒れた学校や不登校児を立ち直らせて行くお話です。
麻雀という、一風教育とはかけ離れた雰囲気のものが見事に学校教育に融合するという、極めて異端な教育改革の事例とも取れる物語の本です。
けれど、学校教育だけではなくて、子どもを持つ親はもちろん、向上心のある方々や起業を目指す人たちなどにも是非薦めたい本だと思いました。本当の強さとはどのようなことなのか、本当に何かを成し遂げるために必要な事はどのようなことなのかが、クリアーな言葉で述べられています。
それが、麻雀の達人のお話からなので、先入観ではどうせならず者の戯言なのだろう、みたいな気持ちもあったのですが、全くそのようなこともなく、麻雀を全く知らないわたしでもすっと頭に入ってくる分かりやすさで読み進めることができました。
残念ながら、現在は中古でし手に入らないようなのです。

わたしがこの本を手に取ったきっかけは、古本貸し出しコーナーにあったから借りてみたことでした。
雀鬼流の教え、思想というものが、自分を律して生きて行く事の大切さ、自分を甘やかさないで生きている事の厳しさを伝えてくれます。欲望の町歌舞伎町という、誘惑が多くて皆が溺れてしまうようなところで溺れないで生きてこられた人の、人生哲学です。

(P167)
1、予習、前もって考える事は、自分を救う道になる
1、物事を積極的にとらえると、無駄なことが消えてくる
1、隠してはいけない
1、こっちはつまらないけど、こっちは楽しいからと分けていると、欲求不満になってしまう
1、善だとか悪だとかではなく、人様のことを面倒見てあげる、ということがとても大切
1、人に好かれる人間になるためには、好かれることをしてないといけない
1、テクニックよりも、心構えが大切
1、先に行動があって、振り返ってみたらそこに思考があった
1、自分が最高のものができるんだったら頑張る、嫌な仕事だったらいくらお金を積まれてもやらない
1、情けないことをしない
1、思ったらやったと同じ事
1、いいと思ったら何でもやる。それが勇気

(P170)依存心と自立について
人間というのは赤ん坊のときに依存心を作られる。しかし、依存心が付いていつまでも親とくっついているのは人間だけ。普通の生き物の本性は、我が道を生きる自立心が起きるために、いつまでも親とくっついてはいない。
親らしく生きているからこそ、子どもは親を心から尊敬し、いつまでも大事にしようと思う。親が子どもに孝行を要求しても、心がこもっていなければ偽善。小学校に入った頃というのは、もう自立しないといけない。そのためには、親の言いなりになっていたら決していけない。『親や祖父母の言う事を聞かなかったから、今の自分がある』言いなりになった人というのは、たいてい負けている。そして、反面、親のせいにしてしまう。

(P171)自然から学ぶ=無私の態度=揺れない心
自然を見ていると、みんな答えが出てくる。人からではない。
ゲーテは「気に入るか気に入らないか、引きつけるか反発するか、有益か有害であるかという尺度をまったく断念して、利害を超越したいわば神的な存在として、自分が気に入るものではなく、現にあるものを探求し考察しなければならない」と語っている。人間は、そうした自分中心のものの見方をしてしまう。それを捨て去らない限り、ものごとの本質を見る事はできないと語っている。しかし、『無私の態度』でものごとを見る、のはとても難しい事。「ものごとをありのままに眺め、かつ読み取ろうとする」「誠実に堅実に生きること、慢心をなくすこと」が、真の洞察力を育む工夫である。役に立つとか立たないとか、美しい美しくない、好きだ嫌いだとかで心が揺れ動かされ、あるいは乱されていては、あるがままのものを見る事などできない、人を見る目など養えないのである。

(P173)過去・現在・未来を整頓する ・・・掃除や整理整頓が本当に大切だということがわかります 
捨てたものというのは、自分の過去である。捨てたものであるところの無から始まる。無ということはよいも悪いもないということ。そこに心を置く事を『無心』という。無心の中には恐怖や欲望は加わらない。まず捨てたものに心を置き、きちんと整理整頓をすると、自然に余裕が生まれて来て、自分の手順を整理できるようになる。それが間違いない手順を作り出す。心が乱れなくなる。座禅や瞑想みたいなもの。皆さん外面から来るんです。そとづらって奴で、外に合わせて生きているということ。自分の内面を作らない。まず自分を作って、それから外に出て行くというのではない。内面人間になるということは、内面を磨くということ、我を自分を生きるという事に繋がってくる。外面の人間というのは、いつも我を知らない。外に合わせて生きている以上、自分が分かるわけがない。人がものごとを知るという場合、まずは我を知るということからはじまる。我を知らない奴に他人のことなど分かるわけない。相手の事を読もうとするのは、外面で生きているから。そこには自立心など微塵もない。外からの世間の情報なんて、あやふや。

(P191)
トップレベルにいる子の大切さを、親は分からない。
今度はキャプテンなんだからこうしなきゃいけないよと押し付けたり、大丈夫がんばんなきゃいけないとやってたら、子どもはどんどん親の期待が負担になって不安になって、恐怖に陥って行って、自分の力を発揮できなくなる。親が勝つ事への執着心が強いと、子どものほうでは責任を感じすぎてしまう。勝とう、勝たなきゃと思っていると、どんどん不安が高まり失脚してしまう。だから、親はあまり首を突っ込みすぎて心配するより、必要としているものを足してあげる。親の愛情は、かけたらいいのではなく、過ぎたら毒になる。大人は子どもの無の中から有を見いだしてあげられるようでなくてはいけない。もちろん愛情から心配することもある。欲から心配することもある。例えば病気になったときに必要以上に周りが心配しすぎると、もっと病気になるということもある。心の中で心配するのと違い、それを表に出してしまうことによって、弱さが出る。心配しすぎや悩み不安があるのは、心が弱いから。強い学問はチャレンジ精神を育んでくれる学問のこと。冒険こそが不安定をものともしない、強い心を育んでくれる。弱い学問というのは、安定を目指していい学校、いい会社に入るために、知識や技術を蓄積するだけの学問のこと。そして、外での冒険心を育むのではなく、勝つ事や家の中で知識をたくさん溜込むことだけを要求するような教育では、何にもならない。
知識を多く得ても弱い学問を得た子とうのは、何にもならない。知識が少なくとも、強い学問を得た人というのは、人のためになる。今の官僚や政治家たちが良くないのは、弱い学問を得た人たちだから。同じ『1+1=2』でも、弱い2と、強い2があるということで、人がたくさんいれば強くなるというのは違う。そういう意味で、学問はすべて正しいとはいえない。学問が正しければ、世の中を牛耳っている人たちは人一倍学問をやった人なんだから、いい世の中になっていて当たり前。弱い学問を植え付けるから、いつまでたっても世の中悪いわけ。考え方とかも学問だから、弱い考え方を教えてはいけない。天下を取る、などというやり方は、弱い学問。人それぞれが強くなって行くような、そんな学問を教えていってあげれば、世の中よくなっていく。
たいがいの親は、点数を取らせるためだけのことを子どもにやらせる。与える事を教えてこない。だから、与えることを知らない子どもになってしまっている。親は子どもの将来や幸せにつながると確信しているだろうが、たどり着いたら、勉強は出来ていい大学にも入れたけれど、人間性が育っていない、とかいう事態に陥る。

まとめてみると、上記のような内容がわたしの心を突きました。
いつも自分は大丈夫だろうかと、検証する参考になると思いました。
また、わたしは整理はまだ好きなほうですが、整頓というのがどうも苦手ではあります。これを心にとめて、一層頑張って行きたいと、改めて思いましたし、ある意味究極の掃除術とも言えるお話かと思いました。

心が技術に勝った―「雀鬼流」学校改革

中古価格
¥644から
(2013/9/14 22:31時点)


テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

「生きやすい」教育・幼稚園編

今ほど、幼児教育についてしきりに叫ばれている時代は、これまでにはなかったのではないだろうか。

早期教育で英語をやらせてみたり、水泳、ピアノ、さまざまなお稽古ごとが、割と幼児の早い時期から人気だったりする。
それから、親の眼の光る対象は、幼稚園にももちろん及んでいる。

幼稚園を選ぶ基準となるのは
 ① お弁当があるか無いか。
   一昔前であればオールお弁当が当たり前のはずが、今はお弁当の幼稚園は人気がなかったりする。
   子どもを健やかに育てるには、お母さんの手作りお弁当が一番と考える幼稚園も保護者も少なくなっているようで、面白いことに栄養バランスを考えた給食を提供して食育にも積極的とうたい文句にしている幼稚園が、普通に冷凍食品ばかりを並べた給食を出していたりする。けれど、たいていのお母さんたちは、そんな実情も確認しないで、うたい文句だけを盲目に信じてしまう。
 ② 早期教育の内容
   幼稚園によっては、ドリルをやらせるところ、運動やリトミックに力をいれているところ、横峰式を見習って音楽や運動などびしびしやるところ、などが人気だったりする。
 ③ ご近所のお友達が多かったり人にすすめられたところ
   社宅住まいだと、どうしても多いようです。
 ④ 通園費が安いところ
 ⑤ 制服がかわいい
   それだけでとっても入園させたいと考えるお母さんもいました。
 ⑥ 近所にある。震災のときにすぐに迎えにいけるところにある。
   阪神大震災を経験したお母さんに、とにかく近い幼稚園に入れたという理由としてあげている方がいました。
 ⑦ 自分の母校で、とてもよかったから
   

もちろん数あってそれなりに選ぶことのできる場所に限ってしまうのかもしれないけれど、いままで聞いた理由としては、大体このような理由で幼稚園を選んでいる方が多かったです。

さて、わたしが今息子を通わせている幼稚園を選んだ理由には、やりたいことを思いっきり体と頭を使って遊べるということがありました。ここの幼稚園には既製品のおもちゃがありません。その替わりに、たくさんの細長いカプラと呼ばれる棒や、牛乳パックやお菓子の空き箱類などが大量にあって、好きなように遊べるのです。遊びたい時期にたくさん遊んで満足できるようになった子どもは、時期が来ると自然に落ち着けるようになれて、学校の勉強にも身が入るようになったり、いわゆる反抗期のときにも自分と向き合いやすく、割と悠々と抜けていける力をもてるのだとか。それが、小さい頃から押さえこめられて、やりたいようにできず、モヤモヤしたまま学校教育で押さえつけられていくと、だんだんと怒りが蓄積して反抗期の頃に爆発して非常に扱いにくい人間になってしまうのだとか。

だけどうちのご近所のママさんは言います。「自分の子の通う幼稚園は、小さい頃からしつけがしっかりしているから学校に入ったときに生きやすい」と。
どうなのかなぁ。だって、偏りなく、限定せずにいろんなタイプの育児書も読んできたけれど、概して「しつけに厳しい」幼稚園では、その後に本人も自分をもてあましてしまったり、逆にやる気の無い、指示されなければ何もできない人間になってしまうといった内容での説明が多かったです。

現に、いわゆる「しつけに厳しい」幼稚園に通っているお友達は、残念ながらとても意地悪な部分が目立ちます。「やめて」と言われると喜んで一層やり続けたり、仲良く遊んでいるのかと思いきや仲間はずれにしたり意地悪したり、ケンカが絶えません。
「いつもこうなの?」と聞くと、「こうだよ」との回答が。
うちのご近所の幼稚園のお友達6人と遊んでいるときなどは、ケンカなど滅多に起きず、起きたとしても些細なものが3日に1回程度起こるくらいです。しかもその中でリーダー格でもあり、諸ケンカの原因となることも多かった3才の子が転勤のためにこの夏いなくなったので、ますます平和になってしまうのではないかと思われるほどで。
ケンカをしないのがいいと言うわけでもないとは思うけれど、なんだか子どものうちからどうしてこれほどギスギスしているものかと、見ていて晴れやかな気持ちになれないのって、わたしだけなのでしょうか??
本当の「生きやすさ」って、そんな気持ちで育っていては、得ることは難しいのではないかと思うのだけど、そんなことより人より上に立てという教育信念に基づいて、わが子を教育することにしか眼が行かないものなのかしら。

テーマ : 教育問題について考える
ジャンル : 学校・教育

幼児の英語教育

3歳2ヶ月になる息子、怜は、かれこれ1年ほど英語に触れさせています。

とは言っても、一生懸命やらせているわけではなく、興味関心のあるときにほんのちょっと。
それと、わたしが気が向いたときに、英語で話しかけてみているというだけで、これもほんのちょっとです。

ところが、さすが幼い頭脳は柔軟性があるというか、吸収がよいのか、わたしの英語での質問にも、半年ほど前まで「わかんない」と言っていたのが、英語や日本語で答えるようになりました。意味は、分かるようなのです。
発音も、まだ日本語もおぼつかない部分はあるのですが、英語もなかなか悪くはないのです。

わたしとしては、この程度で息子の幼児期の英語教育は、大満足です。
というのは、発音や聞き取りなど、大きくなってからでは身に着けるに苦労するポイントが、語学学習にはあるからです。その能力を保持させておければ、大きくなってからもし英語が必要になったときに、勉強しやすいという考えです。

幼い時期は、あまり世の出世のためにあくせく子育てしなくても、いずれは必要なことを学習するものです。
これからも、勉強や習い事よりは、空想の世界、愛情、体作りを大切にした子育てをしていきたいと考えています。

ベネッセの幼児向け英語教材 ワールドワイドキッズ

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

Myワールドフレンズで世界中の人とメール交換

語学学習には外国人のお友達とe-メール交換がおススメです。
わたしは、以前勤めていた職場の同僚のカナダ人とメールしていますが、それだけでは物足りなかったので、Myワールドフレンズに、一時期登録していました。

外国人だけではなく、日本人ともお友達になれます。というか、世界幅広い国、日本はもちろん、アメリカ、カナダ、タイ、インド、シリア、中国、シンガポール、ニュージーランド、ドイツなどの人からアクセスがあり、返事に困るほどでした。
しかしどうも、世の男性というのは出会いを目的としているらしく、自己紹介に文通相手を探していると書いていても、そういう話ばかりをしたがるので面倒に感じることが多かったのですが、その中でもドイツのおじさんとは、それなりに長く文通していました。

日本人の男性が登録する場合は、フィリピン、中国人女性からのアクセスが多いようです。これも、どうも婚活の一環のようです。フィリピン人女性は、結婚すると大変よい妻として尽くしてくれると、アメリカ在住の幼馴染の友達が話してくれたことがありますが、どうでしょう、以前の職場の課長が、お客さんに紹介したフィリピン人女性は、見事に結婚詐欺をはたらき、重婚の挙句、結局一度も来日せず、国籍取得を目的としたものだったようでした。

まぁ、そんな話もあるけれど、楽しむ程度であれば面白いかと思います。
だけど、せっかくメールしていても、相手の気分によっては連絡が急に途絶えてしまうのが、さびしいものです。
わたしが一番たくさんメール交換していたドイツ人のおじさんは、後でドイツというお国柄のことを本で読んで知ったのですが、文化的な違いでわたしが気を悪くさせてしまうようなことを質問してしまっていたようです。これも一つ勉強にはなったと思いながらも、後味の悪いものではあります。

わたしは去年の夏ごろ、3~4ヶ月ほどMyワールドフレンズをやっていましたが、今は脱退中です。会員登録も無料なので、また、読書熱が落ち着いてきたときにでもやってみようかと思っています。リンクは、トップページのリンク集にありますので、そちらからどうぞ。

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

AD
ようこそ!にゃんぺいのきまま館へ
AD
プロフィール

にゃんぺいちゃん 

Author:にゃんぺいちゃん 
2009年8月20日開設しました。
専業主婦9年目、男児2人の母です。家族4人とも喘息アトピーのアレルギー体質ですが、食事を中心に気をつける事で、症状がでにくい状態を保っています。ブログは、日々の子どもたちの成長の記録などを通して、母が何を考えて生きて来たのかを遺し、たとえわたしがこの世から居なくなったとしても子どもたちが読み返してみて、どんなことを母が考えて子どもたちに接して来たのかを分かってもらえたらと思って書き始めました。
趣味:読書・オークション売買・子育てのこと・アトピーのこと・お金のこと、漬物作り(梅干し、味噌、玄米づけたくあん、ニシンづけ、ガリなど)、その他生活そのものを味わっています。今は子どもとの関わりがとても楽しくて、けれども掃除がアレルゲン除去に大変有効と気づいて夜中も出来る時には掃除しているため、時間が取れないので以前よりブログにかける時間がありませんでしたが、この春次男が幼稚園に入りましたので少し書けそうです。
子どもたちのためにも、素敵な未来を創造していきたいです。
アレルギー関連の記事は、過去には良かったと思ってやっていたことがダメになったということがよくありますので、時系列に気をつけて読んでみてください。過去のことを訂正しておりません・・・。
たまに更新するので、遊びに来てください♪気ままに、色々なことを書いて行きます。

カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。